レアル・ソシエダ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
9 レアル・ソシエダ 50 13 11 14 45 46 -1 38
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.05.18
23:15
リーガエスパニョーラ
第38節
エスパニョール 2 - 0 レアル・ソシエダ
2019.05.12
25:30
リーガエスパニョーラ
第37節
レアル・ソシエダ 3 - 1 レアル・マドリー
2019.05.04
25:30
リーガエスパニョーラ
第36節
アラベス 0 - 1 レアル・ソシエダ
2019.04.28
23:15
リーガエスパニョーラ
第35節
レアル・ソシエダ 2 - 1 ヘタフェ
2019.04.25
27:30
リーガエスパニョーラ
第34節
レアル・ソシエダ 0 - 1 ビジャレアル
基本データ

正式名称:レアル・ソシエダ

原語表記:Real Sociedad de Futbol

愛称:ラ・レアル、レアル、チュリ・ウルディン、エレアラ

創立:1909年

ホームタウン:サン・セバスティアン

チームカラー:青、白

関連ニュース
thumb

覇気なしマドリーが“ラ・レアル”に屈辱のシーズンダブル献上…ディアス初弾もバジェホ退場響く…《リーガエスパニョーラ》

リーガエスパニョーラ第37節、レアル・ソシエダvsレアル・マドリーが12日にアノエタで行われ、ホームのソシエダが3-1で勝利した。 前節、マリアーノのドブレーテでビジャレアルに競り勝ったものの、モチベーションの欠如で体たらくが続く3位のマドリー。ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得にわずかながら可能性を残すソシエダとのアウェイゲームに向けては負傷明けのベンゼマが3試合ぶりの先発復帰を果たし、アセンシオ、ディアスと3トップを組んだ。 試合は開始早々にマドリーがゴールをこじ開ける。6分、左サイド深くでベンゼマからパスを受けたディアスがボディバランスを生かした強引な仕掛けからゴール左に侵入し、右足のシュートをファーポストに流し込み、待望のリーガ初ゴールを記録した。 しかし、このリードにも主導権を掴み切れないアウェイチームはすぐさまソシエダの反撃に晒されると、21分には相手のカウンターからオヤルサバルにゴールネットを揺らされるが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、その前のプレーで微妙な判定ながらオフサイドが認められてノーゴールに。 だが、直後の26分には中央を簡単に割られてウィリアン・ジョゼのフリックからゴール前に抜け出したメリノに同点ゴールを献上する。さらに、流れが悪いマドリーは39分、ゴールで相手の決定的なシュートをDFバジェホが手を使って防いでしまい、PK献上と共に決定機阻止によるレッドカードで退場に。このPKはウィリアン・ジョゼのシュートをGKクルトワがキャッチして難を逃れたが、数的不利を背負って後半45分を戦うことになった。 迎えた後半、劣勢の入りとなったマドリーは56分にイスコを下げてモドリッチを投入する。だが、直後の57分にはルベン・パルドからの絶妙なフィードに反応したサルドゥアにボックス内でマルセロがあっさりと競り負けると、GKクルトワのスリップも重なって距離のあるヘディングシュートがゴールに吸い込まれ、逆転を許した。 数的不利に加えてビハインドまで負ったマドリーは67分にもオヤルサバルの左ポスト直撃のシュートのこぼれ球をバレネチェアに流し込まれて痛恨の3失点目を喫する。何とか維持を見せたい中、ルーカス・バスケス、ヴィニシウスとフレッシュなアタッカーを投入していくが、なかなか攻め手を見いだせず、4失点目を凌ぐのが精いっぱいの状況に。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ソシエダに屈辱のシーズンダブルを許したマドリーは、今季11敗目を喫すると共に3位フィニッシュが決定した。 2019.05.13 04:06 Mon
twitterfacebook
thumb

シャビ・アロンソ氏、15年ぶりに古巣ソシエダ帰還か

シャビ・アロンソ氏(37)にレアル・ソシエダ下部組織の指揮官就任の可能性が浮上している。スペイン『マルカ』が伝えた。 現役時代、正確無比なキックセンスと展開力を武器に“パスマスター”として世界に名を轟かせたシャビ・アロンソ氏。2016-17シーズンを最後に現役を退くと、監督ライセンス取得の2018年から古巣レアル・マドリーで監督業をスタートさせており、現在率いる下部組織のインファンティルA(13~14歳)を就任初年度からリーグ優勝に導いた。 そんな同氏は、マドリーのフベニールA(U-19チーム)の指揮官就任のオファーを受け取っている模様。しかし、ソシエダのヨキン・アペリバイ会長との良好な関係から、自身もソシエダに復帰することを望んでいるという。 ソシエダは、シャビ・アロンソ氏が現役時代、プロキャリアをスタートさせたクラブ。もし復帰となれば、15年ぶりの帰還となる。 2019.05.10 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ、テオ・エルナンデスの獲得を熱望!

ナポリが、レアル・マドリーからレアル・ソシエダにレンタル移籍しているU-21フランス代表DFテオ・エルナンデス(21)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ナポリを指揮するカルロ・アンチェロッティ監督は、ポルトガル代表DFマリオ・ルイのパフォーマンスに満足していない模様。さらに、長期離脱明けのアルジェリア代表DFファウジ・グラムの状態がなかなか上がってこないこともあって左サイドバックの獲得を望んでいるようだ。 そこで、アンチェロッティ監督はテオに白羽の矢を立てているようだ。獲得に向けてイタリア人指揮官は同選手と会談を行い、ファーストチョイスになることを約束したという。だが、ナポリの他にプレミアリーグの複数クラブが、テオの獲得に興味を示しているとのことだ。 アトレティコ・マドリーの下部組織で育ったテオは、両クラブ間で設定されている、互いの選手を直接引き抜かないという“紳士協定”を破る形で2017年夏にマドリー入り。今シーズンは、経験を積ませるべくソシエダにローン移籍に出されると、ここまで公式戦28試合に出場している。 ただ、マドリーではブラジル代表DFマルセロの残留が決定的でバックアッパーには今季台頭したスペイン人DFセルヒオ・レギロンがいることもあり、仮にテオが復帰したとしても出場機会を得ることは難しい状況だ。 2019.05.09 20:05 Thu
twitterfacebook
thumb

乾欠場のアラベス、後半猛攻もソシエダに敗戦で8戦未勝利《リーガエスパニョーラ》

アラベスは4日、リーガエスパニョーラ第36節でソシエダと対戦し、0-1で敗れた。 かろうじて来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得の可能性を残す8位アラベス(勝ち点47)。同じくチャンピオンズリーグ出場を目指すビルバオとの前節の一戦は1-1の痛み分けに。乾は途中出場から2度のチャンスに絡んだ。今節のスタメンは前節と全く同じ11人。乾はベンチスタートとなった。 試合はどちらも一歩も引かない拮抗した展開に。支配率はソシエダだが、アラベスも効率よく攻撃を仕掛け、15分までのシュート数では上回る。そんな中、15分ごろにベンチに座っていた乾が急遽ドレッシングルームに戻る姿が映され、片足を引きずっている様子だった。 乾の出場が心配される中、アラベスは失点を許してしまう。24分、中盤でボールを奪われると、ボールはソシエダの右サイドに張っていたウィリアン・ジョゼへ。ウィリアン・ジョゼはサイドから中にスライドし、ボックス手前から右足でシュートを選択。するとこれがチモ・ナバーロに当たってゴールイン。不運な形で先制点を奪われてしまった。 30分過ぎにアラベスは3回いい形でゴール前に攻め込んだがシュートを打つことができない。結局、前半は枠内シュート1本に留まった。 両チームは後半頭に一人ずつ選手交代。すると少しずつ攻勢を強めるアラベスは59分、右サイドへの大きな展開からジョニーのクロスをカジェリがヘディングシュート。枠内に飛んだシュートだったが、GKルジに阻まれた。 その後は一進一退の攻防に。互いにシュート数を重ねていく中で、77分にソシエダのルベン・パルドがボックスの外からミドルシュートでGKを強襲。GKパチェコは何とか外に弾きだした。 後半に攻勢を強めたアラベスだったが、結局17本のシュートはどれもネットを揺らすことができず試合終了。これでリーグ戦8試合勝ち未勝利、負傷疑惑の乾にも出番はなかった。 2019.05.05 03:30 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎フル出場のヘタフェ、6戦ぶり敗戦で後続のセビージャ&バレンシアを突き離せず《リーガエスパニョーラ》

ヘタフェは28日、リーガエスパニョーラ第35節でレアル・ソシエダとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗戦した。ヘタフェのMF柴崎岳はフル出場している。 3日前に行われた前節レアル・マドリー戦を0-0で引き分けたチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内ぎりぎりに位置する4位ヘタフェ(勝ち点55)は、5位セビージャに勝ち点で並ばれた中、柴崎が2試合ぶりにスタメンとなった。 11位ソシエダ(勝ち点41)に対し、柴崎がフラットな[4-4-2]の右MFでスタートしたヘタフェは、4分にピンチ。サンガリにディフェンスライン裏を取られてゴールエリア右から決定的なシュートを許したが、GKソリアがファインセーブで阻止した。 その後も守勢に回ったヘタフェは、17分にもピンチ。オヤルサバルにボックス左まで侵入され、GKソリアを強襲された。すると直後、VARの末にPKを献上してしまう。CKの流れからジェネがメリノを倒したプレーがPKと判定された。これをウィリアム・ジョゼに決められ、ヘタフェは先制されてしまった。 その後も攻撃の形がないヘタフェが押し込まれる状況が続くと、ハーフタイムにかけても全くチャンスを作れず。44分にはDFのミケルに代えてストライカーのモリーナを投入した中、前半を1点のビハインドで終えた。 迎えた後半からウーゴ・ドゥロに代えてアンヘルを投入したヘタフェが前がかる入りとなった中、53分に加点される。ウィリアム・ジョゼの右クロスをオヤルサバルにボレーで決められた。 2点を追う展開となったヘタフェは柴崎を中盤センターに移行して反撃を狙うと68分、マタがボレーでゴールに迫るもGKルジの好守に阻まれる。ここからヘタフェの攻勢が強まったが、74分にマタがボックス内でGKルジに倒されたプレーはPKを取ってもらえず。 結局、終盤の89分にボックス左のサイスがコントロールシュートを蹴り込んで1点を返したヘタフェだったが、反撃はここまで。6試合ぶりの敗戦を喫し、後続のセビージャ、バレンシアとの勝ち点差を広げることはできなかった。 2019.04.29 01:12 Mon
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング