ビジャレアル

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 ビジャレアル 60 18 6 14 63 49 14 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.07.19
25:30
ラ・リーガ
第38節
ビジャレアル 4 - 0 エイバル
2020.07.16
28:00
ラ・リーガ
第37節
レアル・マドリー 2 - 1 ビジャレアル
2020.07.13
26:30
ラ・リーガ
第36節
ビジャレアル 1 - 2 レアル・ソシエダ
2020.07.08
27:30
ラ・リーガ
第35節
ヘタフェ 1 - 3 ビジャレアル
2020.07.05
29:00
ラ・リーガ
第34節
ビジャレアル 1 - 4 バルセロナ
基本データ

正式名称:ビジャレアルCF

原語表記:Villarreal Club de Futbol

愛称:スブマリーノ・アマリージョ(イエロー・サブマリン)

創立:1923年

ホームタウン:ビジャレアル

チームカラー:黄

関連ニュース
thumb

元スペイン代表MFカソルラ、アル・サッドと正式サイン! 「チャビは僕にとって、すごく重要な存在」

元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(35)が6日にアル・サッドとサインを交わした。 スペイン代表としても81試合15得点を誇るカソルラは2018年に復帰したビジャレアルを今季限りで退団。先月20日にアル・サッド入りが発表された。 2年契約を締結しての加入となるカソルラは「アル・サッドはカタール最大のクラブで、この一員になれてすごく光栄だ」と喜びの心境を語った。 また、アル・サッド移籍の決断理由にも触れ、スペイン代表時代に共闘したチャビ・エルナンデス監督の存在を挙げた。 「チャビは僕にとって、すごく重要な存在。カタールに来る決断を下す上でもだ。選手時代にも参考にした人物で、コーチとしても変わらずだ」 そう語ると、「全てのタイトルを勝ち獲るために頑張る」と意気込みも口にしている。 2020.08.07 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

久保の新天地はビジャレアル! 来季加入に向け合意報道

レアル・マドリーに所属する日本代表MF久保建英(19)のビジャレアル移籍が今週中にも実現しそうだ。スペイン『アス』が報じている。 昨夏の移籍市場でマジョルカにレンタル移籍を果たして、公式戦36試合に出場して4得点5アシストの数字を収めた久保。日を追うごとに様々な移籍先が挙げられてきたが、最後に急浮上してきたビジャレアルが日本の至宝を射止めた。 今回の報道によれば、移籍形態は買い取りオプションのない1年間のレンタル契約となる模様。また、ビジャレアルは久保の給与全額に加え、レンタル料200万ユーロ(約2億5000万円)をマドリーに支払うことで合意に至ったようだ。 今シーズンのラ・リーガを5位で終え、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権を獲得したビジャレアルは、先月20日にハビエル・カジェハ監督の退任を発表。新指揮官には、セビージャやパリ・サンジェルマン、アーセナルなどの監督を歴任した実績豊富なウナイ・エメリ氏を招へいしていた。 2020.08.06 00:40 Thu
twitterfacebook
thumb

エメリ新監督就任のビジャレアル、教え子グエンドウジに注目か

ビジャレアルが、アーセナルのU-21フランス代表MFマテオ・グエンドウジ(21)の獲得に動いているようだ。『フット・メルカート』が伝えている。 2018年夏に加入したアーセナルブレイクしたグエンドウジ。今季も主力として順調に出場数を重ねていたが、ミケル・アルテタ監督就任以降は序列を落とし始め、6月のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦でフランス人FWニール・マウペイと一悶着を起こしたのをきっかけに、完全に信頼を失ってしまったとメディアから報じられている。 そのため、今夏の放出候補筆頭と言われるグエンドウジにはバルセロナ行きの噂もあったが、『フット・メルカート』によるとビジャレアルが特に強い関心を示しているという。 同クラブは先日、元アーセナルのウナイ・エメリ監督を招へい。エメリ監督は2018年にロリアンから引き抜きを画策した張本人で、アーセナルでのブレイクのきっかけを与えた恩師とも言える存在。 すでにグエンドウジを巡ってアーセナルと話し合いの席に着いたとも言われており、購入オプションを付けたレンタル移籍という形で交渉を進めているようだ。 2020.08.05 22:05 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアル生え抜きDFラティウがADOデン・ハーグへ買取OP付きのレンタル移籍

オランダのADOデン・ハーグは4日、ビジャレアルから元U-21ルーマニア代表DFアンドレイ・ラティウ(22)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。なお、買い取りオプションもついているとのこと。 ラティウはルーマニア出身ながら、6歳でスペインへ移住。ビジャレアルの下部組織で育ってきた。 右サイドバックを主戦場とするが、まだファーストチームに昇格しておらず、今シーズンはBチームでセグンダ・ディビシオンB(スペイン3部)で21試合に出場していた。 なお、2018-19シーズンのヨーロッパリーグ準々決勝2ndレグのバレンシア戦にフル出場し、ファーストチームデビューを果たしていた。 「ADOデン・ハーグに加入でき、とても満足している。これは一歩前進だと思う」 「スペインでキャリアを続けるチャンスはたくさんあったが、現時点ではオランダのエールディビジに移籍することが最良の選択だと思っている」 「僕はこのクラブに全てを捧げます。クラブの信頼と努力に報いたいからだ。このユニフォームを着て、戦えることができて光栄だ」 「カーズ・ジーンズ・スタディオンでファンの方と会えることを楽しみにしている。素晴らしい夜をたくさん過ごしたいと思う」 2020.08.05 10:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ビジャレアルがコクラン獲得に動く! 18億円のオファーを掲示か?

ビジャレアルがバレンシアに所属するフランス人MFフランシス・コクラン(29)の獲得に動いているようだ。スペイン『Cadena COPE』が報じている。 プロデビューを飾ったアーセナルで公式戦160試合に出場していたコクランは、2018年1月に4年半契約でバレンシアに完全移籍。直近2シーズン連続でラ・リーガ25試合以上に出場するなど、主力として活躍している。 だが、財政問題を抱えるバレンシアは今夏の移籍市場で数選手の売却が必要となっており、来シーズンから指揮を執るハビ・グラシア監督の構想外と見られる同選手を売りに出すことを考慮しているようだ。 一方、ビジャレアルは元々ピボーテの選手層が薄く、加えてキャプテンを務めていた元スペイン代表MFブルーノ・ソリアーノが現役を引退したこともあり、同ポジションの補強が急務となっている。 そういった中、来シーズンから指揮を執るウナイ・エメリ監督は、アーセナル、バレンシアと自身の古巣に在籍しているフランス人MFの獲得を希望しているという。 そして、ビジャレアルはコクラン獲得に向け、1500万ユーロ(約18億7000万円)のオファーを掲示しているようだ。 2020.08.04 16:56 Tue
twitterfacebook

順位表




得点ランキング