マンチェスター・シティ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
11 マンチェスター・シティ 7 2 1 1 7 7 0 4
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020-10-24
20:30
プレミアリーグ
第6節
ウェストハム vs マンチェスター・シティ
2020-10-27
29:00
CL グループC
第2節
マルセイユ vs マンチェスター・シティ
2020-10-31
21:30
プレミアリーグ
第7節
シェフィールド・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ
2020-11-03
29:00
CL グループC
第3節
マンチェスター・シティ vs オリンピアコス
2020-11-07
24:00
プレミアリーグ
第8節
マンチェスター・シティ vs リバプール
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2020.10.21
28:00
CL グループC
第1節
マンチェスター・シティ 3 - 1 ポルト
2020.10.17
25:30
プレミアリーグ
第5節
マンチェスター・シティ 1 - 0 アーセナル
2020.10.03
25:30
プレミアリーグ
第4節
リーズ 1 - 1 マンチェスター・シティ
2020.09.30
27:00
EFLカップ(カラバオ・カップ)
ベスト16
バーンリー 0 - 3 マンチェスター・シティ
2020.09.27
24:30
プレミアリーグ
第3節
マンチェスター・シティ 2 - 5 レスター・シティ
基本データ

正式名称:マンチェスター・シティFC

原語表記:Manchester City Football Club

愛称:ブルース、シチズンズ

創立:1887年

ホームタウン:マンチェスター

チームカラー:水色

関連ニュース
thumb

審判へのセクハラまがいの行為で批判浴びるアグエロをペップは擁護「普段の彼と変わらない」

審判へのセクハラ的態度が批判を浴びているマンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに関して、ジョゼップ・グアルディオラ監督は擁護の姿勢を示している。 アグエロは17日に行われたアーセナル戦で、スローインの判定に抗議しようと女性副審のシアン・マジー・エリス氏に詰め寄った際、肩に手を回したことが物議を醸していた。 セクハラ行為と見るものや、下心がないにしろ攻撃的だったとする意見もあり、批判は集中していた。イングランドサッカー協会(FA)からはお咎めなしとなったものの、今なお懐疑的な目を持つファンは多く、アグエロには謝罪を求める声も少なくない。 そんな中、24日に控えるプレミアリーグ第6節のウェストハム戦の試合前会見で、グアルディオラ監督はエースに対する擁護の姿勢を示した。炎上中のアグエロの行為は「普段通り」だったとして、教え子の人となりを称賛している。 「多くの人がジャッジの外から意見しているが、私はセルヒオの考えは理解している。彼はいつも私にやっているように普通に手を置いただけだ。ピッチの外でも中でも、それに私がハグする時と同じようにね。時には交代の際にもレフェリーや相手選手にタッチすることもある」 「彼のことをよく知っている私からするとあれは普通のことだ。彼は世界の大スターだが、謙虚で私が会った人たちの中でも最も親切なひとりだ」 「重要なのは彼が何を意図したのかということと、それは普通のことだったということだ。普通に彼女に話しかけ、悪い言葉も使っていない。この件に関してセルヒオと話し合ったわけではないが、もし彼女が不快に感じたというのなら、彼は間違いなく謝罪すると確信しているよ」 2020.10.24 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

フェルナンジーニョが決めた豪快なアンストッパブルミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はマンチェスター・シティのブラジル代表MFフェルナンジーニョが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆フェルナンジーニョが決めたアンストッパブルなゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bFlLV3I1byIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 母国ブラジルのアトレチコ・パラナエンセでのデビューを経て、ウクライナのシャフタール・ドネツクでブレイクしたフェルナンジーニョ。2013年夏にマンチェスター・シティに加入し、ステップアップを果たしている。 チームにとって欠かせない存在となっているフェルナンジーニョだが、2018年10月20日に行われた、プレミアリーグ第9節のバーンリー戦では、豪快なミドルシュートを決めている。 2-0とシティリードの56分、シティが左コーナーキックのチャンスを得る。クロスは相手DFにクリアされるも、このこぼれ球にフェルナンジーニョが反応。ペナルティアーク内からダイレクトでシュートを放つと、ボールはゴール右上の完璧なコースに一直線に突き刺さり、見事な追加点となった。 この後も得点を重ねたシティが5-0の大勝を収めている。 2020.10.23 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

