ニース

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 ニース 56 15 11 12 30 35 -5 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.24
28:05
リーグ・アン
第38節
ニース 2 - 0 モナコ
2019.05.18
28:00
リーグ・アン
第37節
サンテチェンヌ 3 - 0 ニース
2019.05.11
27:00
リーグ・アン
第36節
ニース 1 - 1 ナント
2019.05.04
24:00
リーグ・アン
第35節
パリ・サンジェルマン 1 - 1 ニース
2019.04.28
22:00
リーグ・アン
第34節
ニース 3 - 0 ギャンガン
基本データ

正式名称:OGCニース

原語表記:Olympique Gymnaste Club de Nice Cote dAzur

愛称:OGCN、ルゼグロン(ワシのヒナ)

創立:1906年

ホームタウン:ニース

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

ワトフォード、クラブ史上最高額でニースFWサン=マクシマン獲得目指す!

ワトフォードがニースに所属するフランス人FWアラン・サン=マクシマン(22)の獲得に向けてクラブ史上最高額の移籍金を準備しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今夏の移籍市場で前線の強化を狙っているワトフォードは、当初スタッド・レンヌで活躍するコートジボワール代表FWイスマイラ・サール(21)に強い関心を示していたものの、競合クラブの多さと移籍金の問題で獲得を断念。 そして、同選手に代わる新たな候補としてサン=マクシマンへの関心を強めているようだ。 『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、ワトフォードは以前にバーンリーからイングランド人FWアンドレ・グレイを獲得する際に支払った1800万ポンド(約24億4000万円)を超える、クラブ史上最高額の2500万ポンド(約34億円)のオファーを準備しているようだ。 サンテチェンヌの下部組織出身のサン=マクシマンは、10代前半からヨーロッパの多くのビッグクラブの関心を集めてきた天才肌のアタッカー。卓越したスピードとテクニック、創造性を併せ持つドリブラーだが、ここまでは独善的なプレーや素行問題などで本格ブレイクには至らず。 それでも、加入2年目となった今季のニースではリーグ戦34試合に出場し、6ゴール5アシストを記録。決定力には課題があるものの、持ち味の局面打開能力や粗さが目立ったクロス、ラストパスの精度も改善されており、前線の複数ポジションでもプレー可能なユーティリティ性も評価されている。 なお、サン=マクシマンに関してはクリスタル・パレスがコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)の後釜としてリストアップしているとの報道も出ている。 2019.07.09 21:38 Tue
twitterfacebook
thumb

ベニテス退任のニューカッスル、後任にアーセナルOBが浮上?

ラファエル・ベニテス監督(59)が契約満了により退任したニューカッスル。後任を探している中、新たな候補が浮上した。イギリス『BBC』が報じている。 ベニテス監督の後任に名前が挙がったのは、かつてアーセナルなどでプレーしたパトリック・ヴィエラ氏(43)。現在はリーグ・アンのニースで監督を務めており、2021年6月まで契約を残している。 これまで、トップチームとしてはメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・シティで指揮を執った経験があるヴィエラ氏は、ニースで初のヨーロッパでの監督を経験。1年目のシーズンはリーグ・アンで7位の成績を残していた。 監督キャリアとしてまずまずの結果を残したヴィエラ氏はフランスでの仕事に満足を示しているものの、ニューカッスルからの連絡があれば考慮する姿勢のようだ。 現役引退後、シティの下部組織の指導に当たっていたヴィエラ氏は、2015年にニューカッスルから打診を受けていたとのこと。しかし、同じシティ・フットボールグループのニューヨーク・シティで監督に就任することとなっていた。 新シーズンに向けて様々な候補が名前に挙がっているニューカッスルの指揮官問題。日本代表FW武藤嘉紀も所属しているだけに、気になるところだ。 2019.06.28 10:20 Fri
twitterfacebook
thumb

C・パレス、流出危機ザハの後釜にサン=マクシマンをリストアップ

クリスタル・パレスがニースに所属するフランス人FWアラン・サン=マクシマン(22)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 パレスでは今夏の移籍市場でエースのコートジボワール代表FWウィルフリード・ザハ(26)に退団の可能性が浮上。とりわけ、 アーセナルや古巣ユナイテッドが強い関心を示しており、選手自身がステップアップを望んでいることもあり、慰留は困難な状況だ。 この状況を受けて、クラブはエースの後釜として過去にミランやドルトムントが関心を寄せていたフランス屈指のソリストの獲得に興味を示しているようだ。 サンテチェンヌの下部組織出身のサン=マクシマンは、10代前半からヨーロッパの多くのビッグクラブの関心を集めてきた天才肌のアタッカー。卓越したスピードとテクニック、創造性を併せ持つドリブラーだが、ここまでは独善的なプレーや素行問題などで本格ブレイクには至らず。 それでも、加入2年目となった今季のニースではリーグ戦34試合に出場し、6ゴール5アシストを記録。決定力には課題があるものの、持ち味の局面打開能力や粗さが目立ったクロス、ラストパスの精度も改善されており、前線の複数ポジションでもプレー可能なユーティリティ性を考えれば、ザハの後釜として適任だと言える。 なお、ニースはサン=マクシマンの移籍金を2500万ポンド(約34億1000万円)程度に設定しており、パレスにとって十分に手が出せる金額だ。 2019.06.28 04:09 Fri
twitterfacebook
thumb

元フランス代表テュラムの息子がニースに移籍 今季モナコでCL出場しプロデビュー

ニースは26日、モナコに所属するU-18フランス代表のMFカフラー・テュラム=ウリアン(18)を獲得したことを発表した。 現役時代にパルマやユベントス、バルセロナで活躍した元フランス代表DFリリアン・テュラム氏を父に持ち、ギャンガンに所属するフランス人FWマルクス・テュラム(21)を兄に持つカフラーは、モナコ下部組織出身。2018年11月28日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節のアトレティコ・マドリー戦でプロデビューを飾るなど、同大会に2試合出場した。 ニースのテクニカルディレクターは、カフラーを「素晴らしい素質を持ち、勤勉な少年だ」と評している。 2019.06.27 19:55 Thu
twitterfacebook
thumb

英国一の資産家がニース買収へ

イギリス随一の資産家として知られるジム・ラトクリフ氏が、ニースの買収に近づいているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 売上高900億ドル(約9兆7000億円)を誇るイギリスの製薬会社『イネオス』の会長兼最高経営責任者であるラトクリフ氏は、総資産推定210億ポンド(約2兆8000億円)と言われており、イギリス一の大富豪と認知されている。 そのラトクリフ氏がこの度、ニースの買収に着手。9000万ポンド(約123億円)プラスアルファという条件で、買収に迫っているようだ。 かつてチェルシー買収も試みたとされるラトクリフ氏は、2017年にスイスのローザンヌを買収。最初に獲得した選手はMFエンツォ・ジダンだった。 なお、ニースは今季のリーグ・アンで7位でフィニッシュ。ヨーロッパリーグ出場圏からは11ポイント差だった。 2019.06.04 15:53 Tue
twitterfacebook




順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング