エスパニョール

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
20 エスパニョール 25 5 10 23 27 58 -31 38
基本データ

正式名称:RCDエスパニョール

原語表記:Reial Club Deportiu Espanyol de Barcelona

愛称:ペリキトス(インコ)、ブランキブラウス(白と青)

創立:1900年

ホームタウン:バルセロナ

チームカラー:青、白

関連ニュース
thumb

エスパニョール、セビージャからDFセルジ・ゴメスを獲得! 故郷カタルーニャに久々の帰還に

エスパニョールは28日、セビージャからスペイン人DFセルジ・ゴメス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの3年となるが、1年間の延長オプションが付随している。 カタルーニャのアレニス・デ・マル出身のセルジ・ゴメスは、バルセロナのラ・マシア出身のセンターバック。バルセロナのトップチーム定着はならずもバルセロナBでプロキャリアをスタートすると、2014年にセルタへ完全移籍した。 ガリシアの名門で4シーズンに渡って最終ラインの主軸を担うと、2018年にセビージャへステップアップ。加入1年目はラ・リーガ32試合に出場したものの、以降はバックアッパーに甘んじていた。 それでも、プリメーラで通算165試合出場と経験豊富な実力者は、プリメーラに復帰したエスパニョールにとって的確な補強と言えそうだ。 2021.07.28 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

グラネロが現役引退…レアル・マドリーやエスパニョールで活躍

レアル・マドリーやレアル・ソシエダ、エスパニョールなどでプレーしたスペイン人MFエステバン・グラネロ(34)が現役引退を発表した。 グラネロは5日、自身の公式SNSを通じて今夏のタイミングでスパイクを脱ぐ決断をしたことを明かした。また、フットボーラー屈指の読書家で哲学にも傾倒していると言われた“インテリフットボーラー”は、独特の言い回しで別れのメッセージを伝えている。 「それが終わるまで何も悲しいことはない。それからすべてが悲しいことなんだ」 「引退はフットボーラーの死とも言える。だけど、(イギリスの動物行動学者の)リチャード・ドーキンスの言葉に言い換えると、僕たち全員がいつかは死ぬ、そして僕らはそのことを幸運に思っている。ほとんどの人は決して死ぬことはない。それは生まれてきていないのだから…」 「僕らの代わりにここにいたかもしれないけど、スタジアムでスパイクを履くことが決してない人々の可能性は、サハラの砂粒の数を上回っている。確かに、それらの“生まれていないゴースト”には、メッシを上回るゴールスコアラーやジズー(ジダン)よりも優れたミッドフィールダーがいる可能性もあるかもしれない」 「しかし、驚くべき現実はみんなや僕が当たり前の状態でここにいるということなんだ。僕らは、決してあり得ないことにもかかわらず、この世に生を受けたという特権的な数少ない人間の1人なんだ」 「ある時点で僕と一緒にいてくれた人たちへ。みんなが僕のためにしてくれたことに心から感謝しているよ。それだけでなく、僕のあずかり知らぬところで助けてくれたすべての人たちに永遠の愛を」 レアル・マドリーのカンテラ出身であるインテリオールのグラネロは、ヘタフェやQPR、レアル・ソシエダでのプレーを経て2017年にエスパニョールに加入。同クラブでは在籍2年半で公式戦82試合6ゴールの数字を残すなど、主力として活躍してきた。 その後、昨年1月にエスパニョールとの契約を解消し、スペイン・セグンダディビシオンB(スペイン3部)のマルベーリャへ完全移籍していた。 クラブキャリアを通じてはプリメーラで264試合、プレミアリーグで24試合、チャンピオンズリーグで16試合など、公式戦400試合以上に出場していた。 2021.07.05 21:17 Mon
twitterfacebook
thumb

エスパニョールが最終節敗戦も2位マジョルカが引き分けスペイン2部優勝、柴崎岳のレガネスは3位で昇格POに《セグンダ・ディビシオン》

30日、セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)の最終節が行われた。 すでに自動昇格の2チームはエスパニョールとマジョルカに決定していた中、2チームによる優勝争いは最終節の結果に委ねられた。 首位のエスパニョールはアウェイで17位のアルコルコンと対戦。下位チーム相手の試合となり、勝利が予想された中、33分にウーゴ・フライレにゴールを許してしまう。 逆転を目指したエスパニョールだったが、5月に入ってからの5試合で2勝2分け1敗と調子を落としていたのもあり、そのまま1-0で敗戦。マジョルカに逆転優勝のチャンスを与えてしまった。 一方のマジョルカもアウェイで8位のポンフェラディーナと対戦。勝てば逆転で優勝できるチャンスが巡ってきた中、43分にオスカル・シエルバにPKを決められ先制を許す。 しかし、前半アディショナルタイムにカルドナのゴールで追いつくと、75分にはアブドン・プラッツのゴールで逆転に成功。逆転優勝が見えてきた中、87分にクーロ・サンチェスにゴールを許し、2-2のドロー。この結果、エスパニョールとマジョルカは勝ち点で並んだものの、エスパニョールが首位を守り、なんとか優勝を果たした。 なお、3位には日本代表MF柴崎岳が所属するレガネスが入り、4位のアルメリア、5位のジローナ、6位のラージョ・バジェカーノと共に、昇格プレーオフに臨む。 2021.05.31 10:55 Mon
twitterfacebook
thumb

エスパニョールに続き、マジョルカも1年でラ・リーガ復帰

セグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で2位に付けるマジョルカは18日、1年でラ・リーガ復帰を果たした。 既に首位エスパニョールが1年での1部復帰を決めていたセグンダ。18日に行われたセグンダ・ディビシオン第40節で3位アルメリアがカルタヘナに2-3で敗れたことで、残り4試合でマジョルカとの勝ち点差が13となったため、自動昇格となるマジョルカの2位以内が確定した。 MF久保建英が所属したマジョルカは昨季、ラ・リーガで19位に終わって降格していたが、1年でトップリーグ復帰を果たすこととなった。 2021.05.19 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

エスパニョール退団のMFビクトル・サンチェスが豪ウェスタン・ユナイテッドに加入

オーストラリアのAリーグに所属するウェスタン・ユナイテッドは27日、スペイン人MFビクトル・サンチェス(33)の加入を発表した。契約期間は2年間となる。 バルセロナのカンテラ出身のサンチェスは、2009年7月にファーストチームへ昇格。その後は、シェレスやヘタフェへとレンタル移籍を経験。2011年7月にスイスのヌーシャテル・ザマックスへ完全移籍していた。 2012年1月に自身が育ったバルセロナのライバルクラブであるエスパニョールに加入すると、当時指揮を執っていたマウリシオ・ポチェッティーノ監督の下で主軸としてプレー。以降8年半に渡ってボランチを主戦場に公式戦通算270試合に出場し11ゴール23アシストを記録していた。 ビクトル・サンチェスは2021年6月30日までエスパニョールとの契約を残していたが、昨シーズンにエスパニョールがセグンダ降格となった影響もあり、8月に双方合意の下で退団。ここまでフリーの状況が続いていた。 なお、Aリーグでは先日、サンチェス共にエスパニョールでプレーしたスペイン人DFハビ・ロペス(34)がアデレード・ユナイテッドに加入。また、元スペイン代表MFマルケル・スサエタ(32)と同MFベニャ・エチェバリア(33)がマッカーサーFCへ加入していた。 2020.11.28 06:30 Sat
twitterfacebook

順位表

得点ランキング