セビージャ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 セビージャ 55 16 7 11 59 42 17 34
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-28
21:00
リーガエスパニョーラ
第35節
ジローナ vs セビージャ
2019-05-03
28:00
リーガエスパニョーラ
第36節
セビージャ vs レガネス
2019-05-12
23:00
リーガエスパニョーラ
第37節
アトレティコ・マドリー vs セビージャ
2019-05-19
23:00
リーガエスパニョーラ
第38節
セビージャ vs アスレティック・ビルバオ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.25
26:30
リーガエスパニョーラ
第34節
セビージャ 5 - 0 ラージョ・バジェカーノ
2019.04.21
21:00
リーガエスパニョーラ
第33節
ヘタフェ 3 - 0 セビージャ
2019.04.13
27:45
リーガエスパニョーラ
第32節
セビージャ 3 - 2 レアル・ベティス
2019.04.07
23:15
リーガエスパニョーラ
第31節
バジャドリー 0 - 2 セビージャ
2019.04.04
26:30
リーガエスパニョーラ
第30節
セビージャ 2 - 0 アラベス
基本データ

正式名称:セビージャFC

原語表記:Sevilla Futbol Club

愛称:セビジスタス、rojiblancos(レッド&ホワイツ)

創立:1905年

ホームタウン:セビージャ

チームカラー:赤、白

関連ニュース
thumb

5発圧勝のセビージャが暫定4位浮上! ムニル2発に18歳FWブライアン・ヒルがプリメーラ初弾《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第34節、セビージャvsラージョが25日に行われ、ホームのセビージャが5-0で快勝した。 トップ4フィニッシュを目指す5位のセビージャと、残留を目指す19位のラージョによる一戦。前節、4位のヘタフェとの直接対決を0-3で落としたセビージャは、2戦ぶりの白星を目指してホームにラージョを迎えた。 ヘタフェ戦から出場停止のエスクデロに代えてプロメスを左サイドバックで起用するなど、攻撃的な布陣で臨んだセビージャは立ち上がりから相手を押し込む。開始7分にはボックス手前中央で得たFKを名手バネガが直接狙うが、枠の右上隅を捉えたシュートは相手GKの好守に遭う。 開始早々のゴールとはならなかったが、相手の3バックとウインバックの間のギャップを効果的に使いながら再三の決定機を作り出すセビージャ。しかし、いつでもゴールが奪えそうな状況ながらサラビア、フランコ・バスケス、ヘスス・ナバスと再三の絶好機をイージーなミスで逃し、結局ゴールレスで試合を折り返すことになった。 迎えた後半、失点こそ免れたものの再三のピンチを招いたラージョは前線を1枚削ってティトを投入し、4バックに変更。対して前半同様の布陣で臨んだホームチームは、後半に入って攻撃陣が決定力を取り戻す。 まずは55分、右サイドのサラビアからのサイドチェンジを左サイド深くで受けたムニルの落としからプロメスがロケ・メサとのワンツーでボックス内に持ち込んでシュートを放つ。一度は相手GKのセーブに遭うが、こぼれ球を再びプロメスが左足ボレーでゴールネットに蹴り込んだ。 後半早い時間帯に先手を奪ったセビージャは前半の鬱憤を晴らすかのような畳み掛ける攻めを見せる。57分には右サイドのサラビアからの折り返しをゴール左でワントラップしたムニルがファーポストにボレーで蹴り込んで追加点を奪取。続く62分にはフランコ・バスケスのスルーパスに抜け出したベン・イェデルのシュートのこぼれ球を再びムニルが冷静にゴールへ流し込み、ドブレーテを達成した。 なおも攻撃の手を緩めないセビージャは69分、ムニルの浮き球スルーパスに抜け出したイェデルがボックス外に飛び出したGKを寸前のところでかわして無人のゴールへ流し込む。当初、オフサイドの判定が下されたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、判定が覆り決定的な4点目となった。 このゴールで勝利を確信したカパロス監督は70分を過ぎてフランコ・バスケス、ヘスス・ナバス、ムニルを続けて下げて試合をクローズにかかる。その後、86分には途中出場の18歳FWブライアン・ヒルにも嬉しいプリメーラ初ゴールが生まれ、後半に攻撃陣が爆発したセビージャが前節の大敗を払拭する5-0の快勝をみせ、暫定ながら4位に返り咲いている。 2019.04.26 04:27 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャのモンチSD、カパロス監督の来季続投を示唆「彼とより多くの時間を共有したい」

セビージャのモンチSD(スポーツディレクター)は、チームを率いるホアキン・カパロス監督(63)の来季続投を示唆した。スペイン『マルカ』が伝えている。 セビージャは、3月に成績不振によりパブロ・マチン前監督を解任。その後任に昨シーズン途中にも暫定監督を務めたフットボールディレクターのカパロス氏を監督に昇格させた。 カパロス監督就任後、セビージャはリーグ戦6試合で4勝を挙げるなどチームの立て直しに成功。現在6位に位置しているチームは、ヘタフェ、バレンシア、アラベスとの熾烈な4位争いを繰り広げている。 この活躍を受け、モンチSDは『マルカ』で指揮官の去就について以下のように話している。 「我々の指揮官はホアキン・カパロスだ。私たちはセビージャでたくさんの素晴らしい瞬間を共有してきた。そして私は彼とより多くの時間を共有したいと考えている」 また、来季の指揮官候補の一人とされているヘタフェのホセ・ボルダラス監督について聞かれると以下のように否定した。 「ホセ・ボルダラス?彼は優秀な監督の一人だが、我々から彼に連絡することは絶対にありえないね」 2019.04.23 00:06 Tue
twitterfacebook
thumb

柴崎が17試合ぶり出場のヘタフェ、セビージャとのCL出場権争い制して4位浮上!《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第33節、ヘタフェvsセビージャが21日に行われ、3-0でヘタフェが快勝した。なお、ヘタフェのMF柴崎岳は先発出場し、61分までプレーした。 直近3試合負けなしの5位ヘタフェ(勝ち点51)と、3連勝中の4位セビージャ(勝ち点52)による、トップ4フィニッシュを懸けたライバル同士の直接対決。 前節、降格圏に沈むバジャドリー戦を相手に数的不利を背負いながら試合終了間際のPKによるゴールで劇的な2-2のドローに持ち込んだヘタフェ。奇跡のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて重要なセビージャ戦に向けては、昨年12月の第16節レアル・ソシエダ戦以来、プレー機会がなかった柴崎が17試合ぶりにスタメンに抜擢された。 注目の上位対決は立ち上がりから拮抗した展開に。その中で右サイドハーフとしてスタートした柴崎は積極的にスペースに飛び出す動きをみせ、プレースキッカーを担うなどモチベーション高くプレー。さらに15分過ぎにはマタとサイドを入れ替えて左サイドにポジションを移す。 一方、やや様子見の入りとなったセビージャだが、時間の経過と共に個の力で相手ゴールに迫る。22分にはボックス中央で相手のクリアに反応したフランコ・バスケスが左足のボレーシュートを放つが、これはクロスバーを掠める。続く26分にはベン・イェデルが強烈な右足のシュートでGKソリアにファインセーブを強いる。 前半半ばを過ぎてセビージャの攻勢が続いていくかに思われたが、ここから試合の主役はラ・リーガで悪名高きマテウ・ラオス主審。32分にヘタフェのセットプレーの場面でバスケスのハンドを取ってホームチームにPKを与えると、これをキッカーのマタが冷静に決め切って35分にヘタフェが先制。 そして、この判定をキッカケに熱くなったセビージャの選手に対してカードの枚数が増えていくと、前半終了間際には試合の流れを大きく左右するアクシデントが発生する。 前半アディショナルタイム2分、相手陣内右サイドでのヘタフェのFKでキッカーの柴崎が浮き球のボールをボックス左のB・ゴンサレスに繋ぐと、この競り合いの場面でエスクデロが上げた腕にボールが当たる。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ヘタフェに2つ目のPKが与えられたところまでは良かったが、ラオス主審はすでに1枚警告を受けていたエスクデロに厳しい2枚目のカードを科して退場処分に。そして、このPKをモリーナが決めてホームのヘタフェが2点のリードと数的優位を手にした。 迎えた後半、前半半ばからの2トップの一角に近いポジションでプレーすることになった柴崎は再びゴールに絡む仕事を見せる。53分、右サイドでボールを持った柴崎が絶妙なスルーパスをマタに通すと、ボックス右でマタが折り返したボールをゴール前のモリーナがワンタッチで押し込み、試合を決定付ける3点目とした。 その後、74分にジェネの足裏がヘスス・ナバスのヒザに入ったプレーがVARの末に一発退場の判定となり、ヘタフェも10人の戦いとなった中、終盤にかけてもセビージャの反撃を許さずに3-0で快勝。ヘタフェがセビージャをかわしてCL圏内の4位に浮上している。 2019.04.21 23:20 Sun
twitterfacebook
thumb

セビージャ、アヤックスの司令塔ハキム・ジイェフ獲得に興味? モンチSDが長年注目

セビージャが、アヤックスに所属するモロッコ代表FWハキム・ジイェフ(26)獲得に動く可能性があるようだ。スペイン『El Desmarque』が伝えている。 卓越した左足のテクニックと創造性を武器に、“エールディビジ最高のテクニシャン”と評されるジイェフは昨シーズン、公式戦39試合9ゴール18アシストを記録。昨夏にはローマ移籍に迫るも、最終的には実現せず。残留した今シーズンもここまで公式戦42試合19ゴール20アシストと好成績を残しており、チャンピオンズリーグ(CL)ではクラブの快進撃を支えている。 そんなジイェフはセビージャが長年、注目している選手。スポーツディレクター(SD)を務めるモンチ氏が、ローマのSDに就任する2015年から当時、トゥベンテに在籍していた同選手に目をつけており、未だに関心を抱いている可能性があるという。 同メディアによると、ジィエフの市場価値は現在、3500万ユーロ(約44億円)。果たしてセビージャは、獲得に動くのだろうか。 2019.04.19 17:10 Fri
twitterfacebook
thumb

元ローマ指揮官ディ・フランチェスコ氏、セビージャ監督就任か

ディ・フランチェスコ氏のセビージャ監督就任が近づいているようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の情報をもとに伝えている。 2017年6月にローマの監督に就任したティ・フランチェスコ氏は同シーズン、セリエAで3位に入ると、チャンピオンズリーグ(CL)では準々決勝でバルセロナを下す快進撃を見せ、1983-84シーズン以来のベスト4進出に導いた。しかし、今シーズンは主力の放出と世代交代を図る過渡期の中で序盤から低迷し、2019年3月に解任。現在はフリーとなっている。 そんな中、今回伝えられるところによると、ディ・フランチェスコ氏は現在、セビージャに滞在。4月14日に行われたリーガエスパニョーラ第32節のベティス戦も視察に訪れ、2017年から2019年3月までローマで共に働いていたモンチSD(スポーツディレクター)と会談を行ったという。 その一方で、スペイン『ムンド・デポルティボ』では、セビージャが今シーズンに来シーズンのCL出場権を確保した場合、続投することが有力だとも報じられている。 2019.04.19 15:00 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング