マンチェスター・ユナイテッド

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 マンチェスター・ユナイテッド 40 12 4 4 37 27 10 20
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-01-30
26:30
プレミアリーグ
第21節
アーセナル vs マンチェスター・ユナイテッド
2021-02-02
29:15
プレミアリーグ
第22節
マンチェスター・ユナイテッド vs サウサンプトン
2021-02-08
29:00
プレミアリーグ
第23節
マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン
2021-02-10
28:45
FAカップ
5回戦
マンチェスター・ユナイテッド vs ウェストハム
2021-02-13
24:00
プレミアリーグ
第24節
ウェスト・ブロムウィッチ vs マンチェスター・ユナイテッド
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.01.27
29:15
プレミアリーグ
第20節
マンチェスター・ユナイテッド 1 - 2 シェフィールド・ユナイテッド
2021.01.24
26:00
FAカップ
4回戦
マンチェスター・ユナイテッド 3 - 2 リバプール
2021.01.20
29:15
プレミアリーグ
第18節
フルアム 1 - 2 マンチェスター・ユナイテッド
2021.01.17
25:30
プレミアリーグ
第19節
リバプール 0 - 0 マンチェスター・ユナイテッド
2021.01.12
29:15
プレミアリーグ
第1節
バーンリー 0 - 1 マンチェスター・ユナイテッド
基本データ

正式名称:マンチェスター・ユナイテッドFC

原語表記:Manchester United Football Club

愛称:レッド・デビルズ、レッズ、ユナイテッド

創立:1878年

ホームタウン:マンチェスター

チームカラー:赤

関連ニュース
thumb

最下位に敗北したユナイテッド、ファーディナンド氏は落胆「現実を確認させられた」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドである元イングランド代表DFリオ・ファーディナンド氏が、最下位シェフィールド・ユナイテッドに敗れた古巣に落胆している。イギリス『ミラー』が伝えた。 ユナイテッドはここまでリーグ13試合無敗で首位に立っていたが、27日に行われたプレミアリーグ第20節のシェフィールド・ユナイテッド戦では苦戦。現在リーグ最下位に沈むチーム相手に2失点を喫し、まさかの黒星を喫してしまった。 この結果、ユナイテッドは首位から陥落。また、シェフィールドは今季リーグ戦で複数得点を挙げた試合は2試合のみだが、どちらもユナイテッド戦となっている。 こうした古巣の不甲斐なさに対して、イギリス『BTスポーツ』に出演したファーディナンド氏は、ここ最近発揮していたパフォーマンスが今夜は見られなかったと落胆した。 「ユナイテッドには、開始1分からシェフィールドのような気迫がなかった。ここ最近、我々が目にしてきた激しさが息を潜めていたと思う」 「シェフィールドは勝利に値するね。クリス・ワイルダーはうまく戦術を仕掛けており、ユナイテッドはそれに応えられなかった。これまで頼りにしていたブルーノ・フェルナンデスもポール・ポグバも、今日は機能していなかったと思う」 「(マーカス・)ラッシュフォードと(アントニー・)マルシャルは今日、姿が見えなかったね。何も完遂できず、少しもチャンスを作れなかった」 また、ファーディナンド氏はタイトルへの期待が膨らんでいたユナイテッドが、現実に戻る試合になったと言及。今シーズン見られた逆転への意志も欠けていたと嘆いている。 「オールド・トラフォードでは(タイトル獲得の可能性に)夢中になり始めていたが、彼らが置かれている現実を確認させられたね。最近のユナイテッドはリードされてからの反応が素晴らしかったが、今夜はその姿勢も崩れていた」 2021.01.28 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

最下位ブレイズに敗戦…首位陥落のスールシャール監督「がっかりしている。普通以下だった」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、シェフィールド・ユナイテッド戦のパフォーマンスに落胆した。クラブ公式サイトが伝えた。 前節、フルアムに競り勝って首位キープに成功したユナイテッド(勝ち点40)は、27日に行われたプレミアリーグ第20節で最下位に沈むシェフィールド・ユナイテッドと対戦。23分にCKから先制点を許すと、64分にDFハリー・マグワイアのゴールで同点にしたものの、74分に勝ち越しゴールを許して、1-2で敗れた。 14試合ぶり黒星で首位から陥落となったユナイテッド。スールシャール監督は試合後のインタビューで不用意な形での2失点を悔やんだ。 「がっかりしている。普通以下だった。立ち上がりは良かったが、最初のCKから失点をしてしまった。我々が完全にポゼッションを握っていたが、悪い形で2失点すると、いつだって難しくなる。十分なチャンスを作れなかった。相手にプレッシャーをかけたが、相手の背後に十分に攻め込めず、ゴールを決めるためのチャンスを作ることができなかった」 8年ぶりのリーグ制覇に向けて躓いてしまったユナイテッドは30日に行われる次節、6試合負けなしと調子が右肩上がりのアーセナルと対戦予定。そのビッグマッチに向けて、スールシャール監督は切り替える必要があると説いた。 「大きな原因はない。もちろんがっかりしているよ。今シーズンは非常に多くの結果を得ており、今日のようなことはあまりなかった。だから、少し驚いている」 「だだ、世界と共に、我々はとても一貫している。我々はここ数カ月で最も安定したチームだったが、今日の我々はやられてしまった。悲しい感情を一掃して、またやっていきたい。今夜はそれを乗り越えて、明日から再スタートを切りたい」 「土曜日はアーセナルとの試合だ。彼らは好調なので、大きなパフォーマンスを見せなければいけない。状態も良さそうで、前回対戦では我々に対して上手く対応してきた。我々も調子を上げなければいけないことは理解している」 「こうしたシーズンだからこそ、我々の一貫性は素晴らしく、絶対にベストだ。今回のような紙一重の試合に何度も勝利してきた。自分たちがより良くプレーできることを理解しているから今夜はそれが起きずにがっかりしている。しかし、失敗を悔やんでいる暇はない。我々はそれを乗り越えて、次に行く必要がある」 2021.01.28 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

最下位相手に黒星のユナイテッド主将マグワイアは落胆「十分なパフォーマンスではなかった」、主審の判定にも不満

マンチェスター・ユナイテッドのキャプテンであるイングランド代表DFハリー・マグワイアは、リーグ最下位相手に黒星を喫したことを嘆いている。クラブ公式サイトが伝えた。 マグワイアは、27日に行われたプレミアリーグ第20節のシェフィールド・ユナイテッド戦に、先発出場。前半先制点を許したものの、64分のCKで強烈なヘディングシュートを叩き込み、同点ゴールを記録した。しかし、再び失点を許すとその後は追い付けず、1-2のスコアで敗れている。 ユナイテッドは14試合ぶりの敗戦となり、この結果マンチェスター・シティに抜かれて首位陥落が決定。あまりにも痛い敗戦となったことについて、試合後のインタビューに応じたマグワイアも、チームのパフォーマンスが不十分だったと認めている。 「僕たちは十分ではなかった。これまでの試合で見せていたようなパフォーマンスが出せなかったと思う。今までのような強度が見られず、試合に勝つのに十分なチャンスも作れなかった」 「後半、彼らが僕たちのボックスに入ってきたのは、得点シーンがおそらく初めてだったんじゃないかな。オリヴァー・バークはボックス内にもかかわらず、ノープレッシャーでボールをコントロールし、シュートを打っていた。これは十分ではないよ」 「僕らには大きな信念がある。ハーフタイムには前半が良くなかったと分かっていたが、次のゴールを決めれば勝てると確信していた。そして、同点に追いつけた。あれは重要なゴールだったと思うけど、それ以上がなかったね。僕たちには何かが欠けていたんだ」 「何かが欠けている。特にオールド・トラッフォードでの試合では、リーグ上位に位置するチームにも勝つ必要があるんだ。間違いなく、僕らは改善しなければならない」 また、マグワイアは主審の判定についても言及。同じようなGKとの接触プレーに対して、シェフィールド側はノーファールで得点につながった一方、ユナイテッド側はファールとされたことに、不満を述べた。 「(判定は)信じられないよ。ビリー・シャープの方が、よりファールに値したのは間違いない。人々は両方ともファウルではないと言うかもしれない。でも、ダビド(・デ・ヘア)へのプレーは間違いなくファールだし、僕のプレーはファールではない。僕はボールにジャンプしただけで、GKに触れたとは思っていないよ。審判は後で、自分のミスに気づくだろう」 2021.01.28 11:14 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドが最下位ブレイズにまさかの不覚…14戦ぶりの黒星で首位陥落…《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第20節、マンチェスター・ユナイテッドvsシェフィールド・ユナイテッドが27日にオールド・トラフォードで行われ、アウェイのブレイズが1-2で勝利した。 前節、フルアムに競り勝って首位キープに成功したユナイテッド(勝ち点40)は、直近のFAカップでもリバプールとの接戦を3-2で制して勢いに乗る。 最下位のブレイズ(勝ち点5)をホームで迎え撃った後半戦初戦では、リバプール戦から先発6人を変更。最終ラインではリンデロフ、ショーに代わってトゥアンゼベ、テレス。中盤から前線ではマクトミネイ、ファン・デ・ベーク、カバーニに代わってマティッチ、ブルーノ・フェルナンデス、マルシャルが起用された。 立ち上がりからボールを握って相手を押し込むユナイテッドは11分に最初の決定機を創出。相手陣内左のハーフスペースでボールを持ったラッシュフォードからB・フェルナンデス、ワン=ビサカとスムーズに右へボールが展開される。そして、ワン=ビサカの鋭いグラウンダーの折り返しに反応したラッシュフォードがペナルティアーク付近で右足のダイレクトシュートを放つ。だが、抑えの利いたシュートはわずかに枠の左へ外れた。 その後、相手を自陣に引き込んでロングカウンターを狙うブレイズに対して、やや攻めあぐねるユナイテッドは16分、フレックのスルーパスに抜け出したシャープにボックス内まで持ち込まれるが、ここはGKデ・ヘアの好守で凌ぐ。だが、23分には相手の右CKの場面でフレックの正確な左足インスウィングのボールをブライアンに頭で合わせられ、先にゴールをこじ開けられた。 失点後、すぐさま反撃に転じたユナイテッドはボックス内でグリーンウッドが積極的に足を振っていくが、これは相手のシュートブロックに阻まれる。ここから攻勢を強めたいところだったが、連戦の疲労の影響か、細かいミスが目立ち専守防衛のアウェイチームを揺さぶり切れない。40分にはB・フェルナンデスが局面を変えるフリーランでマティッチのフィードを引き出し、ボックス右から際どい折り返しを入れるが、飛び込んだマルシャルの手前でDFにクリアされた。 1点ビハインドで試合を折り返したユナイテッドは後半も引き続き同じメンバーで臨む。立ち上がりの49分には鋭い縦への仕掛けでボックス右に抜け出したグリーンウッドがファーストシュートを放つが、ここは角度がなく枠の左に外れる。 相手の中央をきっちり締める勤勉な守備に手を焼く中、60分過ぎにはボックス手前の好位置で続けて得たFKをラッシュフォード、B・フェルナンデスと直接狙うが、いずれもゴールには繋がらない。 それでも、64分には左CKの場面でキッカーのテレスが左足アウトスウィングで低くて速いボールを入れると、ファーから中央に猛スピードで走り込んだマグワイアが強烈なヘディングシュートを枠の右隅に流し込み、ようやく同点に追いついた。 そして、得点が入る前から準備していたカバーニをグリーンウッドに代えてピッチに送り込んだユナイテッドは、ここから一気に逆転まで持っていくかに思われたが、一瞬の隙からまさかの勝ち越しゴールを献上してしまう。 74分、ブレイズのカウンターから自陣左サイドを破られると、一度はGKデ・ヘアにクリアチャンスがあったものの、大きく蹴り出すことができない。すると、ボックス内であっさりとボールを繋がれてランドストラムの折り返しをゴール前のバークに蹴り込まれると、DFトゥアンゼベの足にディフレクトしたボールがデ・ヘアの反応の逆を突く形でゴールに決まった。 拙守から再び追う展開になったユナイテッドは失点直後にテレスの強烈なミドルシュート、そのプレーで得た左CKからポグバが際どいヘディングシュートを放っていく。さらに、82分にはテレスとトゥアンゼベを下げてショーとファン・デ・ベークを同時投入。マティッチをセンターバックに下げる攻撃的な布陣でゴールをこじ開けにかかる。 その後、試合終盤にかけて猛攻を仕掛けていくユナイテッドだったが、今季2勝目を目指して決死の守備を見せるブレイズを相手に最後まで押し切ることができず。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ホームで最下位相手に屈辱の敗戦を喫したユナイテッドはリーグ14戦ぶりの黒星を喫し、首位陥落となった。さらに、次節は好調のアーセナルとのアウェイゲームとリーグ制覇に向けた正念場を迎えることに。 2021.01.28 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで構想外のロホがボカ・ジュニアーズ移籍へ! 契約解消でフリーでの加入に

マンチェスター・ユナイテッドの元アルゼンチン代表DFマルコス・ロホ(30)のボカ・ジュニアーズ移籍が決定的なようだ。アルゼンチン『TyC Sports』が報じている。 2014年夏にスポルティング・リスボンから加入したロホは、昨年1月から半年間のレンタルで古巣エストゥディアンテスでプレーした以外、ユナイテッドで7シーズンに渡ってプレー。ここまで通算122試合に出場しているが、近年は度重なるケガやパフォーマンスの問題によって出場機会を失っている。 今シーズンも完全構想外となっており、トップチームでの出場はゼロの状況。また、ユナイテッドとの現行契約は2021年夏までとなっており、今冬あるいは今夏の退団が決定的となっている。 そういった中、『TyC Sports』が伝えるところによれば、ユナイテッドとの契約解消で合意に達したロホは、今週末にも母国屈指の名門ボカへの移籍が決定する見込みだという。 条件面に関しては1年間の延長オプションが付いた2年契約となるようだ。 2021.01.27 23:42 Wed
twitterfacebook

順位表



得点ランキング