PAOK

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
3 PAOK 6 1 3 2 8 7 1 6
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.12.10
26:55
UEFAヨーロッパリーグ グループE
第6節
PAOK 0 - 0 グラナダ
2020.12.03
29:00
UEFAヨーロッパリーグ グループE
第5節
オモニア 2 - 1 PAOK
2020.11.26
29:00
UEFAヨーロッパリーグ グループE
第4節
PSV 3 - 2 PAOK
2020.11.05
26:55
UEFAヨーロッパリーグ グループE
第3節
PAOK 4 - 1 PSV
2020.10.29
29:00
UEFAヨーロッパリーグ グループE
第2節
グラナダ 0 - 0 PAOK
基本データ

正式名称:PAOKテッサロニキ

原語表記:Panthessalonikios Athlitikos Omilos Konstantinoupoliton

愛称:The Two-Headed (Eagle) of North (2頭鷲)

創立:1926年

ホームタウン:テッサロニキ

チームカラー:白・黒

関連ニュース
thumb

PAOK香川真司が負傷離脱、POではここまで出番なし

PAOKテッサロニキのMF香川真司が、再び離脱してしまったようだ。クラブ公式サイトが伝えた。 すでにオリンピアコスの連覇が決定しているギリシャ・スーパーリーグ。現在はプレーオフが行われており、来シーズンのチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグの出場権を争って戦っている。 そんな中、今冬に加入した香川だがリーグ戦では5試合、カップ戦で3試合に出場したものの、プレーオフはここまで出番なし。11日に行われたアステラス・トリポリス戦では初めてベンチ入りしたが、再び離脱することとなってしまった。 クラブの発表によると、香川は14日のトレーニングで右脚に違和感を感じたとのこと。検査の結果、太ももを痛めていたことが判明。ジムとプールで治療と個別のプログラムを実施し、復帰には2週間程度かかるとみられているとのことだ。 16日のトレーニングでも、治療とエアロバイクのトレーニングを行なったと報告されている。 半年間のブランクを経て加入したPAOKでも輝けていない香川。ここにきての負傷離脱は痛手だが、残り少ない試合でチームの力になることはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【動画】PAOKで魅せた香川の初アシスト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrRjNHYnBtMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.04.17 11:11 Sat
twitterfacebook
thumb

プレーオフで出番のない香川真司、PAOK監督が理由を説明「彼は一生懸命やっているが…」

PAOKテッサロニキのパブロ・ガルシア監督が、出番のないMF香川真司の現況を説明した。ギリシャ『SPORTIME』が伝えている。 今冬に無所属状態からPAOKに加入した香川は、ギリシャ・スーパーリーグのレギュラーシーズンで5試合に途中出場。カップ戦では先発出場も果たすなど、公式戦8試合に出場してきた。 しかし、足首の問題もあり、3月7日のアリス戦を最後にピッチから遠ざかっており、3月21日から始まっているプレーオフでは3試合を終えて、出番がない状況が続いている。 11日のアステラス・トリポリス戦では、プレーオフで初めてベンチ入りしながらも出場機会が訪れなかった香川に対し、ガルシア監督が理由を説明した。 「我々がやろうとしているのは、全ての選手をプレーできるようにすることだ。彼は一生懸命やっているが、2週間離脱していた」 「彼が長い間プレーしていなかった選手であることを忘れてはならない。彼はハードワークを続け、与えられるチャンスを待たなければならない」 香川に出番がなかったアステラス戦は、1-1の引き分け。PAOKは18日に首位のオリンピアコスと対戦するが、香川の出番はあるだろうか。 2021.04.12 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

待望の1本!香川真司のギリシャ移籍後初アシスト!/2020-21【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はギリシャリーグのPAOK所属の元日本代表MF香川真司が記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆香川待望のギリシャ初アシスト<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrRjNHYnBtMCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> セレッソ大阪でデビューし、ドルトムントでブレイクを果たした香川。マンチェスター・ユナイテッドなど、欧州クラブを渡り歩いた後、2021年1月からギリシャの強豪PAOKに加入している。 抜群のテクニックを武器に前線で違いを生み出すプレーが持ち味の香川だが、2021年3月3日に行われたキペロ・エラーダス(ギリシャ杯)の準々決勝2ndレグのラミア戦では、待望の移籍後初アシストを決めている。 0-0で迎えた14分、相手陣内左でクリアボールをカットした香川がDFババ・ラーマンへパス。ラーマンからのパスをボックス内で受け、FWクリストス・ツォリスが左サイド深部まで侵入する。 ツォリスがマイナスのボールを送ると、体を上手く入れながら香川が再びパスを受け、ボックス手前でフリーになっていたMFニカ・ニヌアに落とすと、ニヌアが低めにコントロールしたシュートをゴール左下に沈め、見事な先制ゴールを挙げた。 試合は1-1のドローで終了。1stレグに5-2で勝利していたPAOKが合計スコアで相手を上回り、準決勝進出を決めている。 <span data-sg-movie-id="906" data-sg-movie-title="【待望の1本!】香川真司のギリシャ移籍後初アシスト!"></span> 2021.03.07 16:00 Sun
twitterfacebook
thumb

移籍後初先発の香川真司が華麗なターンと落としで初アシストをマーク!チームはベスト4進出

PAOKテッサロニキに加入したMF香川真司が移籍後初先発フル出場を果たし、アシストを記録した。 PAOKは3日、キペロ・エラーダス(ギリシャ杯)準々決勝2ndレグでラミアと対戦。2-2のドローに終わった。 今冬に無所属状態からPAOKに加入した香川は、ここまで6試合に途中出場していたが、ラミア戦ではトップ下で初先発となった。 ホームでの1stレグで5-2と大勝していたPAOKは8分、カウンターのチャンスから香川のラストパスを受けたFWカロル・シフィデルスキがボックス左からシュートを放つも、相手GKの好守に阻まれる。 それでも13分には相手陣内で相手のミスパスを香川が拾うと、左サイドのDFババ・ラーマンへとパス。ババ・ラーマンはボックス内のFWクリストス・ツォリスと繋ぐと、ボックス左をえぐったツォリスがマイナスのパスを送る。 これを相手DFがカットに来たところをボックス内でターンしながら受けた香川は、フリーのMFニカ・ニヌアへ横パス。ニヌアがボックス外から狙いすました左足シュートをゴール左に決めた。 前半終了間際にはPKのチャンスを獲得しながらも決めきれなかったPAOKは、後半開始早々に追いつかれるもそのまま1-1でタイムアップ。2戦合計スコア6-3で制して、準決勝進出を果たしている。 ラミア 1-1PAOKテッサロニキ 【ラミア】 マンジュレイカー・ジェイムス(後7) 【PAOK】 ニカ・ニヌア(前14) <div id="cws_ad" >◆ラミアvsPAOK ハイライト</div> <div id="cws_ad" style="text-align:center;"><script>var video_id = "yrNnkKxqAOM";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script></div> 2021.03.04 11:30 Thu
twitterfacebook
thumb

香川真司がギリシャ・スーパーリーグデビュー!チームは終盤に追いつきドロー《ギリシャ・スーパーリーグ》

PAOKテッサロニキに加入したMF香川真司がギリシャ・スーパーリーグデビューを果たした。 PAOKは7日、ギリシャ・スーパーリーグ第21節でアポロン・スミルニと対戦。2-2のドローに終わった。 今冬に無所属状態からPAOKに加入した香川は、すでにカップ戦でデビューを果たしており、この試合ではベンチ入りを果たしていた。 試合はPAOKが押し気味に進めると29分、右サイドからのクロスがクリアされると、浮き球のボールをMFオマール・エル・カドゥーリがシュート。これがミートしないものの、ボックス内でMFアムル・ワルダが蹴り込み、PAOKが先制する。 前半は1-0でPAOKがリードして折り返すも、後半は一転してアポロン・スミルニのペースに。すると52分にニコラオス・ヨアニディスが倒されPKを獲得。これをサバス・ツァブリスが決めて同点とされる。 <div id="cws_ad">◆カップ戦でデビューを果たす香川真司<div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWelZISnBIUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1-1とされたPAOKは62分に香川を投入。ギリシャ・スーパーリーグでのデビューを果たす。 その香川は71分、ボックス手前でパスを受けると、華麗なターンから浮き球のパス。これをボックス内左に入ったワルダが受けると、折り返してチャンスとなるもGKがキャッチする。 すると、その直後にアポロン・スミルニはボックス内で細かくパスをつなぐと、マルク・フェルナンデスがネットを揺らし逆転に成功する。 逆転されたPAOKは88分に右CKを獲得すると、クロスをニアサイドでフェルナンド・バレラがフリック。走り込んだスベリル・インギ・インガソンが押し込んで同点に追いつく。 土壇場で追いついたPAOKはアディショナルタイムにはボックス手前でFKを獲得。ヴィエイリーニャが直接狙うが、これはわずかに外れタイムアップ。2-2の引き分けに終わった。 PAOKテッサロニキ 2-2 アポロン・スミルニ 【PAOK】 アムル・ワルダ(前29) スベリル・インギ・インガソン(後43) 【アポロン・スミルニ】 サバス・ツァブリス(後7)[PK] マルク・フェルナンデス(後36) 2021.02.08 14:15 Mon
twitterfacebook

順位表

得点ランキング