イラク代表

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
5 イラク代表 11 3 2 5 11 12 -1 10
基本データ

正式名称:イラク代表

原語表記:IRAQ

ホームタウン:バグダッド

チームカラー:緑、白

関連ニュース
thumb

アラウィの直接FK弾で逃げ切ったカタールが8強に駒を進める!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE 2019決勝トーナメント・ラウンド16のカタール代表vsイラク代表が22日に行われ、1-0でカタールが勝利した。 グループEを3連勝で首位通過したカタールと、グループDを2位で通過したイラクの一戦。立ち上がりからボールを保持したカタールは4分に決定機。左サイドで獲得したFKからクロスを供給すると、ファーサイドのブアーラームがダイレクトで折り返したボールをアブデルカリム・ハッサンが右足で合わせたが、これはクロスバーを直撃した。 対するイラクは、23分にチャンス。自陣でコントロールミスを冒したアクラム・アフィフからボールを奪ったアリ・カディムがドリブルでボックス右から侵入。しかし、コントロールが大きくなったボールは飛び出したGKアル・シーブのセーブに防がれた。 膠着状態が続く中、カタールは前半アデショナルタイム4分にアフィフの左CKからゴール前のバサム・アラウィがヘディングシュートを合わせたが、これはゴール右に外れた。 ゴールレスで迎えた後半も立ち上がりから一進一退の攻防が続いたが、カタールは62分にセットプレーから試合を動かす。バイタルエリア左から仕掛けたアフィフが倒されFKを獲得すると、バサム・アラウィの直接FKがゴール左に突き刺さった。 先制に成功したカタールは68分にも、アフィフのスルーパスでゴールエリア左付近まで抜け出したハッサンが決定機を迎えたが、シュートはGKジャラル・ハッサンに阻まれた。 試合終盤にかけてイラクの猛攻を受けたカタールだが、バサム・アラウィの決勝ゴールを守り切り1-0で勝利。この結果、カタールが韓国の待つ準々決勝に駒を進めた。 2019.01.23 02:57 Wed
twitterfacebook
thumb

首位通過を懸けたイランvsイラクの“隣国対決”はゴールレス決着…《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE2019のグループD最終節のイラン代表vsイラク代表が16日に行われ、0-0の引き分けに終わった。この結果、イランの首位通過およびイラクの2位通過が決定した。 共にグループステージを連勝した同士のイラン(勝ち点6)とイラク(勝ち点6)グループ首位通過を懸けた一戦。引き分け以上で首位通過の決まるイランは、前節のベトナム代表戦から先発を4人変更。一方で首位通過には勝利が必要なイラクは、前節のイエメン戦から先発を2人変更して試合に臨んだ。 隣国同士の一戦ということもあり、立ち上がりから激しい攻防が繰り広げられる。そんな中、先にチャンスを迎えたのはイラン。12分、FKのセカンドボールを繋ぐと左サイドでパスを受けたアミリのクロスからゴール前に走り込んだアズムーンが頭で叩きつけたが、これはゴール右に外れた。 その後はしばらく膠着状態が続く。互いに中盤での集中した守りを見せる試合は、取っては奪われ奪われては取り返しての拮抗した展開に。そんな中、ゴールに迫ったのはイラク。35分、フセインのパスをボックス左手前で受けたアハメド・ヤシーンが素早く左足を振り抜くも、このシュートはゴール右に逸れた。 イランは42分、アミリのロングスローが流れると、ファーサイドで拾ったアズムーンが反転からシュート。さらに相手DFに当たったこぼれ球をA・ジャハンバクシュがダイレクトシュートで狙ったが、これは枠の上に外れた。 ゴールレスで迎えた後半も後半も膠着状態が続く。するとイランは、77分にカウンターからタレクの右クロスを途中出場のアラー・アッバスがバックヘッドで合わせたが、このシュートはGKベイランヴァンドのファインセーブに阻まれた。 試合終盤もややイラクが攻め気を見せたものの、試合はゴールレスのままタイムアップ。 また、同日開催に行われたグループD最終節もう一試合のベトナムvsイエメンは、2-0でベトナムが勝利した。この結果、グループ3位に入ったベトナムは決勝トーナメント進出の可能性を残している。 2019.01.17 03:05 Thu
twitterfacebook
thumb

共に完勝のイラン&イラクがGS連勝で決勝T進出を決める!《AFCアジアカップ2019》

AFCアジアカップUAE2019のグループD第2節のベトナム代表vsイラン代表が12日に行われ、0-2でイランが勝利した。 初戦のイエメン代表戦を5-0と大勝したグループ首位のイランと、イラク代表との打ち合いの末に2-3で惜敗したベトナムの一戦。試合は地力で勝るイランが立ち上がりから攻勢に試合を進めると38分、味方のスルーパスでボックス右深くまで侵入したゴッドスのクロスをアズムーンが頭で流し込み、先制に成功。 後半に入っても主導権を握るイランは、69分にもメフディ・トラビのパスをペナルティアーク手前で受けたアズムーンが巧みなトラップから相手DF2人をかわしシュート。これが右隅に突き刺さった。 結局、試合はそのまま終了。アズムーンの2ゴールでグループステージ連勝のイランが決勝トーナメント進出を決めた。 また、同日開催となったグループD第2節もう一試合のイエメンvsイラクは0-3でイラクが勝利した。試合は早い時間にスコアが動く。11分、相手のバックパスを奪ったアリ・カディムがペナルティアーク右まで切り込み右足一閃。このシュートがゴール右に突き刺さった。 先制点で勢いづくイラクは、19分にも右クロスの流れたボールを逆サイドのアリ・アドナンが繋ぐと、ボックス手前で受けたバシャル・レサンがミドルシュート。相手DFにディフレクトしたボールはそのままゴール右に吸い込まれた。 2点をリードするイラクは、後半に入っても試合の主導権を掌握。なかなか追加点が奪えなかったイラクだが、試合終了間際の92分に再びスコアを動かす。右サイド深くまで切り込んだレサンのクロスをゴール左のアハメド・ヤシーンが頭で落とすと、最後は途中出場のアラー・アッバスが流し込み、試合を決定づける3点目。イランと共に2連勝でラウンド16入りを確定させた。 なお、決勝トーナメント進出を決めたイランとイラクは、17日に行われる第3節で首位通過を懸けて対戦する。 2019.01.13 00:50 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシやアグエロ不在のアルゼンチン、ディバラが3Gに絡む活躍でイラクに快勝《国際親善試合》

▽アルゼンチン代表は11日、国際親善試合でイラク代表とサウジアラビアで対戦し、4-0で快勝した。 ▽スカローニ暫定体制のアルゼンチンはメッシやアグエロ、ディ・マリアらが招集外となっている中、ディバラやL・マルディネスらが先発となった。 ▽中盤ダイヤモンド型の[4-4-2]を採用したアルゼンチンは、2トップにディバラとL・マルティネス、トップ下にフランコ・バスケス、右にメサ、左にデ・パウル、アンカーにパレデスを配置した。 ▽そのアルゼンチンは右サイドに流れるディバラを起点に打開を図ると、18分に先制する。ディバラのパスを受けた左サイドのアクーニャのクロスをL・マルティネスがヘディングシュートで流し込んだ。 ▽さらに24分、アクーニャがミドルシュートで追加点に迫ったアルゼンチンは、迎えた後半開始4分にディバラのコントロールシュートでゴールに近づくと、54分に突き放す。ディバラの仕掛けからパスを受けたボックス左のR・ペレイラのシュートが決まった。 ▽余裕のアルゼンチンは82分、ディバラの右CKからニアのサルビオがヘッドで逸らし、ファーサイドのペッゼッラがヘッドで押し込んで3-0とすると、追加タイムにはセルヴィのドリブルシュートも決まって4-0と圧勝した。 ▽快勝したアルゼンチンは16日にブラジル代表と対戦する。 2018.10.12 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

イラク代表、元スロベニア代表指揮官のカタネッツ氏を新指揮官に招へい

▽イラクサッカー協会(IFA)は、スロベニア人指揮官のスレチコ・カタネッツ(55)がイラク代表の新指揮官に就任したことを発表した。契約期間は3年となる。 ▽先日にバシム・カシミ前監督との契約が終了したイラク代表では、かつてイングランド代表を率いた経験を持つスベン・ゴラン・エリクソン氏の招へいに動くも交渉がまとまらず。代わってスロベニア代表やマケドニア代表、UAE代表の指揮官を歴任してきたカタネッツ氏を新指揮官に招へいした。 ▽現役時代にユーゴスラビア代表としてドラガン・ストイコビッチ氏らと共に元日本代表監督のイビチャ・オシム率いるチームの主力として活躍したカタネッツ氏は、現役引退後はオリンピアコスや前述の代表チームの指揮官を務めてきた。 2018.09.06 13:53 Thu
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング