セレッソ大阪U-23

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 セレッソ大阪U-23 25 5 10 19 28 61 -33 34
基本データ

正式名称:セレッソ大阪U-23

原語表記:Cerezo Osaka U-23

ホームタウン:大阪市

チームカラー:ピンク

関連ニュース
thumb

今季一発目の大阪ダービー、C大阪先制も…G大阪が執念のドロー【明治安田J1第12節】

明治安田生命J1リーグ第12節の1試合が2日にヤンマースタジアム長居で催され、セレッソ大阪vsガンバ大阪は1-1のドローに終わった。 6位のC大阪は前節から3選手が入れ替わり、負傷明けの坂元とともに、初出場となるチアゴ、ダンクレーの新戦力を先発起用。デビューが待たれるアダム・タガートもベンチ入りした。一方、17位G大阪は2選手の変更を施して、矢島、黒川が先発。期待の新戦力であるウェリントン・シウバはベンチからも外れた。 緊急事態宣言下のため、リモートマッチ(無観客)で行われた一戦はダービーらしい互いの攻撃と攻撃がぶつかり合う立ち上がりに。そのなかで、オフサイドの判定で認められなかったものの、5分に坂元の浮き球パスから背後を抜けた大久保がゴールネットを揺らすなど、徐々にC大阪優勢が色濃くなる。 そのC大阪は9分、敵陣左サイドで獲得したFKのチャンスからファーサイドの大久保がクロスに右足ダイレクト。矢島がゴールネットを揺らした14分の場面をオフサイドの判定で凌ぐと、16分に敵陣左サイドで獲得したロングスローのチャンスから清武に決定機が巡るが、ここもGK東口が立ちはだかる。 20分にチーム最多5得点の大久保が左足を痛め、デビュー戦のアダム・タガートを思わぬ形で起用せざるを得なくなったC大阪だが、25分の数少ない決定的な場面をGKキム・ジンヒョンに阻まれたG大阪も34分に負傷の小野瀬とチアゴ・アウベスの交代を強いられ、ともにアクシデントに見舞われる。 そうしたなか、左サイドから豊川がクロスを上げた44分にボックス左で対応しようとした福田の右手にボールが当たり、VARオンフィールドレビューの対象に。その結果、PKのチャンスを獲得したC大阪だが、キッカーの豊川が放った右足のシュートは左ポストを叩いて、絶好機を逸してしまう。 助かったG大阪はそれを生かして巻き返したいところだったが、後半もC大阪が攻撃面での優位性を維持。そのなかで、63分に中島と加藤を投入すると、これがC大阪の先制に直結する。74分、バイタルエリア左の中島が右足を振り抜くと、ボールが相手に当たってコースが変わり、ゴールに決まった。 なかなかチャンスを作り出せないなか、追いかける展開を強いられたG大阪は75分に川崎、倉田、パトリックの3枚替えを決行。C大阪は豊川と新井の交代を施して逃げ切りを図るが、82分に昌子のシュートがボックス中央で対応しようとした加藤の腕に当たり、G大阪がPKのチャンスを獲得する。 決めれば同点のチャンスとなるキッカーはパトリック。右足で豪快にゴールマウスに叩き込み、G大阪が追いついた。結局、今季最初の大阪ダービーは1-1で終了。勝ち点1を分け合う結果に終わっている。 セレッソ大阪 1-1 ガンバ大阪 【C大阪】 中島元彦(後29) 【G大阪】 パトリック(後37) 2021.05.02 17:05 Sun
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第12節:C大阪vsG大阪】共に目指すは“勝利”のみ、無観客の大阪ダービーを制するのは

【明治安田生命J1リーグ第12節】 2021年5月2日(日) 15:00キックオフ セレッソ大阪(20pt/6位) vs ガンバ大阪(6pt/17位) [ヤンマースタジアム長居] 上位に食らいついていきたいC大阪と降格圏から脱出したいG大阪による“大阪ダービー”。 リモートマッチとなりスタジアムの熱量が上がりにくい中、互いに目指すのは“勝利”しかない。 ◆仕切り直しのゲーム、必勝を【セレッソ大阪】 前節は浦和レッズをホームに迎えて1-0で勝利を収めたC大阪。そこから2週間が空いての久々のゲームとなる。 連戦を乗り越えてきたチームとしては休養十分。選手たちのコンディションは全く問題ないだろう。さらに、ケガで離脱していたMF坂元達裕、MF原川力、DF瀬古歩夢も復帰に近づいており、仕切り直しにはもってこいのダービーとなった。 開幕からスタメンを固定してきたこともあり、4月にメンバーを入れ替えたことでチームのクオリティが一時的に低下。そのため結果がのでない試合も続いたが、一方で若手の成長と新戦力のフィットは促すことができたと言える。 惜しむらくは、このダービーが緊急事態宣言の影響でリモートマッチ(無観客試合)になったことだろう。異様な雰囲気で行われることが予想されるが、観客の有無に関わらず目指すのはただ1つ。“勝利”のみだ。 そしてレヴィー・クルピ監督にとっては古巣対決でもある一戦。攻撃で圧倒できるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、進藤亮佑、西尾隆矢、丸橋祐介 MF:坂元達裕、奥埜博亮、藤田直之、清武弘嗣 FW:大久保嘉人、豊川雄太 監督:レヴィー・クルピ ◆ダービーを浮上の契機とできるか【ガンバ大阪】 前節はアウェイでの名古屋グランパス戦で2-0と敗戦。今季初の複数失点を喫してしまい、降格圏からなかなか抜け出せない状況が続いている。 特に深刻さを増すのが攻撃陣だ。今シーズンはアウェイのサガン鳥栖戦で宇佐美貴史が決めた1天使か奪えておらず、試合数の関係もあるが当然のリーグワーストだ。 しかし、試合中に攻められていないというわけではない。決定機を迎えることは何度もあり、名古屋戦もチャンスはあったが、フィニッシュの精度が低く、ガンバらしさが全く見せられていない状況だ。 チーム内のクラスター発生もあったが、そろそろ復調をしなければいけないところ。その点では、このダービーをキッカケにしていきたいところだ。 次節は首位の川崎フロンターレ戦。そこに勢いを持って臨むためにも、まずは必勝でダービーに臨みたいところ。目玉補強のウェリントン・シウバも合流し登録可能となっているだけに、そろそろ攻撃陣の奮起に期待したい。 ★予想スタメン[4-2-3-1] GK:東口順昭 DF:福田湧矢、三浦弦太、昌子源、黒川圭介 MF:小野瀬康介、井手口陽介、チュ・セジョン、倉田秋 FW:宇佐美貴史、パトリック 監督:宮本恒靖 <span class="paragraph-title">【動画】今季最初の大阪ダービー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=trz4nt3dxsd51uel1x92oanqz" async></script> 2021.05.02 12:25 Sun
twitterfacebook
thumb

C大阪本拠で予定する今季初の大阪ダービー、無観客開催が決定…緊急事態宣言により

今季一発目の大阪ダービーはリモートマッチ(無観客試合)での開催が決まった。 政府は23日、25日から5月11日まで東京、大阪、京都、兵庫の4都府県を対象に緊急事態宣言を発出。セレッソ大阪は大阪府と大阪市の要請に基づき、5月2日にヤンマースタジアム長居で15時キックオフを予定する明治安田生命J1リーグ第12節のガンバ大阪戦を無観客で行うと発表した。 これを受けて、ヨドコウ桜スタジアムで開催を予定したパブリックビューイングも中止に。購入したチケットは払い戻しとなり、方法や期間などの詳細は決まり次第、公式サイト等で案内されるという。 2021.04.24 15:15 Sat
twitterfacebook
thumb

C大阪のクルピ監督が監督業復帰を母国メディアに語る「来ることを妨げるものは何もなかった」

セレッソ大阪のレヴィー・クルピ監督が、改めて監督業復帰について言及した。 インテルナシオナウやアトレチコ・ミネイロ、サンパウロなど数々の母国クラブを歴任してきたクルピ監督は、1997年に初めてC大阪の監督に就任した。 その後は2007年5月からの3年半と、2012年8月からの約1年半と通算3度率いることに。2度目の就任期間では、3年目にJ1昇格、翌年には昇格組にも関わらずJ1で3位に導き、2011年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)では準々決勝進出という好成績を収めていた。 その後はブラジルで指揮をした他、2018シーズンにはガンバ大阪でも指揮。しかし、成績不振によりシーズン途中に解任。その後、ブラジルで監督業からの引退を発表していた。 古巣から4度目のオファーが届いたクルピ監督は、引退していた監督業に復帰。その点について、ブラジル『バンド・スポーツ』でのインタビューで明かし、ブラジルではもう監督をしないと明言した。 「私は『もうフットボールの監督にはなりたくない』という声明を出し、引退した。ブラジルではもう仕事をしたくなかった」 「そこで日本から電話がかかってきた。私が来ることを妨げるものは何もなかったよ。私は幸せだったし、友人とも再会できた。監督へのリスペクトも違う。全てが好意的だよ」 「これが最後の年になるだろう。そして、それは日本でだ」 今シーズンはACLにも出場するC大阪。ここまで4位につけており、川崎フロンターレが独走しているタイトル争いにも絡んでいけるかに注目だ。 2021.04.23 12:25 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪のトップチーム選手1名が新型コロナ感染…日程に影響なし

セレッソ大阪は22日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたことを報告した。 伝えられるところによると、当該選手は20日に行ったPCR検査の結果、21日に陽性判定、同日病院でも陽性診断を受け、現在は自宅で静養し体調回復に努めているとのこと。19日の夕方から発熱の症状があったが、21日朝以降の発熱は確認されていないという。 これを受け、クラブでは21日午前にトップチーム全選手及びチーム関係者を対象にPCR検査を実施。予定していた練習を中止し、各自自宅待機とした。 そして、実施したPCR検査については同日夕方に全員の陰性が確認され、Jリーグのガイドラインで定められた基準における濃厚接触者もいないと判断されたため、22日からチーム活動を実施しているようだ。 C大阪では、今月初旬にもトップチーム選手1名、トップチーム関係者2名の感染が報告されており、その濃厚接触の疑いのあるレヴィー・クルピ監督が、数試合ベンチ入りできない状況が続いていた。 なお、一日の新規感染者が爆発的に増加している大阪では、22日も1242人の新規感染者が確認されている。 2021.04.22 19:10 Thu
twitterfacebook

順位表

得点ランキング