バイエルン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 バイエルン 82 26 4 4 100 32 68 34
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-08-08
28:00
CL決勝トーナメント
ベスト16 2ndレグ
バイエルン vs チェルシー
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.07.04
27:00
DFBポカール
決勝
レバークーゼン 2 - 4 バイエルン
2020.06.27
22:30
ブンデスリーガ
第34節
ヴォルフスブルク 0 - 4 バイエルン
2020.06.20
22:30
ブンデスリーガ
第33節
バイエルン 3 - 1 フライブルク
2020.06.16
27:30
ブンデスリーガ
第32節
ブレーメン 0 - 1 バイエルン
2020.06.13
25:30
ブンデスリーガ
第31節
バイエルン 2 - 1 ボルシアMG
基本データ

正式名称:FCバイエルン・ミュンヘン

原語表記:FC Bayern Munchen AG

愛称:バイエルン、ローテン(赤)、FCB(エフ・ツェー・ベー)、FCハリウッド

創立:1900年

ホームタウン:ミュンヘン

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

【CLプレビュー】崖っぷち満身創痍のチェルシー、大優勢のバイエルンは横綱相撲で押し切るか《バイエルンvsチェルシー》

チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグ、バイエルンvsチェルシーが日本時間8日28:00にフースバル・アレーナ・ミュンヘンでキックオフされる。2月25日に行われた1stレグでは、アウェイのバイエルンがニャブリの2得点やレヴァンドフスキのゴールで0-3で快勝。3つのアウェイゴールの大きなアドバンテージを得た。 その後、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期を強いられたが、5カ月の中断期間を経て再開に漕ぎ着けた。その間5大リーグでは、打ち切りとなったリーグ・アンを除いて最も早く再開したブンデスリーガで、バイエルンは圧巻の史上初8連覇を達成。エースのレヴァンドフスキは34得点を記録し5度目の得点王に輝いた。 一方、チェルシーは若いチームで苦戦しながらも、ジルーやマウントといったベテランと若手が上手く融合し、再開後の過密日程を戦い抜いた。とりわけ、コロナ明けはプリシッチが覚醒し、リーグ戦9試合で4ゴール4アシストの活躍を披露。昨夏に退団したアザールばりの働きでチームの攻撃を牽引し、目標の4位フィニッシュに大きく貢献した。また、決勝戦まで勝ち進んでいたFAカップでは今月1日にアーセナルと対戦したが、悔しい逆転負けでランパード監督の初タイトルはお預けとなった。 そんな両者の対決は、試合勘といった意味では最後の試合が7月4日のDFBポカール決勝のレバークーゼン戦だったバイエルンとでは、チェルシーに分があるかもしれない。しかし、ドイツの絶対王者に対する3点ビハインドの壁はあまりに高い。さらに、アウェイ戦となるチェルシーはケガ人が続出。バイエルンのベスト8進出は堅いか。 <div style="text-align:center;">◆バイエルン◆ 【4-2-3-1】</div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽バイエルン予想スタメン GK:ノイアー DF:キミッヒ、ボアテング、アラバ、アルフォンソ・デイビス MF:チアゴ、ゴレツカ、コマン、ミュラー、ニャブリ FW:レヴァンドフスキ 負傷者:パヴァール 出場停止者:なし 先月末の練習中に左足根じん帯を損傷したパヴァールが欠場。全治6週間と見込まれており、今季終了が決定的となった。だが、パヴァールを除けばベストメンバーが揃っており、代役もキミッヒで不足はないだろう。1カ月のブランクだけが心配の種か。 <div style="text-align:center;">◆チェルシー◆ 【3-4-3】</div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽チェルシー予想スタメン GK:カバジェロ DF:ズマ、クリステンセン、リュディガー MF:ジェームズ、コバチッチ、バークリー、エメルソン FW:ハドソン=オドイ、ジルー、マウント 負傷者:アスピリクエタ、プリシッチ、ペドロ、ギルモア 出場停止者:マルコス・アロンソ、ジョルジーニョ バイエルンと対照的にこちらはケガ人が続出。前述のアーセナル戦でアスピリクエタとプリシッチがハムストリングを痛め、途中出場のペドロも肩を脱臼した模様。カンテとウィリアンの出場も微妙ですでに満身創痍の中、累積警告のジョルジーニョと、1stレグで一発退場したマルコス・アロンソも起用出来ない緊急事態に陥っている。 ★注目選手 ◆バイエルン:ロベルト・レヴァンドフスキ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> おそらくバイエルンが先に1点を取れば、試合は大方決着がつく。それには3バックが予想されるチェルシー守備陣をどれだけこの男が描き回せるか。1stレグでは先制まで時間がかかったが、今季51ゴールのレヴァンドフスキの仕上がりはいかに。 ★注目選手 ◆チェルシー:オリヴィエ・ジルー <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200807_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 兎にも角にもチェルシーに求められるのはいかに早い時間でゴールを決められるか。無失点に抑えるのは大前提だが、奇跡の逆転突破を実現させるには、ジルーの活躍なしでは考えられない。頼みのプリシッチを欠くだけに、コロナ明けからゴールを量産したこの男には大きな期待がかかる。相手も徹底してマークするであろうジルーのポストプレーが機能するかどうかが勝利への鍵となる。 2020.08.08 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

絶体絶命のランパード監督、奇跡の逆転突破を「信じている」

チェルシーのフランク・ランパード監督は奇跡の逆転突破を諦めていないようだ。クラブ公式サイトが伝えている。 2月下旬にホームで行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16・1stレグのバイエルン戦で0-3の完敗を喫したチェルシー。8日に敵地で行われる2ndレグでは4点差以上の勝利が絶対条件となる。 しかし、主将のDFセサル・アスピリクエタや、MFクリスチャン・プリシッチなどの負傷欠場に加え、中盤の要であるMFジョルジーニョとDFマルコス・アロンソが累積警告により出場停止。多数の主力選手が起用できない状況だが、ランパード監督は逆転突破を信じているようだ。 「私はできると信じている。でなければ、ここにいるべきではない。信じなければ。もっと大事なのは試合に出場する選手たちが信じなければいけないことだ」 「間違いなく、大きなミッションだ。非常に厳しいものになるだろうが、素晴らしく偉大な試合になるだろう。素晴らしい試合なのでスペシャルな何かを起こせると信じる気持ちが必要だ」 「その考えをもった上で試合に臨み、全力を出し、自信を持ってプレーする必要がある。それを選手に期待したい。ネガティブな態度で試合を臨み、難しくするのではなく、ポジティブでなければいけない」 2020.08.08 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

フリック監督、“何も失う物がない”手負いのチェルシーを警戒

バイエルンを率いるハンジ・フリック監督は、“何も失う物がない”チェルシーとのチャンピオンズリーグ(CL)ベスト8進出を懸けた一戦に向けて警戒感を口にしている。クラブ公式サイトが前日会見コメントを伝えている。 バイエルンは今年2月25日に行われたCLラウンド16の1stレグにおいて、敵地スタンフォード・ブリッジで3-0の圧勝を飾り、ベスト8進出に向け大きなアドバンテージを手にした。 そして、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による長期の中断を経て、8日に本拠地フットボール・アレーナ・ミュンヘンで行われる2ndレグを戦う。 この中断期間にブンデスリーガ8連覇、DFBポカールの国内2冠を達成したバイエルンに対して、チェルシーはプレミアリーグを4位フィニッシュし、来季のCL出場権を確保した一方、直近の試合となったFAカップ決勝ではアーセナルに敗戦。 また、同試合ではキャプテンを務めるDFセサル・アスピリクエタ、FWクリスチャン・プリシッチ、FWペドロ・ロドリゲスが負傷し、累積警告で出場停止のMFジョルジーニョ、DFマルコス・アロンソ、負傷のMFウィリアンと共に今回の大一番を欠場することになっている。 1stレグでの大きなアドバンテージに加え、対戦相手の現状を考えれば、バイエルンにとって組し易い試合になりそうだが、フリック監督は“何も失う物がない”手負いの相手を警戒しつつ、あくまで自分たちのベストパフォーマンスを見せたいと語っている。 「チェルシーはリーグ再開後素晴らしいパフォーマンスを見せている。重要なことは、我々が必要なリスペクトを抱きながらも、自信をもって試合に臨み、自分たちの強みを意識することだ。自分たちの理想的なパフォーマンスを引き出し、全ての試合に勝ちたいと考えている」 「彼らのことはとても気に入っている、それはどのようなフットボールをするかという点においてもだ」 「仮に、私が対戦相手の側にいるならば、何も失う物はないと考え、改めて全力を尽くして挑むだろう。チェルシーもまさにそのような姿勢で臨むと予想している」 また、この一戦に向けた最新のチームニュースに関しては、左足根じん帯の負傷が発表されたDFバンジャマン・パヴァールに加え、FWキングスレー・コマンの欠場を明言している。 なお、CL史上においてアウェイで行われた1stレグを3点差以上で勝利したチームが敗退したケースは一度もない。 2020.08.08 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン、3部リーグ優勝に貢献した若手2選手が2部ニュルンベルクにレンタル移籍!

バイエルン・ミュンヘンは7日、ニュージーランド代表MFサープリート・シン(21)と、U-20ドイツ代表GKクリスティアン・フリュヒトル(20)がブンデスリーガ2部のニュルンベルクにレンタル移籍することを発表した。移籍期間はいずれも2020-21シーズン終了までとなる。 クラブ史上初のニュージーランド人選手となったシンは、昨年夏にウェリントン・フェニックスから完全移籍で加入。今シーズンはブンデスリーガ3部に所属するバイエルンⅡの主力として優勝に貢献。また、トップチームでも2試合に出場した。 一方、14歳からバイエルンの下部組織に在籍するフリュヒトルは、2017年にトップチームとのプロ契約を締結。ここまでトップチームデビューは果たせていないが、ドイツの世代別代表常連のエリートGKは、バイエルンⅡの守護神として優勝に貢献していた。 2020.08.08 14:33 Sat
twitterfacebook
thumb

バイエルン時代のドグラス・コスタがスーパーミドルでチームを救う【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はユベントスの元ブラジル代表FWドグラス・コスタがバイエルン時代に決めたスーパーゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ドグラス・コスタがスーパーミドルでチームを救う<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ1Q1RxajhLZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2015年夏にシャフタール・ドネツクからバイエルンに加入したウインガーのドグラス・コスタは、切れ味抜群のドリブルを武器に、移籍初年度に鮮烈な活躍を見せてリーグ優勝とDFBポカール優勝に大きく貢献。 2016-17シーズンはケガの影響もありポジションを奪えなかったものの、公式戦34試合に出場し、7ゴールを挙げた。 中でも2016年12月18日に行われたブンデスリーガ第15節のダルムシュタット戦では素晴らしいゴールを決めている。 最下位相手に苦戦を強いられたバイエルンだが、0-0で迎えた71分にFKを獲得する。 キッカーのMFチアゴ・アルカンタラは素直にはクロスを上げず、横にいたドグラス・コスタへとパス。その流れからドグラス・コスタの豪快なミドルシュートがバーの下を掠めてゴールに突き刺さり、バイエルンが苦しみながらも先制した。 そのままダルムシュタットの反撃を許さずに1-0で勝利したバイエルンは、勝ち点3を獲得し、首位キープに成功している。 2020.08.07 18:00 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング