セレッソ大阪U-23

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
18 セレッソ大阪U-23 25 5 10 19 28 61 -33 34
基本データ

正式名称:セレッソ大阪U-23

原語表記:Cerezo Osaka U-23

ホームタウン:大阪市

チームカラー:ピンク

関連ニュース
thumb

C大阪の主将は3年連続でMF清武弘嗣! 副主将は3人

セレッソ大阪は18日、2021シーズンのキャプテンを発表した。 新シーズンのキャプテンはMF清武弘嗣に決定。2019年から3年連続となっている。 また、副キャプテンにはGKキム・ジンヒョン、DF丸橋祐介、MF藤田直之の3選手が任命された。 昨季副キャプテンを務めたキム・ジンヒョンを含む3人のうち、FW柿谷曜一朗は名古屋グランパスへ、DFマテイ・ヨニッチは上海申花へ移籍している。 チームは8年ぶり4度目の就任となったレヴィー・クルピ新監督の下、本日22日から新シーズンに向けて始動する。 2021.01.22 13:45 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪がブラジル1部から191cmの長身DFチアゴが完全移籍で獲得、背番号「6」

セレッソ大阪は21日、ブラジルのセアラーからDFチアゴ(30)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は「6」となる。 チアゴは191cm、89kgの大型センターバック。ブラジルのクリシューマやグアラニ、アトレチコ・ミネイロ、バイーアなどでプレーしていた。 チアゴはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAで90試合に出場し8ゴール、セリエBで21試合に出場し1ゴール2アシストを記録していた。 今シーズンは22試合に出場し1ゴールを記録していた。 チアゴは、日本政府による新型コロナウイルス感染症に関する新規入国制限措置を受け、入国可能になり次第来日し、メディカルチェックを経て、正式契約の予定となっている。 2021.01.21 19:01 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪の守備を支えたDFヨニッチが上海申花へ電撃移籍「セレッソを第二の家として一生忘れません」

セレッソ大阪は21日、クロアチア人DFマテイ・ヨニッチ(29)が中国スーパーリーグの上海申花へ完全移籍することを発表した。 ハイデュク・スプリトなどクロアチア国内クラブでプレーしたのち、韓国の仁川ユナイテッドでプレーしていたヨニッチ。Kリーグでもベストイレブンに2年連続で選ばれると、2017年にC大阪へ完全移籍していた。 C大阪ではヨニッチはディフェンスの軸としてプレー。4シーズン在籍しJ1通算135試合に出場し11得点を記録。出場しなかったのはわずか1試合とC大阪を支え続けていた。 2017年にはリーグカップと天皇杯で優勝。個人でも2020年に優秀選手賞を受賞していた。 「親愛なるセレッソ大阪とファンの皆様、突然のことで皆様を驚かせてしまい申し訳ありません。私のサッカー人生の中でセレッソの一員になれた事は最高な出来事でした」 「皆様が自分を必要としている事は誰よりも分かっていますが、家族と相談し、年齢的にもこれが最後のチャンスと思い、新しい環境で自分を試したい、という決意に至りました。私を必要とし熱心に話をしてくれたセレッソには本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです」 「私はセレッソを第二の家として一生忘れません。今までサポートして下さった選手、スタッフ、サポーターの皆様、本当にありがとうございました。桜の戦士はいつまでも僕の心に居続けます」 2021.01.21 18:32 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪がU-23チームでプレーしたFWウェリング・ピアスの契約満了を発表「次のステージで頑張ります!」

セレッソ大阪は21日、オーストラリア人FWウェリング・ピアス(22)の契約満了を発表した。 アビスパ福岡スクール出身で、日本人の母親とオーストラリア人の父親を持つウェリング・ピアスは、2016年に母国・オーストラリアのメルボルン・ビクトリーでファーストチームへ昇格。その後、2018年5月のトライアルを経て、同年7月にC大阪へ入団した。 明治安田J3を主戦場に2018年は10試合で2得点、2019年は10試合1得点を記録。昨季は明治安田J3でキャリアハイの18試合に出場したが、ノーゴールに終わった。 C大阪を去るウェリング・ピアスはクラブの公式サイトで以下のように別れのコメントを残している。 「クラブに在籍した2年半、全チームメイト、スタッフ、コーチそしてファン、サポーターのみなさん、ありがとうございました。次のステージで頑張ります!」 2021.01.21 16:50 Thu
twitterfacebook
thumb

C大阪、今治からFW澤上竜二が復帰も選手登録せず

セレッソ大阪は21日、FC今治へ期限付き移籍していたFW澤上竜二(27)の復帰を発表した。 澤上は、大阪体育大学から2016年にC大阪に入団。1年目はチームがJ2を戦っていたこともあり、30試合に出場し1得点を記録していた。 チームがJ1に昇格した2017年以降は出場機会が減少。2018年には右脛骨跳躍型疲労骨折と診断され離脱。2019シーズンはU-23として明治安田J3で26試合に出場し3得点を記録したが、J1での出番はなかった。 2020シーズンもC大阪U-23として9試合に出場し2得点を記録すると、シーズン途中に今治へと期限付き移籍。23試合で1得点を記録していた。 なお、澤上は現在長期治療中のため、Jリーグの登録は行わないとしている。 2021.01.21 13:10 Thu
twitterfacebook

順位表



得点ランキング