アタランタ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 アタランタ 56 16 8 9 66 42 24 33
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-29
26:00
セリエA
第34節
アタランタ vs ウディネーゼ
2019-05-05
22:00
セリエA
第35節
ラツィオ vs アタランタ
2019-05-11
22:00
セリエA
第36節
アタランタ vs ジェノア
2019-05-19
22:00
セリエA
第37節
ユベントス vs アタランタ
2019-05-26
セリエA
第38節
アタランタ vs サッスオーロ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.25
27:45
コッパ・イタリア
準決勝2ndレグ
アタランタ 2 - 1 フィオレンティーナ
2019.04.22
26:00
セリエA
第33節
ナポリ 1 - 2 アタランタ
2019.04.15
27:30
セリエA
第32節
アタランタ 0 - 0 エンポリ
2019.04.07
25:00
セリエA
第31節
インテル 0 - 0 アタランタ
2019.04.04
28:00
セリエA
第30節
アタランタ 4 - 1 ボローニャ
基本データ

正式名称:アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ

原語表記:Atalanta Bergamasca Calcio s.p.a.

愛称:オロビチ(ベルガモにある山岳の名前)、ネッラズーリ(黒と青)

ホームタウン:ベルガモ

チームカラー:青・黒

関連ニュース
thumb

アタランタがヴィオラ撃破で23年ぶりの決勝進出! 2度目の優勝懸けてラツィオと対戦《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準決勝2ndレグ、アタランタvsフィオレンティーナが25日に行われ、ホームのアタランタが2-1で勝利した。この結果、2戦合計5-4としたアタランタの23年ぶり4度目の決勝進出が決定した。 フィオレンティーナホームで行われた1stレグで3-3の壮絶な打ち合いを演じた両者が、ラツィオの待つ決勝進出を懸けて激突した今回の一戦。 試合は前回対戦同様に立ち上がりから打ち合いの展開となる。まずは3分、キエーザからのスルーパスに反応したムリエルがあっさりと最終ラインを突破すると、ボックス内でGKとの一対一を制してアウェイチームが早々に先制点を奪う。さらに直後の5分にもボックス内に抜け出したキエーザに2点目のチャンスも、ここはシュートを枠の左に外してしまう。 一方、2戦合計スコアで逆転されたアタランタだが、早い時間帯に追いつく。14分、ボックス内でイリチッチから足下にパスを受けたアレハンドロ・ゴメスが反転を試みた際にDFチェッケリーニに倒されてPKを獲得。これをキッカーのイリチッチが冷静にゴール右隅へ蹴り込み、2戦合計スコアで再び優位に立つ。 ここから試合はさらに激しさを増すかに思われたが、やや中盤での潰し合いが目立ち互いに決定機まで持ち込めない。それでも、リスクを冒して攻めるアウェイチームに対してイリチッチ、ゴメス、サパタと自慢の3トップを起点に精度の高いカウンターを仕掛けるアタランタが38分にゴセンズのゴール前でのヘディングシュート、40分過ぎにはイリチッチにボックス内でシュートチャンスが訪れるも、いずれも枠に飛ばせず。 1-1のスコアで折り返した試合は、後半も立ち上がりに両者が決定機を迎える。まずは47分、ムリエルからの短いスルーパスに抜け出したベナッシがボックス内でGKと一対一もここはGKゴッリーニの勇敢な飛び出しに阻まれる。直後の50分にはペナルティアーク付近でのサパタの落としからゴメスが強烈な右足のミドルシュートを放つが、今度はGKラフォンがファインセーブで阻んだ。 立ち上がりこそイーブンな展開も時間の経過と共にアタランタが押し込む状況が続く。60分過ぎには途中出場のパシャリッチが強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かすと、意外な形から決定的なゴールが生まれる。 69分、アタランタの波状攻撃からボックス右でパスを受けたゴメスが右足でグラウンダーのシュートを放つと、GKラフォンが弾き切れなかったボールがそのままゴールネットに吸い込まれ、ホームチームが大きなアドバンテージを手にした。 これで逆転には2ゴールが必要となったフィオレンティーナは中盤を削ってシメオネを投入するなど、ここから反撃を試みる。しかし、より後方に重心を置いたアタランタ相手にセットプレー以外ではチャンスすら作れない。 そして、試合はこのまま2-1でタイムアップを迎え、2戦合計5-4としたアタランタが1995-96シーズン以来、23年ぶりの決勝進出を果たした。 なお、ラツィオとアタランタによるコッパ・イタリア決勝はスタディオ・オリンピコで5月15日に行われる予定だ。 <div id="cws_ad"> <script src="//player.performgroup.com/eplayer.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=vzhoh55q1o0a1g99rt62so99k" async></script> </div> 2019.04.26 05:51 Fri
twitterfacebook
thumb

アタランタがセリエA得点ランク2位のD・サパタの移籍金を5000万ユーロに設定か

アタランタがコロンビア代表FWドゥバン・サパタ(28)の移籍金を5000万ユーロ(約62億5000万円)に設定したようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今季のセリエAで21ゴールを挙げ、得点ランク2位に付けるD・サパタ。アタランタをチャンピオンズリーグ出場権争いに導く印象的な活躍を続けるFWに対し、イタリア国内ではインテルとローマが、プレミアリーグからはニューカッスルとウェストハムが獲得に興味を示しているとのことだ。 今季、レンタル料1400万ユーロでサンプドリアからアタランタに加入したD・サパタは、買い取りオプションを行使する際にはさらに1200万ユーロを支払う契約となっているが、倍近い金額で他クラブへ移籍することになるのだろうか。 2019.04.25 01:19 Thu
twitterfacebook
thumb

イリチッチ投入でナポリに逆転勝利のアタランタが4位ミランに勝ち点で並ぶ!《セリエA》

セリエA第33節、ナポリvsアタランタが22日に行われ、1-2でアタランタが逆転勝利した。 アーセナルに敗れてヨーロッパリーグ敗退となった2位ナポリ(勝ち点67)と、前節エンポリ戦を引き分けた6位アタランタ(勝ち点53)による上位対決。 インシーニェをベンチスタートとしたナポリは2トップにメルテンスとミリクを起用した。一方、チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位ミランを暫定3ポイント差で追うアタランタはイリチッチをベンチスタートとし、D・サパタとA・ゴメスの2トップでスタートした。 強い雨が降る中キックオフされた一戦。立ち上がりから押し込む展開としたナポリは4分にカジェホンがミドルシュートでGKを強襲すると、続く11分にはメルテンスがロングボールに抜け出してGKと一対一に。だが、ゴッリーニの飛び出しをかわしきれずシュートを打てなかった。 その後、D・サパタとの接触で左肩を痛めていたキリケシュがプレー続行不可能となって13分にルペルトとの交代を強いられたナポリが引き続き押し込む展開とする中、28分に先制した。カジェホンのスルーパスに抜け出したマルキュイがボックス右からクロスを入れると、メルテンスがヒールで流し込んだ。 先制後、前がかるアタランタに対してナポリがカウンターを狙うと、35分にはジエリンスキがディフェンスライン裏に抜け出してGKと一対一に。しかし、シュートはゴッリーニに阻まれた。ハーフタイムにかけてもナポリがアタランタに付け入る隙を見せない中、前半終了間際のA・ゴメスの強烈なシュートはGKオスピナがセーブし、1点をリードしたまま後半へ折り返した。 雨が止んで迎えた後半、開始5分にナポリに追加点のチャンス。ミリクがディフェンスライン裏に抜け出して飛び出したGKを外すチップキックシュートを放つ。しかし、ゴールラインぎりぎりでマジエッロにボールを掻き出されてしまった。 劣勢のアタランタは54分に中盤のフロイラーを削ってイリチッチを投入。攻撃に比重を置いた布陣に変更して勝負に出る。そのイリチッチがミドルシュートでナポリゴールに迫ると、69分に同点とした。イリチッチのスルーパスでボックス右深くまでえぐったハテボエルの折り返しをD・サパタが押し込んだ。 勢いに乗るアタランタは76分、イリチッチがGKオスピナを強襲するシュートを浴びせると、ルーズボールをデ・ルーンがボレー。だが、わずかに枠を捉えきれなかった。それでも80分、アタランタが逆転に成功する。イリチッチのパスを受けたD・サパタがボックス左でボールをキープして後方へパスを出すと、パシャリッチが蹴り込んだ。 そして、終盤にかけてのナポリの攻勢をしっかりと抑えたアタランタが逆転勝利。4位ミランに勝ち点で並んでいる。 2019.04.23 03:54 Tue
twitterfacebook
thumb

3位インテルと5位アタランタの上位対決はゴールレスドロー《セリエA》

セリエA第31節、インテルvsアタランタが7日に行われ、0-0で引き分けた。 前節ジェノア戦でキャプテンを剥奪されて以降戦列を離れていたイカルディが1ゴール1アシストの活躍で4-0と圧勝したインテル(勝ち点56)は3位を堅守。チャンピオンズリーグ出場権を争う5ポイント差のアタランタに対し、インテルはジェノア戦のスタメンからナインゴランに代えてヴェシーノのみを変更した。 対する5位アタランタ(勝ち点51)は前節ボローニャ戦を電光石火のイリチッチのドッピエッタなどで4-1と完勝し、ここ5試合で4勝と絶好調を維持。1ポイント差の4位ミランが前日の試合でユベントスに敗れたため、インテルに勝利すれば4位浮上となる中、D・サパタが出場停止で欠場となったが、A・ゴメスやイリチッチらをスタメンで起用した。 立ち上がりからハイプレスをかけて攻勢に出たインテルは開始3分、ダンブロージオがネットを揺らすも、その前にラストパスを出したガリアルディーニがオフサイドでノーゴールとなった。さらに9分、前線に飛び出したヴェシーノが遠目の位置からボレーシュートを浴びせるも、GKゴッリーニの好守に阻まれた。 その後、徐々にアタランタに盛り返されたインテルは、20分にアクシデント。右足太ももを痛めたブロゾビッチがプレー続行不可能となってナインゴランが投入された。 ブロゾビッチの務めていた中盤アンカーの位置にガリアルディーニを据えたインテルは31分に決定機。ポリターノのスルーパスでボックス中央に侵入したイカルディがシュート。しかし、ここもGKゴッリーニの好セーブに阻まれた。さらに44分、ガリアルディーニのラストパスを受けたボックス右のポリターノがシュートに持ち込んだがDFにブロックされ、ゴールレスで前半を終えた 迎えた後半、アタランタが攻勢をかける展開が続くもシュートにつなげることはできない。 膠着状態が続いて迎えた72分、インテルに後半最初の決定機。ヴェシーノのダイレクトパスに抜け出したボックス右のナインゴランがシュート。だが。好飛び出しを見せたGKゴッリーニの好守に阻まれた。 終盤の85分には右CKからニアサイドのイカルディがヘディングシュートを放つも枠を捉え切れず、0-0でタイムアップ。インテルはアタランタに勝ち点3を許さず、着実に1ポイントを積み上げた。 2019.04.08 03:11 Mon
twitterfacebook
thumb

開始15分で4発のアタランタがボローニャに快勝!《セリエA》

セリエA第30節のアタランタvsボローニャが4日に行われ、4-1でアタランタが勝利した。 リーグ戦4試合負けなしの5位アタランタが、ホームに18位に沈むボローニャを迎えた一戦。直近のパルマ戦で逆転勝利したアタランタは、その一戦から先発を2人変更。パルマ戦で2ゴールのD・サパタやイリチッチ、アレハンドロ・ゴメスらが先発した。 試合は開始早々に動く。3分、敵陣右サイドでボールを奪ったG・マンチーニが素早く前線に送ると、これを受けたイリチッチがボックス右手前まで切り込み、コントロールショットをゴール左に突き刺した。 先制に成功したアタランタは、5分にも相手ボックス付近でスローインを受けたイリチッチがデ・ルーンとのパス交換でボックス右に侵入。ワンフェイントから右足を振り抜くと、左ポスト内側に当たったボールがゴールに吸い込まれた。 攻撃の手を緩めないアタランタは9分、右サイドを持ち上がったイリチッチのラストパスをボックス右で受けたハテボエルがゴール左隅にシュートを流し込み、追加点。さらに15分には、フロイラーのロングパスで左サイドを抜け出したD・サパタが、ボックス左深くまで持ち込み、右足でゴールネットを揺らした。 開始15分で4点を奪ったアタランタは、その後も危なげない試合運びで試合を支配する。42分には、中途半端なバックパスの処理に飛び出した相手GKのパスをデ・ルーンがカットすると、無人のゴールへロングシュートを狙ったが、これはわずかに左に逸れた。 迎えた後半、アタランタはあれハンドロ・ゴメスを下げてパシャリッチを投入。しかし、先にゴールネットを揺らしたのはボローニャ。54分、ボックス右付近でFKを獲得すると、オルソリーニの直接FKがGKゴッリーニの手を弾き、ゴールネットに突き刺さった。 1点を返されたアタランタだが、すぐに反撃。60分、イリチッチの右FKをゴール前のD・サパタがワントラップからシュートを流し込んだが、これはトラップの際に手に当たったと判断されノーゴールとなった。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続く。結局、最後までスコアは動かず4-1でアタランタが勝利。前半の4ゴールでボローニャに快勝したアタランタが、7日に敵地で行われるインテルとの上位対決に弾みを付けた。 2019.04.05 06:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング