マンチェスター・シティ

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
1 マンチェスター・シティ 77 24 5 4 69 24 45 33
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-28
28:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
準決勝1stレグ
パリ・サンジェルマン vs マンチェスター・シティ
2021-05-01
23:00
プレミアリーグ
第34節
クリスタル・パレス vs マンチェスター・シティ
2021-05-04
28:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
準決勝2ndレグ
マンチェスター・シティ vs パリ・サンジェルマン
2021-05-08
23:00
プレミアリーグ
第35節
マンチェスター・シティ vs チェルシー
2021-05-12
27:45
プレミアリーグ
第36節
ニューカッスル vs マンチェスター・シティ
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.21
28:15
プレミアリーグ
第32節
アストン・ビラ 1 - 2 マンチェスター・シティ
2021.04.17
25:30
FAカップ
準決勝
チェルシー 1 - 0 マンチェスター・シティ
2021.04.14
28:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
準々決勝2ndレグ
ドルトムント 1 - 2 マンチェスター・シティ
2021.04.10
20:30
プレミアリーグ
第31節
マンチェスター・シティ 1 - 2 リーズ
2021.04.06
28:00
UEFAチャンピオンズリーグ 決勝トーナメント
準々決勝1stレグ
マンチェスター・シティ 2 - 1 ドルトムント
基本データ

正式名称:マンチェスター・シティFC

原語表記:Manchester City Football Club

愛称:ブルース、シチズンズ

創立:1887年

ホームタウン:マンチェスター

チームカラー:水色

関連ニュース
thumb

FA杯敗退を引きずらずリーグ勝利のシティ、グアルディオラ監督は「今日のようなプレーが重要」と強調

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、連敗を脱したチームに安堵している。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは21日に行われたプレミアリーグ第32節で、アストン・ビラと対戦。前節リーズ・ユナイテッドに敗戦し、先週末のFAカップでもチェルシーに敗れ準決勝敗退となったチームは、この日も開始直後に失点。しかし、そこから立ち直ったチームはDFジョン・ストーンズ退場のアクシデントがありながらも逆転に成功。2-1で勝利した。 リーグ戦の連敗を免れたシティは、2年ぶりのリーグ制覇に向けて一歩前進するとともに、週末に行われるトッテナムとのEFLカップ決勝に弾みのつく結果となった。 試合後のインタビューに応じたグアルディオラ監督は、今日チームが見せたパフォーマンスが、これからの重要な試合に必要だと語っている。 「自分たちに何が必要であるか、我々はよく理解している。それは今日のようなプレーをすることだ。そうすれば、非常に重要な勝利を掴むことも可能になるだろう」 「(リーグタイトルについては)自分たちの力だけで、最後の5試合で決めることができる。それは我々にとって良い励みになるとともに、信念にもつながっていくはずだ」 「リーズ戦とチェルシー戦、2つの敗戦があったから、この勝利がどれほど重要なものか分かっている。そしてこれはもちろん、EFLカップ決勝とチャンピオンズリーグ(CL)に向けても非常に重要だったと、私はチームを見て感じていたよ」 「(リーグタイトルは)近づいている。他のクラブと同様、さまざまな理由で最も困難なシーズンだった」 2021.04.22 11:15 Thu
twitterfacebook
thumb

逆転のシティがリーグ制覇に向けまた一歩前進! 開始20秒被弾にストーンズ退場も白星取り戻す《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第32節、アストン・ビラvsマンチェスター・シティが21日にビラ・パークで行われ、アウェイのシティが1-2で逆転勝利した。 前節、リーズ相手に不覚を取って公式戦連勝が「6」でストップした首位のシティ(勝ち点74)。直後のチャンピオンズリーグ(CL)ではドルトムントを破ってCL準決勝進出を果たすも、直近のFAカップではチェルシーに敗れてクアドラプル(シーズン4冠)の夢が潰えることになった。 今週末にトッテナムとのEFLカップ決勝を控えた中、11位のアストン・ビラ(勝ち点44)のホームに乗り込んだ一戦では、チェルシー戦からルベン・ジアス、ロドリ、ガブリエウ・ジェズスを除く先発8人を変更。ウォーカーやストーンズ、ギュンドアンといった主力が復帰。前線は右からフォーデン、ジェズス、マフレズという構成となった。 試合は予想外の入りを見せる。開始20秒、ミングスのフィードをDFストーンズがクリアし切れずにこぼれ球をボックス左のワトキンスが回収。すかさず中央に折り返すと、ゴール前に走り込んだマッギンが左足ダイレクトで流し込んだ。 ホームチームの電光石火の先制弾によってバタつくシティは以降も数分間相手の攻勢にさらされる。それでも、時間の経過とともにベルナルド・シウバやマフレズを起点に良い形でサイドを攻略し始めると、絶好調の若武者が見事なフィニッシュで試合を振り出しに戻す。 22分、フォーデンから鋭いサイドチェンジをボックス手前右で受けたマフレズが自身を追い越すベルナルド・シウバに絶妙なショートスルーパスを繋ぐ。そして、完全にポケットを取ったベルナルド・シウバからの完璧な折り返しをゴール前にポジションを取ったフォーデンが右足ダイレクトで流し込んだ。 完全に主導権を掴んだアウェイチームはフォーデンがボックス内での見事なルーレットから際どいシュートを放つなど、畳みかける攻めを見せる。すると、40分にはセットプレーの二次攻撃からボックス右でベルナルド・シウバが上げた浮き球のクロスを中央のロドリが頭で合わせ、一気に逆転まで持って行った。 これで一気に余裕の展開かと思われたシティだったが、ゴール直後の42分に裏抜けを図ったラムジーに対して後手を踏んだストーンズの足裏がふくらはぎ付近に入ってしまう。すると、オンフィールドレビューの結果、このプレーに対してレッドカードが掲示された。 ストーンズのプレミアリーグ初の退場によって10人で後半を戦うことになった中、グアルディオラ監督はジェズスを下げてラポルテをハーフタイム明けに投入。 ここからホームチームによる猛反撃を受けるかに思われたが、今度はビラサイドにアクシデント発生。後半立ち上がりに続けて2枚のカードをもらったキャッシュが57分に退場となり、10対10の数的同数で残り30分あまりを戦うことになった。 こうなると地力で勝るシティが完全にボールの主導権を握る展開となり、質の高いボール回しで相手のプレスをかいくぐって深い位置まで難なく侵攻し、そこから幾度も精度の高いクロスがゴール前に入るが、ビラの粘りの守備もあってなかなか3点目を奪い切れない。76分にはボックス手前好位置で得たFKをギュンドアンが直接狙うが、これは惜しくも枠を外れた。 その後も危なげなく時計を進めたシティは試合終盤にマフレズを下げてフェルナンジーニョを投入し、完全に試合をクローズ。開始20秒の失点に加えて、ストーンズ退場というアクシデントに見舞われた中でもきっちり勝ち切った首位チームは、2年ぶりのリーグ制覇に向けてまた一歩前進するとともに、週末のEFLカップ決勝に弾みを付けた。 2021.04.22 06:21 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネもESL構想に反対 「何より重要なのが"競争"」

マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが欧州スーパーリーグ(ESL)の立ち上げに反対した。 欧州サッカー連盟(UEFA)主催のチャンピオンズリーグ(CL)に匹敵、それを上回る新たな大会として、新設の動きが判明した欧州スーパーリーグだが、一部メガクラブのオーナーによる私利私欲的なプロジェクトに各方面から批判が集中。19日、参戦合意済みだったプレミアリーグの“ビッグ6”が相次いで脱退を表明した。 数々の有力プレーヤーも次々といち現役の立場から反対の意思を示すなか、プレミア勢の先陣を切り、脱退意向を表明したシティで司令塔として活躍するデ・ブライネも20日にSNSを通じて、その流れに続いた。 「僕は可能な限り高いステージでプレーする夢を抱いて、ベルギーの小さな町から出てきた男だ」 「そんな僕はこれまでベルギー、ドイツ、イングランドのリーグ、そして母国の代表として、究極の勝利を勝ち取ろうとするみんなと働き、競争してきた」 「でも、そのなかで何より重要なのが"競争"という言葉だ。この数日間、色々な出来事があるが、全員が一丸となり、解決に動く良い機会かもしれない」 「僕らはこれが大きなビジネスだと認識して、僕もその一部であるのを重々承知している。でも、僕はフットボールをするのが大好きな少年に過ぎない」 「だから、特定の団体だけじゃなく、全世界のフットボールに関わる問題なんだ。次世代のフットボーラーに刺激を与え続け、ファンに夢を与え続けよう」 2021.04.21 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ESL参戦発表から僅か2日後、シティが撤退表明

マンチェスター・シティは20日、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)参戦撤回を表明した。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる見込みだったが、批判が相次いでいる。 そんな中、参戦発表から2日後にシティが「正式に脱退するための手続きを行った」と声明を出し、参戦撤回を表明する形となった。 シティ以外にもチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、ラ・リーガのバルセロナとアトレティコ・マドリーも参戦撤回の動きを見せているとのことで、ESL構想は早くも頓挫する様相となっている。 2021.04.21 06:30 Wed
twitterfacebook
thumb

想定外の猛反発受け、ESLプロジェクトは消滅か…現時点で半分の6クラブが撤退決断か

18日の創設発表からわずか数日でヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)創設の動きに暗雲が漂い始めている。 欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されるESL。18日に参戦合意の12クラブが明らかになり、今後も新たに3クラブが常任クラブに加わった上で、成績に応じて5クラブを追加した20チーム制の大会になる見込みだ。 だが、批判が相次ぎ、本格稼働に向けて“大揉め”必至。UEFAと国際サッカー連盟(FIFA)はともに全面的に反対する声明を発表している。 各国のサッカー協会、各国リーグの反発までは想定していたESL参加クラブだったが、世論や自クラブからの猛反発までは想定外だったようで、チェルシーとマンチェスター・シティのプレミアリーグの2クラブと、バルセロナとアトレティコ・マドリーのラ・リーガ2クラブが早くも参戦撤回の動きを見せているようだ。 『タイムズ』や『スカイ・スポーツ』などのイギリスの主要スポーツメディアは、チェルシーとシティはすでにクラブ内で参戦撤回を決定したという。 また、スペイン『TV3 Catalunya』によると、バルセロナのジョアン・ラポルタ会長はソシオ総会で承認されるまでESLへの参加を認めないと断言。さらに、アトレティコに関しても即時撤退とはいかないものの、ESL参戦を再考する準備を進めているようだ。 さらに、イギリスメディアの続報によると、レアル・マドリーと共にESL創設を主導してきたと言われるマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルも撤退の動きを見せ始めており、その他のクラブもこの動きに追従する可能性が高まっているようだ。 2021.04.21 04:10 Wed
twitterfacebook

順位表

得点ランキング