スポルティング・リスボン

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 スポルティング・リスボン 12 4 0 2 11 7 4 6
基本データ

正式名称:スポルティングCP

原語表記:Sporting Clube de Portugal

愛称:Leoes、Verde-e-Brancos、Lagartos

ホームタウン:リスボン

チームカラー:緑・白

関連ニュース
thumb

セビージャがアルゼンチン代表MFアクーニャを獲得!

セビージャは14日、スポルティング・リスボンのアルゼンチン代表MFマルコス・アクーニャ(28)の獲得を発表した。契約期間は2024年6月までの4年間で、移籍金はポルトガル『A Bola』によれば1050万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額1250万ユーロ(約15億7000万円)とのことだ。 アルゼンチン代表としてこれまで27試合に出場しているアクーニャはサイドハーフ、サイドバック、ウイングバックと左サイドの全ポジションでプレー可能なレフティー。母国のラシンで台頭し、2017年夏にスポルティングに加入して以降、公式戦135試合に出場し、9ゴール25アシストの数字を残していた。 セビージャでは昨季、レアル・マドリーからレンタルで加入し、主力として活躍していたDFセルヒオ・レギロンの買い取りが難航しており、その後釜としてもアクーニャは期待される。 2020.09.15 01:00 Tue
twitterfacebook
thumb

セビージャがアルゼンチン代表MFアクーニャ獲得へ! 経験豊富な左サイドのスペシャリスト

セビージャがスポルティング・リスボンのアルゼンチン代表MFマルコス・アクーニャ(28)の獲得に迫っているようだ。ポルトガル『A Bola』が報じている。 母国のラシンで台頭したアクーニャは、2017年夏にスポルティングに加入。サイドハーフ、サイドバック、、ウイングバックと左サイドの全ポジションでプレー可能なレフティーは、ここまで公式戦135試合に出場し、9ゴール25アシストの数字を残している。 さらに、2016年12月に飾ったアルゼンチン代表では、ここまで27試合に出場している実力者だ。 『A Bola』が伝えるところによれば、セビージャはそのアクーニャに対して、1050万ユーロ+ボーナス200万ユーロの総額1250万ユーロ(約15億7000万円)の条件でクラブ間での合意に達したという。また、選手サイドとは4年契約で合意に達している模様だ。 前述のように左サイドの複数ポジションをこなす攻撃的なサイドアタッカーに関しては、買い取りが難航するレアル・マドリーDFセルヒオ・レギロンの後釜としても、2列目の攻撃オプションとも有用な補強になりそうだ。 2020.09.13 17:36 Sun
twitterfacebook
thumb

EL王者セビージャ、レギロンの後釜にスポルティングのアクーニャ獲得へ!

セビージャが、スポルティング・リスボンのアルゼンチン代表MFマルコス・アクーニャ(28)の獲得に近づいているようだ。ポルトガル『レコルド』が伝えている。 フレン・ロペテギ監督が就任した昨季のセビージャは、ラ・リーガ4位、ヨーロッパリーグ(EL)優勝という華々しい成績を収めた。その躍進の立役者の一人であるスペイン代表DFセルヒオ・レギロンはレアル・マドリーからのローン選手で、クラブが完全移籍を目指すも退団が濃厚となっている。 そこで後釜として注目しているのがアクーニャだ。アルゼンチン代表で27キャップを数える同選手は、2017年夏に母国のラシン・クラブからスポルティングに加入。元々サイドハーフやウイングを得意とする選手だったが、スポルティングでは左サイドバックを主戦場に出場数を重ねている。昨季はプリメイラ・リーガで24試合に出場し2ゴール1アシストを記録した。 『レコルド』によれば、セビージャがスポルティングが要求する1500万ユーロ(約18億8100万円)に迫る金額を用意している模様。なお、一方でローマやラツィオも獲得に関心を示していると言われている。 2020.08.29 15:37 Sat
twitterfacebook
thumb

アラベス、スポルティングから元アルゼンチン代表MFバッタリアをレンタルで獲得

アラベスは27日、スポルティング・リスボンから元アルゼンチン代表MFロドリゴ・バッタリア(29)をレンタル移籍で獲得した。契約期間は1年間となる。 バッタリアは187cmの恵まれた体躯と強靭なフィジカルコンタクトを売りとする守備的MF。母国のウラカンやラシン・クラブ、ブラガを経て2017年の夏にスポルティングに完全移籍で加入すると、移籍初年度から絶対的な主力として公式戦57試合に出場。 しかし、2018-19シーズンにヒザの前十字じん帯断裂の重傷で長期離脱を強いられると、昨シーズンもヒザのケガにより前半戦をほぼ欠場し、公式戦20試合の出場にとどまっていた。 また、2011年のU-20ワールドカップで初めて世代別のアルゼンチン代表に選出されたバッタリアは、2018年9月にフル代表デビューを飾っている。 2020.08.28 03:03 Fri
twitterfacebook
thumb

アトレティコ退団のGKアダン、新天地はスポルティング・リスボンに決定

スポルティング・リスボンは20日、スペイン人GKアントニオ・アダン(33)の獲得を発表した。1年間の延長オプションが付いた2年契約での加入となる。 アダンはレアル・マドリーでプロデビュー後、カリアリ、ベティスを経て、2018年に2年契約でアトレティコ・マドリー入り。スロベニア代表GKヤン・オブラクの2ndGKとして、公式戦7試合に出場した。 同日にアトレティコ・マドリーからも契約満了による退団が発表され、スポルティング・リスボンにフリーで加わるアダンはクラブ公式サイトで喜びの心境を語っている。 「すごくハッピーだ。アトレティコでチャンピオンズリーグ(CL)を終えて、ポルトガルで長い歴史を持つこの素晴らしいクラブに加わりたいと思った。その一員になれて、すごく嬉しい」 2020.08.21 08:15 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング