エスパニョール

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
7 エスパニョール 53 14 11 13 48 50 -2 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.18
23:15
リーガエスパニョーラ
第38節
エスパニョール 2 - 0 レアル・ソシエダ
2019.05.12
25:30
リーガエスパニョーラ
第37節
レガネス 0 - 2 エスパニョール
2019.05.04
23:15
リーガエスパニョーラ
第36節
エスパニョール 3 - 0 アトレティコ・マドリー
2019.04.29
28:00
リーガエスパニョーラ
第35節
レアル・ベティス 1 - 1 エスパニョール
2019.04.24
27:30
リーガエスパニョーラ
第34節
エスパニョール 1 - 1 セルタ
基本データ

正式名称:RCDエスパニョール

原語表記:Reial Club Deportiu Espanyol de Barcelona

愛称:ペリキトス(インコ)、ブランキブラウス(白と青)

創立:1900年

ホームタウン:バルセロナ

チームカラー:青、白

関連ニュース
thumb

ポチェ、古巣愛を口に「エスパニョールに対しては常にオープン」

トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、今でもエスパニョールを愛しているようだ。 2009年1月に現役時代にもプレーしたエスパニョールで監督キャリアをスタートさせたポチェッティーノ監督は、サウサンプトンを経て、2014年5月にトッテナムの指揮官に就任。その後、2年目からはプレミアリーグで3年連続で3位以内に入っており、クラブを毎年上位争いを繰り広げるだけのチームに引き上げた。そして今シーズンは、チャンピオンズリーグ(CL)で決勝進出を決め、ヨーロッパNo.1の称号に手が届くところに位置している。 そんなポチェッティーノ監督だが、選手・監督時代を共に過ごしたエスパニョールには大きな愛着がある模様。同クラブからのオファーに対しては「常にオープン」だと口にした。 「私は4年間、トッテナムで過ごした。以前、(チャンピオンズリーグを)私が勝ち取ることができた時、バルセロナのホームに帰ると言った。監督として、選手として、エスパニョール対しては常にオープンだとね」 「(エスパニョールでの長期政権は)私が監督として就任した時の夢だった。ファーガソンのような旅をすることが素晴らしいことだと思っていたが、状況は難しかった」 「彼らのプロジェクトと働き方は実の結ぶだろう。私はそれを心の底から願っているよ」 ポチェッティーノ監督は以前、エスパニョールのライバルクラブであるバルセロナから監督就任の噂が浮上した際、「アーセナルで指揮をするようなもの」と語り、可能性を否定していた。大きなエスパニョール愛を抱くポチェッティーノ氏は、いつか再び同クラブを指揮するときは訪れるのだろうか。 2019.05.10 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

エスパニョールのカウンターに沈んだアトレティコ、大量失点で2位確定できず《リーガエスパニョーラ》

アトレティコ・マドリーは4日、リーガエスパニョーラ第36節でエスパニョールと対戦し、0-3で敗れた。 前節にバルセロナの優勝が決まったラ・リーガ。バジャドリーに相手のオウンゴールで辛勝したアトレティコは、残り3試合で勝ち点1を取ることができれば、2位確定という状況だ。今節のスタメンは前節から2人変更。アリアスとパーティに代えて、フアンフランとロドリゴ・エルナンデスが起用された。 まずは3分アトレティコ。右サイドでパスを受けたモラタが上手く相手と入れ替わってボックス右を侵攻。右足で流し込みにいったが、GKディエゴ・ロペスに止められた。12分には、モラタのポストプレーでゴール前にこぼれたボールをGKディエゴ・ロペスがファンブル。拾ったコケがボックス右の角度のないところからシュートを打ったが、エルモソのブロックに遭った。 その後はしばらく膠着状態が続く。35分にメレンドがボックスのソロから放ったシュートがエスパニョールの3本目のシュートに。アトレティコは42分に右サイドから仕掛けてレマルがボックス手前から左足でシュート。GKの前でワンバウンドした難しいシュートだったが、GKディエゴ・ロペスは難なく処理した。 このまま終わるかに思われた前半のアディショナルタイムに試合が動いた。押し込んでいたアトレティコだったが、自陣でパスを奪われて右サイドからカウンターを食らう。およそ88メートルの距離をペドロサに駆け上がられ、対峙したDFもあっさり抜かれ万事休す。最後はボックスからのグラウンダーのクロスをゴディンがオウンゴールしてしまい、先制点を許して前半を終えた。 アトレティコは後半頭にサビッチを下げてコレアを投入。しかし、同じような形から突き放されてしまう。52分、相手のサイドでロドリゴ・エルナンデスのパスをメレンドに奪われると、慌てて戻った守備陣の隙を突かれボルハ・イグレシアスにボックスへの侵入を許す。そこにメレンドから絶妙なスルーパスが通り、GKオブラクも成す統べなく失点。 59分にアトレティコはレマルとロドリゴ・エルナンデスに代えてモンテーロとビトロを同時投入。これで交代カード3枚を使い切った。しかし、状況は好転せず、75分を過ぎた時点で、後半の枠内シュートはゼロ。着々と時間だけが過ぎていく。 すると迎えた89分、三度カウンターからピンチに。エスパニョールの途中出場のハビ・プアドにボックスまで運ばれたが、フアンフランがショルダーチャージで危機回避…かと思われたが、これがPKの判定に。納得のいかないフアンフランに笑うしかなく、このPKをボルハ・イグレシアスに決められ、堅守アトレティコがまさかの3失点。チャンピオンズリーグのユベントス戦以来だ。 これで敗れたアトレティコは2位を確定することができず、次節のセビージャ戦以降に持ち越された。 2019.05.05 01:12 Sun
twitterfacebook
thumb

乾vsウー・レイの日中対決実現! アラベス、エスパニョールに敗れEL権争いからさらに後退《リーガエスパニューラ》

日本代表MF乾貴士が所属するアラベスは13日、敵地でリーガエスパニューラ第32節のエスパニョール戦に臨み、1-2で落とした。 勝ち点1差でEL出場圏の6位バレンシアを追うアラベスは乾が3試合連続のスタメン入り。中国代表FWウー・レイを先発起用してきた13位のエスパニョールから4試合ぶりの白星を目指した。 エスパニョールが立ち上がりからボールの主導権を握った試合は、アラベスが守勢の展開に。16分に右CKからボルハ・イグレシアスにゴールネットを揺らされたが、オフサイドの判定に助けられ、事なきを得る。 だが、アラベスは耐え凌げない。19分、メレンドのスルーパスに反応したペドロサが左サイドの最終ライン背後を抜け出して、相手のマークも突破。ボックス左から右足シュートを決め、エスパニョールが先制する。 リードを許したアラベスは26分、右サイドからボックス右にドリブルを仕掛けた乾が積極的にゴールを狙っていき、反撃の急先鋒に。28分にロサレスの負傷交代に見舞われた相手を徐々に攻め立て始める。 ところが、無得点で後半に入ったアラベスは早々に2失点目。ボックス右のボルハ・イグレシアスがゴール正面のウー・レイにクロスを試みると、これがラグアルディアのオウンゴールを誘い、エスパニョールが突き放す。 出鼻を挫かれたアラベスだったが、56分に左サイドのジョニーが左足クロスに最終ラインの背後を抜け出す動きを見せたカレリが反応。VAR判定に引っかかったが、得点が無事に認められ、1点差に詰め寄る。 その後、エスパニョールが64分にウー・レイをベンチに下げると、アラベスも79分に2枚替えに動き、その1枠で乾もお役御免。結局、アラベスは最後までエスパニョールに追いつけず、4試合白星なしの結果に終わった。 2019.04.13 22:05 Sat
twitterfacebook
thumb

メッシの“パネンカ風”技ありFK炸裂! 今季公式戦40得点目を含む2Gでバルセロナ・ダービー快勝!《リーガエスパニョーラ》

バルセロナは30日、リーガエスパニョーラ第29節でエスパニョールとのバルセロナ・ダービーに望み、2-0で勝利した。 前節の結果から、首位のバルセロナと2位のアトレティコ・マドリーの勝ち点差が「10」に広がり、すでにバルセロナ優勝の声も多いラ・リーガ。残り10試合となる今節はバルセロナ・ダービー。スタメンには、代表戦で負傷したメッシや、足首を痛めていたスアレスが揃って名を連ねた。 試合は大方の予想通り、バルセロナが主導権を握る展開に。それでもファーストシュートが生まれたのは9分のことだった。オフサイドラインギリギリで抜け出したメッシがジョルディ・アルバからパスを受けると、粘り強いキープから左足でシュートに持ち込む。しかし、これは相手に当たって枠の外へ流れた。 次のシュートは21分、自陣でスアレスからメッシへ、メッシからワンタッチでもう一度スアレスに渡り素早くカウンターを発動。逆サイドを駆け上がったラキティッチは、敵を引き付けたスアレスからボールを受けてボックス手前右からミドルシュート。強烈なシュートだったが、僅かに左に外れた。 23分に左サイドのアルバのクロスからスアレスがゴールに近づいたバルセロナは、再三のセットプレーのチャンスも生かせず、ゴールレスで試合を折り返した。 バルセロナが再三のチャンスを生み出すも1点が遠い後半戦。59分にN・セメドとアルトゥールを下げて、セルジ・ロベルトとマウコムを同時投入し、状況打破を試みる。 すると試合は72分に動いた。メッシが単独突破から獲得したゴール正面FKの場面。メッシは短い助走から、GKをからかうような“パネンカ風”キックを放り込むと、これがビクトル・サンチェスの頭に当たってゴールイン。記録はメッシのゴールとなり、今季リーグ戦30得点目及び公式戦40得点目で、バルセロナが先制した。 ここから相手のゴールに迫る回数が増えたバルセロナは89分、メッシとラキティッチのパス交換からカウンターを発動。ラキティッチの長距離スルーパスを受けたマウコムが左サイドを独走。最後は折り返しをメッシが流し込んで決着。 終始相手を圧倒したバルセロナがリーグ戦6連勝を収め、勝ち点を「69」とした。 2019.03.31 02:17 Sun
twitterfacebook
thumb

今夜ダービー! ピケの挑発にエスパニョール指揮官が反応

エスパニョールを率いるルビ監督が、バルセロナに所属する元スペイン代表DFジェラール・ピケの発言に反応している。スペイン『アス』が伝えた。 バルセロナは30日、リーガエスパニョーラ第29節でエスパニョールをホームに迎え、“バルセロナ・ダービー”に臨む。首位バルセロナ(勝ち点66)と13位エスパニョール(勝ち点34)による大きく差が開いた2チームの対戦ではあるものの、激しいライバル関係にある両クラブの激突は激しい火花を散らす。 そして、度々メディアを賑わせているピケが、この一戦の前にも燃料を投下。26日にTVに出演した際に、「僕は今年のエスパニョールの予算よりも多くの資産を抱えているんだ」と冗談交じりに煽った。 そして、ピケの発言について問われたルビ監督は、以下のように冷静に返している。 「今回はダービー前の2度目の会見だし、ピケについては既に語ったよ」 「ドレッシングルームは勝利を求めているし、それ以外のことは気にも留めていない。そして、私もクラブの姿勢を順守する」 「経済的なことよりも謙虚さの方が重要だ。だが、あれはコメディ番組で、だから彼はああしたんだろう」 「私は自分が素晴らしいクラブにいると思っている。私たちには歴史と謙虚さがあるんだ」 「私たちはあの愚行を飲み込んだ。彼らは気にしないし、(所属する)ボルハ・イグレシアスが得点しようがしまいが構わないんだ。(試合後に)私たちが得点について語ることが出来るといいね」 2019.03.30 14:15 Sat
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング