ポルト

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 ポルト 10 3 1 2 8 9 -1 6
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.13
28:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
準々決勝2ndレグ
チェルシー 0 - 1 ポルト
2021.04.07
28:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
準々決勝1stレグ
ポルト 0 - 2 チェルシー
2021.03.09
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・2ndレグ
ユベントス 3 - 2 ポルト
2021.02.17
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
ラウンド16・1stレグ
ポルト 2 - 1 ユベントス
2020.12.09
29:00
UEFAチャンピオンズリーグ グループC
第6節
オリンピアコス 0 - 2 ポルト
基本データ

正式名称:FCポルト

原語表記:FC Porto

ホームタウン:ポルト

チームカラー:青 白

関連ニュース
thumb

2020-21シーズンのUEFA最優秀ゴールはポルトのイラン代表FWタレミの圧巻バイシクルに!

欧州サッカー連盟(UEFA)は29日、2020-21シーズンの最優秀ゴール賞(Goal of the Season)を発表した。 今回の対象は2020-21シーズンのUEFA主催大会において決まったゴールで最終候補には10個のファインゴールが選出されていた。 『UEFA.com』の一般ファン投票によって選出された2020-21シーズン最高のゴールは、ポルトのイラン代表FWメフディ・タレミがチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのチェルシー戦で決めたバイシクルシュートとなった。 このゴールはポルトが2戦合計0-2のスコアで迎えた94分、右サイド深くでDFナヌが上げたクロスをファーサイドのタレミが右足のバイシクルシュート。これがゴール右隅の完璧なコースに決まったものだった。 チームを逆転突破に導くゴールとはならなかったものの、タレミのゴールは約30%の投票を獲得し、文句なしの最優秀ゴールとなった。 また、次点はイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェがユーロ2020準々決勝のベルギー代表戦で決めたミドルシュート、3位にはレンジャーズのイングランド人FWケマル・ルーフェがヨーロッパリーグ(EL)グループステージのスタンダール・リエージュ戦で決めたロングシュートとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】欧州王者に一矢報いるスーペルゴラッソ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> The UEFA Goal of the Season winner!<br><br> Congratulations, <a href="https://twitter.com/MehdiTaremi9?ref_src=twsrc%5Etfw">@MehdiTaremi9</a>!</p>&mdash; UEFA (@UEFA) <a href="https://twitter.com/UEFA/status/1420666067957997569?ref_src=twsrc%5Etfw">July 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.29 20:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトとローマのPSMで乱闘騒ぎ! ペペがムヒタリアンに悪質プレー…

ポルトとローマのプレシーズンマッチで乱闘騒ぎが起こった。 現在、ポルトガル遠征中のローマは28日、ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣であるポルトとのプレシーズンマッチに臨んだ。 ユーロ2020、コパ・アメリカ2021に参加していた一部メンバーを除き、共に主力クラスを起用した真剣度が高い一戦では、プレシーズン連勝中のローマが試合を通して安定したパフォーマンスを披露。前半に迎えた幾度かのピンチはGKルイ・パトリシオの好守で凌ぎ、後半立ち上がりの56分にはMFニコロ・ザニオーロの右CKをDFジャンルカ・マンチーニが頭で合わせて先制に成功した。 一方、試合終盤にかけて攻勢を強めたポルトは89分にボックス内でのFWエヴァニウソンの身体を張ったマイナスの落としに反応したMFヴィティーニャが右足のシュートを左隅へ突き刺し、土壇場で1-1のドローに持ち込んだ。 “モウリーニョ・ダービー”とも冠せられた一戦は強度の高い好ゲームとなったが、フレンドリーマッチらしからぬ乱闘騒ぎも発生した。 その乱闘騒ぎを引き起こしたのが、フットボール界屈指の武闘派として知られるポルトのポルトガル代表DFペペ。 この試合の64分にハーフウェイライン付近でパスを受けたローマのアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンに対して、ペペは後方で味方が対応にあたっていたにも関わらず、猛スプリントで身体をぶつける。その際に左腕を不必要に振り上げると、肘がムヒタリアンの顔面に直撃。 このラフプレーに激高したムヒタリアンは倒れ込んだ際に、足でペペを蹴り上げようとしたことで、両者は一気に臨戦態勢に。そのまま近くにいた味方、ベンチまで巻き込む小競り合いに発展した。 怒りが収まらないムヒタリアンをスタッフやチームメイトがすぐさまベンチサイドに引き離したことで、それ以上の混乱を招くことはなかったが、イエローカードを掲示されたムヒタリアンはそのままベンチに下げられることに。 一方、主審は小競り合いの原因となったペペに対してはお咎めなしという驚きの判断を見せていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ペペは38歳も武闘派は健在…</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">We finally have guys on the ground<a href="https://t.co/e8oCiqcyci">pic.twitter.com/e8oCiqcyci</a></p>&mdash; ASRomaComps (@roma_comps) <a href="https://twitter.com/roma_comps/status/1420484938638495748?ref_src=twsrc%5Etfw">July 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.07.29 19:16 Thu
twitterfacebook
thumb

アラベス、ポルトMFママドゥ・ルムをレンタルで獲得

アラベスは23日、ポルトのセネガル代表MFママドゥ・ルム(24)を1年間のレンタルで獲得したことを発表した。 2019年冬にブラガからレンタルでポルトに加入したセントラルMFのママドゥ・ルム。ただ、ポルトではポジションを奪いきれず、在籍2年半で公式戦23試合の出場に留まっていた。 昨季ラ・リーガ16位に終わったアラベスは今夏、ニューカッスルからフランス人DFフローラン・ルジューヌらを獲得している。 2021.07.24 00:20 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルト、リバプールからグルイッチを再レンタル! 「ファンからの愛情を無視できなかった」

ポルトは20日、リバプールからセルビア代表MFマルコ・グルイッチ(25)を買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。 再びエスタディオ・ド・ドラゴンに戻ることになったセルビア代表MFは、「ポルトに戻るためにできる限りのことをした」と、自身の希望がポルトでプレーすることだと改めて強調している。 「本当に嬉しいよ。ポルトに戻るためにできる限りのことをした。この日が来たことをとても嬉しく思うよ。クラブ間で合意に達し、ポルトに戻ることが僕にとって最も重要なことだったんだ。昨シーズンはここで素晴らしい時間を過ごしたからね」 「クラブとファンの間に素晴らしい雰囲気を感じていたんだ。もちろん、ポルトは素晴らしいクラブで、素晴らしい歴史と多くのトロフィーを獲得していることをよく理解している。ただ、 ポルトを離れたその日から、ファンから戻ってきてほしいというメッセージが届いたんだ。彼らはたくさんの愛情を示し、僕にたくさんのサポートを与えてくれた。それは僕にとって無視できないものだったんだ」 「僕らの最も大きな目標は、チャンピオンシップに勝つことだ。それがファンにとってどれほどの意味があるかはわかっているし、他のすべてのトロフィーのためにも戦うつもりだ。 まだシーズン前だけど、アルガルヴェに行き、シーズンを順調にスタートさせるために努力を続けていくよ」 2013年にセルビアの名門ツルヴェナ・ズヴェズダでプロデビューを果たしたグルイッチは、その後2016年にリバプールに加入。移籍後すぐにツルヴェナ・ズヴェズダにレンタルバックしたほか、カーディフ、ヘルタ・ベルリンとレンタル移籍を繰り返していた。 そのヘルタでの2年間の武者修行を通じて、190cmの恵まれた体躯を生かした空中戦、高いデュエル勝率という本来の持ち味に加え、展開力やポジショニングといった部分でも大きな成長を遂げた守備的MFは、昨夏にポルトへ1年間のレンタル移籍で加入していた。 そして、ポルトではパリ・サンジェルマンに旅立ったポルトガル代表MFダニーロ・ペレイラの後釜として39試合に出場し、2ゴールを挙げていた。 今夏の移籍市場ではイタリア代表MFマヌエル・ロカテッリの後釜としてサッスオーロが関心を示していたが、引き続きポルトガルの地でキャリアを継続することになった。 2021.07.20 19:52 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプール、ポルトMFオタビオに関心か グルイッチの去就次第で有利に?

リバプールが、ポルトのブラジル人MFオタビオ(26)に関心を示しているようだ。ポルトガル『O Jogo』が伝えている。 インテルナシオナルの下部組織出身のオタビオは卓越した戦術眼とテクニックを兼ね備え、トップ下から左右のサイドハーフまで幅広くこなせるユーティリティが魅力の万能型MF。昨季のポルトでは、左サイドハーフを主戦場に公式戦42試合に出場し、5ゴール12アシストの数字を残した。 同選手は3月に2025年夏まで契約を延長したばかりで、獲得を検討していたと言われるミランやレスター・シティを牽制。今夏の移籍の可能性もゼロに近いと予想されているが、鍵となるのが昨シーズンにリバプールからポルトへレンタル移籍したセルビア代表MFマルコ・グルイッチの存在だ。 伝えられるところでは、ポルトはグルイッチの完全移籍を望んでおり、リバプールはセルビア代表MFを絡めることで、オタビオの交渉を有利に進めようと計画しているようだ。なお、グルイッチは昨季公式戦41試合に出場した。 ユルゲン・クロップ監督が感銘を受けたとも言われており、リバプールはポルトと連絡を取り合っているようだ。 2021.07.02 19:12 Fri
twitterfacebook

順位表

得点ランキング