モナコ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 モナコ 40 11 7 10 43 44 -1 28
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-04-05
リーグ・アン
第31節
モナコ vs ナント
2020-04-12
リーグ・アン
第32節
ブレスト vs モナコ
2020-04-26
リーグ・アン
第34節
リヨン vs モナコ
2020-05-03
リーグ・アン
第35節
モナコ vs メス
2020-05-10
リーグ・アン
第36節
マルセイユ vs モナコ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.07
28:00
リーグ・アン
第28節
ニース 2 - 1 モナコ
2020.02.29
28:00
リーグ・アン
第27節
モナコ 1 - 1 スタッド・ランス
2020.02.22
28:00
リーグ・アン
第26節
ディジョン 1 - 1 モナコ
2020.02.14
28:45
リーグ・アン
第25節
モナコ 1 - 0 モンペリエ
2020.02.08
28:00
リーグ・アン
第24節
アミアン 1 - 2 モナコ
基本データ

正式名称:ASモナコ

原語表記:Association Sportive de Monaco Football Club

愛称:The Monegasques

創立:1919年

ホームタウン:モナコ

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

モナコ、スタッド・ランスからディザジを獲得! アーセナルの関心報道も浮上した22歳CB

モナコは7日、スタッド・ランスに所属するDRコンゴ代表DFアクセル・ディザジ(22)の獲得を発表した。契約期間は2025年6月までの5年となる。 ディザジは身長190cmのセンターバック。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、シーズン途中で打ち切られた今季リーグ・アンで5位と健闘したスタッド・ランスで、リーグ最少の21失点を記録した守備陣の一角として、27試合(1得点)に出場した。 その活躍を受け、今夏にアーセナルらプレミアリーグ勢の関心も噂されたディザジだが、モナコが新たな活躍先に。フランス『レキップ』によると、移籍金額は1300万ユーロ(約16億2000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億4000万円)だという。 来季からモナコでプレーするディザジはクラブ公式サイトを通じて、喜びの心境と意気込みを口にしている。 「モナコに加われてすごく嬉しい。最高レベルで自分のクオリティを発揮して、高い志を持ったクラブで成長を続けられる絶好の機会だ。新たなチームメイトとのトレーニングが楽しみ。シーズン終了後にチームの目標が成し遂げられるよう全力を尽くす」 2020.08.07 18:05 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコ、コバチ監督がヨビッチらフランクフルト時代の教え子獲得を希望か?

新シーズンからモナコを率いるニコ・コバチ監督は、教え子を中心とする今夏の補強プランを持っているようだ。『フランス・フットボール』が報じている。 昨季途中にバイエルンの指揮官を解任され、新天地にモナコを選択したクロアチア人指揮官。現在は、自身と同様に新任のスポーツ・ディレクターを務めるポール・ミッチェル氏らと共に捲土重来を期す新シーズンに向けた準備を進めている。 『フランス・フットボール』が伝えるところによれば、コバチ監督はレスター・シティへレンタルバックしたアルジェリア代表FWイスラム・スリマニ(32)に加え、去就が不透明なフランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(29)の流出が危惧される前線の補強として、フランクフルト時代の教え子の獲得を希望しているという。 とりわけ、レアル・マドリー1年目でピッチ内外で不興を買ったセルビア代表FWルカ・ヨビッチ(22)の獲得を熱望しており、すでに選手本人との直接コンタクトによって合意を引き出したようだ。 ただ、あくまでコバチ監督とヨビッチの間での合意であり、今後に向けてはクラブとヨビッチの交渉やクラブ間での交渉など、多くの障害を残している。 また、コバチ監督は今季のチーム得点王だったベン・イェデルが他クラブに引き抜かれた場合、その後釜としてウェストハムのフランス人FWセバスティアン・アラー(26)の獲得を希望しているという。 さらに、モナコは新指揮官のリクエストに応え、ホッフェンハイムのドイツ人DFケビン・フォクト(28)、ドルトムントのドイツ人FWマリウス・ヴォルフ(25)の獲得にも動いている模様。 コバチ監督は以前からフォクトを高く評価しており、バイエルン指揮官時代に獲得をリクエストしたこともあった。また、ヴォルフはフランクフルトで1年間指導した教え子だ。 2020.08.04 14:02 Tue
twitterfacebook
thumb

モナコGKベナーリオがリヨン相手に見せた意地のダブルセーブ【アンビリーバブル・セーブス】

たった1つのミスが失点に直結するゴールキーパー(GK)というポジション。当然ながらGKがゴールを決めることはほとんどなく、ストライカーやドリブラーに比べて目立ちにくい部分もある。 しかし、裏を返せばセーブひとつでチームを救うこともできる、勝敗のカギを握るポジションとも言える。今回の企画『Unbelievable Saves』(信じられないセーブ)では、各クラブの守護神たちが見せた驚きのセーブを紹介していく。 <div id="cws_ad">◆ベナーリオが見せた意地のダブルセーブ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpdDNFU09qciIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 今回は、元スイス代表GKディエゴ・ベナーリオがモナコで見せたダブルセーブだ。 スイスの強豪グラスホッパーユースで育ったベナーリオは、2002年シュトゥットガルトでプロデビュー。その後2008年に加入したヴォルフスブルクでは9年在籍し、安定感のあるセービングで正GKとして活躍した。2017年夏にモナコへ加入し、新天地でのプレーを選んでいる。 モナコでは控えGKに回ることが多かったベナーリオだが、2018年12月16日に行われた、リーグ・アン第18節のリヨン戦では、見事なダブルセーブを見せている。 0-2と、ホームのリヨンがリードして迎えた50分、再びリヨンに決定機が訪れる。右サイドでボールを持ったMFナビル・フェキルがボックス内へクロスを上げる。これをDFジェイソン・デナイヤーが中央で合わせ、強烈なヘディングを放つ。低く抑えられたヘディングだったが、これをベナーリオが左手一本で咄嗟に弾く。 ボールはポストに跳ね返ると、こぼれ球に反応したMFフセム・アワールがすかさずシュート。しかし、これも素早く体勢を整え、間合いを詰めていたベナーリオがブロックし、見事にピンチを凌いだ。 ベナーリオの意地のセーブでなんとかスコアを2点差に保ったモナコだったが、決死の守備も虚しくその後に追加点を許し、0-3で敗れている。 2020.07.30 13:00 Thu
twitterfacebook
thumb

アル・ガラファがセスクに関心! 実現すればチャビ監督&カソルラとの元同僚対決も

モナコの元スペイン代表MFセスク・ファブレガス(33)に対して、カタールのアル・ガラファが関心を示しているようだ。『フランス・フットボール』が報じている。 2019年1月にチェルシーからモナコに加入したセスクは、今シーズンの公式戦22試合3アシストの数字を残すなど、主力としてプレー。クラブとの現行契約が2022年まで残っていることもあり、同地での暮らしに満足する家族を含め、現時点では来シーズンも残留の意向を示している。 その一方で、モナコの新スポーツ・ディレクターに就任したポール・ミッチェル氏は、今夏のチーム刷新を目指しており、週給13万ポンド(約1760万円)の高給を受け取っているベテランMFの放出も考慮しているという。 現在、そのセスクに関心を示しているのが、アル・ガラファだという。過去に元オランダ代表MFヴェスレイ・スナイデル、元ブラジル代表MFのゼ・ロベルト、ジュニーニョ・ペルナンブカーノらが在籍したクラブは、新司令塔として元スペイン代表MFの獲得に興味を持っているようだ。 なお、カタールリーグでは先日にチャビ・エルナンデス監督率いるアル・サッドに元スペイン代表MFサンティ・カソルラが加入しており、セスクの加入が実現した場合、ラ・ロハの元同僚同士によるマッチアップも期待される。 2020.07.29 16:00 Wed
twitterfacebook
thumb

エバートン、シディベの買取OP行使せず

エバートンは27日、フランス代表DFジブリル・シディベ(27)の買い取りオプションを行使しないことを発表した。 同選手は昨夏にモナコからレンタルで加入。プレミアリーグ25試合に出場し4アシストを記録するなど、アシスト数ではチーム2番目の成績で主力として活躍した。 推定1400万ユーロ(約17億3200万円)の買い取りオプションの不行使を決定したエバートンは公式ツイッターを通じて「あなたの将来の成功を願っています、シディベ! 今季の尽力に感謝を」と感謝と別れのメッセージを送っている。 なお、モナコとは2022年までの契約となっている。 2020.07.28 01:21 Tue
twitterfacebook

順位表




得点ランキング