チェルシー

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 チェルシー 67 19 10 9 58 36 22 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.29
28:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
決勝
マンチェスター・シティ 0 - 1 チェルシー
2021.05.23
24:00
プレミアリーグ
第38節
アストン・ビラ 2 - 1 チェルシー
2021.05.18
28:15
プレミアリーグ
第37節
チェルシー 2 - 1 レスター・シティ
2021.05.15
25:15
FAカップ
決勝
チェルシー 0 - 1 レスター・シティ
2021.05.12
28:15
プレミアリーグ
第36節
チェルシー 0 - 1 アーセナル
基本データ

正式名称:チェルシーFC

原語表記:Chelsea Football Club

愛称:ブルーズ、ペンショナーズ

創立:1905年

ホームタウン:ロンドン

チームカラー:青

関連ニュース
thumb

セルヒオ・ラモス加入のPSG、キンペンベは序列低下で移籍の可能性

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表DFプレスネル・キンペンベ(25)にプレミアリーグのビッグクラブが関心を示しているようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 ユース時代からPSG一筋を貫くキンペンベ。2014年10月のリーグ戦でプロデビューを果たし、2016-17シーズンからトップチームに定着。近年では主力センターバックとしてリーグ・アン連覇に貢献してきた。 昨季も公式戦40試合に出場し、キャプテンマークを巻く試合もあった中、新シーズンに向けては序列の低下が指摘されている。理由はスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの加入だ。今夏に満了を迎えたレアル・マドリーとの契約を更新せず、35歳にして国外に挑戦を求めて選んだ新天地がパリの巨人だった。 疑いようのない実力に加え、豊富な経験、強烈なリーダーシップを兼ね備えるワールドクラスのCBの加入で、キンペンベがその煽りを受けることになると『レキップ』は指摘。セルヒオ・ラモス、DFマルキーニョスに次ぐ3番手になる可能性が高いとして、出場機会の減少が危ぶまれている。 その一方で、フランス代表DFにはプレミアリーグからの誘いが来ているようだ。マンチェスターの2クラブとチェルシーが興味を持っているとのことで、25歳が個人的に新たなステップを選択してもおかしくない状況だという。 中でもトーマス・トゥヘル監督とDFチアゴ・シウバの元PSG組が在籍するチェルシーは有利との見方も。マンチェスター・ユナイテッドは長らく追っているマドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランが確保でき次第、キンペンベからは手を引くと見られている。 2021.07.23 14:16 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーで選手1名がコロナ感染か…プレシーズンマッチを急遽キャンセル

チェルシーの選手が新型コロナウイルスに感染した可能性があるようだ。イギリス『アスレティック』が報じている。 一部の選手を除いてプレシーズンがスタートしているチェルシー。17日に練習施設のコブハムでリーグ1(イングランド3部相当)のピーターバラ・ユナイテッドと親善試合を行い、MFハキム・ツィエクのハットトリックなどで6-1の快勝を収めた。 現在はアイルランドの首都ダブリン近郊でトレーニングキャンプを開き、22日には同国1部リーグのドロヘダ・ユナイテッドとの試合が予定されていた。ところが、選手1名が新型コロナウイルス検査で陽性と診断されたため、直前になって急遽中止せざるを得ない事態となっていたようだ。 チェルシーは代わりに、チーム内で11人制のトレーニングマッチを行ったとのこと。先日に新たに5年契約を結んだFWアルマンド・ブロヤや、FWカラム・ハドソン=オドイがゴールを決めたという。 なお、チェルシーは今後、27日にボーンマス、8月1日にアーセナル、同4日にトッテナムとのプレシーズンマッチを行い、同11日にはビジャレアルとのスーパーカップが予定されている。 2021.07.23 13:29 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシー有望株が移籍! U-19イングランド代表MFベイトがリーズと3年契約

リーズ・ユナイテッドは22日、チェルシーからU-19イングランド代表MFルイス・ベイト(18)の獲得を発表した。移籍金は非公表。契約は2024年夏までの3年となる。 ベイトはセントラルMFがメインポジションで、左利きのパサー。U-9カテゴリーからチェルシーで過ごして、2019年10月にプロ契約を結ぶなど、パスセンスが魅力の有望株だが、昨季もトップチームデビューを果たせなかった。 慣れ親しむチェルシーを離れ、まずはU-23カテゴリーが主戦場になるようだが、マルセロ・ビエルサ監督がトップチームを率いるリーズに活躍の場を移すベイト。自身のSNSに惜別のメッセージに綴った。 「10年前に初めてコブハムのドアを開けて以降、長くともにした選手たちやスタッフのおかげで、今の僕がある。でも、僕は今こそキャリアの新たな章に進むべきとき。チェルシーのみんなが僕にしてくれたことを永遠に感謝する!」 2021.07.23 08:55 Fri
twitterfacebook
thumb

チェルシーがヴァランをハイジャックか…ユナイテッド行きに暗雲

チェルシーが、レアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァラン(28)の獲得レースに参戦したようだ。スペイン『マルカ』が報じている。 今夏でのマドリー退団が現実味を帯び、同時にマンチェスター・ユナイテッド入りが囁かれているヴァラン。移籍市場に詳しいファブリツィオ・ロマーノ氏によると、クラブ間合意に至り次第、ユナイテッドが提示した2026年までの5年契約を結ぶ見込みで、イギリス『サン』も移籍は「ほぼ完了」と伝えていた。 しかし『マルカ』によると、ここに来てチェルシーが横槍を入れているという。以前にも噂された関心が再燃し、5000万ポンド(約75億3400万円)の移籍金を用意していると言われている。 これにより、ユナイテッドがチェルシーより優位に立つためには、これ以上の金額を用意する必要性が浮上。だが、すでにFWジェイドン・サンチョの獲得に7300万ポンド(約110億円)の大金を叩いていることに加え、アトレティコ・マドリーのDFキーラン・トリッピアー獲得には1800万ポンド(約27億円)の費用がかかると見込まれていることから、できるだけ支出は抑えたいところだろう。 本人の意向も考慮すべきだろうが、獲得間近と言われていたユナイテッドにとって大きなライバルの出現となった。 2021.07.19 16:52 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーのU-21イングランド代表DFグエイがクリスタル・パレスに5年契約で完全移籍

クリスタル・パレスは18日、チェルシーのU-21イングランド代表DFマーク・グエイ(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年間となる。 コートジボワールのアビジャンで生まれたグエイは、8歳で入団したチェルシーのアカデミー出身。2020年1月、同年8月と2度のスウォンジーへのレンタル移籍を経験。ファーストチームに昇格することなく、クリスタル・パレスへと完全移籍することとなった。 チェルシーでは、2019-20シーズンのEFLカップで2試合に出場した経験がある。 これまではチャンピオンシップ(イングランド2部)で52試合に出場。2020-21シーズンはチャンピオンシップで40試合、昇格プレーオフで3試合、FAカップで2試合に出場していた。 また世代別のイングランド代表を経験。2017年のU-17欧州選手権ではキャプテンとして出場。同年のU-17ワールドカップでも決勝でゴールを記録し、チームの優勝に貢献していた。 2021.07.19 08:55 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング