チェルシー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 チェルシー 48 14 6 9 51 39 12 29
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ

プレミアリーグ
第37節
リバプール vs チェルシー

プレミアリーグ
第38節
チェルシー vs ウォルバーハンプトン

プレミアリーグ
第30節
アストン・ビラ vs チェルシー

プレミアリーグ
第31節
チェルシー vs マンチェスター・シティ

CL決勝トーナメント
ベスト16 2ndレグ
バイエルン vs チェルシー
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.03.08
23:00
プレミアリーグ
第29節
チェルシー 4 - 0 エバートン
2020.02.29
24:00
プレミアリーグ
第28節
ボーンマス 2 - 2 チェルシー
2020.02.25
29:00
CL決勝トーナメント
ベスト16 1stレグ
チェルシー 0 - 3 バイエルン
2020.02.22
21:30
プレミアリーグ
第27節
チェルシー 2 - 1 トッテナム
2020.02.17
29:00
プレミアリーグ
第26節
チェルシー 0 - 2 マンチェスター・ユナイテッド
基本データ

正式名称:チェルシーFC

原語表記:Chelsea Football Club

愛称:ブルーズ、ペンショナーズ

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

J・ボアテングがバイエルン残留意思! フリックの存在で心境に変化

元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(31)がバイエルン残留を希望している。イギリス『メトロ』が伝えた。 昨年11月まで指揮を執ったニコ・コバチ氏の下で立ち位置が揺らぎ、昨夏や今冬に移籍の憶測が浮上したが、最終的にバイエルン残留を決めたJ・ボアテング。ドイツ代表DFニクラス・ジューレやフランス代表DFリュカ・エルナンデスの負傷離脱というエクスキューズもあったが、ハンジ・フリック監督に重宝され、再びレギュラーに返り咲いている。 現在も2021年6月に満了する契約の延長に至っておらず、チェルシーやアーセナルからの関心がまことしやかに報じられるJ・ボアテングだが、フリック監督の存在により、残留の想いが強まっているようだ。ドイツ『Welt Am Sonntag』でこう述べている。 「ハンジ・フリック監督が就任する前は将来についてを考えていた。だけど、今は居心地が良くて、残留した姿も想像できる。今シーズンとバイエルンに集中しているよ」 「監督やコーチ陣からの信頼が必要だが、僕は再びそれを築けている。フリック監督が就任する前は懸命にトレーニングしても、出場機会をもらえず、自分のリズムを作るチャンスさえなかった。どんな選手にとっても、それだと難しい」 「でも、ハンジ・フリックは最初から計画の一部に含み、僕のクオリティも高く評価していると話してくれた。今は本当にフットボールが楽しめしているよ」 2020.05.25 17:15 Mon
twitterfacebook
thumb

君がいれば優勝出来る…セスクを口説いた智将との逸話とは

元スペイン代表MFセスク・ファブレガスが、チェルシー移籍のきっかけとなったジョゼ・モウリーニョ監督との逸話を明かした。イギリス『メトロ』が伝えている。 セスクがチェルシーに加入したのは2014年。モウリーニョ監督による第二次政権2年目のシーズンだった。かつてクラブをプレミアリーグ2連覇に導いた名将を招聘し、5シーズンぶりの優勝を目指すチェルシーはその夏も大型補強を敢行。セスクはその内の1人として白羽の矢が立った。 モウリーニョ監督とはバルセロナ時代にライバルのレアル・マドリー戦で敵として対面しているが、面と向かって話すのはこの時が初めてだったというセスク。当時の会話を明かしている。 「初めて彼と会った日、彼は僕にこう言ったんだ。『私は2人の選手を必要としている。ジエゴ・コスタは間も無く契約はまとまるだろう。あとは君だ。君がいれば我々はタイトルを勝ち取ることが出来る』とね」 「それから彼と働くことになったんだけど、彼は最も上手に僕の心を焚きつける監督だったんじゃないかな。偉大な選手にとって最高の監督だね」 「彼は心を刺激するんだ。僕らが素晴らしい試合をした後はメールでベタ褒めしてくれるんだけど、時にゴミクズのように言われることもあった。そうやって心を揺さぶるんだ」 そのシーズン、チェルシーは見事にプレミアリーグを制覇しモウリーニョ監督は有言実行。セスクは34試合に出場し、3ゴール19アシストという成績を収めた。 2020.05.25 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

次こそステップアップなるか…ボーンマスFWにPL上位6チーム中4チームから視線!

