アタランタ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 アタランタ 36 10 6 3 44 23 21 19
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-31
23:00
セリエA
第20節
アタランタ vs ラツィオ
2021-02-06
26:00
セリエA
第21節
アタランタ vs トリノ
2021-02-14
23:00
セリエA
第22節
カリアリ vs アタランタ
2021-02-21
26:00
セリエA
第23節
アタランタ vs ナポリ

セリエA
第32節
ローマ vs アタランタ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.27
25:45
コッパ・イタリア
準々決勝
アタランタ 3 - 2 ラツィオ
2021.01.23
26:00
セリエA
第19節
ミラン 0 - 3 アタランタ
2021.01.20
23:00
セリエA
第10節
ウディネーゼ 1 - 1 アタランタ
2021.01.17
26:00
セリエA
第18節
アタランタ 0 - 0 ジェノア
2021.01.14
29:15
コッパ・イタリア
5回戦
アタランタ 3 - 1 カリアリ
基本データ

正式名称:アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ

原語表記:Atalanta Bergamasca Calcio s.p.a.

愛称:オロビチ(ベルガモにある山岳の名前)、ネッラズーリ(黒と青)

ホームタウン:ベルガモ

チームカラー:青・黒

関連ニュース
thumb

10人のアタランタがミランチュク弾でラツィオとの打ち合いを制す!《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝のアタランタvsラツィオが27日に行われ、3-2でアタランタが勝利した。 5回戦でカリアリに勝利したアタランタは、直近のミラン戦から先発を5人変更。D・サパタやイリチッチ、ハテブールらに代えてムリエルやミランチュク、マリノフスキーらを先発を起用した。 一方、5回戦でパルマに辛勝したラツィオは、直近のサッスオーロ戦から先発を5人変更。インモービレやコレア、ルーカス・レイバらに代えてムリキやアンドレアス・ペレイラ、エスカランテらを先発を起用した。 今週末のリーグ戦でも対戦する両者の一戦は、開始早々にスコアが動く。7分、マリノフスキーの左CKがニアのディムスティに当たると、こぼれ球をパロミーノがシュート。これはGKレイナに弾かれたが、相手DFのクリアがディムスティに当たるとそのままゴールネットを揺らし、アタランタが先制した。 先制を許したラツィオだが、すぐさま反撃に転じる。すると17分、ミリンコビッチ=サビッチのロングパスで左サイドのスペースに抜け出したアチェルビが滞空時間の長いクロスをゴール前に入れると、ムリキがパロミーノの寄せをものともしない打点の高いヘディングシュートをゴール左隅に流し込んだ。 さらにラツィオは、34分にも敵陣中盤でボールをカットしたアチェルビがカウンター。ドリブルでゴール前まで持ち上がると冷静にシュートを沈めた。 逆転をされたアタランタだったが、すぐに試合を振り出しに戻す。37分、ディムスティのロングパスで右サイドを抜け出したムリエルがボックス右から侵入。切り返しで相手DFをかわし折り返しを供給すると、これを受けたマリノフスキーのシュートがゴールネットを揺らした。 同点で迎えた後半、ラツィオは53分に数的優位となる。ミリンコビッチ=サビッチのロングパスでDFの裏に抜け出したラッツァーリを後方から倒したパロミーノがレッドカードで一発退場となった。 数的不利となったアタランタだったが、57分に後半最初の決定機を迎える。敵陣中盤での浮き球をミランチュクが頭で繋ぐと、これを拾ったロメロがボックス右手前まで持ち上がりラストパス。これをボックス中央で受けたミランチュクが寄せてきた相手GKの股下を右足シュートで射抜き、ゴールネットを揺らした。 勝ち越しに成功したアタランタは、65分にもボックス左深くまで侵入したD・サパタがホードに倒されPKを獲得。しかし、D・サパタのPKはGKレイナの完璧なPKストップに防がれた。 1点を追うラツィオは、62分にコレア、71分にインモービレ、81分にルリッチを投入。すると89分、バイタルエリア右で獲得したFKからコレアがクロスを上げるとニアでアチェルビがヘディングシュート。しかし、これはGKゴッリーニのファインセーブに阻まれた。 結局、試合はそのまま3-2でタイムアップ。数的不利ながらラツィオとの打ち合いを制したアタランタが、準決勝進出を決めた。 2021.01.28 03:41 Thu
twitterfacebook
thumb

監督と確執…アタランタの躍進支えたMFパプ・ゴメスがセビージャに完全移籍

セビージャは26日、アルゼンチン代表MFアレハンドロ・ゴメス(32)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの3年半とのこと。移籍金は550万ユーロ(約7億円)と見られ、250万ユーロ(約3億1500万円)のボーナスが付くという。 “パプ・ゴメス”の愛称でも親しまれているゴメスは、母国のアルセナルやサン・ロレンソでプレーし、2010年7月にカターニャへと移籍。ウクライナのメタリストへの移籍を経て、2014年9月にアタランタへと完全移籍した。 アタランタでは公式戦252試合に出場し59ゴール71アシストを記録。ゲームメーカーとして、近年のアタランタの躍進を支え、爆発的な攻撃陣をコントロールしていた。 しかし、昨年12月1日に行われたCLグループD第5節のミッティラン戦でジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督と口論となったことをきっかけに確執が生まれ、12月16日のセリエA第12節のユベントス戦を最後に招集外が続いていた。 2021.01.27 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

バレンシア、アタランタにレンタル中だったDFピッチーニが復帰! 今季はセリエAわずか1試合の出場

バレンシアは23日、アタランタにレンタル移籍していた元イタリア代表DFクリスティアーノ・ピッチーニ(28)の復帰を発表した。 フィオレンティーナの下部組織出身のピッチーニは、ウイングからサイドバックまでこなす右サイドのスペシャリスト。スペツィアやリボルノなどイタリアのクラブをレンタルで渡り歩いたあと、ベティスとスポルティング・リスボン移籍を経て2018年夏にバレンシアへ加入した。 すぐに右サイドバックとしてレギュラーに定着したものの、バレンシアでの生活はケガの連続。加入1年目は3度のケガに悩まされると、昨シーズンは右膝蓋骨骨折で1年丸々棒に振ってしまった。だが、昨年5月に治療のために埋め込んでいた金属プレートとネジを除去する手術を行い、復帰に近づいたこともあり、同年9月にアタランタへのレンタル移籍が決定した。 そして、同年11月に行われたセリエAのスペツィア戦でアタランタデビューを飾ったが、その試合がアタランタでのラストマッチとなってしまった。 2021.01.24 05:05 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタが3発完勝、ミランは完敗も10季ぶりの前半戦首位ターン《セリエA》

セリエA第19節、ミランvsアタランタが23日に行われ、0-3でアタランタが完勝した。 前節カリアリ戦をイブラヒモビッチのドッピエッタで快勝とし、インテルとの3ポイント差を維持した首位ミラン(勝ち点43)は、コロナ偽陽性となったテオ・エルナンデスが復帰、コロナ陰性となったレビッチと新戦力のマンジュキッチがベンチ入りした。 対する5位アタランタ(勝ち点33)は低調なゴールレスドローに終わったジェノア戦の後、3日前に行われた延期試合のウディネーゼ戦も低調なドローに終わった。格下相手に2戦連続ドローと足踏みが続いている中、ウディネーゼ戦のスタメンから5選手を変更。サパタやイリチッチ、ゴセンズら主力が先発に戻った。 立ち上がりのミランの攻勢を経て、徐々にアタランタが押し込む展開とすると、18分にイリチッチがミドルシュートで牽制。そして26分、アタランタが先制する。ショートコーナーからボックス手前左のゴセンズのクロスをファーサイドのロメロがダイビングヘッドで押し込んだ。 失点したミランは39分にイリチッチに直接FKでGKドンナルンマを強襲された中、ハーフタイムにかけてはチャンスを作れず1点ビハインドで前半を終えた 迎えた後半、メイテに代えてディアスを投入してきたミランに対し、アタランタは開始6分にPKを獲得する。ボックス内のイリチッチがケシエにヒジを入れられた。このPKをイリチッチが決め、アタランタがリードを2点に広げた。 その後もサパタのヘディングシュートでゴールに迫ったアタランタに対し、劣勢のミランは70分にマンジュキッチとレビッチを投入。すると直後、FKの流れから混戦の中、マンジュキッチに早速決定機。しかし、シュートはGKゴッリーニの好守に阻まれた。 その後、右CKからサパタのヘディングシュートが左ポストに直撃したアタランタは、77分に勝負を決める。ロメロのスルーパスをボックス左で受けたサパタが左足でシュートを決めきった。 終盤にかけてはアタランタが試合をコントロール。完勝で首位ミランを撃破している。ただ、敗れたミランは同時刻開催の試合で2位インテルがウディネーゼに敗れたため、2ポイント差を付けての首位で前半戦を終えている。 2021.01.24 04:01 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタ戦に臨むミラン指揮官が意気込み「自分たちの試合をして勝ちたい」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、23日に行われるアタランタ戦に向けて自分たちのパフォーマンスを披露したいと意気込んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 FWズラタン・イブラヒモビッチなどのベテラン組と若手が上手く融合し、セリエAで首位に立つミラン。第16節のユベントス戦ではリーグ戦初黒星を喫してしまったものの、そこから2連勝を収めており、バウンスバックには成功している。 3連勝を目指す第19節では6位に位置する強豪のアタランタと対戦する。首位キープを目指すアタランタ戦の前日会見に出席したピオリは、自分たちのスタイルを貫き、勝利を目指したいと意気込んだ。 「自分たちのクオリティや、ピッチでの在り方を確認し、信念を持って毎試合に臨むことが大切だ。明日の対戦相手も尊重しなければいけない。彼らは非常に強力なチームだ。(昨季は)チャンピオンズリーグの準々決勝であと一歩のところまでいった彼らを祝福しなければいけない」 「明日は自分たちの試合をして勝ちたい。アタランタが直近2試合で勝てていないという事実はリーグ戦のクオリティとバランスを証明している。彼らは彼らのクオリティを証明しているが、我々は同じことをしなければいけない。トップのチームと上位のチームによる戦いはフィジカル的な戦いになるだろう」 2021.01.23 21:18 Sat
twitterfacebook

順位表



得点ランキング