チェルシー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 チェルシー 29 8 5 6 33 23 10 19
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-27
27:00
プレミアリーグ
第20節
チェルシー vs ウォルバーハンプトン
2021-01-30
24:00
プレミアリーグ
第21節
チェルシー vs バーンリー
2021-02-04
29:00
プレミアリーグ
第22節
トッテナム vs チェルシー
2021-02-06
24:00
プレミアリーグ
第23節
シェフィールド・ユナイテッド vs チェルシー
2021-02-15
29:00
プレミアリーグ
第24節
チェルシー vs ニューカッスル
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.24
21:00
FAカップ
4回戦
チェルシー 3 - 1 ルートン・タウン
2021.01.19
29:15
プレミアリーグ
第18節
レスター・シティ 2 - 0 チェルシー
2021.01.16
26:30
プレミアリーグ
第19節
フルアム 0 - 1 チェルシー
2021.01.10
22:30
FAカップ
3回戦
チェルシー 4 - 0 モアカム
2021.01.03
25:30
プレミアリーグ
第17節
チェルシー 1 - 3 マンチェスター・シティ
基本データ

正式名称:チェルシーFC

原語表記:Chelsea Football Club

愛称:ブルーズ、ペンショナーズ

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

チェルシー、ランパード監督解任を正式発表…アブラモビッチからのコメントも

チェルシーは25日、フランク・ランパード監督(42)を解任したことを発表した。 オーナーを務めるロマン・アブラモビッチ氏からは以下のようなコメントが届いている。 「クラブにとっても苦しい決断だった。特に、フランクとは素晴らしい関係を持っており、彼を最大限に尊重しているからだ」 「彼は非常に誠実な人物であり、最高の仕事の倫理観を持っている。しかし、現在の状況では、監督を交代させるのがベストだと考えた」 「クラブ、理事会、そして個人を代表して、フランクの監督としての仕事に感謝し、今後の成功を祈りたいと思う。彼はこの偉大なクラブの重要なアイコンであり、ここでの彼の地位は衰えることはない。彼がスタンフォード・ブリッジに戻ってくることを温かく迎え入れてくれることだろう」 <div id="cws_ad">◆ランパード、最後のインタビュー<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJSWFBmTzNPcyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ランパード監督は2019年夏に、ダービー・カウンティの監督を経て凱旋就任。1年目はプレミアリーグ4位の成績を収めたが、今季は開幕前に大型補強の後押しを受けたものの、チームは結果を出せず、前半戦終了時点で8勝5分け6敗の9位に位置していた。 なお後任は、昨年末にパリ・サンジェルマンの監督を解任されたトーマス・トゥヘル氏となるようだ。 2021.01.25 20:33 Mon
twitterfacebook
thumb

ランパード監督、今日解任へ! 英有力メディア一斉に報じる

チェルシーのフランク・ランパード監督が25日付で解任される見込みとなった。イギリス『アスレティック』や『テレグラフ』などが報じている。 かねてから解任の噂が取り沙汰されていたランパード監督。指揮官としてチェルシーに凱旋した昨シーズンはプレミアリーグ4位という好成績を残したが、今季は前半戦を終えた段階で8勝5分け6敗の9位に位置しており、19日のレスター・シティ戦の完敗で、解任へ一気に加速していた。 そしてこの度、イギリスの有力メディアが一斉に解任が決定したことを報道。現地時間25日付で公式発表される見通しとなった。 後任は、昨年末にパリ・サンジェルマンの監督を解任されたトーマス・トゥヘル氏となるようだ。 2021.01.25 19:35 Mon
twitterfacebook
thumb

「ミスに注目するのは簡単なこと」ランパード監督が弾き切れず失点のGKケパを擁護、PK失敗ヴェルナーにも言及

チェルシーのフランク・ランパード監督が、スペイン代表GKケパ・アリサバラガとドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを擁護した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 チェルシーは24日、FAカップ4回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のルートン・タウンとホームで対戦し、3-1で勝利した。 直近のレスター・シティとのリーグ戦に完敗し、ランパード監督の去就問題も騒がしくなっている中、この一戦では先発7人を変更し、GKにはケパが入った。 試合はイングランド代表FWタミー・エイブラハムのハットトリックで勝利したものの、30分にはルートンDFジェームズ・ブリーが右サイドから入れた折り返しに反応したMFジョーダン・クラークのダイレクトシュートが、DFクルト・ズマにディフレクトしてわずかにコースが変わると、GKケパがはじき切れず、相手のファーストチャンスで失点を喫する場面もあった。 だが、試合後の記者会見に応じたランパード監督はケパのミスを責めず、そこから好守でピンチを防いだケパを称えた。 「ケパは後半、2-2にならないようトップセーブを見せた。人々がミスに焦点を当てるのは簡単なことだが、ケパはそれほど定期的にプレーしているわけではない。彼はよくトレーニングしていて、良いゴールキーパーだ」 また、85分に自らPKを獲得しながらも、絶好のチャンスを逃したヴェルナーについても言及している。 「ティモと同様に私も失望した。彼は今日のパフォーマンスで多くを与えてくれた。彼は脅威であり、タミーとの連携や周囲との連携はその1つに過ぎない」 「上手くいかないときに失敗は起こりえる。私もPKを失敗したし、その気持ちも分かる。彼が恐らく試合の最後の数分間で落胆すると思うが、そうすべきではない。彼のモチベーションを上げることが私の仕事であり、彼のチームメイトの仕事であり、彼は元気になるだろう。今この瞬間のティモの状態を表すサインでもあり、落ち込む必要はない」 「だが、彼がPKを得て、何も考えずにネットを揺らす時が来るだろう。今はティモの時間ではないが、その時はいずれ来る」 <div id="cws_ad">◆ケパが弾き切れずに失点…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Clark&#39;s strike squeezes in <a href="https://twitter.com/hashtag/EmiratesFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EmiratesFACup</a> <a href="https://twitter.com/LutonTown?ref_src=twsrc%5Etfw">@LutonTown</a> <a href="https://t.co/VsXo8jfFeg">pic.twitter.com/VsXo8jfFeg</a></p>&mdash; Emirates FA Cup (@EmiratesFACup) <a href="https://twitter.com/EmiratesFACup/status/1353322210304290818?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.01.25 17:40 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシー在籍16年、初めてキャプテンを務めたマウントが感慨にふける

先日のルートン・タウン戦を終えたチェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントが、キャプテンを務めた感想を伝えている。 チェルシーは24日にFAカップ4回戦で2部リーグ所属のルートン・タウンと対戦した。DFチアゴ・シウバやDFベン・チルウェル、GKエドゥアール・メンディら守備陣を中心に主力の一部が温存されたが、今季は2試合を除いて全公式戦に出場しているマウントは、この試合でもキックオフからピッチに立っていた。 だが少し様子が違ったのが、左腕に巻かれた腕章だ。チアゴ・シウバやMFジョルジーニョなど普段キャプテンを務める選手たちが出場しなかったため、フランク・ランパード監督は生え抜きのマウントにキャプテンを任せた。 6歳の頃からアカデミーで育ってきたマウントにとって、トップチームでキャプテンマークを巻いたのは今回が初めて。試合は同じく下部組織出身のFWタミー・エイブラハムのハットトリックの活躍で3-1で快勝した。 マウントは83分にMFマテオ・コバチッチとの交代でお役御免となったが、試合後に自身の公式ツイッターを更新し、在籍16年で初めてキャプテンを務めた感動を伝えている。 「6歳の頃から過ごすクラブでキャプテンを任せられるなんて…。この感動は言葉では言い表せない。とてつもなく誇りに思うよ!」 ランパード監督の下、完全にチームの中心選手に成長したマウント。このまま指揮官のような偉大なレジェンドになれるだろうか。 2021.01.25 13:14 Mon
twitterfacebook
thumb

エイブラハムのハットで2部ルートン撃破のチェルシーが5回戦進出!《FAカップ》

FAカップ4回戦、チェルシーvsルートン・タウンが24日にスタンフォード・ブリッジで行われ、3-1で勝利したチェルシーが5回戦進出を決めた。 3回戦で4部のモアカムを一蹴して4回戦に駒を進めたチェルシーは、チャンピオンシップ(イングランド2部)のルートンと対戦した。直近のレスター・シティとのリーグ戦に完敗し、ランパード監督の去就問題も騒がしくなっている。そういった中、勝利必須のこの一戦ではリース・ジェームズ、マウント、エイブラハム、プリシッチの一部主力を除く先発7人を変更。前線は1トップにエイブラハムを置き、2列目に右からツィエク、ヴェルナー、プリシッチを並べた。 雪化粧のスタンフォード・ブリッジで幕を開けた一戦はホームチームが地力の差を見せつける立ち上がりに。スリッピーなピッチ状況の影響はあるものの、圧倒的にボールを握って相手を押し込んでいく。 すると11分、右サイドでのクイックスローからボックス右に抜け出したヴェルナーがゴールライン際でマイナスに折り返すと、これをゴール前に走り込んだエイブラハムがワンタッチで流し込んだ。 幸先よく先制に成功したチェルシーは17分にもボックス手前右でリース・ジェームズが浮き球で入れたクロスをゴール前で完全に競り勝ったエイブラハムが頭で合わせ、瞬く間にリードを広げた。 格下相手に格の違いを見せつけるチェルシーはその後も積極的に3点目を狙う中、プリシッチが際どいシュートを放っていく。だが、30分には右サイドのブリーが入れた折り返しに反応したクラークのダイレクトシュートがDFズマにディフレクトしてわずかにコースが変わると、GKケパがはじき切れず、そのままゴールネットへ。相手のファーストチャンスで失点を喫した。 この失点をキッカケにルートンに勢いを与えてしまい、徐々に押し返され始めるチェルシー。相変わらずボールを握ってフィニッシュの数こそ多いものの、相手により危険な攻撃を許す。 2-1で折り返した後半序盤の60分にはリース・ジェームズの軽い対応から一気に攻撃をスピードアップされ、ボックス右でムパンズのスルーパスに反応したコーニックに決定的なシュートを打たれるが、ここはGKケパの好守で凌いだ。 早く3点目を奪って試合を決めたいホームチームは70分、プリシッチを下げてハドソン=オドイを投入すると、この交代が見事に嵌る。74分、左サイドでボールを持ったハドソン=オドイが中央のギルモアとのパス交換でボックス左に抜け出して精度の高いグラウンダーのクロスを供給。これをゴール前のエイブラハムがきっちり押し込んでハットトリックを達成した。 ランパード采配的中でようやく点差を2点に戻したチェルシーは殊勲のエイブラハムに代えてジルーを投入するなど、ここから試合をクローズにかかる。85分には途中出場のコバチッチのスルーパスに抜け出したヴェルナーがボックス内で相手DFに倒されてPKを獲得。ここで試合を決める4点目を奪う絶好のチャンスが訪れたが、自らキッカーを務めたヴェルナーのシュートはコースが甘くGKに止められてしまった。 悩めるエース候補のPK失敗でやや後味は悪くなったものの、下部カテゴリーのクラブにきっちり勝ち切ったチェルシーがレスター戦敗戦をひとまず払しょく。なお、5回戦ではチャンピオンシップのバーンズリーとの対戦が決定している。 2021.01.24 23:18 Sun
twitterfacebook

順位表



得点ランキング