ボーンマスに所属するノルウェー代表FWジョシュア・キング(28)を巡って、プレミアリーグ上位勢の争奪戦に発展する可能性があるようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 J・キングは2015年夏にブラックバーンからボーンマス入り。今季は負傷の影響もあり、プレミアリーグ19試合で4ゴールにとどまっているものの、2016-17シーズンと昨シーズンは二桁ゴールを記録している。 そんなJ・キングは、ボーンマスとの契約が残り1年となっており、今夏にステップアップする可能性があるという。具体的なクラブこそ明らかになっていないが、今季のプレミアリーグで上位6チームのうち、4クラブが目を光らせているようだ。 今冬、移籍金2000万ポンド(約26億2000万円)で獲得に動き、失敗に終わったマンチェスター・ユナイテッドは、その代わりに上海申花からレンタルしたナイジェリア代表FWオディオン・イガロの去就が不透明。イガロのキープに動いているとみられているが、中国復帰が決定した場合、新たなFWの引き入れに乗り出すという。 また、チェルシーのフランク・ランパード監督も攻撃の強化を希望しており、『スカイ・スポーツ』は獲得に動く可能性があると推測している。 なお、プレミアリーグの上位6位チームは、上述した2クラブとリバプール、マンチェスター・シティ、レスター・シティ、ウォルバーハンプトンとなっている。 2020.05.25 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

A・コールが禁断の移籍を振り返る「給料のことは最後まで考えなかった」

元イングランド代表DFアシュリー・コール氏がチェルシー移籍時を回想した。イギリス『メトロ』が伝えている。 アーセナル下部組織出身のA・コール氏は、1999年にプロデビューを飾り、2003-04シーズンのプレミアリーグ無敗優勝にも貢献した。 レギュラーとしてアーセナルの左サイドバックに定着していたA・コールだったが、2006年にチェルシーへ禁断の移籍。この移籍にアーセナル・サポーターからは多くの批判が生まれたものの、チェルシーではプレミアリーグやFAカップ、さらに2011-12シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げるなど、10個の主要タイトルを手にしている。 A・コール氏は、高給目当てとも揶揄された禁断の移籍当時のことをイギリス『BBC』に語った。 「私がアーセナルでプレーし始めたとき、私たちにはキーオン、シーマン、ヴィエラ、アンリ、アダムスという核があり、異なるグループ、環境、選手がいるという点で変化することは簡単だった」 「彼らが去り始めたとき、私はそれが成功をもたらした文化に穴ができていると感じた。チームが少しバラバラになっているのを感じた。または、ギャップが生まれ、それらは埋められなかった」 「それから、異なる文化に身を置くという観点と、勝ちたいという意欲を持ってチェルシーに行き、それを手に入れた」 また、当時の移籍に際し、移籍前の2005年にA・コール氏と当時のチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督や幹部が密会している様子が報じられていた。 契約中に別のプレミアリーグのクラブと交渉したことで、A・コール氏は10万ポンド(約1310万円の罰金処分を受け、チェルシーとモウリーニョ監督も罰せられていた。 「100%、私のせいではないし、彼らのせいでもない。当時の私は少し頑固すぎて、辛かった。正直に言って赤ん坊のようだったが、後悔はないし、その状況で決断を変えることはないだろう」 「起こったことが事実だ。恐らくそれは意図されたものだった。だが、お金について、人々が考えるようなことはなかったので、不当だと感じていた。お金は私の心の中では最後に考えていた」 昨シーズン限りで現役を引退したA・コール氏は、今シーズンからチェルシーのU-15チームのコーチを務めている。 2020.05.25 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ウィリアン、やはり残留厳しいか…「チェルシーに条件を見直すつもりがない」

チェルシーに所属するブラジル代表MFウィリアン(31)が自らの不透明な去就に再びコメントした。 2013年からチェルシーでプレーし、今季いっぱいで契約が満了するウィリアン。チェルシーとの延長交渉は契約年数を巡る溝が生まらず、今季限りでスタンフォード・ブリッジから去る可能性が高まっている。 そのウィリアンはロンドンでの生活継続を求め、アーセナルやトッテナムの名が挙がり、『YouTube』チャンネルの『Desimpedidos』でチェルシーの宿敵に加わる可能性を否定していない。 先行き不透明な状況が変わらず、今も様々な憶測が飛び交い続けるウィリアンは母国メディア『Esporte Interativo』で改めて残留が難しい状況だと話した。 「チェルシーは最初に2年契約を提示したが、その条件を見直すつもりもないみたいだ。僕が欲しいのは3年契約だと言ってある。だから、状況は厳しく、(残留)できるのかどうか見当がつかない」 「僕のゴールは仕事を続けて、残るシーズンにフォーカスすること。そうすれば、チェルシーも勝ち続けていけるはずだ。僕のマインドははっきりしている。(残留は)難しそうだが、様子を見よう」 2020.05.24 16:10 Sun
twitterfacebook

順位表




得点ランキング