FC東京U-23

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
14 FC東京U-23 36 10 6 16 38 45 -7 32
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-28
13:00
明治安田生命J3リーグ
第7節
Y.S.C.C.横浜 vs FC東京U-23
2019-05-05
14:00
明治安田生命J3リーグ
第8節
FC東京U-23 vs セレッソ大阪U-23
2019-05-19
13:00
明治安田生命J3リーグ
第9節
ブラウブリッツ秋田 vs FC東京U-23
2019-06-01
15:00
明治安田生命J3リーグ
第10節
ザスパクサツ群馬 vs FC東京U-23
2019-06-08
14:00
明治安田生命J3リーグ
第11節
FC東京U-23 vs 長野パルセイロ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.13
14:00
明治安田生命J3リーグ
第6節
FC東京U-23 1 - 0 ヴァンラーレ八戸
2019.04.07
14:00
明治安田生命J3リーグ
第5節
ガンバ大阪U-23 2 - 1 FC東京U-23
2019.03.31
13:00
明治安田生命J3リーグ
第4節
福島ユナイテッド 2 - 1 FC東京U-23
2019.03.23
14:00
明治安田生命J3リーグ
第3節
FC東京U-23 0 - 1 藤枝MYFC
2019.03.16
14:00
明治安田生命J3リーグ
第2節
FC東京U-23 0 - 1 いわてグルージャ盛岡
基本データ

正式名称:FC東京U-23

原語表記:FC TOKYO U-23

ホームタウン:東京都

チームカラー:ブルー、レッド

関連ニュース
thumb

久保建英の獲得レース、PSGも参戦か

FC東京に所属するU-21日本代表FW久保建英(17)に対して、パリ・サンジェルマン(PSG)が目を光らせているという。フランス『RMC Sport』が報じた。 フランスの絶対的王者に君臨するPSG。今夏の移籍市場で来シーズンのチャンピンズリーグ(CL)制覇に向けた積極補強の可能性が取り沙汰されるが、それと平行して将来に向けた若い才能の確保にも動く模様だ。 そこで名前が挙がったのが久保だ。スポーツディレクター(SD)を務めるアンテロ・エンリケ氏はナンシーに所属するU-17フランス代表ビエル・アッサニの契約に近づくなか、久保にも好意を寄せているようだ。 だが、久保を巡っては現在、レアル・マドリーのほか、かつてアカデミーに籍を置いた古巣バルセロナも関心。PSGはその久保を巡るスペイン勢との獲得レースにおいて劣勢の様相とみられる。 2014年からFC東京に所属する久保は、今年6月に18歳の誕生日を迎えることで、国際移籍が可能に。今シーズンの活躍ぶりを受け、バルセロナ復帰報道も沸騰しているが、果たして…。 2019.04.23 14:30 Tue
twitterfacebook
thumb

J1首位FC東京、元蘭代表FWロッベンにオファーか

イタリア『カルチョメルカート』は21日、FC東京がバイエルンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(35)の獲得に動いていると報じた。 今シーズンがバイエルンと契約最終年のロッベン。既にシーズン終了後の退団を表明しており、新天地に関して様々な憶測が飛び交っている。 そのロッベンを巡っては最近、メジャーリーグ・サッカー(MLS)やイタリア行きの可能性が浮上しているが、FC東京も獲得オファーを打診した模様だ。 FC東京は今年で長谷川健太体制2年目。指揮官が志すファストブレイクを武器に、明治安田生命J1リーグ6勝2分け無敗で首位を走る首都クラブだ。 なお、ロッベンは今シーズンのここまで公式戦15試合に出場して5得点2アシスト。昨年11月末の試合を最後に負傷離脱が続き、復帰できていない。 FC東京にとって、実績十分の世界的スターであるロッベンが加われば、J1初制覇に向けて機運が高まるが、果たして…。 2019.04.22 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

D・オリヴェイラが首位に導く4戦連続弾! FC東京が広島との無敗対決を制す!《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節のサンフレッチェ広島vsFC東京が19日にエディオンスタジアム広島で行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ここまで5勝2分けで首位に位置する広島(勝ち点17)と、2位のFC東京(同勝ち点)による無敗同士の首位決戦。前節のヴィッセル神戸戦を4-2で勝利し、リーグ戦5連勝中と絶好調の広島は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更した。パトリックに代えて柴崎を起用している。 一方、前節の鹿島アントラーズ戦を3-1で勝利し、再び連勝街道に乗った広島は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。前節、相手選手との接触で目の違和感を訴え、途中交代していた久保に代わって大森が先発した。 注目の首位攻防戦は、ピッチを広く使う広島と、コンパクトな陣形を保つFC東京の構図。序盤は要所で激しい球際の勝負が演じられ、互いにチャンスを作らせない。 そうした展開の中、アウェイのFC東京がチャンスを迎える。19分、大森からの浮き球を収めたディエゴ・オリヴェイラがボックス左にスルーパス。走り込んだ永井が折り返すと、ディエゴ・オリヴェイラがボックス手前に落とし、橋本がミドルを放つ。相手DFに当たりながらもボールはゴール方向へ向かったが、右ポストに嫌われてしまう。 ヒヤリとする場面を迎えた広島はその後、ボールを保持してはいるものの、組織的な守備を敷くFC東京の前になかなかゴール付近まで近づくことができない。 一方のFC東京は37分、左サイドからボックス左手前に切れ込んだ小川のクロス。これを大森が頭で合わせたが、枠を捉えることができない。さらに39分にはボックス左外で仕掛けた永井がボックス中央に放り込む。これは相手DFにクリアされるも、ボックス左にこぼれたボールを高萩が右足で合わせる。しかし、これもゴール左外に外れてしまい、先制点を奪うことができない。 FC東京のやや優勢で試合を折り返すと、再びボール前への侵攻が少ない展開に。そんな中、FC東京は68分に永井を下げてジャエルを投入。一方の広島は70分に柴崎を下げて皆川を投入する。 すると直後に試合が動く。FC東京は71分、高萩の浮き球のパスをジャエルが競る。これはうまく合わなかったが、ボックス内の相手DFに当たったボールを大森がワンタッチでボックス右手前へ。最後はディエゴ・オリヴェイラが右足でダイレクトで合わせ、低い弾道のシュートでニアサイドを射抜いた。ディエゴ・オリヴェイラのリーグ戦4試合連続ゴールで貴重な先制点を奪った。 ついに耐え切れず先制点を与えてしまった広島。78分にはルーズボールを拾った川辺がボックス手前から右足でシュートを放つも、GK林の正面に飛んでしまう。 なんとしても追いつきたい広島は後半アディショナルタイム3分、ボックス手前でクロスのクリアボールに反応した渡が、胸トラップから左足を振り抜く。これにGK林は一歩も動けず。しかし、左ポストに直撃してしまい、同点ゴールとはならなかった。 救われたFC東京が1-0で勝利。ディエゴ・オリヴェイラの4試合連続ゴールを守りきり、首位に浮上した。一方の広島は今シーズン初黒星を喫し、2位に転落した。 2019.04.19 21:07 Fri
twitterfacebook
thumb

阿部の美弾に絶好調男・知念が4戦連発! 川崎F、神奈川ダービー勝利で今季初の連勝!《J1》

明治安田生命J1リーグ第8節の川崎フロンターレvs湘南ベルマーレが19日に等々力陸上競技場で行われ、2-0で川崎Fが勝利した。 ここまで2勝4分け1敗で8位につける川崎F(勝ち点10)と、3勝1分け3敗で9位に位置する湘南(勝ち点10)の神奈川ダービー。前節のサガン鳥栖戦を1-0で勝利し、直近のリーグ戦3試合を2勝1分けと調子を上げつつある川崎Fは、鳥栖戦と同様の先発メンバーをピッチに送り出した。 一方、前節の松本山雅FC戦を1-1で引き分けて、2試合勝利がない湘南は、その松本戦から先発メンバーを3人変更。前節に負傷交代した大野と菊地に代えて小野田と梅崎を起用した。また、岡本が負傷から復帰し、鈴木冬一に代わって先発に名を連ねた。 同勝ち点で並ぶ昨シーズンのJ1リーグ王者とYBCルヴァンカップ王者のダービーマッチ。試合は両者が激しく圧力をかける中、開始早々にアウェイの湘南にアクシデントが起こる。ポストワークをこなそうとした武富が足を負傷してピッチの外へ。プレー続行不可能と判断され、12分に中川をスクランブル投入する事態に見舞われる。 チームトップの4ゴールを記録する得点源を失った湘南。これを契機に川崎Fはボールを保持し、大島を起点に湘南の背後を狙い始める。しかし、ボックス内への侵攻を簡単には許してもらえずシュートまで結びつけることができない。 それでも21分、川崎Fが阿部のビューティフルゴールで先制する。敵陣中央やや左でボールを持った大島がボックス内へ浮き球のパスを供給。この位置まで上がっていた馬渡が胸トラップで落とすと、待ち構えていた阿部がダイレクトで合わせる。右足で丁寧にコントロールされたボールは、ふわりとゴール右上に吸い込まれた。 先制点を奪った川崎Fは、高い位置からのプレスと速いパスワークで湘南を翻弄し始める。すると37分、3試合連続ゴール中の男がまたもゴールネットを揺らす。最終ラインの奈良が相手ディフェンスと駆け引きをしたストライカーの動きを見逃さずに前線へロングパス。これに抜け出した知念がボックス内に侵攻し、GK秋元との一対一を冷静に制し、リードを2-0に広げた。 2点ビハインドの湘南は、ハーフタイムから小野田に代えて秋野を投入。システムも4バックに変更して修正を図る。60分、右サイドのハーフウェイライン付近から岡本がボックス右にスルーパス。これに抜け出した山崎がキープし、反転してシュートを放つが、GKチョン・ソンリョンにキャッチされる。66分には松田が強烈なミドルシュートでゴールを狙うも枠を捉えることができない。 後半は湘南ペースの時間が続く。74分にはボックス左手前の梅崎がゴール前にクロスを供給。これをフレイレと舞行龍が競り合うと、ボールはゴール方向へ。しかし、GKチョン・ソンリョンが素早い反応でゴールを許さない。78分の松田のミドルシュートも相手DFに当たってコースが変わったが、川崎Fの守護神に対応されてしまう。 その後も終盤にかけて激しい攻防が繰り広げられた中、湘南はゴールを奪うことができず、試合終了。2-0で神奈川ダービーを制した川崎Fが今シーズンのリーグ戦で初の連勝を飾った。一方の湘南は、これで3試合未勝利となった。 2019.04.19 21:05 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング