レアル・ソシエダ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 レアル・ソシエダ 45 12 9 5 43 21 22 26
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-03-14
24:15
ラ・リーガ
第27節
グラナダ vs レアル・ソシエダ
2021-03-21
29:00
ラ・リーガ
第28節
レアル・ソシエダ vs バルセロナ

ラ・リーガ
第38節
オサスナ vs レアル・ソシエダ

ラ・リーガ
第36節
アトレティコ・マドリー vs レアル・ソシエダ

ラ・リーガ
第35節
レアル・ソシエダ vs エルチェ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.03.07
26:30
ラ・リーガ
第26節
レアル・ソシエダ 1 - 0 レバンテ
2021.03.01
29:00
ラ・リーガ
第25節
レアル・マドリー 1 - 1 レアル・ソシエダ
2021.02.25
29:00
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド32・2ndレグ
マンチェスター・ユナイテッド 0 - 0 レアル・ソシエダ
2021.02.21
24:15
ラ・リーガ
第24節
レアル・ソシエダ 4 - 0 アラベス
2021.02.18
26:55
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
ラウンド32・1stレグ
レアル・ソシエダ 0 - 4 マンチェスター・ユナイテッド
基本データ

正式名称:レアル・ソシエダ

原語表記:Real Sociedad de Futbol

愛称:ラ・レアル、レアル、チュリ・ウルディン、エレアラ

創立:1909年

ホームタウン:サン・セバスティアン

チームカラー:青、白

関連ニュース
thumb

ダービー控えるレアル・マドリー、敗戦免れるもソシエダに痛いドロー《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第25節、レアル・マドリーvsレアル・ソシエダが1日に行われ、1-1で引き分けた。 前節バジャドリー戦を制し、リーグ戦4連勝中の暫定3位レアル・マドリー(勝ち点52)は、前日の試合を勝利した首位アトレティコ・マドリーを6ポイント差で追う中、5日前に敵地で行われたチャンピオンズリーグのアタランタ戦を1-0で先勝。その試合のスタメンからヴィニシウスに代えてマリアーノのみを変更し、3トップに右からアセンシオ、マリアーノ、イスコと並べた。そしてベンチには負傷明けのバルベルデ、ロドリゴ、マルセロ、オドリオソラが入った。 一方、マンチェスター・ユナイテッドの前にヨーロッパリーグ敗退に終わった5位ソシエダ(勝ち点41)は、メリーノとイジャラメンディが負傷欠場となった中、シルバやオヤルサバル、イサクら主力がスタメンとなった。 ほぼ互角のポゼッションで立ち上がっていった中、レアル・マドリーが22分に最初の決定機を迎える。ボックス右に侵入したL・バスケスの柔らかいクロスをファーサイドのマリアーノがヘッドで合わせたが、バーに直撃した。 レアル・マドリーが徐々にペースを引き寄せる中、続く35分にはクロースがドリブルシュートでゴールに迫れば、44分にはモドリッチが強烈なミドルシュートを浴びせるもGKレミナにセーブされ、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半、ソシエダが良い入りを見せた中、55分に先制する。左サイドからのモンレアルのアーリークロスをファーサイドのポルトゥがヘッドで合わせた。 失点を受け、レアル・マドリーは前線の3枚を変更。ヴィニシウス、ロドリゴ、ウーゴ・ドゥロを投入した。 63分にはショートコーナーからカゼミロが決定的なヘディングシュートを放ったレアル・マドリーだったが、思うように攻撃を展開できず、76分にはモドリッチに代えてバルベルデを投入。 すると84分にバルベルデとのパス交換からロドリゴが決定的なシュートに持ち込むと、89分に追いついた。L・バスケスの右クロスをヴィニシウスが蹴り込んだ。 しかし反撃はここまで。次節マドリード・ダービーを控える中、消化試合が一試合少ないアトレティコとの勝ち点差を5に広げられている。 2021.03.02 06:56 Tue
twitterfacebook
thumb

アトレティコとバルサに続きたいジダン、ソシエダを侮らず 「彼らは素晴らしいチーム」

レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督が1日に行われるラ・リーガ第25節のレアル・ソシエダ戦に向けて意気込みを語った。スペイン『マルカ』が報じている。 スペイン代表DFセルヒオ・ラモスを筆頭に故障者が相次ぎ、戦力が揃わないレアル・マドリーだが、目下4連勝中。優勝争いを演じるアトレティコ・マドリーやバルセロナが今節を揃って勝利で飾るなか、5位の難敵ソシエダをホームに迎え撃つ。 首位アトレティコ・マドリーに6ポイント差をつけられ、バルセロナにも暫定ながら2位の座を奪われての一戦となるジダン監督は会見で、先のヨーロッパリーグ(EL)で敗退が決まった一方で、リーグ戦3連勝中のソシエダに警戒心を強めた。 「彼らは素晴らしいチームであり、非常によくやっている。しっかりとプレーしてくるよね。我々はピッチ上でこれまでの戦いをしなければならない。しかも、改善を続けながらだ」 ここ公式戦5試合を全勝で切り抜け、批判的だった周囲を黙らせるフランス人指揮官はまた、これまでも何度か難しい時期から乗り越えてみせる歩みについても言及。危機的な状況に陥っても、それを好転させる力がチームにあると主張した。 「それこそ私のチームだ。我々は大きな困難に直面したり、批判に晒されているときに真価を発揮する術を知っている」 「シーズン中に大変なこともあるが、必ず良いこともある。先はまだまだ長い。まだ何も勝ち取ったわけじゃないのだ」 なお、やや試合に関する話から脱線するが、最近になり、両者の歩み寄りが報じられるセルヒオ・ラモスとの契約延長問題についても問われると、言葉少なに返した。 「いつも同じ質問をしてくるよね。解決してもらいたい。それだけさ。我々は明日に試合がある」 2021.03.01 20:20 Mon
twitterfacebook
thumb

19本目でキャリア初のPK失敗…S・ラモスに続くスペインのPK職人って誰?

これまで数多くのサッカー選手がプレーしてきたが、“PK職人”と言われたら誰を思い浮かべるだろうか。 Jリーグでは、一時は“コロコロPK”で驚異的な成功率を残したジュビロ磐田の元日本代表MF遠藤保仁や、一度も失敗したことがない浦和レッズの元日本代表MF阿部勇樹がその筆頭かもしれない。 スペインでは、レアル・マドリーのDFセルヒオ・ラモスが2020年11月まで25回連続で成功するなど、PKの名手として知られているが、レアル・ソシエダに所属するFWミケル・オヤルサバルもこれまでのキャリアで全18本のPKをすべて成功させてきた。 今シーズンもすでに7本のPKを成功させていたオヤルサバルだったが、25日に行われたヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグのマンチェスター・ユナイテッド戦でのPKを枠の左上に大きく外してしまい、ついにその連続成功記録が途切れることとなってしまった。 オヤルサバルはタイミングをずらすジャンプを駆使してPKを蹴るが、同様の蹴り方をするマンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスの前で成功することは叶わなかった。 <div id="cws_ad">◆名手オヤルサバルのキックはあらぬ方向へ…<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Real Sociedad&#39;s Mikel Oyarzabal skipped up to take a penalty like Bruno Fernandes...<br><br>But his effort wasn&#39;t even close <a href="https://t.co/QZ99b4lpIk">pic.twitter.com/QZ99b4lpIk</a></p>&mdash; Goal (@goal) <a href="https://twitter.com/goal/status/1365033652225253378?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.02.27 10:30 Sat
twitterfacebook
thumb

古巣OTでEL敗退のときを迎えたヤヌザイ「僕らはよくやった」

レアル・ソシエダのベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイが前を向いた。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』が伝えている。 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦でマンチェスター・ユナイテッドと激突したソシエダ。先の1stレグで0-4の先勝を許して、25日に敵地での2ndレグに挑んだ。 しかし、巻き返しを狙っての2ndレグは0-0のドロー。12分に獲得したPKのチャンスを不意にして、反撃の糸口を見いだせす、ベスト32での敗退が決定してしまった。 2試合ともに先発したものの、不発に終わったヤヌザイ。試合後、悔しさを滲ませつつ、今後の戦いにシフトした。 「僕らはよくやった。いつくかゴールを決められたかもしれない。もっと良い戦いができたかもしれないが、そうできなかった。これからは他にフォーカスしていかないとね」 「PKのチャンスがあって、得点できたかもしれなかった。(ゴールを決めたら、)状況も変わったかもしれない。常に難しい状況だったね。今は前に進んでいく必要がある」 また、かつてユナイテッドの次代を担う逸材とうたわれたベルギー人アタッカーは古巣オールド・トラフォードでのプレーを振り返っている。 「オールド・トラフォードに戻ってこれたのは素晴らしいこと。ここでプレーした記憶は常にある。僕にとって、特別なことだ」 2021.02.26 08:45 Fri
twitterfacebook
thumb

1stレグの大量リードを生かしたユナイテッドがソシエダを退けて余裕の勝ち上がり《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32・2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッドvsレアル・ソシエダが25日に行われ、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコア4-0でユナイテッドがベスト16進出を決めている。 1週間前に中立地で行われた1stレグを4-0と完勝していたユナイテッドは3日後にチェルシー戦を控える中、ラッシュフォードやマグワイア、GKデ・ヘアにショーらがベンチスタートとなった以外は主力を起用した。 4日後にレアル・マドリー戦を控えるソシエダに対し、最前線にマルシャル、2列目に右からグリーンウッド、ブルーノ・フェルナンデス、ダニエル・ジェームズと並べたユナイテッドは12分にPKを献上する。 ダニエル・ジェームズがボックス内に侵入してきたゴロサベルを倒してしまった。しかし、キッカーのオヤルサバルは枠の左上に大きく外してしまう。 その後、ややバタついたユナイテッドだったが、徐々に押し込む展開とすると、24分にはブルーノ・フェルナンデスがバー直撃のコントロールシュートを放つ。 さらに36分、ダニエル・ジェームズがヘディングシュートでGKを強襲したユナイテッドが主導権を握った中、0-0のままハーフタイムに入った。 迎えた後半、ブルーノ・フェルナンデス、ワン=ビサカ、フレッジに代え、ラッシュフォード、B・ウィリアムズ、トゥアンゼベを投入したユナイテッドは開始3分にラッシュフォードの直接FKでゴールに迫るも、直後にFKの流れからサニャンのヘディングシュートがバーに直撃するピンチを迎える。 それでも56分にB・ウィリアムズがドリブルシュートで牽制したユナイテッドは、59分に負傷したダニエル・ジェームズに代えてアマド・ディアロを投入。 63分には左CKからトゥアンゼベのヘディングシュートが決まったかに思われたが、その前にリンデロフにファウルがあったとしてVARの末にノーゴールに覆った。 終盤にかけては流し気味にプレーした中、ユナイテッドが0-0で試合を終わらせ、1stレグの大量リードを生かしてベスト16進出を決めている。 2021.02.26 06:58 Fri
twitterfacebook

順位表

得点ランキング