アタランタ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 アタランタ 69 20 9 9 77 46 31 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.26
27:30
セリエA
第38節
アタランタ 3 - 1 サッスオーロ
2019.05.19
27:30
セリエA
第37節
ユベントス 1 - 1 アタランタ
2019.05.15
27:45
コッパ・イタリア
決勝
アタランタ 0 - 2 ラツィオ
2019.05.11
22:00
セリエA
第36節
アタランタ 2 - 1 ジェノア
2019.05.05
22:00
セリエA
第35節
ラツィオ 1 - 3 アタランタ
基本データ

正式名称:アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ

原語表記:Atalanta Bergamasca Calcio s.p.a.

愛称:オロビチ(ベルガモにある山岳の名前)、ネッラズーリ(黒と青)

ホームタウン:ベルガモ

チームカラー:青・黒

関連ニュース
thumb

引く手あまたのブッフォン…バレンシアとアタランタも挙手か

今シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団するも引く手あまたの元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)だが、新たに2クラブが手を挙げる可能性があるようだ。『フットボールエスパーニャ』がポルトガル『A Bola』を引用して伝えている。 今シーズンに加入したPSGで公式戦25試合に出場したイタリアが誇る偉大な守護神ブッフォン。すでにバルセロナやブレシア、ポルト、リーズに加えて古巣のパルマなど複数のクラブが獲得に興味を示している状況だ。 ブッフォン争奪戦に関しては現在、リーズがポールポジションに立っている模様。しかし今回、バレンシアとアタランタも獲得に乗り出す可能性があるという。 ただ、バレンシアに関しては現在、ブラジル代表GKネト(29)とバルセロナに所属するオランダ代表GKイェスパー・シレッセン(30)とのトレード交渉が進行中であることも噂されており、こちらの状況によっても左右されそうだ。 2019.06.24 18:10 Mon
twitterfacebook
thumb

CL出場アタランタがコロンビア代表FWムリエルの獲得を発表!

アタランタは21日、セビージャのコロンビア代表FWルイス・ムリエル(28)の獲得を発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年間で、移籍金は『フットボール・イタリア』によれば1500万ユーロ(約18億2500万円)+300万ユーロ(約3億6500万円)のボーナスとのことだ。 ウディネーゼやグラナダ、レッチェ、サンプドリアでプレーしたムリエルは、2017年7月に2000万ユーロでセビージャへと完全移籍。移籍初年度はリーガエスパニョーラ29試合の出場で7ゴールとまずまずの活躍を見せたが、2018-19シーズンはリーガエスパニョーラで6試合に出場し1ゴール1アシストにとどまると、1月にフィオレンティーナへとレンタル移籍。セリエAで19試合で6ゴールを記録するなど、戦い慣れたイタリアで活躍を見せていた。 16日に行われたコパ・アメリカのアルゼンチン代表戦でヒザの側副じん帯を損傷し、全治5〜7週間の負傷を負ったムリエルだが、来季クラブ史上初のチャンピオンズリーグを戦うアタランタの今夏最初の補強選手となった。 2019.06.21 22:20 Fri
twitterfacebook
thumb

アタランタとサンプドリアが伊東の同僚マリノフスキーを巡り争奪戦か

ヘンクのウクライナ代表MFルスラン・マリノフスキー(26)を巡って、アタランタとサンプドリアというセリエAの2チームが争奪戦を繰り広げていることがイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』に報じられている。 マリノフスキーは2011年にシャフタールでプロキャリアをスタート。その後数クラブで実績を積み2016-17シーズンからヘンクに在籍中。中盤での豊富な運動量とプレースキッカーを務める程の正確なキックが持ち味で、今シーズンはリーグ戦28試合出場で9ゴールを記録。同僚の日本代表MF伊東純也と共にヘンクのベルギーリーグ制覇に大きく貢献した。 サンプドリアと同選手はすでに接触しており、アタランタとも近い時期に話し合いの場がもたれると同サイトは伝えている。また、交渉にあたってアタランタは来季獲得しているチャンピオンズリーグ(CL)出場権を話し合いの切り札にするであろうとの事だ。 ベルギーで確固たる地位を築きステップアップを図ろうとしているマリノフスキー。はたして来季CLの大舞台で躍動する彼の姿が見られるのか、今後に注目していきたい。 2019.06.21 13:43 Fri
twitterfacebook
thumb

ブッフォン、ポルトが最有力もイタリア復帰が浮上

今シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団した元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(41)だが、新たな移籍先候補が浮上した。イタリア『gianlucadimarzio.com』が伝えた。 今シーズン、ユベントスからPSGへと加入したブッフォンだったが、フランス代表GKアルフォンス・アレオラとの併用が続いていた。今シーズンはローテーションが行われていたものの、トーマス・トゥヘル監督は来シーズンはやめると明言。より定期的なプレー機会を望むブッフォンは、PSGとの契約を拒否していた。 そんなブッフォンには、ポルトが獲得に動いていた。元スペイン代表GKイケル・カシージャスがシーズン終盤に心臓発作を起こし、プレーできない状況。その代役にブッフォンをと考えているようだ。 一方で、新たな移籍先候補としてアタランタが浮上している。クラブ史上初のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したアタランタは、ブッフォンに魅力的なオファーを出しているとのこと。イタリアに復帰する可能性もあるようだ。また、古巣であるパルマへの復帰も噂されており、ブッフォンの去就には注目が集まることになりそうだ。 2019.06.21 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

イタリア復帰を熱望するグアリン、CL初参戦のアタランタへ売り込みを実施か

中国スーパーリーグの上海申花に所属する元コロンビア代表MFフレディ・グアリン(32)が、イタリアへの復帰を熱望しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 コロンビア代表で58キャップを数えるグアリンは、ポルトやインテルでのプレーを経て、2016年冬に上海申花へ移籍。上海申花では在籍3年半で公式戦97試合に出場し27ゴール21アシストをマーク。今季もここまでリーグ戦11試合に出場1ゴール3アシストを記録している。 グアリンは上海申花との契約を2019年12月31日まで契約を残しているものの、現在はイタリア復帰に向けて動いているようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えるところによると、現在グアリンの代理人は来季チャンピオンズリーグに初出場するアタランタに売り込みをかけているという。 アタランタ側も4年間インテルに在籍しセリエAとチャンピオンズリーグでプレーの経験があるグアリンに関心を寄せているが、同選手が上海申花で受け取っている1000万ユーロ(約12億円)という高額な年俸がアタランタの査定からかけ離れているため、交渉は停滞している。なお、アタランタは年俸100万ユーロ(約1億2000万円)程度での獲得を望んでいるようだ。 以前には、インテル復帰を望むコメントが話題となったグアリンだが、今夏にイタリアへ活躍の場を移すことが出来るのだろか。 2019.06.21 02:25 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング