ユベントス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 ユベントス 65 19 8 5 64 29 35 32
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-25
22:00
セリエA
第33節
フィオレンティーナ vs ユベントス
2021-05-02
25:00
セリエA
第34節
ウディネーゼ vs ユベントス

セリエA
第38節
ボローニャ vs ユベントス

セリエA
第35節
ユベントス vs ミラン

セリエA
第36節
サッスオーロ vs ユベントス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.21
27:45
セリエA
第32節
ユベントス 3 - 1 パルマ
2021.04.18
22:00
セリエA
第31節
アタランタ 1 - 0 ユベントス
2021.04.11
22:00
セリエA
第30節
ユベントス 3 - 1 ジェノア
2021.04.07
25:45
セリエA
第3節
ユベントス 2 - 1 ナポリ
2021.04.03
25:00
セリエA
第29節
トリノ 2 - 2 ユベントス
基本データ

正式名称:ユベントスFC

原語表記:Juventus Football Club s.p.a

愛称:ビアンコネロ(白と黒)、ラ・ベッキア・シニョーラ

創立:1897年

ホームタウン:トリノ

チームカラー:白、黒

関連ニュース
thumb

伊サッカー協会、ユーベ、ミラン、インテルへの処分はなし「実現していない計画を罰することはできない」

イタリアサッカー協会(FIGC)のガブリエレ・グラビナ会長が、欧州スーパーリーグ構想への参加を表明していたユベントス、ミラン、インテルに対する制裁はできないと話している。『TRANSFER market WEB』が伝えた。 18日に12クラブが一斉に参加を表明し、明るみになったESL構想。これまでのサッカー界を覆す世紀の大計画だったが、ファンやサポーター、選手や多くの有識者からの反発を受け、プレミアリーグのクラブを筆頭に次々と離脱。21日には、イタリア勢3クラブもほぼ時を同じくして、白紙に戻すことを発表していた。 これほど早く瓦解した理由の一つに、セリエAをはじめとした各国リーグやサッカー協会が、参加クラブをリーグから除名する意思を示していたことが挙げられる。FIFAやUEFAもまた、ワールドカップやチャンピオンズリーグなどの管轄下にある国際大会への参加を拒否する旨のコメントを発しており、クラブだけでなく選手にまで影響が及ぶ恐れがあった。 ほとんどのクラブが離脱を表明したが、一度は裏切ったことへの罰を与えるべきという意見もあり、今後の展開が注目されている。その中でグラビナ会長は「実現していないアイデアに対して制裁を受けることはできない」とし、上記3クラブへの処分は検討していないことを伝えた。 「我々はサッカー界の価値観とルールの境界を強く守ってきた。すべてが正常に戻ったように見えるが、何かが上手くいっていないという事実に向き合わなければならない」 「これは刺激になる。今後さらなる脱退を防ぐため、改善策や提案が必要だ」 「3クラブの上層部との会議は予定されていない。月曜日には連邦評議会が開かれるが、裁判や処罰といった議題はない。実現していないアイデアに制裁を加えることはできない。将来的に、法令に反するプロジェクトが実現した場合は、司法機関が評価することになるだろう」 2021.04.22 18:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ユベントスGMがESL構想の正当性を主張、「スキルがなければ医学については話さない」と多くの意見を揶揄

ユベントスのゼネラル・マネージャー(GM)を務める、ファビオ・パラティチ氏が、今回のヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)について言及した。イタリア『スカイ』が伝えた。 18日、予てから構想されていたとされるESLへの参加を、ヨーロッパの12のクラブが一斉に発表。新たなリーグ創設の動きが現実にものとなった。 しかし、その発表を受けた直後から、欧州サッカー連盟(UEFA)や国際サッカー連盟(FIFA)を始め、多くのリーグやクラブ、そして選手、監督が反対意見を示していた。 中でも、参加を表明したクラブのファン・サポーターを含め、世界中のサッカーファンも大きく反発。クラブの終わりを告げるなど、辛辣な反対意見も多く見られた。 その結果、20日にプレミアリーグの6クラブが撤退を発表。さらに、アトレティコ・マドリーとインテル、ミランが21日に撤退。ユベントスは、敗北宣言を出すなどしている中で、レアル・マドリーとバルセロナだけはクラブの姿勢を変えていない状況だ。 そんな中、首謀者の1人とされているアンドレア・アニェッリ会長が率いるユベントスは、21日にセリエA第32節でパルマと対戦。その試合前、パラティチGMが『DAZN』に対してコメント。過去のサッカー界で起きた例を挙げ、正当性を主張した。 「この72時間はユニークなものだった。すべての変化と同様に、この件の処理にも時間がかかった」 「サッカーのピラミッド全体、構造全体に手を貸そうとすることは、またとない機会だったと思う。これは、すべてのクラブにとって有益な助けとなった」 「リーグの勝者だけに開かれたチャンピオンから、2位、3位、4位に開かれたチャンピオンの意向は衝撃的だった。また、ユベントスがロゴを変更したこともだ」 また、多くの人がESL構想について議論したことについても触れ、直接関係ない人が話すことに嫌悪感があったことをほのめかし、「価値観や能力主義に疑問は呈していない」と、多くの問題視されていることはしていないと主張した。 「この72時間で、準備していなかった人も含め、誰もが話をした。スキルがなければ医学については話さない。テーマについて話すのであれば、準備が必要だ」 「今では、ソーシャルネットワークで話す機会が増えている。20年前であれば、この事実はそれほど目立たなかったはずだ」 「これは人気のあるトピックであり、ファンのような意見が重要となる。しかし、我々は価値観や能力主義に疑問を呈したことはなく、誰もそれはしていない」 2021.04.22 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

壁に入らない方がいいんじゃ…?クリロナ、またもFKにビビッて役に立たず

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、またもやカッコ悪い姿を晒してしまった。 21日に行われたセリエA第32節のパルマ戦で3-1の快勝を収めたユベントス。暫定ながら3位に浮上し、2位ミランとの勝ち点差を「1」に縮めた。だが、この試合で注目を浴びたのはエースの不甲斐ない守備だった。 25分にパルマが獲得したFKのチャンス。ボックス手前中央という絶好の位置から、MFガストン・ブルグマンが壁の上を抜く縦回転シュートを決めて、王者から先手を取った。 まさにゴラッソと言うべきFKだったが、壁に入っていたクリスティアーノ・ロナウドは、シュートの瞬間に顔を腕で覆い隠し、ジャンプもせず片足を前に出すだけの縮こまった守備で、自身の頭の上を抜かれていたのだ。 同選手のお粗末な守備が注目されたのはこれが初めてではない。先月9日に行われたチャンピオンズリーグ・ラウンド16のポルト戦2ndレグでは、延長戦に訪れた相手のFKのシーンで、同じように壁に入っていたクリスティアーノ・ロナウドは、完全に背を向けてシュートから目を逸らした挙句、股下を抜かれ決勝ゴールを許してしまっていた。 そんな背景がありながら今回も同じ失態を繰り返したポルトガル代表FWには「ポルト戦で何も学ばなかったのか?」、「モデルは顔に傷を付けたくないんだろう」、「自分は何度も壁に当てているのに」と、揶揄する声が挙がっている。 今回は敗戦に繋がらなかったものの、本当に怖がっているのだとしたら、今後は壁に入らない方がいいのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】相手のシュートに完全にビビるクリスティアーノ・ロナウド</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Cristiano Ronaldo in the wall... <a href="https://t.co/iezZpf9w1E">pic.twitter.com/iezZpf9w1E</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1384956912593145860?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.22 14:39 Thu
twitterfacebook
thumb

暫定3位浮上のユベントス、ピルロ監督は「集中力を維持していた」チームに満足

ユベントスのアンドレア・ピルロ監督が、チームのパフォーマンスに満足感を示している。クラブ公式サイトが伝えた。 ユベントスは21日に行われたセリエA第32節でパルマと対戦。前節アタランタとの上位対決に敗れ4位転落となったチームは、この日も先制点を許す展開に。しかし、そこからセットプレーで3点を奪うことに成功し、3-1で勝利している。 この結果、ユベントスはリーグ暫定3位に浮上。来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向け、大きな一勝となっている。 試合後のインタビューに応じたピルロ監督は、チームの後半のパフォーマンスを称賛。同時に、活躍したFWパウロ・ディバラを称えている。 「試合における最初の障害が我々の頭にある場合もあるが、今日は正しい姿勢で臨めたと思う。とはいえ、簡単ではなかった。それでも後半は集中力を維持しており、パスもよりスムーズになったと思う」 「ライン間のスペースを見つけることはできており、特にディバラはよくやってくれた。前半は少し物足りなかったが、試合が進むにつれ彼は良くなり、素晴らしい試合をしてくれたと思う。彼は素晴らしい選手であり、今シーズン離脱が多かったのは痛かった」 また、ピルロ監督はこの日先発を飾ったGKジャンルイジ・ブッフォンに言及。依然として、チームに大きな影響を及ぼしてくれていると喜んだ。 「ブッフォンとは16歳の頃からの付き合いだが、今でも一緒にいる。彼は素晴らしい男であり、絶対的にワールドクラスの選手だ。彼がいると、チームに大きなエネルギーがもたらされる」 2021.04.22 11:42 Thu
twitterfacebook
thumb

セットプレーから3発のユベントスがパルマに逆転勝利でCL圏内キープ《セリエA》

ユベントスは21日、セリエA第32節でパルマをホームに迎え、3-1で逆転勝利した。 前節アタランタに競り負けて4位に後退したユベントス(勝ち点62)は、キエーザが負傷欠場となった一方でC・ロナウドが負傷から復帰。ディバラと2トップを組んだ。 降格圏内の19位パルマ(勝ち点20)に対し、ユベントスは8分、ディバラの左クロスからC・ロナウドがダイレクトで合わせたシュートがゴールを捉えるもGKの好守に阻まれる。 すると25分、最初のピンチで失点してしまう。ボックス手前中央からブルグマンに縦回転の見事な直接FKを蹴り込まれた。 それでも37分にセットプレーの流れからボヌッチのヘディングシュートでゴールに迫ったユベントスは、43分に追いつく。右CKからファーサイドのデ・リフトが折り返すと、ボックス中央のアレックス・サンドロがボレーシュートを叩き込んだ。 1-1として迎えた後半、開始2分にユベントスが逆転する。決めたのはまたもアレックス・サンドロ。セットプレーの流れから右サイドのクアドラードのクロスをファーサイドのアレックス・サンドロがヘッドで押し込んだ。 逆転したユベントスは64分にピンチ。右CKからオソリオの放ったヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前のアルトゥールが好ブロックで凌いだ。 すると68分、ユベントスに決定的な3点目が生まれる。クアドラードの左CKからデ・リフトのヘディングシュートが決まった。これで勝負を決めたユベントスは終盤にかけては流し気味にプレー。 3-1で試合を締め、暫定3位に浮上し、CL圏内の4位を死守している。 2021.04.22 06:01 Thu
twitterfacebook

順位表

得点ランキング