スポルティング・リスボン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 スポルティング・リスボン 12 4 0 2 11 7 4 6
基本データ

正式名称:スポルティングCP

原語表記:Sporting Clube de Portugal

愛称:Leoes、Verde-e-Brancos、Lagartos

ホームタウン:リスボン

チームカラー:緑・白

関連ニュース
thumb

チルウェル売却のレスター、スポルティングの逸材DFに興味か 違約金以下での獲得も可能?

レスター・シティがスポルティング・リスボンに所属するU-21ポルトガル代表DFヌーノ・メンデス(18)に興味を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 スポルティングの生え抜きであるメンデスは、昨シーズン終盤戦に頭角を現した左サイドのスペシャリスト。新型コロナウイルスによる中断明けの6月にトップチームデビューを果たすと、瞬く間にレギュラーポジションを確保し、今季もここまで公式戦全9試合に先発出場している。 情報によると、メンデスには4000万ポンド(約55億2000万円)のバイアウト条項があるものの、コロナによる財政難からより安価での売却を検討せざるを得ない状況に瀕している模様。そこにレスターをはじめ、多くのプレミアリーグクラブが注目しているようだ。 レスターは、今夏にDFベン・チルウェルをチェルシーに引き抜かれ、代わりに左サイドバックでも起用可能な右利きのDFティモシー・カスターニュを獲得。DFクリスティアン・フックスやDFルーク・トーマスらも左サイドバックをカバーできるが、今季は3バックをメインに採用している。その中で首位につけているため、危機的状況というわけでもないが、ポルトガルで評価を高める逸材の動向には引き続き観察を続ける模様だ。 一方で、スポルティングは売却額を引き上げるためにメンデスとの契約更新を準備しているとの情報もあり、予算次第で新たなFWの獲得も考慮しているというブレンダン・ロジャーズ監督がどう動くか注目だ。 2020.11.18 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

元アトレティコのFWビエットが昨季ACL王者アル・ヒラルに完全移籍!

サウジアラビアのアル・ヒラルは25日、スポルティング・リスボンからアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエット(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 母国のラシン・クラブでプロキャリアをスタートし、2014年に加入したビジャレアルでリーグ戦12ゴールを挙げてブレイクしたストライカーのビエット。その翌年に2000万ユーロでアトレティコ・マドリーへステップアップを果たしたが、思うような活躍を見せられず。 以降、セビージャ、バレンシア、フルアムへレンタル移籍を繰り返し、昨年夏にスポルティングに完全移籍していた。そのスポルティングでは昨シーズンの公式戦35試合で8ゴール5アシストの数字を残していた。 ビエットの新天地となるアル・ヒラルは昨シーズンのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の優勝チームで、元イタリア代表FWセバスティアン・ジョヴィンコ、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミス、ペルー代表FWアンドレ・カリージョ、元韓国代表DFチャン・ヒョンスが在籍している。 なお、連覇が期待された今季のACLでは新型コロナウイルスの影響により、UAEのアル・アハリ戦で大会規則に定められた選手数を揃えることができず、グループステージ敗退の処分を科されていた。 2020.10.26 23:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ジョアン・マリオ、古巣スポルティングに復帰!買取OPはなし

スポルティング・リスボンは6日、インテルに所属するポルトガル代表MFジョアン・マリオ(27)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。買い取りオプションは付いていない。 11歳でスポルティング・リスボンの下部組織入団したジョアン・マリオは、Bチーム昇格前の2011年にトップチームデビュー。その後、2014年に正式にトップチーム昇格を果たすと、公式戦93試合に出場し14ゴール18アシストを記録した。 その後、ポルトガル代表の一員としてユーロ制覇した2016年の夏にインテルへ完全移籍。背番号「10」が割り当てられるなど、大きな期待を受けての加入だったが期待に応えることができず、2017-18シーズンはウェストハムにレンタル移籍。 2018-19シーズンはインテルに復帰しセリエAで20試合に出場したが、昨夏に就任したアントニオ・コンテ新監督の構想外となり、昨年8月にロコモティフ・モスクワへレンタル移籍。公式戦22試合に出場し1ゴール6アシストをマークしたが、新型コロナウイするによる経営悪化などもあり、買取オプションは行使されなかった。 今夏にインテルへ復帰したジョアン・マリオだが、今季もコンテ監督の構想外となっており、開幕プロデビューを飾ったスポルティングで再起を図ることになった。 2020.10.07 06:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ゼニト、スポルティングからU-23ブラジル代表MFウェンデウを完全移籍で獲得!

ゼニトは6日、スポルティング・リスボンに所属するU-23ブラジル代表MFウェンデウ(23)を完全移籍で獲得した。契約期間は2025年6月30日までとなる。 なお、移籍金の詳細は明かされていないが、イタリア『Tuttomercatoweb』によれば移籍金は2000万ユーロ(約25億円)とのことだ。 フルミネンセの下部組織出身のウェンデウは、2017年4月にトップチームデビューを飾ると、ボランチを主戦場に公式戦41試合に出場し6ゴール2アシストをマークした。バルセロナなど錚々たるビッグクラブの関心を集めた同選手には、一時パリ・サンジェルマン(PSG)との合意報道がなされていたが、2018年1月にスポルティングへ完全移籍。 5年半契約で加入したスポルティングでは、同年3月のリオ・アヴェ戦で初出場すると、これまで在籍2年半で公式戦79試合に出場し6ゴール8アシストを記録。今季もここまで3試合に出場していた。 また、2019年6月に初招集されたU-23ブラジル代表では、これまで5試合に出場。2019年10月に行われたU-23日本代表との親善試合にも先発出場していた。 2020.10.06 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘタフェ、スポルティングからマリ代表FWディアビをレンタルで獲得!

ヘタフェは5日、スポルティング・リスボンからマリ代表FWアブドゥレイ・ディアビ(29)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年で、契約には買い取りオプションが付随している。 フランスのスダンでプロキャリアをスタートさせたディアビは、その後ベルギーへ。2015年からクラブ・ブルージュに3シーズン所属し、2度のリーグタイトル獲得を経験。2017-18シーズンには34試合に出場し、15ゴール4アシストを記録するなど主軸として活躍した。 2018年の夏にスポルティングへ移籍し、ここでもカップタイトル獲得に貢献している。2019-20シーズンは、ベシクタシュにレンタル移籍し、スュペル・リグで31試合に出場し5ゴール2アシストを記録していた。 ヘタフェはディアビと同時に、アトレティコ・マドリーからFWビクトル・モジェホをレンタルで獲得したことも発表。移籍市場が閉まる直前に、積極的な動きを見せた。 2020.10.06 10:50 Tue
twitterfacebook

順位表




得点ランキング