ユベントス

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 ユベントス 8 2 2 0 9 3 6 4
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-10-25
28:45
セリエA
第5節
ユベントス vs ヴェローナ
2020-10-28
29:00
CL グループG
第2節
ユベントス vs バルセロナ
2020-11-01
23:00
セリエA
第6節
スペツィア vs ユベントス
2020-11-04
29:00
CL グループG
第3節
フェレンツヴァーロシュ vs ユベントス
2020-11-08
20:30
セリエA
第7節
ラツィオ vs ユベントス
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.10.20
25:55
CL グループG
第1節
ディナモ・キエフ 0 - 2 ユベントス
2020.10.17
27:45
セリエA
第4節
クロトーネ 1 - 1 ユベントス
2020.10.04
27:45
セリエA
第3節
ユベントス 3 - 0 ナポリ
2020.09.27
27:45
セリエA
第2節
ローマ 2 - 2 ユベントス
2020.09.20
27:45
セリエA
第1節
ユベントス 3 - 0 サンプドリア
基本データ

正式名称:ユベントスFC

原語表記:Juventus Football Club s.p.a

愛称:ビアンコネロ(白と黒)、ラ・ベッキア・シニョーラ

創立:1897年

ホームタウン:トリノ

チームカラー:白、黒

関連ニュース
thumb

ユベントスFWの父親がトレーニング施設に向かう道中で横転事故も奇跡の無傷

ユベントスに所属するスウェーデン代表FWデヤン・クルゼフスキの父親が、交通事故にあったようだ。 イタリア『スカイ』のチャンネル『Sky TG24』によると、くるぜふすきの父親は、23日の午後にユベントスのトレーニングセンターを訪れようとしたとのことだ。 自身が運転するジープ・レネゲードは道中のトラヴェス通りで横転。車のコントロールを失ったとみられるとのことだ。 幸いなことにクルゼフスキの父親にケガはなく、救急車が現場に駆けつける必要もなかったようだ。 パルマへのレンタル移籍から復帰したクルゼフスキは、今シーズンはここまで公式戦4試合に出場。20に行われたチャンピオンズリーグのディナモ・キエフ戦でも起用されるなど、アンドレア・ピルロ監督の下で重宝されている。 2020.10.24 20:20 Sat
twitterfacebook
thumb

テクニック・ビジョン・精度、ピルロの巧さが詰まった美しいアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はユベントスのアンドレア・ピルロ監督が現役時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ピルロの巧さが詰まったスーパーアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDdlVrZmJrNSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ブレシアでキャリアをスタートさせたピルロ氏は、インテル、ミラン、ユベントスとイタリアのビッグクラブを渡り歩き、数々のタイトルを勝ち取った。 中盤の底から試合を組み立てる世界屈指のレジスタとしてその名を馳せたピルロ氏だが、2012年1月21日に行われた、セリエA第19節のアタランタ戦では、素晴らしいアシストを記録している。 0-0で前半を折り返して迎えた54分、敵陣中央左でピルロがボールを持つ。プレスに来た相手を鮮やかなタッチでかわし、ボールをキープすると、この位置から一気にゴール前にクロスを入れる。 完全にノーマークでファーポストに走り込んでいたDFシュテファン・リヒトシュタイナーにピンポイントで入ったロングパスに、リヒトシュタイナーがダイビングヘッドで合わせ、見事な先制ゴールが決まった。 このゴールで先制したユベントスは、終盤にも追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.10.23 12:00 Fri
twitterfacebook
thumb

C・ロナウドは未だに新型コロナ陽性反応、バルサ戦に間に合うか

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだが、未だ陽性反応を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じた。 C・ロナウドは、ポルトガル代表として活動していた13日に新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応を示し、ポルトガル代表として臨むはずだったUEFAネーションズリーグの試合を欠場。14日に、イタリア保健当局の承認を経て、プライベートジェットでトリノに帰国した。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJVbkltc2hnMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> そのC・ロナウドには、プロトコル違反があったとして大きな問題となっており、調査が進められているが、10日間の隔離期間に入っている。 しかし、『スカイ・スポーツ』によれば、21日に新たに新型コロナウイルスの検査を受けたC・ロナウドだったが、その結果は陽性だったとのことだ。 順調に回復していれば、早ければ週末の試合から復帰が可能だったがこのタイミングで陽性反応が出たことで不可能に。来週28日にはバルセロナとのチャンピオンズリーグ(CL)が控えており、ユベントスとしては試合の24時間前までに陰性の結果が出て欲しいところだ。 10日間の隔離措置を終える段階での検査は23日に予定されており、そこで陰性の判定が出れば隔離を終えることができる。 リオネル・メッシとC・ロナウドがCLのグループステージで初めて対戦することで注目を集めていたが、実現するだろうか。 2020.10.22 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ピャニッチが華麗なヒールパスでC・ロナウドの大記録達成をお膳立て【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はバルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチがユベントス時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ピャニッチがロナウドの記録達成をお膳立てした華麗なヒールパス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJBMnJVQVoyRSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> リヨンで頭角を現したピャニッチは、2011年にローマに移籍すると、リーグ屈指のMFとしてブレイク。2016年にはセリエAの絶対王者に君臨するユベントスに加入した。 ユベントスでも主力の1人として活躍したピャニッチだが、2019年4月27日に行われた、セリエA第34節のインテル戦では、華麗なパスで同僚の大記録達成をお膳立てしている。 開始早々にインテルに先制を許し、0-1とユベントスが追いかける展開で迎えた62分、右サイド深部までボールを運んだMFフアン・クアドラードがFWクリスティアーノ・ロナウドにパス。C・ロナウドがボックス内のピャニッチにボールを送ると、ピャニッチがファーストタッチで相手DFを誘い出し、華麗なヒールパスで再びC・ロナウドにボールを返す。 ピャニッチが作ったシュートコースに、C・ロナウドが左足で鋭く正確なシュートを叩き込み、見事な同点ゴールとなった。このゴールが、C・ロナウドのクラブキャリア通算600ゴール目の大記録となった。試合はそのまま1-1のドローに終わっている。 2020.10.22 22:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ディナモ・キエフ戦で負傷交代のキエッリーニ、筋肉に損傷なく7~10日の離脱か

ユベントスは21日、イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニの負傷に関して発表した。ユベントスによれば筋肉に損傷はなかったとのことだ。『フットボール・イタリア』は7~10日の離脱になると報じている。 キエッリーニは20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG開幕節ディナモ・キエフ戦で先発するも、19分に交代していた。 ユベントスは今後、25日にセリエA第5節でヴェローナ戦を、28日にCL第2節でバルセロナ戦を控えている。 2020.10.22 02:00 Thu
twitterfacebook

順位表




得点ランキング