ユベントス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
6 ユベントス 33 9 6 2 35 18 17 17
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-24
20:30
セリエA
第19節
ユベントス vs ボローニャ
2021-01-30
26:00
セリエA
第20節
サンプドリア vs ユベントス
2021-02-06
26:00
セリエA
第21節
ユベントス vs ローマ
2021-02-13
26:00
セリエA
第22節
ナポリ vs ユベントス
2021-02-22
28:45
セリエA
第23節
ユベントス vs クロトーネ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.20
29:00
スーペル・コッパ
ユベントス 2 - 0 ナポリ
2021.01.17
28:45
セリエA
第18節
インテル 2 - 0 ユベントス
2021.01.13
28:45
コッパ・イタリア
5回戦
ユベントス 3 - 2 ジェノア
2021.01.10
28:45
セリエA
第17節
ユベントス 3 - 1 サッスオーロ
2021.01.06
28:45
セリエA
第16節
ミラン 1 - 3 ユベントス
基本データ

正式名称:ユベントスFC

原語表記:Juventus Football Club s.p.a

愛称:ビアンコネロ(白と黒)、ラ・ベッキア・シニョーラ

創立:1897年

ホームタウン:トリノ

チームカラー:白、黒

関連ニュース
thumb

C・ロナウド弾でユベントスが9度目の優勝、ナポリはPK失敗が響く《スーペル・コッパ》

スーペル・コッパ、ユベントスvsナポリが20日に行われ、2-0でユベントスが勝利し、9度目の優勝を飾っている。 昨季セリエA王者のユベントスとコッパ・イタリア王者のナポリによるタイトルマッチ。3日前に行われたインテルとのイタリア・ダービーに完敗したユベントスはインテル戦のスタメンから4選手を変更。モラタやラビオ、ラムジーらに代えてマッケニーやアルトゥール、コロナ明けのクアドラードが先発となった。 一方、フィオレンティーナに6発圧勝としたナポリはヒサイに代えてディ・ロレンツォのみを変更した。 C・ロナウドとクルゼフスキの2トップで臨んだユベントスがボールを持つ入りとなった中、互いに慎重な姿勢を崩さずシュートシーンのない序盤となった。 そんな中28分、ナポリに決定機。左サイドからのデンメのクロスにロサーノがヘディングで合わせたが、ゴール至近距離からのシュートはGKシュチェスニーのビッグセーブに阻まれる。 迎えた後半、キエーザに代えてベルナルデスキを投入したユベントスは開始1分、そのベルナルデスキに決定機。しかし、シュートはGKオスピナの好守に阻まれた。 その後は膠着した展開が続いた中、64分に均衡が破れる。左CKの流れからルーズボールをゴール前のC・ロナウドが蹴り込んだ。 追う展開となったナポリは負傷明けのメルテンスを投入。すると78分、メルテンスがボックス内でマッケニーに倒されてVARの末にPKを獲得。しかし、キッカーのインシーニェがシュートを枠の左に外して絶好の同点機を逸してしまう。 試合終了間際、GKシュチェスニーがピンチを凌いだユベントスはカウンターからモラタが決めて2-0で勝利。9度目のスーペル・コッパ優勝を果たしている。 2021.01.21 07:04 Thu
twitterfacebook
thumb

スカッとゴール! 個の力が生み出した圧巻の独走ゴール

ストレスフルなこの社会。観るだけでスカッとするようなゴールで気分を晴らすのもアリなのでは。今回の企画では、朝の通勤時間などにオススメの爽快なゴールを映像付きでご紹介していきます。 2021年1月21日にご紹介するのは、今から2年前にバイエルンのブラジル代表FWドグラス・コスタが決めたゴールです。 <div id="cws_ad">◆ドグラス・コスタが決めた圧巻の独走ゴール<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJaMTFGRFpKaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ◆ここがスカッと! 自陣から一人ドリブルでボールを運び、最後は勢いのままミドルシュートを叩き込む。まさにスカッとするゴールです。 ◆現代屈指のウインガー 今シーズンはレンタルでバイエルンに復帰しているドグラス・コスタは昨シーズンまでユベントスでプレー。セリエAでも持ち前のドリブル突破を幾度となく披露しました。 2019年1月21日に行われたセリエA第20節のキエーボ戦では、見事な独走ゴールを決めています。 0-0で迎えた13分、ハーフウェイライン付近でボールを受けたコスタがドリブルを開始。ブロックを作る相手DFの間を縫うようにドリブルしながら、タックルに来る相手を鋭いターンでいとも簡単にかわし、ペナルティーアーク内の手前まで侵入すると、最後は左足でロングシュートを放ちます。鋭いシュートはゴール右に決まり、見事な先制ゴールとなりました。 まさに個の力でもぎ取ったソロゴール。ブラジル人らしい突破力抜群のドリブルができる ドグラス・コスタならではのゴールでした。 2021.01.21 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

クアドラードがコロナ陰性に、戦列復帰へ

ユベントスは20日、コロンビア代表MFフアン・クアドラードが新型コロナウイルスの検査で2度にわたり陰性となったため、戦列に復帰することを発表した。 クアドラードは1月5日にコロナ陽性判定を受け、ミラン戦や前節インテル戦を含めて公式戦ここ4試合を欠場していた。 なお、同日行われるナポリとのスーペル・コッパよりクアドラードは出場可能とのことだ。 ユベントスではクアドラードの他、ブラジル代表DFアレックス・サンドロ、オランダ代表DFマタイス・デ・リフトがコロナ陽性により欠場が続いている。 2021.01.21 00:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーベのバッジにキスして炎上のビダル、SNSで弁明「そのつもりはなかった」

インテルのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルがユベントス戦での行為について弁明した。『ESPN』が伝えている。 インテルは17日、セリエA第18節でユベントスと対戦し2-0で勝利した。古巣対決となったビダルはこの試合に先発出場すると、13分に先制のゴールを奪い、チームの勝利に貢献していた。 試合では見事なプレーを見せていたビダルだったが、試合前のタイミングで、ユベントスのイタリア代表DFジョルジュ・キエッリーニと挨拶した際、ハグした後に、キエッリーニが着ていた上着のユベントスの胸エンブレム部分にキスをして、一部のインテルサポーターが激怒していた。 ビダルは試合後、自身のインスタグラムを更新。この行為について弁明している。 「他のチームのクレストにキスするという意図はなかった。それは私にサッカーを与えてくれた兄弟への愛情の表れだった。僕たちは一緒に素晴らしい年を過ごし、互いを愛している」 インテルとユベントスの対戦は“イタリア・ダービー”とも呼ばれ、セリエAの中でも最も注目を浴びる試合の1つだ。それだけにビダルの行動はやや軽率だったかもしれない。 <div id="cws_ad">◆ビダルがユーベのクレストにキス?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Vidal accidentally kissed the Juventus badge before kick off <a href="https://t.co/VduftSgVN4">pic.twitter.com/VduftSgVN4</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1350900905659478018?ref_src=twsrc%5Etfw">January 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.20 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ディバラがミランとの大一番で披露した華麗なバックヒールアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ディバラがキエーザに送った華麗なヒールパス<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJwWmlweUNMayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くして母国のインスティトゥートからパレルモに引き抜かれたディバラは、同クラブでブレイク。2015年夏にユベントスへ移籍し、ステップアップを果たしている。 今ではエースの一人としてユベントスの背番号「10」を背負うディバラだが、2021年1月6日に行われたセリエA第16節のミラン戦では、華麗なアシストでチームメイトのゴールをお膳立てしている。 0-0で迎えた18分、右サイドでボールを持ったFWフェデリコ・キエーザが、中央のディバラにパスを送ると、そのままボックス内に走り込む。相手からのプレスをいなしながらパスを受けたディバラは、ゴールに背を向けた体勢から、華麗な足さばきでヒールパスをキエーザの走路に送った。このパスに抜け出したキエーザがゴール左下に鋭いシュートを決め、見事な先制点が生まれた。 試合はその後ミランが追いつき、同点で前半を折り返したが、後半ユベントスが勝ち越しに成功。先制点を挙げたキエーザが2得点を挙げる活躍を見せ、3-1で大一番に勝利している。 2021.01.20 16:00 Wed
twitterfacebook

順位表



得点ランキング