契約最終年のE・ガルシア、ペップは残留諦めず 「説得できるかも」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がスペイン代表DFエリック・ガルシア(19)に関して、残留の説得を試みると語った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 今シーズン限りでシティとの現行契約が失効となるエリック・ガルシア。選手が古巣バルセロナ復帰を望み、シティからの契約延長オファーを拒否したことが明るみになっている。 今夏にはロナルド・クーマン監督が獲得希望を明言したなか、バルセロナ側がシティ側の要求した移籍金2000万ユーロ(約24億7000万円)を用意できず、交渉が破談。だが、来冬移籍も取り沙汰されており、バルセロナ移籍の見方が依然として強い状況だ。 しかし、今季ここまで公式戦3試合でエリック・ガルシアを起用しているグアルディオラ監督は残留を諦めないと話す。21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦のポルト戦後にこう述べている。 「私はエリックの試合内容にとても満足している。彼が退団したがっていたのは知っているが、結局は残留した。我々との契約を更新するよう彼を説得できるかもしれない。彼は多くの点で非常に安定している選手。我々は彼を指導できて嬉しく思う」 2020.10.23 16:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ペップ、途中出場から10分で負傷交代のフェルナンジーニョに言及「4週間から6週間は離脱する」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がブラジル代表MFフェルナンジーニョの負傷状況を報告した。クラブ公式サイトが伝えた。 フェルナンジーニョは21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦のポルト戦にスペイン代表MFロドリに代わって85分から途中出場。しかし、後半アディショナルタイムにイングランド代表DFジョン・ストーンズとの交代でピッチを後にしていた。 グアルディオラ監督は試合後、「悪いニュースだ。脚に問題を抱えている。4週間から6週間は離脱すると思う。この試合量で我々にとって大きな打撃だ」と1カ月近く離脱することを明言。11月7日にリバプール戦、同21日にトッテナム戦と強豪との対戦が控えている状況で、大きな痛手となった。 一方でベルギー代表MFケビン・デ・ブライネとフランス代表DFアイメリク・ラポルテがトレーニングに復帰することを明言。ただ、過密日程については嘆いている。 「ケビンとラポルテは明日からトレーニングに参加すると思う。しかし、明日やその翌日にどうなるかわからない。戻ってくる選手がいても、他の選手を失ってしまった」 「選手が戻ってくることは重要だ。3日後にロンドンに行き、その3日後にはマルセイユと対戦するためにフランスへ行く。さらにその3日に後にはシェフィールドに行く。スケジュールはとても厳しい。全選手が必要だ」 なお、シティでは復帰間近のデ・ブライネとラポルテの他にブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスとフランス代表DFバンジャマン・メンディが負傷離脱している。 2020.10.22 17:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルト相手の逆転勝利をペップが称賛「完璧なパフォーマンスをした」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がポルト戦の結果を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 21日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦でMF中島翔哉擁するポルトと対戦したシティだが、14分に失点。だが、20分にFWセルヒオ・アグエロのPKで同点に追いつくと、65分にMFイルカイ・ギュンドアンの技ありFKで勝ち越し。さらに、MFフェラン・トーレスが駄目押しの3点目を決めて3-1の勝利を収めた。 逆転勝利を収めたグアルディオラ監督は途中出場ながら1ゴールと結果を残したトーレスと、MFフィル・フォーデンのコンビネーションを絶賛。そして、チーム全体のパフォーマンスを「完璧」と称えている。 「フィルとフェランの素晴らしい組み合わせだった。フェランには信じられないほどのゴール意識があった。最も満足いったのは彼らの起用方法だ。常にベンチからの出場でもとても重要だ」 「我々は完璧なパフォーマンスをした。本当にタフな相手に対して、我々が素晴らしいパフォーマンスだった。素晴らしいチームに苦しんで試合に勝利することは素晴らしいことだ。私はここ2試合にとても満足している。少し回復してから我々はロンドンに向かう」 2020.10.22 14:50 Thu
twitterfacebook

順位表




得点ランキング