マンチェスター・シティ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 マンチェスター・シティ 86 28 2 4 87 22 65 34
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019-04-24
28:00
プレミアリーグ
第31節
マンチェスター・ユナイテッド vs マンチェスター・シティ
2019-04-28
22:05
プレミアリーグ
第36節
バーンリー vs マンチェスター・シティ
2019-05-04
23:00
プレミアリーグ
第37節
マンチェスター・シティ vs レスター・シティ
2019-05-12
23:00
プレミアリーグ
第38節
ブライトン vs マンチェスター・シティ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2019.04.20
20:30
プレミアリーグ
第35節
マンチェスター・シティ 1 - 0 トッテナム
2019.04.17
28:00
CL決勝トーナメント
準々決勝2ndレグ
マンチェスター・シティ 4 - 3 トッテナム
2019.04.14
22:05
プレミアリーグ
第34節
クリスタル・パレス 1 - 3 マンチェスター・シティ
2019.04.09
28:00
CL決勝トーナメント
準々決勝1stレグ
トッテナム 1 - 0 マンチェスター・シティ
2019.04.06
25:30
FA杯
準決勝
マンチェスター・シティ 1 - 0 ブライトン
基本データ

正式名称:マンチェスター・シティFC

原語表記:Manchester City Football Club

愛称:ブルース、シチズンズ

創立:1887年

ホームタウン:マンチェスター

チームカラー:水色

関連ニュース
thumb

【プレミア注目プレビュー】優勝&トップ4争い左右する今季2度目の“マンチェスター・ダービー”!

プレミアリーグ第31節延期分、マンチェスター・ユナイテッドvsマンチェスター・シティによる“マンチェスター・ダービー”が日本時間24日28:00にオールド・トラフォードでキックオフされる。トップ4フィニッシュに向けて崖っぷちに立つ6位ユナイテッド(勝ち点64)と、10連勝で連覇に向けて邁進する2位シティ(勝ち点86)による、今季2度目のダービーマッチだ。 昨年12月のスールシャール暫定監督就任以降、公式戦14勝3敗2分けとV字回復を見せたユナイテッドだったが、同監督の正指揮官就任以降の6試合は2勝4敗と長らく続いた“解任ブースト”は完全にストップ。本来のパフォーマンス通りの戦績に落ち着いた印象だ。それでも、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝2ndレグのバルセロナ戦(0-3)、リーグ前節のエバートン戦(0-4)の酷いパフォーマンスは許容できるものではなく、早くもノルウェー人指揮官更迭の可能性も噂される。 失態続きの今季も残すところ4試合だが、挽回のチャンスはわずかながら残されている。前節、エバートンに大敗もトップ4争いのライバル3チームがいずれも勝ち点を取りこぼしており、残り全試合で全勝できれば、他力本願ながら逆転でのトップ4フィニッシュは十分に可能。ただ、次節のチェルシー戦を含め今回のダービーでの勝利は非常に困難なタスクとなり、指揮官を含め多くの主力が後悔の弁を語ったエバートン戦から最大級のリバウンドメンタリティを示さねばならない。 一方、ユナイテッドとは異なり、CL敗退から中2日での再戦となった前節のトッテナム戦で、らしくない不格好な戦いぶりながら新星MFフォーデンのプレミア初ゴールを一丸となった守備で守り切って見事なバウンスバックを見せたシティ。スパーズ戦翌日にリバプール(勝ち点88)が勝利したことで、再び首位の座を明け渡したが、プレミアリーグ10連勝と抜群の安定感を誇る。今節の消化によってようやくリバプールと消化試合数が並ぶ中、絶不調の隣人を敵地で葬り去り、勝ち点1差の首位に返り咲きたい。 なお、昨年11月に行われたシティホームでの前回対戦はMFシルバ、FWアグエロ、MFギュンドアンのゴールによってシティが3-1で快勝している。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・ユナイテッド◆ 【4-3-1-2】</div> ▽マンチェスター・ユナイテッド予想スタメン <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190423_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:デ・ヘア DF:ヤング、スモーリング、リンデロフ、ショー MF:マクトミネイ、フレッジ、ポグバ MF:リンガード FW:ルカク、ラッシュフォード 負傷者:DFバイリー、フィル・ジョーンズ、MFバレンシア、エレーラ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。逆に2試合の出場停止を消化したショーが復帰する。負傷者に関してはマッチフィットネスに問題を抱えるバイリー、ジョーンズ、エレーラ、バレンシアの4選手が欠場となる見込みだ。 エバートン戦での大敗を受けて、大幅なメンバー変更、システム変更の可能性も想定されるが、前述のスタメンと[4-3-1-2]の採用を予想。ただ、CLバルセロナ戦の初戦で採用したより守備的な[3-5-2]の採用も十分に考えられる。 <div style="text-align:center;">◆マンチェスター・シティ◆ 【4-3-3】</div> ▽マンチェスター・シティ予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190423_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:エデルソン DF:ウォーカー、コンパニ、ラポルテ、ジンチェンコ MF:ギュンドアン、フェルナンジーニョ、シルバ FW:ベルナルド・シウバ、アグエロ、スターリング 負傷者:GKブラーボ、MFデ・ブライネ 出場停止者:なし 出場停止者はいない。負傷者に関しては直近のトッテナム戦で負傷交代のデ・ブライネが起用できない。 スタメンに関してはトッテナム戦でベンチに置いたコンパニとシルバの重鎮2人を先発に復帰させる見込みだが、デ・ブライネの代役に関しては複数の選択肢がある。最も攻守のバランスに長けたギュンドアンの起用が濃厚だが、スパーズ戦で決勝点を決めたフォーデン、ベルナルド・シウバを右ウイングから中盤に下げてザネ(マフレズ)を3トップの一角に配する形も想定される。 ★注目選手 ◆マンチェスター・ユナイテッド:MFポール・ポグバ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190423_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>ユナイテッドの注目プレーヤーは前回対戦欠場のポグバだ。今季序盤戦は前指揮官モウリーニョとの確執もあって不振が続いたポグバだが、監督交代以降はより攻撃的なタスクを与えられたこともあり、大幅にパフォーマンスを向上。リーグ戦ではPKによるゴールが7点と多いものの、キャリアハイの13ゴール9アシストと存在感を放つ。その一方で、ビッグマッチやチームが苦しい状況を強いられた試合では存在感が希薄となり、リーダーとしての資質を欠くとの指摘も目立つ。 とりわけ、CLバルセロナ戦、直近のエバートン戦ではその傾向が色濃く出ており、今季のチームの命運を握る今回のダービー、次節チェルシー戦では個人としてのプレゼンスが試される。なお、2016年のユナイテッド復帰以降、リーグ戦では通算5試合ダービーが開催されているが、ポグバは負傷で欠場した前回対戦を含めそのうちの3試合を欠場と、ダービーに縁がない。それでも、自身が出場した直近の試合となる昨年4月の対戦では2点ビハインドを引っくり返す口火となる2ゴールを記録し、劇的な3-2の逆転勝利の立役者となっている。 ◆マンチェスター・シティ:MFベルナルド・シウバ<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20190423_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>シティの注目プレーヤーは今季チームMVP級の働きを見せているベルナルド・シウバだ。シティ加入2年目となった今季は前所属のモナコ時代以上の圧巻のパフォーマンスを披露し続けているポルトガル代表MF。先日、発表されたPFA年間最優秀選手候補6名にはリバプールDFファン・ダイクと共に最有力候補と目されるFWスターリング、エースFWアグエロと共に選出されたベルナルド・シウバだが、ここまでの貢献度を考えれば、シティのチームMVPに相応しいのはこの小さな巨人だ。直近のトッテナム戦でも卓越したチャンスメーク、ゲームメークに加え、攻守におけるデュエルでも抜群の存在感を放った。 チームの地力、現在の調子を考えれば、敵地でのダービーと言えどもシティの優位は揺るがない。だが、手負いのユナイテッドは今回の一戦に並々ならぬモチベーションで臨んでくるはずだ。さらに、シティでは絶好調の司令塔デ・ブライネの負傷離脱という大きな不安要素も抱えている。そのため、チーム内で多くのタスクを担うベルナルド・シウバのパフォーマンスがダービー勝利のカギを握ることになるはずだ。 2019.04.24 18:00 Wed
twitterfacebook
thumb

シティ、マドリーでくすぶるM・ジョレンテ獲得へ約81億円を準備!?

マンチェスター・シティが、レアル・マドリーに所属するスペイン人MFマルコス・ジョレンテ(24)の獲得に動く可能性があるようだ。『フットボール・エスパーニャ』がスペイン『El Chiringuito TV』での情報をもとに伝えている。 2017年7月にアラベスからマドリーに復帰したM・ジョレンテ。しかし、今シーズンはブラジル代表MFカゼミロの存在や負傷にも悩まされ、ここまで公式戦14試合の出場、リーガエスパニョーラでは先発回数がわずか5試合に留まっている。 そんな中、今回伝えられるところによると、M・ジョレンテにシティが注目。『transfermarkt』では、市場価格が1500万ユーロ(約18億8000万円)と推定されている同選手に対して、6500万ユーロ(約81億5000万円)を支払う準備もできているという。 同メディアによれば、先月、マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督は、「マルコス(・ジョレンテ)は、トップチームでのより多くの出場時間が必要。彼はアラベスにローンで加入したシーズンは素晴らしいプレ―をした。同じような状況が彼にとっても最高のシナリオだろう」とレンタルでの放出を希望。果たして、シティはマドリーでくすぶっているスペイン人MFの獲得に動くのだろうか。 2019.04.24 15:10 Wed
twitterfacebook
thumb

スターリング、PFA年間最優秀選手候補にノミネートも「タイトルがなければ意味がない」

マンチェスター・シティに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリングが、PFA年間最優秀選手について言及した。イギリス『Four Four Two』が伝えている。 若くしてその才能が認められ、2016年夏に就任したジョゼップ・グアルディオラ監督の下で劇的に成長したスターリング。今シーズンはここまで公式戦46試合23ゴール16アシストとハイパフォーマンスを披露している。 そんな中、PFA(プロサッカー選手協会)は20日、2018-19シーズンのPFA年間最優秀選手候補6名を発表。シティからはアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロとポルトガル代表MFベルナルド・シウバ、そしてスターリングがノミネートされた。発表前には、リバプールに所属するオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクもスターリングに投票していたことを告白していた。 周囲からも認められる活躍を見せているスターリング。しかし、自身はタイトルを勝ち取らなければ意味がないと語る。 「認められることは嬉しいよ。でも正直、もし僕らがプレミアリーグを勝ち取ることが出来なかったら、それを争いたくはないんだ」 「僕が望んでいるのは、プレミアリーグ優勝とFAカップ優勝。その次にそういったもの(個人賞)について考えたいよ。それ(優勝)がなければ、僕にとって多くの意味がないんだ」 「僕は(ハリー・)ケインに投票したよ。それは彼が毎年、多くのゴールを決めるからだ。そうして彼はチームに多くのものを与えているからね」 ちなみにPFA年間最優秀候補選手は、他クラブからリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ、ファン・ダイク、チェルシーのベルギー代表MFエデン・アザールが選出されている。 2019.04.24 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップ、昨夏加入マフレズの退団を否定「来シーズンも共にいる。その次も、そしてその次のシーズンも」

マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(28)の退団の可能性を否定している。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 マフレズは昨夏、レスター・シティから移籍金6000万ポンド(現レートで約86億8000万円)+5年契約で加入。公式戦42試合11得点11アシストの成績を残している。しかし、不定期な出場が続く現状に不快感を抱いているとし、わずか1年でシティを退団する可能性があることがイギリスメディアによって報じられた。 ところが、グアルディオラ監督はマフレズが今夏にチームを去ることはないと主張。複数年に渡って、クラブと共にすることを口にした。 「リヤド・マフレズは、来シーズンも我々と共にいる。その次も、そしてその次のシーズンもだ」 「彼と話す必要なんてない。彼は我々が彼に満足していると理解している」 2019.04.24 10:40 Wed
twitterfacebook
thumb

マフレズ、わずか1年でシティ退団か

イギリス『デイリー・メール』は22日、マンチェスター・シティに所属するアルジェリア代表MFリヤド・マフレズ(28)が退団を検討していると報じた。 マフレズは昨夏、レスター・シティから移籍金6000万ポンド(現レートで約87億1000万円)+5年契約で加入。公式戦42試合11得点11アシストの成績を残している。 ただ、完全にレギュラーの座を射止めたわけでなく、直近の公式戦3試合で出番なしに終わるなど不定期な出場が続いている状況。それに不快感を抱いている模様だ。 以前にジョゼップ・グアルディオラ監督から「値する出場機会を与えられず、申し訳ない」との言葉を受けたマフレズだが、わずか1年でシティを離れてしまうのだろうか。 2019.04.23 17:15 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

順位表

@ultrasoccerjp

得点ランキング