キエーボ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 キエーボ 17 2 14 22 25 75 -50 38
基本データ

正式名称:ACキエーボ・ベローナ

原語表記:Associazione Calcio ChievoVerona

愛称:ムッシボランティ(空飛ぶロバ)

創立:1929年

ホームタウン:ベローナ

チームカラー:黄、青

関連ニュース
thumb

駅で捨てられていた子供を養子に…イタリア人FWフローロ・フローレスが現役引退

ウディネーゼやサッスオーロで活躍したイタリア人FWアントニオ・フローロ・フローレス(36)が現役引退を発表した。 ナポリのユース出身のフローロ・フローレスは、ナポリやウディネーゼ、サッスオーロ、キエーヴォ、ジェノア、バーリなどでプレー。また、スペインのグラナダでもプレーした。 2018-19シーズンからセリエCのカゼルターナに所属。2019-20シーズンはリーグ戦11試合1ゴール、コッパ・イタリアで1試合に出場していたが、1月29日に自身のインスタグラム(floroflores83official)を更新。感謝の気持ちを述べるとともに引退を表明した。 「私の心は少年のままだが、体はそうではない。今日、私はスパイクを脱ぐことにした。私はあなた(サッカー)に手紙を書きます」 「あなたを愛し何度も追いかけました。一緒に喜び、一緒に傷つきました。でも、あなたが私を導いてくれて、夢を見させてくれて、説明できないほどの感情を与えてくれたので、感謝したいと思う」 「僕を人間にし、家族を思う人となり、タフになり、多くの愛を持ってプライベートな時間を持つことができました。人生において、朝起きる理由になり、キャンプへ行き、考え、最後の一滴まで汗をかかなければいけないと思わせました」 「夢を実現したかったので、セリエAでプレーし、アイドルやチャンピオン、素晴らしい監督に出会わせてくれました。人として成長し、トレーニングを助けてくれた多くの人に会わせてくれました」 「全ての瞬間、全ての行動、全ての目標、全ての人が、自分の道に従って通り過ぎて行きました。時々、私は自分のキャラクターのために、ボールを壊しました。そして感謝したいです。あなたを知ったことは、大きな誇りです」 フローロ・フローレスは、セリエAで275試合に出場し52ゴール30アシスト、セリエBで202試合に出場し44ゴール8アシスト、コッパ・イタリアで33試合に出場し9ゴール1アシストの記録。また、ラ・リーガでは10試合1ゴール、ヨーロッパリーグでは7試合2ゴール2アシストを記録していた。 A代表の経験はないものの世代別のイタリア代表ではU-17からU-21まで経験がある。 また、2014年にはイタリアの鉄道の駅に捨てられていた生後間もない男の子を養子に引き取るなど、人格者としても知られている。 2020.02.01 17:22 Sat
twitterfacebook
thumb

プロヴィンチアの名GKソレンティーノが40歳で現役引退! キエーボやトリノ、パレルモで活躍

セリエAのプロヴィンチアで活躍してきたイタリア人GKステファノ・ソレンティーノ(40)が現役引退を発表した。同選手がイタリア『スカイ』の番組内で発表した。 昨シーズン、キエーボのセリエB降格の影響もあって契約満了となっていたソレンティーノは現役続行の可能性を模索していたが、このたび正式にプロキャリアを終える決断を下した。 「今日でフットボールに別れを告げることにした。最近になってようやく決断した。幸いにも40歳になるまでセリエAでプレーすることができた」 「ここ数カ月幾つかのオファーが届いていたが、そこから進展はなく退くことを決めた。今後は将来のプランについて改めて考えたいと思っている」 ラツィオ、ユベントスのプリマヴェーラを経て当時セリエBにいたトリノでプロキャリアをスタートしたソレンティーノは、2001-02シーズンにそのトリノでセリエAデビューを飾った。 その後、AEKアテネ、レクレアティーボと国外のクラブでのプレーを経験し、2008年にキエーボに加入。同クラブで正GKを掴んだ後、2013年からはパレルモに移籍。そして、2016年に再び古巣キエーボに返り咲くと、昨シーズンまで3年間に渡って頼れるベテラン守護神としてチームを支えた。 プロヴィンチアを中心にセリエA通算363試合出場を始め、キャリア通算600試合以上でプレーした名GKの今後に幸あれ…。 2020.01.22 13:12 Wed
twitterfacebook
thumb

2試合7失点のサンプドリアがキエーボからGKセクリンをレンタルで獲得

サンプドリアは2日、キエーボのイタリア人GKアンドレア・セクリン(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。買取オプション付きの1年契約とのことだ。 セクリンは、フィオレンティーナの下部組織で育ち、2010年7月にトップチーム昇格。2013年7月にキエーボへ完全移籍していた。 トップレベルでの出場経験は少なく、キエーボでは公式戦通算12試合に出場。最も経験を積んだのはセリエBのユーベ・スタビアとなり、セリエBでは59試合に出場していた。 サンプドリアは昨シーズンの正守護神であったGKエミル・アウデロが今季も守護神を務めているが、開幕から2試合で7失点と守備が崩壊。さらに、控えGKも経験の少ない選手しかおらず、セクリンにもチャンスが訪れる可能性は高い。 2019.09.02 20:32 Mon
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、キエーボの21歳フランス人FWレリスを獲得

サンプドリアは12日、キエーボのフランス人FWメーディ・レリス(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年までの5年間で、移籍金は300万ユーロ(約3億5000万円)とのことだ。 2013年からキエーボでプレーするウインガー兼攻撃的MFのレリスは、2016-17シーズンにはユベントスのユースに在籍した経歴を持つアタッカー。2017年9月にキエーボでプロデビューを飾り、昨季はセリエAで23試合に出場して2アシストを記録したが、チームは最下位に終わってセリエBに降格していた。 サンプドリアでは今夏、背番号10を背負っていた攻撃の中心選手であるベルギー代表MFデニス・プラートがレスター・シティに移籍していた。 2019.08.13 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、降格キエーボから若手2選手を完全移籍で獲得

ラツィオは17日、セリエBに降格したキエーボからU-23モロッコ代表MFソフィアン・キジーヌ(21)と、U-21アルバニア代表DFアンゲロ・エンドレッカ(17)の両選手を完全移籍で獲得したことを発表した。 ベルギー出身のセントラルMFであるキジーヌ[写真]は、2015年にスタンダール・リエージュからキエーボに移籍。2017年1月にキエーボでプロデビューを飾り、2018-19シーズンはセリエAで23試合に出場していた。世代別代表ではU-20からモロッコ代表を選択し、現在はU-23に選出されている。 一方、左サイドバックを本職にセンターバックでもプレー可能なエンドレッカは、2019年5月にプロデビューを飾っていた。現在、17歳のエンドレッカだが、既にU-21アルバニア代表に選出されている。 なお、キジーヌは新シーズン、セリエBのサレルニターナへのレンタル移籍が発表されている。 2019.07.18 00:06 Thu
twitterfacebook

順位表




得点ランキング