レアル・ソシエダ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 レアル・ソシエダ 23 7 2 1 21 4 17 10
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-11-26
29:00
EL グループF
第4節
AZ vs レアル・ソシエダ
2020-11-29
29:00
ラ・リーガ
第11節
レアル・ソシエダ vs ビジャレアル
2020-12-03
29:00
EL グループF
第5節
レアル・ソシエダ vs リエカ
2020-12-06
29:00
ラ・リーガ
第12節
アラベス vs レアル・ソシエダ
2020-12-10
26:55
EL グループF
第6節
ナポリ vs レアル・ソシエダ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.11.22
24:15
ラ・リーガ
第10節
カディス 0 - 1 レアル・ソシエダ
2020.11.08
24:15
ラ・リーガ
第9節
レアル・ソシエダ 2 - 0 グラナダ
2020.11.05
26:55
EL グループF
第3節
レアル・ソシエダ 1 - 0 AZ
2020.11.01
24:00
ラ・リーガ
第8節
セルタ 1 - 4 レアル・ソシエダ
2020.10.29
29:00
EL グループF
第2節
レアル・ソシエダ 0 - 1 ナポリ
基本データ

正式名称:レアル・ソシエダ

原語表記:Real Sociedad de Futbol

愛称:ラ・レアル、レアル、チュリ・ウルディン、エレアラ

創立:1909年

ホームタウン:サン・セバスティアン

チームカラー:青、白

関連ニュース
thumb

ナポリとソシエダが2勝目、AZ菅原は出番なし《EL》

ナポリは5日、ヨーロッパリーグ(EL)グループF第3節でリエカとのアウェイ戦に臨み、2-1で逆転勝利した。 前節レアル・ソシエダに敵地で勝利し1勝1敗としたナポリは[4-3-3]で臨み、3トップには右からポリターノ、ペターニャ、メルテンスと並べた。 2連敗スタートのリエカに対し、カウンターで牽制されたナポリは13分に失点する。カウンターを受けた流れからムリッチにコントロールシュートを決められた。 その後もボールこそ持つものの攻めあぐねていたナポリだったが、43分に追いついた。ボックス左のメルテンスのクロスをゴール前に詰めていたデンメが押し込んだ。 1-1で迎えた後半、開始4分に右ポスト直撃のシュートを浴びてひやりとしたナポリは60分にインシーニェとファビアン・ルイスを投入。 すると62分に逆転する。マリオ・ルイの左クロスが相手DFのオウンゴールを誘った。逆転して以降はポゼッションして試合をコントロールしたナポリが2-1のまま勝利。2勝1敗としている。 また、グループF第3節のもう一試合、レアル・ソシエダvsAZは1-0でソシエダが勝利した。AZのDF菅原由勢はベンチ入りも出場機会はなかった。 シルバやオヤルサバルが先発したソシエダが攻勢に出る展開が続いた中、ゴールレスで迎えた後半、58分に試合を動かす。シルバがボックス左のオヤルサバルにパスをつなぎ、最後はクロスをポルトゥが蹴り込んだ。 これが決勝点となってソシエダが勝利。ナポリ、AZと共に2勝目を挙げている。 リエカ 1-2 ナポリ 【リエカ】 ムリッチ(前13) 【ナポリ】 デンメ(前43) OG(後17) レアル・ソシエダ 1-0 AZ 【レアル・ソシエダ】 ポルトゥ(後13) 2020.11.06 04:50 Fri
twitterfacebook
thumb

ソシエダ戦で負傷交代のインシーニェ、太もものケガで再離脱か…

ナポリのイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが2~3週間戦線を離脱する可能性があるようだ。イタリア『Il Mattino』が報じている。 インシーニェは29日にアウェイで行われたヨーロッパリーグ(EL)グループF第2節のレアル・ソシエダ戦に先発。しかし、22分に足を痛めてしまい、メキシコ代表FWイルビング・ロサーノとの交代でピッチを後にしていた。 ナポリを率いるジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、試合後のインタビューで「ロレンツォは前回感じたほどの痛みではないと言っていたので、重傷でないことを願っている」と、インシーニェの症状についてコメントしていた。 『Il Mattino』によれば、インシーニェは太ももを痛めた可能性があり、同箇所のケガが確認された場合は2~3週間の離脱になるとのことだ。 なお、インシーニェは先月行われたセリエA第2節のジェノア戦(6-0で勝利)でも左太ももを負傷しており、その後3試合を欠場していた。 2020.10.31 01:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ポリターノ弾のナポリが敵地でソシエダに勝利!菅原のAZが2連勝スタート《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループF第2節、レアル・ソシエダvsナポリが29日に行われ、0-1でナポリが勝利した。 開幕節でリエカに勝利したソシエダとAZに敗れたナポリの好カード。 共に[4-3-3]で臨んだ中、ソシエダは3トップに右からポルトゥ、イサク、オヤルサバルと並べ、ナポリは3トップに右からポリターノ、ペターニャ、インシーニェと並べた。 互角の攻防で立ち上がった中まずは7分、ナポリにチャンス。GKレミロのパスミスを拾ったインシーニェがボックス左から際どいコントロールシュートを浴びせた。しかし22分、そのインシーニェが足を負傷しロサーノとの交代を強いられる。 ソシエダは24分、ゴール前に飛び込んだメリノが際どいヘディングシュートを浴びせてナポリを牽制。前半半ば以降は膠着状態が続き、互いにチャンスを生めずにゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半も慎重な展開で推移していたが、ナポリが55分に均衡を破った。右サイドからカットインしたポリターノが左足を振り抜くと、強烈なシュートがDFに当たってコースが変わりネットを揺らした。 失点を受けて前がかるソシエダは、オシムヘンとメルテンスを投入してきたナポリに対し、66分に同点のチャンス。だが、シルバを起点にポルトゥが決定的なシュートを浴びせるも、GKオスピナのファインセーブに阻まれた。 その後、ウィリアン・ジョゼ投入して攻撃に変化を付けにかかったソシエダは、78分にオヤルサバルがボックス左から際どいシュートを浴びせたが、自陣に引いたナポリからゴールを割れずに敗戦。ソシエダとナポリが共に1勝1敗スタートとなっている。 また、グループF第2節のもう一試合、DF菅原由勢の所属するAZがリエカをホームに迎えた一戦は、4-1でAZが圧勝。菅原はベンチ入りも出場機会はなかった。AZは2連勝スタートとなっている。 レアル・ソシエダ 0-1 ナポリ 【ナポリ】 ポリターノ(後10) AZ 4-1 リエカ 【AZ】 コープマイネルス(前6)【PK】 グズムンドソン(前20) カールション(後6) グズムンドソン(後15) 【リエカ】 クレノビッチ(後27) 2020.10.30 06:57 Fri
twitterfacebook
thumb

マキシ・ゴメス弾で逃げ切ったバレンシアが暫定首位浮上!ソシエダは今季初黒星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第4節のレアル・ソシエダvsバレンシアが29日に行われ、0-1でバレンシアが勝利した。 ここまで1勝2分けで3位のソシエダが、1勝1敗1分けで5位のバレンシアをホームに迎えた一戦。前節エルチェに快勝したソシエダは、その試合から先発メンバーを4人変更。オヤルサバルやポルトゥらに代えてヤヌザイやバレネチェアらを起用。古巣対決となるシルバも先発に名を連ねている。 一方、前節FW岡崎慎司の所属するウエスカと1-1の引き分けに終わったバレンシアは、先発メンバーを5人変更。ゴンサロ・ゲデスやマヌ・バジェホらに代えてイ・ガンインやティエリ・コレイアらが先発で起用した。 立ち上がりからボールの主導権を握るソシエダは13分、シルバのパスで左サイドを抜け出したバレネチェアのクロスをゴール前のイサクがスコーピオンキックで狙うもシュートは枠の上に外れた。 対するバレンシアは28分、ショートコーナーの流れからミドルサード中央でパスを受けたヴァスがロングシュート。このシュートはゴール右隅を捉えたが、GKレミロの好セーブに阻まれた。 ゴールレスで迎えた後半、ソシエダはバレネチェアを下げてオヤルサバルを投入。すると55分、メリノのパスを受けたオヤルサバルがボックス左から侵入しシュートを放ったが、これはGKジャウメがセーブ。 膠着状態が続く中、ソシエダは67分にシルバやヤヌザイ、イサクらを下げて ウィリアン・ジョゼやポルトゥ、ゲバラらを投入。5枚の交代カードを使い切った。一方のバレンシアは、70分にイ・ガンインを下げてガメイロをピッチに送り出した。 この交代で先にチャンスを迎えたのはソシエダ。74分、右サイドを抜け出したゴロサベルがマイナスの折り返しを入れると、ジェイソンのブロックしたこぼれ球をボックス内のオヤルサバルがダイレクトシュート。しかし、これはジェイソンの背中に当たりゴール左に外れた ピンチを凌いだバレンシアは75分、ヴァスのサイドチェンジで左サイドを抜け出したガヤの折り返しをゴール前に走り込んだマキシ・ゴメスが流し込み、待望の先制点を奪った。 このまま試合終了かと思われたが、アディショナルタイムにドラマが待っていた。ソシエダは95分、オヤルサバルの左クロスをボックス右のメリノが頭で折り返すと、ゴール前に詰めたエルストンドに当たったボールを最後はル・ノルマンが押し込んだ。 しかし、VARのレビューの結果、エルストンドの腕にボールが当たっておりハンドの判定でゴールは取り消された。結局、試合は0-1でバレンシアが勝利した。 2020.09.30 04:15 Wed
twitterfacebook
thumb

リーズがスペイン代表DFジョレンテをレアル・ソシエダから完全移籍で獲得

リーズ・ユナイテッドは24日、レアル・ソシエダのスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 移籍金は非公開となっており、契約期間は2024年夏までの4年間となる。背番号は「14」に決定した。 レアル・マドリーの下部組織出身のジョレンテは、2015年7月にマドリーのファーストチームへ昇格。その後、ラージョ・バジェカーノ、マラガへのレンタル移籍を経て、2017年7月にソシエダへと完全移籍した。なお、マドリーでは公式戦3試合の出場に留まっていた。 ソシエダでは公式戦88試合に出場し8ゴール2アシストを記録。2019-20シーズンはラ・リーガで29試合に出場し1ゴール2アシストを記録し、守備の要としてチームを支えた。 今シーズンも開幕節のレアル・バジャドリー戦に先発フル出場していた。 なお、スペイン『アス』によれば、契約解除金は5000万ユーロ(約61億4000万円)に設定されていたものの、移籍金は2000万ユーロ(約24億5000万円)になったとのことだ。 2020.09.24 22:45 Thu
twitterfacebook

順位表




得点ランキング