アタランタ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 アタランタ 78 23 9 6 90 47 43 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.19
28:00
コッパ・イタリア
決勝
アタランタ 1 - 2 ユベントス
2021.03.16
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・2ndレグ
レアル・マドリー 3 - 1 アタランタ
2021.02.24
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ
アタランタ 0 - 1 レアル・マドリー
2021.02.10
28:45
コッパ・イタリア
準決勝2ndレグ
アタランタ 3 - 1 ナポリ
2021.02.03
28:45
コッパ・イタリア
準決勝1stレグ
ナポリ 0 - 0 アタランタ
基本データ

正式名称:アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ

原語表記:Atalanta Bergamasca Calcio s.p.a.

愛称:オロビチ(ベルガモにある山岳の名前)、ネッラズーリ(黒と青)

ホームタウン:ベルガモ

チームカラー:青・黒

関連ニュース
thumb

セリエA屈指の若手CB2人の去就決着へ! ロメロがスパーズ、デミラルがアタランタへ

アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)、トルコ代表DFメリフ・デミラル(23)の去就がもう間もなく決着を迎えるようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏や複数のイタリアメディアが報じている。 新シーズンに向けてロメロをセンターバックの補強候補筆頭に掲げてきたトッテナムは、ここ数日間アタランタと交渉を重ねており、5000万ユーロ(約65億円)+ボーナス500万ユーロ(約6億5000万円)の条件でクラブ間合意に至った。 さらに、元々ノースロンドン行きを熱望していたロメロに関しても2026年までの5年契約で合意に至っていると見られている。そして、ロメロはイタリアで行われた最初のメディカルチェックをパスしており、今週中にもロンドンへ渡り、トッテナムとの契約にサインする見込みだ。 一方、アタランタはロメロ流出が濃厚となっていた中、ユベントス退団を望むデミラルを後釜候補に設定。現時点で獲得に向けて具体的な動きを見せている競合クラブはなく、選手自身がアタランタ行きを望んでいることもあり、ここまで交渉はスムーズに進んでいた。 アタランタとユベントスは250万ユーロ(約3億2000万円)の1年間の有償レンタル、その後に2500万ユーロ(約32億4000万円)の買い取りオプションが付く、総額2750万ユーロの条件で合意に至った模様。デミラルはアタランタのメディカルチェック受診のため、ユベントスのトレーニングを欠席しており、一両日中にもアタランタ移籍が実現する見込みだ。 2021.08.05 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

エース移籍の可能性あるアタランタ、2人のストライカー両取りを検討か

アタランタは今夏の移籍市場で、2人のストライカーを獲得する可能性があるようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 今夏の市場でGKピエルルイジ・ゴッリーニ(26)がトッテナムに引き抜かれ、さらにDFクリスティアン・ロメロ(23)の流出も間近に迫っているアタランタだが、ウディネーゼからアルゼンチン代表GKフアン・ムッソ(27)が加入したほか、ユベントスのトルコ代表DFメリフ・デミラル(23)の獲得にも接近するなど、抜かりない強化を続けている。 しかし、そんなアタランタに新たな主力流出の可能性が浮上。ベルギー代表FWロメル・ルカク(28)をチェルシーに引き抜かれそうなインテルが、その後釜としてコロンビア代表FWドゥヴァン・サパタ(30)に注目しているという。 昨シーズン公式戦49試合出場19ゴール14アシストの成績を残したエースが引き抜かれればチームにとっては大きな打撃となるが、イタリア『Sportitalia』の移籍に精通するアルフレッド・ペドゥーラ氏によると、アタランタはその穴を埋めるため2人のフォワードを獲得する可能性があると語っている。 その1人が、チェルシーのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(23)だ。チェルシーの下部組織出身であるエイブラハムは、これまで公式戦82試合出場30ゴール12アシストの成績を残しているが、トーマス・トゥヘル監督からの評価は低く、ルカクが加入すれば放出候補になるとされている。ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は、エイブラハムの加入を強く望んでいるようだ。 もう1人の候補が、トリノのイタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(27)。イタリア代表としてユーロ2020にも参加したベロッティとトリノの契約は2022年6月に切れるため、クラブは今夏の売却を検討しているという。 3シーズン連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場を果たし、昨シーズンはコッパ・イタリア決勝に進出するなど成長著しいアタランタは、サパタ放出となった場合この2人のストライカーの両取りも検討しているようだ。 2021.08.05 15:30 Thu
twitterfacebook
thumb

イリチッチ&ロメロの去就語るアタランタ指揮官「移籍の要求を尊重したい」

アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が2選手の去就について語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 昨シーズンを3位で終え、チャンピオンズリーグ(CL)も控える新シーズンへの準備を進めるアタランタ。しかし、今夏も複数選手に移籍の噂があり、すでにイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(26)がレンタルという形でトッテナムに移籍した。 その他、スロベニア代表MFヨシプ・イリチッチ(33)にはミラン移籍の噂が、アルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)にはトッテナムの移籍の噂があり、チームは難しい状況にある。 先週末のプレシーズンマッチ後に記者会見を行ったガスペリーニ監督は殺到した選手の去就に対する質問に対応。イリチッチについては本人が退団希望を明確にしていることもあり、意思を尊重したいと語った。 「我々はイリチッチがどうなるか見ることになる。昨シーズンの終わりに、彼は新しい経験を試みたいという願望を表明した。彼はトレーニングでしっかりやっており、文句を言うこともなかった。ただ、定期的にプレーできるクラブを見つける準備をしているんだ」 「私は彼の移籍の要求を尊重したい。移籍市場はまだ1カ月残っている。彼は移籍の準備を整えているが、現時点で特別な動きはないよ」 また、ガスペリーニ監督はロメロについても言及。クラブの交渉次第と語りつつ、仮に移籍となった場合でも代わりの補強は必要ないと断言した。 「ロメロは月曜日に休暇から戻ってくるから、まだ会っていないんだ。彼の立場がどうなるかについては見ていきたい。今は2つのクラブの間で交渉が進行中だ。もし彼が去った場合、評価がどうなるかについてもチェックしていきたいね」 「ロメロの代わりがロメロでないのであれば、我々はこのままのスカッドでも問題ない」 2021.08.02 15:39 Mon
twitterfacebook
thumb

ロメロのスパーズ行き迫る! アタランタと移籍金で合意か?

アタランタのアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)のトッテナム移籍に関して大きな進展が見られたようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏やアルゼンチン『TyCSports』など複数メディアが報じている。 現在、トッテナムは昨シーズンのセリエA最優秀DFの獲得にトッププライオリティーを置いており、ここ数日間に渡ってアタランタとのクラブ間の交渉を進めている。 ただ、先月30日に行われた直接交渉では、ロメロの放出に前向きではないアタランタの高額な要求額に対して、トッテナムが現時点で応じず、交渉は低調に終わった。 しかし、ロメロ獲得にこだわるトッテナムは最新の交渉でアタランタの要求額に近い5000万ユーロ(約65億円)+ボーナス500ユーロ(約6億5000万円)のオファーを掲示。これをアタランタが受け入れる見込みとなったようだ。 なお、ノースロンドン行きを熱望しているロメロに関してアタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督は直近の公式会見の場で、「個人的にはプレーヤーの決定が彼の将来を理解するために重要であると思っている。 次に、クラブ間の交渉がどのように発展するかを見極める必要がある」とコメント。ロメロの希望を尊重しつつ、適切なオファーが届いた場合、売却を容認するとの考えを明らかにしている。 前述の報道通り、ロメロのトッテナム移籍が実現した場合、アタランタはその移籍金を元手にユベントス退団を望むトルコ代表DFメリフ・デミラル(23)の獲得に動く構えだ。 2021.08.01 14:53 Sun
twitterfacebook
thumb

アタランタがヴェローナの逸材CBロヴァート獲得! スパーズ行き望むロメロ後釜に?

アタランタは31日、エラス・ヴェローナからU-21イタリア代表DFマッテオ・ロヴァート(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの4年となるが、1年間の延長オプションが付随している。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は800万ユーロ+ボーナス300万ユーロの総額1100万ユーロ(約14億3000万円)となるようだ。 パドヴァの下部組織出身のロヴァートはジェノアのプリマヴェーラでのプレーを経てセリエCのパドヴァでプロキャリアをスタート。その後、2020年1月にヴェローナに引き抜かれると、同年7月のアタランタ戦でセリエAデビューを飾った。 昨シーズンはアルバニア代表DFマラシュ・クンブラ(ローマ)、コソボ代表DFアミル・ラフマニ(ナポリ)と2人の主力の移籍によって出場機会を掴むと、セリエA24試合に出場。 高い戦術眼を生かしたカバーリングセンス、ラインコントロールを軸に地対空安定した対人対応、的確な配球と、総合力の高いセンターバックとして評価を高めていた。 なお、昨シーズンまでヴェローナを率いていたイバン・ユリッチ前監督はアタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の愛弟子として知られており、両指揮官の志向するスタイルは非常に近い。 そのため、ロヴァートのアタランタへの順応は非常にスムーズに進むはずだ。 なお、ロヴァートの獲得を受け、トッテナム行きを熱望するアルゼンチン代表DFクリスティアン・ロメロ(23)の交渉に動きが出てくるかもしれない…。 2021.07.31 20:28 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング