レスター・シティ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 レスター・シティ 56 17 5 9 55 37 18 31
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-22
28:00
プレミアリーグ
第32節
レスター・シティ vs ウェスト・ブロムウィッチ
2021-04-26
28:00
プレミアリーグ
第33節
レスター・シティ vs クリスタル・パレス
2021-05-01
23:00
プレミアリーグ
第34節
サウサンプトン vs レスター・シティ
2021-05-08
23:00
プレミアリーグ
第35節
レスター・シティ vs ニューカッスル
2021-05-11
28:00
プレミアリーグ
第36節
マンチェスター・ユナイテッド vs レスター・シティ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.18
26:30
FAカップ
準決勝
レスター・シティ 1 - 0 サウサンプトン
2021.04.11
22:05
プレミアリーグ
第31節
ウェストハム 3 - 2 レスター・シティ
2021.04.03
25:30
プレミアリーグ
第30節
レスター・シティ 0 - 2 マンチェスター・シティ
2021.03.21
26:00
FAカップ
準々決勝
レスター・シティ 3 - 1 マンチェスター・ユナイテッド
2021.03.14
23:00
プレミアリーグ
第28節
レスター・シティ 5 - 0 シェフィールド・ユナイテッド
基本データ

正式名称:レスター・シティFC

原語表記:Leicester City Football Club

愛称:The Foxes

創立:1884年

ホームタウン:レスター

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

覚醒イヘアナチョ、FA杯決勝進出に喜び露わ 「夢のよう」

レスター・シティのナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョがFAカップ決勝進出に喜びを露わにした。 レスターは18日に行われた準決勝のサウサンプトン戦を1-0で勝利。チェルシーが待つファイナルの舞台にチームとして52年ぶりに駒を進めた。そんなレスターをタイトルマッチに導いたのが今季を通じて急激な成長が遂げ、55分に決勝弾をマークしたイヘアナチョだ。 今月初旬に2024年までの新契約にサインしたイヘアナチョは試合後、イギリス『BT Sport』で「夢のようだ」と感無量の思いとともに、決勝での活躍を誓った。 「最高だね。幸せだ。決勝まで辿り着いたのだから。FAカップは小さい頃から観てきたが、今やその決勝でプレーするチャンスがある。僕からしたら、大きな夢だ」 「チームとしてやり遂げたことを誇りに思う。本当に嬉しいね。少しだったが、ファンが来てくれたのも嬉しかった。色々な事情があって、簡単じゃないが、決勝はもっと多くのファンに来てほしい」 「僕は集中して、一生懸命にプレーするだけ。もちろん、ゴールを決められると素晴らしいが、一生懸命に頑張るだけしか考えていない」 2021.04.19 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

52年ぶりFA杯決勝進出のレスター、歓喜のロジャーズ監督「信じられないほど嬉しい」

レスター・シティのブレンダン・ロジャーズ監督がFAカップ決勝進出の喜びを語っている。クラブ公式サイトが伝えた。 レスターは18日、FAカップ準決勝で日本代表MF南野拓実所属のサウサンプトンと対戦。55分にFWケレチ・イヘアナチョのゴールで先制すると、そのまま逃げ切り、1-0で勝利した。 実に52年ぶりとなるFAカップ決勝進出にチームを導いたロジャーズ監督は試合後、クラブに関わるすべての人にとって重要な勝利となったと語っている。 「信じられないほど嬉しい。クラブの誰にとっても喜ばしいことだ」 「まずは選手たちを称えたい。彼らは非常に多くのことをやってくれた。今日の試合では昨シーズンのEFLカップ準決勝での敗戦で得た教訓を示してくれた」 「また、クラブスタッフや理事会、オーナーに対しても感激している。彼らはクラブに多大な貢献をしており、決勝戦に進出できたのは特別なことだ」 「そして、もちろんサポーターにとってもこのトロフィーがどれほど重要か、どれほど優勝を望んでいるかを十分に理解している。常に決勝戦に向けてチャレンジできるチームを作ることを志してきて、我々はいまそこに辿り着いた。歴史を作るまであと1試合だ」 また、決勝ゴールを決めたイヘアナチョについても言及。ナイジェリア代表FWの精神面での成長を称賛した。 「彼のタッチが逸れるシーンも何度かあった。以前であれば、それは彼の自信に影響したかもしれないが、今の彼は、そのようなミスを許容できるレベルにある」 「今、彼は試合に集中することができており、ボックスの外でも中でも、ゴールを決めるための存在であることを示している。彼とヴァーディとのコンビネーションは本当に脅威だったし、二人とも素晴らしい活躍だった」 なお、レスターは5月15日に行われる決勝でチェルシーと対戦。クラブ史上初のFAカップ優勝を成し遂げられるだろうか。 2021.04.19 12:04 Mon
twitterfacebook
thumb

イヘアナチョ弾でセインツを下したレスターが52年ぶりの決勝進出!《FAカップ》

FAカップ準決勝のレスター・シティvsサウサンプトンが18日にウェンブリー・スタジアムで行われ、レスターが1-0で勝利した。サウサンプトンのMF南野拓実は、リバプール時代に同大会に出場しているため大会規定により起用できず、招集外となっている。 準々決勝でマンチェスター・ユナイテッドを下したレスターだが、その後のリーグ戦ではマンチェスター・シティ、ウェストハムとの上位対決で連敗。連敗からのバウンスバックを図る今回の一戦では、直近のウェストハム戦から先発を2人変更。プラートとアマルテイに代えてアジョセ・ペレスとソユンクを先発で起用した。 一方、準々決勝でチャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスに完勝したセインツは、完敗を喫した直近のWBA戦の先発からウォルコットをジェネポに変更した以外は、同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 中盤での激しいボールの奪い合いが繰り返された試合は、チャンスの生まれ辛い展開が続く。セインツにポゼッションを譲りつつカウンターを狙うと、レスターは33分にティーレマンスのロングスルーパスに反応したヴァーディがボックス左からシュートを放ったが、これはわずかに枠の上に外れた。 対するセインツは、36分にロングスローをボックス右のレドモンドが繋いだボールをイングスが頭でゴール前に折り返したが、これは飛び込んだジェネポの前でクリアされた。 ハーフタイムにかけてはレスターがやや攻勢を強めたが、ゴールネットを揺らすには至らず。前半はゴールレスで終了した。 互いに選手交代なしで迎えた後半は、早い時間にスコアが動く。レスターは55分、リカルド・ペレイラのスルーパスで左サイドを抜け出したヴァーディがボックス左深くまで切り込みクロスを供給。イヘアナチョのボレーシュートは相手DFに当たったが、こぼれ球を再び拾ったイヘアナチョがゴール右隅へシュートを流し込んだ。 先制を許したセインツは64分、ウォーカー=ピータースのロングシュートのこぼれ球をボックス右で拾ったアームストロングが中央に折り返すと、相手DFのクリアをペナルティアーク左のディアロがボレーシュート。しかし、これはゴール左に外れた。 その後は互いに選手交代を行っていく中で拮抗した展開が続いたが、レスターは77分にドリブルで仕掛けたイヘアナチョのラストパスからボックス左のマディソンがダイレクトシュート。さらにマディソンは79分にもボックス右手前からミドルシュートを放ったが、共にシュートは枠を外した。 結局、試合はそのまま1-0でタイムアップ。イヘアナチョの決勝点でセインツを下したレスターが、チェルシーの待つ決勝へ駒を進めた。 2021.04.19 04:42 Mon
twitterfacebook
thumb

レスター控えGKウォードと契約延長! 「一歩一歩、正しい方向に進んでいる」

レスター・シティは15日、ウェールズ代表GKダニー・ウォード(27)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。 レスターとの現行契約を新たに3年間延長することになったウォードは、クラブ公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。 「新契約にサインできて本当に良い気分だよ。最初の契約時も本当に良い気持ちだったし、幸いなことにクラブとしても、チームとしても一緒に成長することができているんだ。この先がとても楽しみだね」 「僕がここに来て間もない頃から、施設の面でも驚くべき進歩を遂げている。リーグ戦での成功や、ヨーロッパでの冒険など、一歩一歩、正しい方向に進んでいると思う。プレーヤーとしてそれに関われることはとてもエキサイティングさ」 レクサムでトップチーム昇格を果たしたウォードは2012年にリバプールに加入。同クラブでは2015-16シーズンにリーグ戦2試合に出場したものの、思うように出場機会を得られず、スコットランドのアバディーン、チャンピオンシップ(イングランド2部)のハダースフィールドへの武者修行を経験した。 その後、2018年には1250万ポンド(約18億7000万円)と言われる移籍金でリバプールから完全移籍でレスターに加入。デンマーク代表GKカスパー・シュマイケルのバックアッパーとしてここまで公式戦14試合に出場している。 また、ウェールズ代表ではここまで12キャップを刻み、ユーロ2020本大会での活躍も期待されている。 2021.04.15 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

大一番欠場のマディソンらが規則破り…レスター指揮官「我々にも守るべき規律がある」

チャンピオンズリーグ(CL)出場権の行方を左右する一戦で主力数名を欠いたレスター・シティだが、それは新型コロナウイルスの規則違反によるものだったようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 3位のレスターは11日に敵地で行われたプレミアリーグ第31節で4位のウェストハムと対戦。来季のCL出場権が得られる現在の順位を守るためにも負けられない直接対決だったが、前半の2失点が重くのしかかり、2-3で敗れ、ウェストハムとわずか1ポイント差となってしまった。 熾烈さを極めるトップ4争いに巻き込まれたブレンダン・ロジャーズ監督は試合後、イングランド代表MFジェームズ・マディソン、イングランド人MFハムザ・チョードリー、スペイン人FWアジョセ・ペレスの欠場について、チームが定めるコロナ禍の規則違反が理由だと述べた。 「それは私が下した決断だ。先週末に内部で問題を抱えたことで、期待する水準じゃなかったが、我々にもピッチ内外で守るべき規律がある。この2、3年間におけるチームの発展はそれがあるからこそ。彼らは良い人間であり、良い若者なのだがね」 レスターもこれを受けた声明のなかで、当該選手たちからの詫びを明かした上で、「チームがトレーニングや試合を行う環境を守るためのクラブスタッフの努力が損なわれかねない違反行為があったのは極めて残念」と遺憾の意。今後、対応策が話し合われる見通しだという。 なお、レスターの次戦は18日に行われるFAカップ準決勝のサウサンプトン戦。ロジャーズ監督は「個人的にも苦しいほど失望した。しかし、それは彼らのミスであり、責めたりなんてしない。もう過去のこと」だと述べ、その試合に向けたトレーニングから戻す意向を示している。 2021.04.12 17:25 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング