セビージャ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
4 セビージャ 77 24 5 9 53 33 20 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.05.23
28:00
ラ・リーガ
第38節
セビージャ 1 - 0 アラベス
2021.05.16
25:30
ラ・リーガ
第37節
ビジャレアル 4 - 0 セビージャ
2021.05.12
26:00
ラ・リーガ
第36節
セビージャ 1 - 0 バレンシア
2021.05.09
28:00
ラ・リーガ
第35節
レアル・マドリー 2 - 2 セビージャ
2021.05.03
28:00
ラ・リーガ
第34節
セビージャ 0 - 1 アスレティック・ビルバオ
基本データ

正式名称:セビージャFC

原語表記:Sevilla Futbol Club

愛称:セビジスタス、rojiblancos(レッド&ホワイツ)

創立:1905年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

引退はまだまだ先! ヘスス・ナバスが現役続行の意志を明らかに「40歳? できればそれ以上」

セビージャのスペイン代表DFヘスス・ナバスがもうしばらくの現役続行へ強い意欲を示した。スペイン『アス』が伝えている。 16歳の頃からセビージャで過ごし、2013年から2017年にかけてのマンチェスター・シティ移籍を除いて通算14シーズンを過ごしているヘスス・ナバス。セビージャでは歴代1位となる公式戦563試合に出場しており、35歳となった昨季もリーグ戦34試合に出場するなど、第一線で活躍を続けている。 4カ月後には36歳となるが、ヘスス・ナバスに引退の考えはない模様。セビージャとの契約は残り3年だが、『アス』のインタビューで40歳をこえても現役を続けるという強い意志を示した。 「いつ引退するか分からない。40歳? できればそれ以上現役でいたいね。僕は一日一日にフォーカスしているんだ。それが最も重要なことだからね。できれば一日中サッカー漬けがいいよ」 「引退の年齢を定めたくはないんだ。3年以上、できればもっと現役でいたいと思っている。トレーニングもいつも楽しいし、これからもそうあり続けると思う」 ヘスス・ナバスはまた、先のユーロ2020でメンバーに選ばれなかった悔しさも明らかに。今は2022年のワールドカップを目指しているようだ。 「そうだね、かなり落ち込んだよ。とても楽しみにしていたからね。今はカタール・ワールドカップでプレーしたいと思っているけど、それはルイス・エンリケ次第だね」 「代表チームは最高の場所だし、セビージャで上手くやっていれば、そこにいられると思っているよ」 2021.07.27 19:37 Tue
twitterfacebook
thumb

フリーのJ・ボアテング、セビージャと交渉中

フリーとなっている元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(32)がセビージャと交渉中のようだ。ドイツ『Sport1』が報じている。 今夏の契約満了に伴い、バイエルンを退団したJ・ボアテング。2011年7月に加入し公式戦354試合に出場。8度のブンデスリーガ優勝や2度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝に貢献した。 新天地を巡ってはプレミアリーグからセリエAまで多くのオファーが来ているとされているが、フィオレンティーナやローマ、ラツィオらイタリア勢、加えてカタール方面との交渉は実現しなかった模様。 最新の情報ではセビージャと交渉を始めたとのこと。本人の希望はCLに出場するクラブへの移籍のため、セビージャはお眼鏡に敵う候補と見られているようだ。 なお、J・ボアテングは先日に代理を務めていたコンサルティング会社との契約を解消。現在はベルリンに住む古くからの友人に代理人を任せているという。 2021.07.27 14:50 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズとセビージャのトレード完了! ブライアン・ヒルがロンドン、ラメラがアンダルシアへ

トッテナムとセビージャは26日、元アルゼンチン代表MFエリク・ラメラ(29)と、U-24スペイン代表FWブライアン・ヒル(20)のトレード成立を発表した。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、トッテナムはブライアン・ヒル獲得に向けて、ラメラの譲渡と共に2500万ユーロ(約32億2000万円)+各種インセンティブを支払うことになるという。 セビージャのカンテラ出身のブライアン・ヒルは、左右のウイングを主戦場とする左利きの気鋭のアタッカー。優れたアジリティ、足元の技術に加えて、クロスやラストパスの精度にも優れる次代のラ・ロハを担うドリブラーだ。 昨シーズンはレンタル先のエイバルでラ・リーガ29試合に出場し、4ゴール3アシストを記録。また、今年初めにはバルセロナからの関心も伝えられていた。 現在、U-24スペイン代表として東京オリンピックに参戦中の20歳は、同大会後に国際移籍証明書の取得を前提にトッテナムと2026年までの5年契約にサインする予定だ。 一方、2013年にローマからトッテナムに加入したラメラはここまで公式戦257試合に出場し、37ゴール47アシストを記録。昨シーズンは公式戦35試合に出場し、4ゴール1アシストの数字を残していたが、筋肉系に慢性的な問題を抱えており、現行契約が2022年までとなっていることから、今夏の放出候補の一人にも挙がっていた。 なお、すでにセビージャ入りし、メディカルチェックをパスしたラメラは2024年までの3年契約にサイン。背番号は「17」に決定している。 2021.07.26 21:36 Mon
twitterfacebook
thumb

ラメラとブライアン・ヒルのトレードが迫る、すでに個人間合意と報道

トッテナムの元アルゼンチン代表MFエリク・ラメラ(29)と、セビージャのU-24スペイン代表MFブライアン・ヒル(20)のトレード移籍が迫っているようだ。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によって報じられたこの取引。トッテナムはブライアン・ヒル獲得に向けて、ラメラの譲渡と共に2500万ユーロ(約32億2000万円)+各種インセンティブのオファーを掲示し、セビージャ側もこれを受け入れる可能性が高いとされていた。 今回スペイン『マルカ』が伝えた続報によれば、ラメラはすでにセビージャのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるモンチ氏と会談を行い、3年契約で加入することに合意した模様。あとはクラブ間での契約締結を待つだけという状況であり、取引が成立し次第、すぐにセビージャのキャンプへと合流する運びだ。 2013年にローマからトッテナムに加入したラメラは、ここまで公式戦257試合に出場し37ゴール47アシストを記録。昨シーズンは公式戦35試合に出場し4ゴール1アシストの数字を残していた。しかし、慢性的な筋肉系の問題を抱えており、現行契約が2022年夏までとなっていることから、今夏の放出候補の一人にも挙がっている。 一方のブライアン・ヒルは、優れたアジリティ、足元の技術を持つセビージャのカンテラ出身のウィンガー。昨シーズンはレンタル先のエイバルでラ・リーガ29試合に出場し、4ゴール3アシストを記録していた。なお、現在はU-24スペイン代表として東京オリンピックに参戦中である。 2021.07.26 11:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ラキティッチ、C・ロナウドにユベントス加入を勧められていた

セビージャの元クロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドにユベントス加入を勧められていた過去を明かした。クロアチア『24sata』のインタビューで明かしている。 ラキティッチは当時を振り返り、以下のように述べた。 「2019年の夏、クリスティアーノが電話をかけてきてユーベに移籍することを勧めてきたんだ。彼はクラブも僕の獲得を望んでいると言っていたけど、移籍は成立しなかったんだ。当時、バルセロナは5000万ユーロの移籍金を要求していたからね。それは高すぎたんだよ」 ユベントス移籍が実現しなかったラキティッチは1年後、古巣のセビージャに150万ユーロの移籍金で復帰していた。 2021.07.21 00:50 Wed
twitterfacebook

順位表

得点ランキング