トリノ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
16 トリノ 38 7 17 14 49 68 -19 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.23
27:45
セリエA
第38節
トリノ 1 - 1 ベネヴェント
2021.05.18
27:30
セリエA
第25節
ラツィオ 0 - 0 トリノ
2021.05.15
22:00
セリエA
第37節
スペツィア 4 - 1 トリノ
2021.05.12
27:45
セリエA
第36節
トリノ 0 - 7 ミラン
2021.05.09
22:00
セリエA
第35節
ヴェローナ 1 - 1 トリノ
基本データ

正式名称:トリノFC

原語表記:Torino Football Club S.p.A

愛称:グラナータ、トロ

創立:1906年

ホームタウン:トリノ

チームカラー:えんじ色

関連ニュース
thumb

ユベントスFWピアツァ、トリノへ買い取り義務付きレンタル移籍

トリノは28日、ユベントスの元クロアチア代表FWマルコ・ピアツァ(26)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。 『フットボール・イタリア』によれば一定の試合に出場した際に買い取り義務が発生するとのことで、移籍金は500万(約6億5000万円)から700万ユーロ(約9億1000万円)とのことだ。 2016年にディナモ・ザグレブからユベントスに加入したピアツァ。しかし、前十字靭帯を断裂するなど大きなケガにも見舞われ、ユベントスでは主力に定着できず、シャルケやフィオレンティーナ、アンデルレヒトにジェノアとレンタル移籍を繰り返していた。 ただ、ジェノアに在籍した昨季は大きなケガもなく、セリエA35試合に出場して3ゴール2アシストを記録していた。 2021.07.29 07:30 Thu
twitterfacebook
thumb

昨季ミランにレンタルのメイテ、ベンフィカに完全移籍

ベンフィカは23日、トリノのフランス人MFスアリオ・メイテ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月までの5年間となっている。移籍金は700万ユーロ(約9億1000万円)とのことだ。 オセールやリール、モナコにボルドーといったフランスのクラブでプレーした後、2018年にトリノに移籍したセントラルMFのメイテ。 トリノで主力として活躍後、今年1月にはミランにレンタルで移籍し、セリエA16試合に出場してチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していた。 2021.07.24 06:30 Sat
twitterfacebook
thumb

トリノが守護神シリグとの契約解除を発表

トリノは15日、イタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(34)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 これまでパレルモやセビージャ、パリ・サンジェルマンなど様々なクラブを渡り歩いてきたシリグは、2017年の夏にトリノへ加入。 インテルに移籍したイタリア人GKダニエレ・パデッリの後釜として、正GKの座に君臨すると、在籍4年で公式戦152試合に出場。2020-21シーズンはセリエAで32試合に出場し7度のクリーンシートを達成した。 また、シリグはイタリア代表の優勝で幕を閉じたユーロ2020にも、イタリア代表の第2GKとして選出されており、グループ第3節のウェールズ代表戦で途中出場した。 なお、『フットボール・イタリア』によれば、フリーとなったシリグにはジェノアが関心を示しているとのことだ。 2021.07.15 23:33 Thu
twitterfacebook
thumb

クラブでは不遇もユーロで活躍のリカルド・ロドリゲス、ガラタサライ移籍に前進か

トリノのスイス代表DFリカルド・ロドリゲス(28)が、ガラタサライ移籍に近づいているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 リカルド・ロドリゲスは2017年夏にヴォルフスブルクからミランに加入。一時は左サイドバックの主軸としてチームを支え、公式戦通算93試合出場4ゴール5アシストの成績を残したが、ミランが2019年夏にフランス人DFテオ・エルナンデス(23)を獲得してからは出場機会が激減。レンタル移籍を経た後で、2020年8月にトリノへ完全移籍となった。 しかし、トリノでも主軸の座をつかむことはできず、公式戦18試合の出場にとどまることに。シーズン後半にはほとんど試合出場がなかったこともあり、今夏の移籍が既定路線となっていた。 一方で、クラブでの不遇とは打って変わり6月に開幕したユーロ2020では不動のスタメンとして全5試合に出場。センターバックとしてもプレーするなどユーティリティ性の高さを見せ、評価を高めた。 こうした活躍もあり、イタリア『Cuore Toro』によるとガラタサライがリカルド・ロドリゲス獲得に近づいているという。移籍金は200万ユーロ(約2億6000万円)となる模様であり、ここから数日で交渉が進んでいく可能性があるようだ。 ガラタサライは昨シーズンのトルコ・シュペルリガを2位で終えており、リカルド・ロドリゲス獲得となれば2018-19シーズン以来のリーグ優勝に向け大きな戦力アップとなるかもしれない。 2021.07.15 17:42 Thu
twitterfacebook
thumb

トリノ、元ラツィオ&アタランタGKベリシャを獲得

トリノは3日、セリエBのSPALに所属するアルバニア代表GKエトリト・ベリシャ(32)を買い取り義務付きのレンタルで獲得したことを発表した。なお、ベリシャはトリノと2024年6月までの3年契約を結んだとのことだ。 アルバニア代表として65キャップを持つベリシャは、ラツィオやアタランタで一時期正GKとして活躍後、2019年夏にSPALへレンタル移籍。SPALでは正GKを務めたが、2019-20シーズンはセリエBに降格し、2020-21シーズンはセリエBで9位と振るわなかった。 なお、イタリアメディアではトリノで正GKを務めるイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(34)の放出を画策していると報じ、ベリシャが新シーズンは正GKを務める見込みだと主張している。 2021.07.03 23:05 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング