ミラン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 ミラン 56 17 5 4 50 30 20 26
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-03-11
26:55
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ
マンチェスター・ユナイテッド vs ミラン
2021-03-14
28:45
セリエA
第27節
ミラン vs ナポリ
2021-03-18
29:00
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・2ndレグ
ミラン vs マンチェスター・ユナイテッド
2021-03-21
26:00
セリエA
第28節
フィオレンティーナ vs ミラン
2021-04-03
19:30
セリエA
第29節
ミラン vs サンプドリア
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.03.07
23:00
セリエA
第26節
ヴェローナ 0 - 2 ミラン
2021.03.03
28:45
セリエA
第25節
ミラン 1 - 1 ウディネーゼ
2021.02.28
28:45
セリエA
第24節
ローマ 1 - 2 ミラン
2021.02.25
29:00
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
ミラン 1 - 1 ツルヴェナ・ズヴェズダ
2021.02.21
23:00
セリエA
第23節
ミラン 0 - 3 インテル
基本データ

正式名称:ACミラン

原語表記:Associazione Calcio Milan s.p.a

愛称:ロッソネロ(赤と黒)、イル・ディアボロ(悪魔)

創立:1899年

ホームタウン:ミラノ

チームカラー:赤、黒

関連ニュース
thumb

シティ戦で負傷交代のラッシュフォード、重傷回避もミラン戦微妙か

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードは大事に至らなかったようだ。 ラッシュフォードは7日に敵地で行われたプレミアリーグ第27節のマンチェスター・シティ戦に先発。1点リードの後半立ち上がりにイングランド代表DFルーク・ショーの追加点をアシストするなど、公式戦21連勝中だったシティの進撃を止める勝利に大きく寄与した。 しかし、自陣での守りに加わろうと加速時に足首を痛めて、73分にピッチを後に。オーレ・グンナー・スールシャール監督は試合後に「私は医者じゃないが、酷くないものであるのを願っている。明日の午前中にも検査を受けさせる必要がある」と語った。 イギリス『BBC』によると、検査で足首のじん帯損傷こそ確認されなかったが、まだ腫れと打撲の痕が残っており、体重をかけられない状態。11日に本拠地で予定するヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・1stレグのミラン戦を欠場する恐れがあるという。 今月のユナイテッドはミランとのホーム&アウェイ戦のほかにも、14日に行われるプレミアリーグ第28節で躍進続けるウェストハムと対戦。さらに、21日にFAカップ準々決勝のレスター・シティ戦も予定しているなど、大事な試合が続く。 2021.03.09 10:35 Tue
twitterfacebook
thumb

39歳イブラヒモビッチがミラン残留の可能性に「マルディーニが望むなら、応じる」

元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(39)が来シーズンもミランでプレーする可能性を語った。『フットボール・イタリア』が伝えている。 昨年1月にミラン復帰を果たして以降、持ち前のカリスマ性だけでなく、稀代のスコアラーとしても圧巻の活躍を続けるイブラヒモビッチだが、契約は今季限り。今後の動向に注目が集まっている。 そんなイブラヒモビッチはまだシーズン中だが、今月2日から6日までイタリアのサンルモで行われ、イタリア『Rai 1』で全国的に放送された人気イベント『サンレモ音楽祭2021』に連日にわたって出演していた。 イブラヒモビッチはそこでインタビューに応じると、ミラン残留の可能性も問われ、「それはどうかな。パオロが望むなら、俺は応じる」と返答。テクニカルディレクター(TD)のパオロ・マルディーニ氏次第だとした。 先月に自身のクラブキャリア通算500ゴールという偉業を成し遂げるなど、39歳という年齢を微塵も感じさせないイブラヒモビッチ。負傷離脱も少なくないが、今季もここまで公式戦21試合の出場で16得点を挙げており、クラブとしてもとどめたい存在だが、果たして…。 2021.03.08 17:16 Mon
twitterfacebook
thumb

2回弾かれながらも捻じ込む!“グリー”ことグリエルミンピエトロが決めたパワフルな一撃/1998-99【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元アルゼンチン代表MFアンドレス・グリエルミンピエトロ氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆グリエルミンピエトロが捻じ込むパワフルな一撃<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiIwM1dNZlpCbyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 若くして母国アルゼンチンからミランに引き抜かれたグリエルミンピエトロ氏は、同クラブでプロデビューし、3シーズンに渡ってプレー。デビューシーズンにリーグタイトルを勝ち取るなど活躍をみせた。 豊富な運動量と両足でのドリブルが持ち味のサイドMFとして活躍したグリエルミンピエトロ氏だが、1999年5月23日に行われたセリエA第34節のペルージャ戦では、パワフルなゴールを決めている。 0-0で迎えた11分、ミランが左サイドを攻めると、MFズボミニール・ボバンのパスを受けたグリエルミンピエトロがボックス内に侵入。中央へ切り込んで右足でシュートを放った。パワフルなシュートは、相手DFのブロックに遭いながらもゴールに飛んでいくと、ディフレクトしたボールに何とか反応したGKの手も弾いてゴールインした。 このゴールで先手を取ったミランは2-1で勝利。ちなみにペルージャの得点を挙げたのは、当時同クラブでプレーしていた元日本代表MF中田英寿氏だった。 <span data-sg-movie-id="892" data-sg-movie-title="【2回弾かれながらも捻じ込む!】“グリー”ことグリエルミンピエトロが決めたパワフルな一撃"></span> 2021.03.08 16:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ミランの“マエストロ”ルイ・コスタが決めた痛烈グラウンダーミドル/2003-04【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ポルトガル代表MFマヌエル・ルイ・コスタ氏がミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ルイ・コスタの痛烈ミドルシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJFb050eVBsNiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ポルトガルの強豪ベンフィカでデビューしたルイ・コスタ氏は、フィオレンティーナでブレイク。2001年夏に黄金期を迎えていたミランに加入し、多くのタイトルを勝ち取った。 類稀なパスセンスで“マエストロ”の異名を取ったルイ・コスタ氏だが、2004年5月16日に行われたセリエA第34節のブレシア戦では、素晴らしいゴールを決めている。 3-1とミランリードの60分、途中交代でルイ・コスタがピッチに立つと、直後の66分、MFフェルナンド・レドンドからのパスをボックス手前で受けたルイ・コスタが、ドリブルで仕掛けていく。素早いステップでペナルティーアーク内に入っていったルイ・コスタは、ゴール正面の位置からミドルシュート。痛烈なグラウンダーシュートは、GKに反応の隙を与えないまま足元を抜き、ゴール左隅に吸い込まれた。 このゴールでさらにリードを広げたミラン。その後1点を返されたものの、4-2で快勝している。 <span data-sg-movie-id="910" data-sg-movie-title="【“マエストロ”の一発!】ミランの“マエストロ”ルイ・コスタが決めた痛烈グラウンダーミドル"></span> 2021.03.08 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

伏兵クルニッチ&ダロト弾のミランが難敵ヴェローナに快勝《セリエA》

ミランは7日、セリエA第26節でヴェローナとのアウェイ戦に臨み、2-0で快勝した。 前節ウディネーゼ戦を試合終了間際のPK弾で辛くも敗戦を免れた2位ミラン(勝ち点53)は、首位インテルとの勝ち点差を6に広げられた中、引き続きイブラヒモビッチとチャルハノールが負傷により、テオ・エルナンデスがコンディション不良により欠場となった。 8位ヴェローナ(勝ち点38)に対し、[4-2-3-1]で臨んだミランは最前線にレオン、2列目に右からサーレマーケルズ、クルニッチ、カスティジェホと並べた。 そのミランは一進一退の攻防で立ち上がった中、15分にチャンス。カラブリアの右クロスからレオンがヘッドで合わせたが、枠を捉えきれなかった。 なかなか攻撃の形を作れず苦戦していたミランだったが、27分に先制する。ボックス手前左で得たFKをクルニッチがゴール右へ蹴り込んだ。 クルニッチの今季リーグ初弾で先手を取ったミランは、ハーフタイムにかけては追加点に迫ることができなかったものの、1点をリードして前半を終えた。 迎えた後半、開始5分にミランが追加点を奪う。サーレマーケルズのパスに反応したダロトがボックス中央からゴール左へ豪快に蹴り込んだ。 その後もミランが試合をコントロール。75分にようやくこの試合最初のシュートを放ったヴェローナをいなし続けていく。 そして88分のピンチをクルニッチが凌いだミランが2-0で快勝。難敵ヴェローナを下してインテルにプレッシャーをかけている。 2021.03.08 00:55 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング