レスター・シティ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 レスター・シティ 38 12 2 5 35 21 14 19
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-27
29:15
プレミアリーグ
第20節
エバートン vs レスター・シティ
2021-01-31
23:00
プレミアリーグ
第21節
レスター・シティ vs リーズ
2021-02-03
27:00
プレミアリーグ
第22節
フルアム vs レスター・シティ
2021-02-07
23:00
プレミアリーグ
第23節
ウォルバーハンプトン vs レスター・シティ
2021-02-13
21:30
プレミアリーグ
第24節
レスター・シティ vs リバプール
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.24
23:30
FAカップ
4回戦
ブレントフォード 1 - 3 レスター・シティ
2021.01.19
29:15
プレミアリーグ
第18節
レスター・シティ 2 - 0 チェルシー
2021.01.16
29:00
プレミアリーグ
第19節
レスター・シティ 2 - 0 サウサンプトン
2021.01.09
24:00
FAカップ
3回戦
ストーク・シティ 0 - 4 レスター・シティ
2021.01.03
23:15
プレミアリーグ
第17節
ニューカッスル 1 - 2 レスター・シティ
基本データ

正式名称:レスター・シティFC

原語表記:Leicester City Football Club

愛称:The Foxes

創立:1884年

ホームタウン:レスター

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

好調マディソンが1G1A! レスターがブレントフォードに逆転で5回戦進出!《FAカップ》

FAカップ4回戦、ブレントフォードvsレスター・シティが24日に行われ、1-3で逆転勝利したレスターが5回戦進出を決めた。 直近のリーグ戦でチェルシーに完勝してプレミアリーグ3位を維持する好調のレスターが、チャンピオンシップ(イングランド2部)のブレントフォードと対峙したFAカップ4回戦。 先日、軽度のヘルニアの手術を受けるエースのヴァーディの数週間の離脱が発表されたロジャーズ監督率いるチームは、今季EFLカップ4強との対戦に向けてティーレマンス、マディソン、バーンズを除く先発8人を入れ替え、負傷明けでコンディションを上げたいリカルド・ペレイラ、ソユンクらが控えメンバーと共にピッチに立った。 開始直後の2分に右サイドを破ったジェンギズ・ウンデルの折り返しに反応したアジョセ・ペレスが枠のわずか左に外れる際どいシュートを放つなど、アウェイのレスターが良い形で試合に入る。 しかし、先にゴールをこじ開けたのはブレントフォード。6分、この試合初めて得た左CKの場面でニアのフォルスが腿に当てたシュートがゴール前のメンディに当たってこぼれると、浮き球のルーズボールをソーレンセンがタップインした。 あっさりと先制点を献上したレスターはすぐさま反撃を開始。12分にはボックス左で仕掛けたバーンズの右足のシュートがDFに当たってファーポストに向かうが、これはDFのカバーに遭う。さらに、22分にはボックス手前左の好位置で得たFKをキッカーのマディソンが直接狙うが、これはわずかに枠の左へ外れた。 前半半ばから終盤にかけても押し込む展開が続くレスターだが、きっちりスペースを消して球際でも身体を張るブレントフォードの守備を崩し切れない。逆に、相手の狙っているカウンターに晒されると、34分には左CKからフォス、44分にはボックス手前左で与えたFKからゴッドスと決定的な枠内シュートを浴びたが、ここはGKウォードの見事なセーブで事なきを得た。 結局、0-1のスコアで試合を折り返したレスターだが、後半に入っていきなりゴールを奪う。46分、ソユンクの出足鋭い相手陣内での潰しからショートカウンターを発動。中央のマディソンが相手を引きずりながらボックス右でフリーのウンデルに繋ぐと、ウンデルが得意の左足を振り抜いてゴールネットを揺らした。 ハーフタイムにロジャーズ監督から激しい檄が飛んだか、以降も前線からのアグレッシブな守備で相手を圧倒するレスターはアジョセ・ペレスの2度の決定機を経て51分に逆転。ボックス左で仕掛けたティーレマンスがフォスに足を蹴られてPKを獲得。これを自らゴール左下隅に決めた。 後半立ち上がりの鮮やかな逆転劇で完全に流れを掴んだレスター。以降は危なげなく試合を運びながら、ウンデルやアジョセ・ペレスとアピールしたい控えアタッカーが積極的にゴールを目指す。 その後、70分にリカルド・ペレイラ、メンディに代えてカスターニュ、エンディディを投入し、主力を試運転させた中、71分にはウンデルの絶妙な斜めのスルーパスに抜け出したバーンズがボックス左から強烈なシュート。これはGKに弾かれるが、こぼれ球に詰めたマディソンが冷静にゴールネットへ流し込んで試合を決定づける3点目とした。 その後、ブレントフォードの反撃をきっちり凌ぎ切ったレスターが3-1の逆転勝利。ブライトンが待つ5回戦進出を決めている。 2021.01.25 01:23 Mon
twitterfacebook
thumb

イングス争奪戦にレスターとエバートンも参戦か セインツは財政リスク考慮で今夏売却も?

レスター・シティとエバートンがサウサンプトンに所属するイングランド代表FWダニー・イングス(28)の獲得レースに参戦したようだ。イギリス『90min』が報じている。 リバプールを退団して以降、セインツで再び輝きを取り戻しているイングス。昨シーズンはプレミアリーグで22ゴールを記録し、得点王のレスターFWジェイミー・ヴァーディに1得点差まで迫った。さらに、昨年9月には約5年ぶりに代表にも招集され、再ブレイクを果たしている。 今季もここまでリーグ戦7ゴールを挙げてチームの得点源となっているだけに、クラブとしても手放したくないところだが、新型コロナウイルスの財政的ダメージによって、現行契約が2022年夏までとなっているイングスが首を縦に振るような好条件のオファーは厳しい状況にあるという。 また『90min』によると、イングスは2018年以来のチャンピオンズリーグ出場への熱意を持っているようで、よりビッグクラブへの移籍を前向きに考えているようだ。今季のセインツが好調とはいえ、レスターやエバートン、トッテナムと比較すると、どちらがチャンピオンズリーグに近いかは火を見るより明らか。 今冬での移籍はないと見込まれているが、今夏の放出の可能性は大いにあると予想されている。 2021.01.24 21:03 Sun
twitterfacebook
thumb

レスター指揮官、移籍取り沙汰されるエリクセンの獲得を否定「現実性がなければ」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、インテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(28)の獲得を否定した。『フットボール・イタリア』が伝えた。 昨年1月にトッテナムから推定2000万ユーロ(現レートで約25億円)の移籍金でインテル入りしたエリクセン。ネッラズーリの新たな司令塔としての活躍が期待されたが、今季も公式戦14試合の出場にとどまり、今冬の移籍が頻繁に取りざたされている。 そのエリクセンの新天地として、古巣のトッテナムやマンチェスター・ユナイテッドの他に浮上しているのが、プレミアリーグで3位に位置するレスターだ。 だが、ブレンダン・ロジャーズ監督は攻撃的MFの獲得に動いていることを示唆しつつも、「我々は常に楽観的だが、現実性がなければいけない」とエリクセンの獲得は否定した。 「このウインドウで攻撃的MFを獲得できれば、それは素晴らしいことだ。我々はデニス・プラートという攻撃的MFをケガで失い、4月まで欠場する。それは大きな痛手だ」 「より攻撃的な選手を獲得することが理想だが、とても困難だ。予算から外れている選手は無理だ。この時期に我々を救ってくれる選手がいるのであれば、その人を探したい」 「クラブの予算に見合った移籍市場でなければならない。だからと言って素晴らしい選手を獲得しないわけではない」 2021.01.23 20:49 Sat
twitterfacebook
thumb

レスターに痛手…チーム得点王のヴァーディがヘルニアの手術で数週間の離脱へ…

レスター・シティに所属する元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディがヘルニアの手術を受けることになった。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 昨シーズン、プレミアリーグ史上最年長での得点王を獲得したヴァーディは、34歳で臨んだ今シーズンも18試合に出場し、チームトップの11ゴールを挙げる活躍を見せている。 しかし、以前から腰やそ径部に問題を抱えており、今回軽度のヘルニアの手術を受けることになった。 24日に行われるFAカップ4回戦のブレントフォード戦を前にした公式会見に出席したブレンダン・ロジャーズ監督は、エースの数週間単位での離脱の事実を認めている。 「ジェイミー・ヴァーディは数週間の欠場となるだろう」 「ご存じのように、我々はここ数カ月の間、彼の状態を管理してきたが、その中で彼は素晴らしい仕事をしてきた」 「現時点で彼に軽度のヘルニアの手術を受けさせることが可能となった。彼は数週間以内に復帰できる見込みだ」 「本来であれば、数週間前にはそれを実現したいと思っていたが、今はそれが可能な時期だ。そして、彼が我々に大きな影響力を与えることができるシーズンの重要な部分でプレーしてくれるはずだ」 なお、ヴァーディの離脱期間がどの程度になるかは不明だが、今後数週間のリーグ戦ではエバートン、リーズ、フルアム、ウォルバーハンプトン、リバプール、アストン・ビラとの対戦が控えている。 現在、首位のマンチェスター・ユナイテッドと勝ち点2差の3位に位置するレスターは、エース不在の数週間を乗り切って上位戦線に踏みとどまることはできるか。 2021.01.23 00:22 Sat
twitterfacebook
thumb

暫定首位のレスター、指揮官は「コンスタントに良いプレーをしてきた」とチーム称賛

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督が、首位に浮上したチームを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 リーグ5戦負けなしと好調のレスターは、19日に行われたプレミアリーグ第18節でチェルシーと対戦。前半だけで2点を奪ったチームは、後半も盤石の試合運びを見せ、不調に苦しむチェルシーを圧倒。ピンチの場面もほとんど迎えず、2-0のスコアで完勝した。 この結果、レスターはリーグ3連勝を飾り暫定首位に浮上。試合後のインタビューに応じたロジャーズ監督も、チームのパフォーマンスを手放しに称賛している。 「チェルシーは才能のある優れたチームだ。そのチームを相手に、選手たちはとても良いパフォーマンスを見せてくれた。彼らはピッチのすべてで素晴らしいクオリティと、優れた守備組織を見せてくれた。タフなゲームだったが、本当によく乗り切ったよ」 「チェルシーとの対戦である以上、ハードワークが求められることは分かっていた。それでも、我々は試合中に良い攻撃と意欲を示せた結果、2つの素晴らしいゴールを決められたと思うよ」 また、ロジャーズ監督は暫定ではあるものの、シーズンの半分を消化した時点でリーグトップに立てたことに言及。これまでの取り組みを誇りつつ、シーズン後半に向けて慢心はないと語った。 「これは、我々がコンスタントに良いプレーをしていることを意味するね。素晴らしいことだ。トレーニングのメンタリティを、しっかり試合に活かせている」 「シーズンの初め、このチームには忍耐と一貫性が必要だと言っていた。そして、彼らはそれを今示せている。でも、我々は今の位置に夢中になったりはしないよ」 「素晴らしいスタートを切れたと思う。でも、これからシーズン後半に向けてやるべきことはたくさんあるね。我々は喜んでこれからの仕事に取り組むよ」 2021.01.20 10:47 Wed
twitterfacebook

順位表



得点ランキング