ミラン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 ミラン 56 15 11 7 47 31 16 33
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-24
27:45
コッパ・イタリア
準決勝2ndレグ
ミラン vs ラツィオ
2019-04-28
27:30
セリエA
第34節
トリノ vs ミラン
2019-05-06
27:30
セリエA
第35節
ミラン vs ボローニャ
2019-05-11
27:30
セリエA
第36節
フィオレンティーナ vs ミラン
2019-05-19
25:00
セリエA
第37節
ミラン vs フロジノーネ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.20
19:30
セリエA
第33節
パルマ 1 - 1 ミラン
2019.04.13
27:30
セリエA
第32節
ミラン 1 - 0 ラツィオ
2019.04.06
25:00
セリエA
第31節
ユベントス 2 - 1 ミラン
2019.04.02
26:00
セリエA
第30節
ミラン 1 - 1 ウディネーゼ
2019.03.30
28:30
セリエA
第29節
サンプドリア 1 - 0 ミラン
基本データ

正式名称:ACミラン

原語表記:Associazione Calcio Milan s.p.a

愛称:ロッソネロ(赤と黒)、イル・ディアボロ(悪魔)

創立:1899年

ホームタウン:ミラノ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

ミラン、途中出場のカスティジェホで先制も終了間際に追いつかれドロー CL圏外に転落する可能性も…《セリエA》

ミランは20日、セリエA第33節でパルマとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けに終わった。 前節のラツィオ戦を1-0で勝利した4位・ミラン(勝ち点55)は、その試合からスタメンを2名変更。GKドンナルンマが復帰し、サパタが起用された。残留争い中の14位・パルマ(勝ち点35)に対し、[4-3-3]で臨んだミランは1トップにピョンテク、2シャドーにボリーニ、スソを据えた。 試合は18分、敵陣右サイドの深い位置でガッツォーラにクロスを許すと、ファーサイドのバリッラにオーバヘッドで合わされたが、ゴール右にわずかに外れて何を逃れる。 ミランはイニシアチブを握るも縦パスを供給することができない。それでも28分には、後方からのフィードに抜け出したピョンテクがボックス右からシュートを放った。しかし、これは枠を捉えることはできない。 決定的なチャンスを作ることができず試合を折り返すと、後半も決定機を作ることができない。 攻撃の活性化を図るべくミランは58分にバカヨコに代えてクトローネ、66分にはコンティを下げてカスティジェホを投入。システムも[3-4-1-2]に変更する。 この交代策が的中する。ミランは69分、ボックス右手前でボールを受けたスソが縦に仕掛けてクロスを供給。ニアサイドのカスティジェホがヘディングで合わせ、ゴールネットを揺らした。 畳みかけるミランは73分、ケシエのパスに抜け出したピョンテクがGK一対一のチャンスになると、並走してきたクトローネがパスを受けて、無人のゴールに流し込んだ。だが、ピョンテクにオフサイドの判定が下され、ゴールが取り消しとなる。 それでもこのまま試合終了かと思われた87分、ミランはボリーニがバイタルエリア左の位置でFKを献上する。キッカーのブルーノ・アウベスが放ったシュートは、弧を描いてゴールに吸い込まれ、土壇場で追いつかれてしまう。 試合はこのまま試合は終了。このあと、行われるインテル(勝ち点60)vsローマ(勝ち点55)の結果次第ではチャンピオンズリーグ(CL)圏外の5位に転落する可能性があるだけに、痛すぎる引き分けとなった。 2019.04.20 21:51 Sat
twitterfacebook
thumb

バカヨコとケシエの不道徳行為にイタリアサッカー連盟から罰金処分

ミランのフランス代表MFティエムエ・バカヨコとコートジボワール代表MFフランク・ケシエ及びクラブに、イタリアサッカー連盟(FIGC)から罰金が科せられたようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 事の発端は13日のセリエA第32節のミランとラツィオの一戦。試合前にSNS上で相手DFフランチェスコ・アチェルビと舌戦を繰り広げていたバカヨコは、試合後に同選手とユニフォーム交換した後、ケシエとともにミラニスタが陣取るゴール裏でアチェルビを嘲笑うかのようにそのユニフォーム掲げた。 バカヨコはすぐに謝罪したが、FIGC検察はこの行為を重く受け止め、バカヨコとケシエにそれぞれ33,000ユーロ(約415万円)、ミランには20,000ユーロ(約250万円)の罰金を科した。 また、バカヨコの行為に対しラツィオファンから試合後に人種差別発言があったことは、これから調査を進めていくとのことだ。 2019.04.20 00:39 Sat
twitterfacebook
thumb

イタリアでまたも人種差別… バカヨコが標的に

ミランのフランス代表MFティエムエ・バカヨコが人種差別の標的となった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 バカヨコは13日に行われ、1-0で勝利したセリエA第32節ラツィオ戦で、試合前にSNS上で舌戦を繰り広げていた相手DFフランチェスコ・アチェルビとユニフォーム交換をした後、そのユニフォームをミラニスタが陣取るゴール裏にMFフランク・ケシエと共に掲げていた。 ユニフォーム交換をした時点でバカヨコはこの件を水に流したと思われていたが、アチェルビのユニフォームを晒した行為がラツィオサポーターの反感を買っていた。 本人はこの行為を冗談として既に謝罪しているが、17日に行われたセリエA第25節延期分のウディネーゼ戦でラツィオサポーターがバカヨコに対し、「このバナナはバカヨコに食わせるものだ」というような趣旨の歌を歌い、人種差別行為が行われてしまった。 イタリアでは今季、ナポリDFカリドゥ・クリバリ、ユベントスFWモイゼ・ケアンに対する人種差別が行われていた。 2019.04.19 01:50 Fri
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹の相棒が今夏イタリア行きか ミラン、マルセイユのトヴァン獲得に急接近!?

ミランが、マルセイユに所属するフランス代表FWフロリアン・トヴァン(26)の獲得に近づいているようだ。『フットボール・イタリア』が『フランス・フットボール』を引用して伝えている。 2016年1月からの半年間のレンタル移籍を経て、ニューカッスルからマルセイユに復帰したトヴァン。ドリブル技術と高いシュートセンスを武器に昨シーズンは公式戦54試合26ゴール18アシストの大活躍を見せた。今シーズンもここまで公式戦33試合15ゴール9アシストを記録している。 そんなトヴァンに対しては、バイエルンやアトレティコ・マドリー、ローマなどが関心。しかし、ここに来てミランが急接近しているという。ミランは移籍金3000万ユーロ(約37億8000万円)から4000万ユーロ(約50億5000万円)を支払うことに躊躇いはなく、同メディアは合意寸前とも伝えている。 日本代表DF酒井宏樹と共にマルセイユの右サイドを支え、昨シーズンにはクラブのヨーロッパリーグ(EL)決勝進出にも貢献してきたトヴァン。今夏、セリエAに活躍の場を移すことになるのだろうか。 2019.04.16 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.25“アンチェロッティのピルロシステム”セリエAで圧倒/ミラン[2003-04]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。 <div style="position: relative;margin: 2em 0;padding: 25px 10px 7px;border: solid 2px #FFC107;"><span style="position: absolute;display: inline-block;top: -2px;left: -2px;padding: 0 9px;height: 25px;line-height: 25px;vertical-align: middle;font-size: 17px;background: #FFC107;color: #ffffff;font-weight: bold;">vol.25</span><p style="margin: 0; padding: 0;font-weight:800">2003-2004シーズン/ミラン 〜アンチェロッティのピルロシステム〜</p></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/fom2003-04milan.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brians,LTD.<hr></div><div style="padding: 0.5em 1em;margin: 2em 0;border: double 5px #4ec4d3;"><p style="margin: 0; padding: 0;">監督:カルロ・アンチェロッティ(44) 獲得タイトル:セリエA 攻撃力8:★★★★★★★★☆☆ 守備力9:★★★★★★★★★☆ タレント9:★★★★★★★★★☆ 連係9:★★★★★★★★★☆ 選手層8:★★★★★★★★☆☆ </p></div> <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">セリエAで圧倒</div> 1980年代にサッキ、1990年代にカペッロの下で黄金期を築いたミランは、2000年代ではアンチェロッティ監督に率いられて名門としての強さを誇示した。2002-03シーズンにユベントスとの激闘を制してCLのタイトルを獲得したミランは、アンチェロッティ体制下3年目のシーズンである2003-04シーズン、さらに磐石なチームへと昇華する。 まずは、ローマからカフーを獲得し、ウィークポイントだった右サイドバックを補強。さらに、当時まだ無名だったカカをサンパウロから招き入れた。そのカカはすぐさまチームに馴染み、ルイ・コスタからトップ下のポジションを奪った。そして、セリエAでは一貫した強さを披露。第18節以降から首位の座を守り、当時の最多勝ち点記録(勝ち点82)を更新してスクデットを獲得した。 ただ、CLでは思わぬ展開となった。決勝トーナメント準々決勝でデポルティボと対戦したチームは、1stレグをホームで4-1と快勝。しかし、リアソールでの2ndレグでは“スーペル・デポル”の破壊力に屈して0-4の大逆転劇を許し、まさかの敗退。大会2連覇を成し遂げることはできなかった。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピルロ・システム</div> 選手時代にもミランで活躍したアンチェロッティはこのシーズン、ピルロを生かすためのスタイルを確立。守備の時間を減らすためにポゼッションを高め、ピルロに自由を与えながらも、その脇のガットゥーゾやアンブロジーニを守備に集中させ、攻守のバランスを保った。 両サイドバックが比較的高い位置を取ったが、ガットゥーゾやセードルフ、アンブロジーニが卓越した戦術眼でうまくカバー。さらに、マルディーニとネスタという当時世界でも指折りのセンターバック2枚が安定した守備を披露し、相手の攻撃を未然に防いでいった。 攻撃面では、ピルロから送られる良質なロングボールを軸に、前線3枚を中心としたカウンターが大きな武器だった。このシーズンのシェフチェンコは確かな決定力を発揮し、自身2度目のセリエA得点王に輝いている。その他、FWとしてマルチなプレーを見せるトマソン、相手DFとの巧みな駆け引きからゴールを奪うインザーギらアタッカー陣の質も高かった。そして、新進気鋭のカカは高速ドリブルで攻撃に幅を持たせ、チームに不可欠な存在となった。 <div style="padding: 0.25em 0.5em;font-weight:800;font-size:1.2em;color: #494949;background: #dbeeff;border-left: solid 5px #7db4e6;">ピックアップ・プレイヤー</div> <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">MFアンドレア・ピルロ(25)</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/pirlopc.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> インテル時代など、元々トレクァルティスタ(トップ下)を主戦場としていたが、レジスタ(中盤の底)へのポジション変更を機にその才能が一気に開花。卓越したボールコントロールと高精度のパスでピッチにアートを描いた。その決定的なパスは相手DFを絶望の淵に陥れたほど。両脇にガットゥーゾやセードルフといった戦術眼に優れた選手が守備力を補ってくれたことで、自身の能力を思う存分に発揮することが可能だった。 2019.04.15 22:00 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング