セレッソ大阪U-23

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 セレッソ大阪U-23 1 0 1 1 0 1 -1 2
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-07-11
19:00
明治安田生命J3リーグ
第3節
ロアッソ熊本 vs セレッソ大阪U-23
2020-07-15
19:00
明治安田生命J3リーグ
第4節
セレッソ大阪U-23 vs FC岐阜
2020-07-19
16:00
明治安田生命J3リーグ
第5節
FC今治 vs セレッソ大阪U-23
2020-07-25
18:00
明治安田生命J3リーグ
第6節
セレッソ大阪U-23 vs 鹿児島ユナイテッド
2020-07-29
19:00
明治安田生命J3リーグ
第7節
セレッソ大阪U-23 vs カマタマーレ讃岐
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.07.05
18:00
明治安田生命J3リーグ
第2節
ガンバ大阪U-23 0 - 0 セレッソ大阪U-23
2020.06.27
18:00
明治安田生命J3リーグ
第1節
セレッソ大阪U-23 0 - 1 ガイナーレ鳥取
基本データ

正式名称:セレッソ大阪U-23

原語表記:Cerezo Osaka U-23

ホームタウン:大阪市

チームカラー:ピンク

関連ニュース
thumb

C大阪のGK永石拓海が3月に一般女性と入籍、現在はケガで長期離脱中

セレッソ大阪は9日、GK永石拓海(24)の入籍を発表した。 クラブの発表によると、永石は3月に一般女性と入籍していたとのことだ。 永石はクラブを通じて「私事では有りますがこの度、入籍しました!!家族をしっかり支えていけるよう精一杯、頑張りたいと思います。これからも応援宜しくお願いします」とコメントしている。 永石は、福岡大学から2018年にC大阪へ入団。2019年はレノファ山口FCへと期限付き移籍していた。 また、永石は新型コロナウイルスに感染。復帰後の5月には右脛骨疲労骨折と診断され、全治4カ月と発表されていた。 2020.07.09 16:20 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪が7年ぶりの開幕3連勝! 奥埜&片山弾で清水に完封勝利《J1》

明治安田生命J1リーグ第3節のセレッソ大阪vs清水エスパルスが8日にヤンマースタジアム長居で行われ、2-0でC大阪が勝利した。 開幕2連勝を飾ったC大阪は2-1で勝利したガンバ大阪戦からスタメンを2名変更。柿谷が今季初スタメンとなり、瀬古がセンターバックの一角に入った。 一方、ピーター・クラモフスキー新監督の下、開幕連敗中の清水は1-2で敗れた名古屋グランパス戦から5名を入れ替え。前線を右からジュニオール・ドゥトラ、ティーラシン・デーンダー、西澤健太に一新したほか、六平を左サイドバックにチョイスし、ファン・ソッコが今季リーグ戦初出場を飾った。 好対照な両チームの一戦はC大阪ペースで進んでいく。15分にGK梅田のパスをカットした柿谷が、ボックス中央の都倉につなぐも、都倉のシュートは大きく枠を外す。その1分後にも右サイドを突破した坂元のクロスを奥埜が丁寧に落とし、都倉に再び絶好機が訪れるも、今度はDFのブロックにあった。 前半終盤にかけて攻勢を強めるC大阪は、前半アディショナルタイムに柿谷のパスを受けた丸橋がボックス左から低弾道のシュート放ったが、GKの正面に飛んでしまった。 ハーフタイム明け都倉に代えて、ブルーノ・メンデスを投入したC大阪に対して、後半序盤は清水がゴールに迫る場面が増える。57分、鈴木のパスを受けたボックス右の西澤がDFを1人かわしてから右足のコントールシュート。しかし、わずかに枠の左へ外れてしまう。 清水の粘りに苦戦していたC大阪だったが、71分にようやく攻略する。敵陣中央やや左でボールを受けた丸橋がドリブルで持ち運び、相手DFを引きつけてからダイアゴナルにパス。これを受けた奥埜がワントラップで前を向き、ゴール中央へ流し込んだ。 試合巧者ぶりを見せつけるC大阪は85分、ボックス中央で豊川が清武からのパスを受けると、トラップが流れてボールがこぼれる。これを拾った片山がボックス右から体をひねりながらもゴール右隅へ決め切り、途中出場3選手の絡みで清水を突き放した。 試合はこのまま終了し、2-0で勝利したC大阪が7年ぶりの開幕3連勝。一方、清水は開幕3連敗となっている。 セレッソ大阪 2-0 清水エスパルス 【C大阪】 奥埜博亮(後26) 片山瑛一(後40) 2020.07.08 20:37 Wed
twitterfacebook
thumb

C大阪のU-20日本代表MF西川潤が左大腿四頭筋筋損傷で全治4週間

セレッソ大阪は5日、U-20日本代表MF西川潤の負傷を発表した。 クラブの発表によると、西川は3日のトレーニング中に負傷。左大腿四頭筋筋損傷と診断され、全治4週間とのことだ。 西川は、桐光学園高校から今シーズン加入。YBCルヴァンカップとJ1リーグ第1節ではベンチ入りしていたが出場はなかった。 2020.07.05 22:50 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪がいきなりの大阪ダービー制す! 遠藤メモリアルのG大阪に丸橋1G1A《J1》

4日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第2節のガンバ大阪vsセレッソ大阪はアウェイのC大阪が2-1の勝利を飾った。 横浜F・マリノスとの開幕戦を制したG大阪は古傷の右足首に違和感を訴えた昌子のデビューが見送りとなり、3バックの一角に菅沼を起用。J1歴代最多出場記録更新の遠藤も入った中盤から井手口が外れ、倉田と矢島が先発した。一方、大分トリニータを破り、こちらも開幕白星発進のC大阪はブルーノ・メンデスや豊川、柿谷がベンチスタート。藤田がボランチの一角に入り、都倉と奥埜の2トップをチョイスした。 49回目となる大阪ダービーは観客不在のリモートマッチという異例の形でキックオフ。勝った方が開幕連勝スタートにもなる一戦は約4カ月ぶりの公式戦ということもあり、やや探り探りの時間帯も続いたが、徐々にG大阪がボールの主導権を握る展開となる。開始2分に左ウィングバックの藤春が上げたクロスにボックス内のアデミウソンがヘッド。GKキム・ジンヒョンにキャッチされてしまったが、幸先の良い入りをみせる。 C大阪の守備網を崩しにかかるG大阪は28分、バイタルエリア右からボックス右に仕掛けた宇佐美が右足でフィニッシュ。対面の木本にディフレクトしたボールがゴール方向に向かうが、惜しくも右ポストの外側を直撃してしまう。すると、続く32分にボールを持ち上がった清武が相手の守備網を掻い潜り、バイタルエリア中央に侵攻。清武からパスを受けた奥埜がボックス右で相手との接触で倒れるが、ノーファウルの判定となる。 だが、このまま前半終了の雰囲気も漂うなか、徐々にG大阪を押し込み返し始めたC大阪がスコアを動かす。前半アディショナル2分、細かいパスワークで相手守備網の目を中央に引き付けた流れから敵陣中央の清武が左サイドの高い位置でフリーの丸橋にボールを展開。左足ワンタッチで折り返したボールに奥埜が合わせると、これがゴール右に吸い込まれ、劣勢だったC大阪が先制に成功する。 前半終了間際の隙を突かれ、リードを許したG大阪だが、後半の入りから再び攻撃のギアを上げる。さらに、54分に遠藤と矢島を下げて井手口とパトリックを入れ、攻撃の変化を図ろうとするが、C大阪が追加点。57分から出場した片山の折り返しにファーサイドの清武にボールが入る。うまくトラップできず、シュート機を逸したが、後方に出したパスに反応した丸橋が左足の強烈なミドルシュートをゴール右に突き刺した。 シュートに持ち込むものの、ポストに弾かれたり、相手GKの正面を突くなどツキもなく、苦しい展開のG大阪だが、66分にバイタルエリア右から小野瀬が左足で放ったシュートがボックス内で倒れこみながら処理を試みた木本の手に当たり、PKのチャンスを獲得。このキッカーの名乗りを上げたアデミウソンがゴール右に沈め、1点差に詰め寄ると、69分に倉田を下げてG大阪加入後初出場の小野をピッチに送り込み、一気に追いつきにかかる。 勿体ない形でG大阪に反撃を許してしまったC大阪は引き続き守備の時間が続くなか、75分に清武と都倉を下げて、柿谷とブルーノ・メンデスを投入。G大阪が81分にJリーグデビューの山本と渡邉を送り出して、ベンチの攻撃陣を総動員するが、87分に奥埜と豊川の交代を施したC大阪が昨季J1最少失点の堅守を武器に凌ぎ続ける。結局、G大阪がC大阪にリーグ戦で2003年以来のホーム戦黒星。ダービーを制したC大阪が白星リスタートを飾り、開幕連勝に成功している。 ガンバ大阪 1-2 セレッソ大阪 【G大阪】 アデミウソン(後23) 【C大阪】 奥埜博亮(前45+2) 丸橋祐介(後17) 2020.07.04 20:01 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第2節:G大阪vsC大阪】いきなりの大阪ダービー、前例なきリモートマッチで開戦!

4日、2020シーズンの明治安田生命J1リーグが約4カ月の中断期間を経て再開する。 再開初戦でいきなり実現した“大阪ダービー”。開幕戦で昨季王者の横浜F・マリノスをアウェイで下したガンバ大阪が、開幕戦で大分トリニータをホームで下したセレッソ大阪を迎え撃つ。 【明治安田生命J1リーグ第2節】 2020年7月4日(土) 18:00キックオフ ガンバ大阪 vs セレッソ大阪 [パナソニック スタジアム 吹田] ◆昌子源は無理させず? 遠藤保仁はダービーで大記録達成なるか【ガンバ大阪】 昨シーズンの王者である横浜F・マリノスとの開幕戦で新たな試みのハイプレス戦術が見事にハマり、見事に2011年以来の白星スタートを切ったガンバ大阪。新型コロナウイルスによる活動休止から再始動後、6月1日から全体練習を再開させ、トレーニングマッチを含めて完全非公開で調整に尽力した。 中断期間は過密日程を視野に入れ、戦力の底上げなどをテーマに掲げて調整。キム・ヨングォンや菅沼駿哉、小野裕二らケガ人も続々と復帰したが、昌子源は古傷の右足首に違和感があり、デビューが見送られそうだ。しかし、再開初戦から大阪ダービーというだけに、どんな理由だろうと負けられない。 また、遠藤保仁が632試合出場のJ1新記録達成なら、より勝ちたい一戦になってくる。サポーターから直接の“圧”がないリモートマッチは痛手だが、リーグ戦におけるホームでのダービーは2003年以来無敗。その一戦に向けての注目は3バックで臨むのか、横浜FM戦と同じく4バックで挑むのかだ。宿敵を叩き、勢いをつけられるか。 ★予想スタメン GK:東口順昭 DF:菅沼駿哉、三浦弦太、キム・ヨングォン MF:小野瀬康介、遠藤保仁、藤春廣輝 MF:井手口陽介、倉田秋 FW:アデミウソン、宇佐美貴史 監督:宮本恒靖 ◆離脱者続々復帰! リーグ戦で15年以上勝ちなしの敵地攻略なるか【セレッソ大阪】 対して、セレッソ大阪は大分トリニータとの開幕ゲームを1-0で白星で飾り、G大阪と同じく白星スタート。公式戦でみると、2戦全勝発進での幕開けだっただけに、中断期間は喜ばしいものでなかったが、藤田直之や高木俊幸ら負傷離脱者が戻ってくるなど、戦力整備の面でプラスに働いた。 その中断中は6月1日から全体活動を再開させ、数試合のJクラブとのトレーニングマッチも実施。ほぼ離脱者がいない状況を鑑みれば、昨季から指揮を執り、戦術の浸透が進むミゲル・アンヘル・ロティーナ監督にとって、中断期間はさらなる成熟を促す時間として有意義なものになったはずだ。 ただ、再開初戦はリーグ戦で15年以上も勝てていないアウェイでのダービー。相手もそうだが、苦手克服に向けて、より試合感も大事になってきそうだ。スタメンは大幅な変更こそなさそうだが、変更点があるとすれば、柿谷曜一朗や豊川雄太、都倉賢らも凌ぎを削る攻撃陣。ダービーの通算対戦成績でも11勝8分け25敗と大きく負け越しているが、勝利でリスタートを切れるか。 ★予想スタメン GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、木本恭生、丸橋祐介 MF:レアンドロ・デサバト、藤田直之 MF:坂元達裕、清武弘嗣 FW:ブルーノ・メンデス、奥埜博亮 監督:ミゲル・アンヘル・ロティーナ 2020.07.03 21:45 Fri
twitterfacebook

順位表




得点ランキング