マンチェスター・ユナイテッド

今季の成績
順位 チーム名 勝点 勝数 引分数 負数 得点 失点 得失差 試合数
2 マンチェスター・ユナイテッド 66 19 9 4 64 35 29 32
日程
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021-04-25
22:00
プレミアリーグ
第33節
リーズ vs マンチェスター・ユナイテッド
2021-05-02
24:30
プレミアリーグ
第34節
マンチェスター・ユナイテッド vs リバプール
2021-05-09
22:05
プレミアリーグ
第35節
アストン・ビラ vs マンチェスター・ユナイテッド
2021-05-11
28:00
プレミアリーグ
第36節
マンチェスター・ユナイテッド vs レスター・シティ
2021-05-15
23:00
プレミアリーグ
第37節
マンチェスター・ユナイテッド vs フルアム
結果
開催日時 ホーム スコア アウェイ
2021.04.18
24:00
プレミアリーグ
第32節
マンチェスター・ユナイテッド 3 - 1 バーンリー
2021.04.15
28:00
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
準々決勝2ndレグ
マンチェスター・ユナイテッド 2 - 0 グラナダ
2021.04.11
24:30
プレミアリーグ
第31節
トッテナム 1 - 3 マンチェスター・ユナイテッド
2021.04.08
28:00
UEFAヨーロッパリーグ 決勝トーナメント
準々決勝1stレグ
グラナダ 0 - 2 マンチェスター・ユナイテッド
2021.04.04
27:30
プレミアリーグ
第30節
マンチェスター・ユナイテッド 2 - 1 ブライトン&ホーヴ・アルビオン
基本データ

正式名称:マンチェスター・ユナイテッドFC

原語表記:Manchester United Football Club

愛称:レッド・デビルズ、レッズ、ユナイテッド

創立:1878年

ホームタウン:マンチェスター

チームカラー:赤

関連ニュース
thumb

大復活のリンガード、その舞台裏を明かす 「『もうやりたくない、辞める、ギブアップ』という感じだったが…」

ウェストハムのイングランド代表MFジェシー・リンガードが今日の復活劇に至るまでの舞台裏を明かした。イギリス『talkSPORT』が報じている。 ここ数年、マンチェスター・ユナイテッドで鳴りを潜め、イングランド代表からも遠ざかる日々が続いたリンガードだが、今年1月からレンタルでウェストハム入りすると、プレミアリーグ10試合の出場で9得点4アシストのハイパフォーマンスを披露。先の代表ウィークで久々のスリーライオンズ復帰も遂げた。 そんなリンガードだが、ここ数年にわたり、うつ病を患う母親の看病で自身のメンタルもフットボールに集中できるほど余裕がなく、新たな人生を歩むことも頭をよぎったようだ。『YouTube』のトークショー『Presenting』で当時の苦悩を明かした上で、ロックダウンの期間が良い分岐点となったと話した。 「あのロックダウン中にあっさり(フットボールを)辞めようとした。『もうやりたくない、辞める、ギブアップ』という感じだったんだ」 「でも、僕の中での戦いがいつも僕を生き返らせてくれた。だから、辞めるんじゃなく、小休止といった感じだった。ベンチに座って満足している自分がいたが、それは僕らしくない」 「心ここにあらずだった。全然集中できておらず、他のことに気を取られ、すべてを溜め込んでいる状態で、フットボールをしようとしてもできなかったんだ」 「夜8時に試合がある際も午後にホテル入りしてから2時から4時まで寝て、陽の光を浴びず、カーテンを閉めたまま暗闇のなかで目を覚す日もあった」 「だから、医者から『起きたらまずカーテンを開けなさい』と言われたりもした。ちょっとしたことだが、それだけでも変わるものなんだ」 「前の僕は同じ人間じゃなかったような気がする。今のジェシー・リンガードとは別人のような感じがね。フットボールの試合も僕の前を過ぎ去っていくような気がして、ただそこにいたくなかった」 「クレイジーだったね。試合を見返しても、『これは自分じゃない、僕のプレーじゃない』と思ってしまうんだ。ワールドカップに出たときの試合を振り返ったりしてみて、何かを変えていく必要があると実感した」 「だから、ユナイテッドに心を開いて、僕だったり、母の状況を話させてもらった。ドクターにも助けてもらってことで、ロックダウン中に自分の頭のなかを整理することができたんだ」 「ロックダウンの期間はある意味、僕を変えた。ワールドカップや昔の試合を振り返ると、『ああ、これがジェシー・リンガードなんだ』と思う。2、3年前の僕は全然らしくなかった」 2021.04.23 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ブルーノにとってのポグバとは? 絶大な信頼を寄せる

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがフランス代表MFポール・ポグバに対する絶大な信頼を口にした。クラブ公式サイトが伝えている。 2019年冬にスポルティング・リスボンから加入して以降、瞬く間にユナイテッド攻撃陣の絶対的存在となり、ポグバとも新たな中盤のホットラインを形成するB・フェルナンデス。度重なる故障で浮き沈みがあったポグバが戦列に復帰して以降、2人の存在感は増すばかりだ。 B・フェルナンデスとポグバの中盤を継続して使っていけるようになったチームも現在、今季初のプレミアリーグ5連勝中。そんな赤い悪魔をポグバとともに牽引するB・フェルナンデスだが、2人が一緒にプレーしたときの相乗効果は“こんなもんじゃない”と考えているようだ。 ファンとのQ&Aセッションに応じたB・フェルナンデスはポグバについて、フランス人MFをベストプレーヤーと評しつつ、良好な関係性であるのを強調した上で、「もっと良くなれる」と述べた。 「ポールとは昔から良い関係。彼とはイタリアで出会い、それから知っているんだ。もちろん、関係も良好だ」 「僕らはピッチ上でまだベストを披露できていないと思う。一緒にもっと良くなれる。相手が僕らを警戒してくれるようになり、今なら前よりも良いプレーができると思うんだ」 「相手がポール・ポグバとブルーノ・フェルナンデスがいるのを意識して、誰をマークすべきなのか、誰をフリーにしても大丈夫なのかを考えている状況はチームのためになる」 「僕らは一緒にプレーするのがチームの助けになるとわかっているから、それは僕らにとって最高の状況だ」 「最高の選手と一緒にプレーすれば、自分のベストを引き出せる。僕にとって、ポールとは最高の選手と一緒にプレーするのを意味するんだ」 「自分のベストを引き出せ、今のクオリティを発揮する助けになっている」 2021.04.23 09:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ESL撤退をファンと分かちあいたかったユナイテッドDF、間違えてCL優勝時のリバプールサポーターの画像を投稿してしまう

マンチェスター・ユナイテッドのU-21イングランド代表DFブランドン・ウィリアムズがSNSで恥ずかしい失態を犯した。イギリス『GIVE ME SPORT』が伝えている。 ユナイテッドは、欧州サッカー連盟(UEFA)のチャンピオンズリーグ(CL)やヨーロッパリーグ(EL)に対抗するものとして、計画されたヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)への参加を表明していたが、20日に撤退することを発表。キャプテンを務めるイングランド代表DFハリー・マグワイアも自身のSNSで撤退の判断を喜んでいた。 ユナイテッドの生え抜きで、昨シーズントップデビューを飾ったB・ウィリアムズもその流れに続き、「スーパーファン」というキャプションをつけ、自身のSNSにサポーターたちの画像を投稿した。 しかし、偶然にもB・ウィリアムズが選んだ写真は2004-05シーズンのCL優勝を祝うパレード中のリバプールサポーターの画像だったのだ。 さすがにまずいと思ったのか、B・ウィリアムズは投稿を削除し、画像をユナイテッドサポーターに差し替えたものを改めて投稿している。 B・ウィリアムズも思わず使いたくなってしまうほど、リバプールサポーターの熱量が凄まじいということだろうか。 <span class="paragraph-title">【画像】B・ウィリアムズが選んだのはCL優勝に沸くリバプールサポーターだった!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Brandon Williams posts a picture of LIVERPOOL&#39;S trophy parade to celebrate collapse of Super League <a href="https://t.co/25Kbe0CiFs">https://t.co/25Kbe0CiFs</a></p>&mdash; MailOnline Sport (@MailSport) <a href="https://twitter.com/MailSport/status/1384846928429600768?ref_src=twsrc%5Etfw">April 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.04.22 21:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドの会長がサポーターへ手紙、ESLの騒動を謝罪「伝統に十分な敬意を払うことができなかった」

マンチェスター・ユナイテッドの会長であるジョエル・グレイザー氏が、ファン・サポーターへ向けた手紙を綴った。クラブ公式サイトが伝えた。 2005年にマンチェスター・ユナイテッドのオーナーとなったグレイザー家。現在のオーナーであるジョエル・グレイザー氏は、ヨーロッパ・スーパーリーグ(ESL)の創設に大きく関与したと報じられている。 18日にヨーロッパの12クラブが参戦を表明したESLだが、周囲の大きな反発を受けることに。特に、各クラブのファン・サポーターやサッカーファンが大きな反発を見せていた。 そんな中、ユナイテッドは20日にESLからの撤退を表明。さらにCEO(最高経営責任者)のエド・ウッドワード氏が今年限りで退任が決定するなど、激動の数日間を送っていた。 そこから一夜明け、ユナイテッドを保有するグレイザー一族を代表し、ジョエル・グレイザー氏がサポーターへ手紙を送り、今回の騒動を謝罪した。 「この数日間、我々は皆、サッカーが生み出す大きな情熱と、この素晴らしいクラブに対するファンの深い忠誠心を目の当たりにしてきました」 「皆さんは、ヨーロッパ・スーパーリーグへの反対をとても明確にしました。そして、我々は耳を傾けました。我々はそれを間違えました。そして、我々は物事を正しくすることができることを示したいと思います」 「傷は生々しく、傷跡が治るまでには時間がかかることは承知しています。しかし、ファンとの信頼関係を再構築し、その信念を持って発信していただいたメッセージから学ぶことを心がけています」 「我々は、ヨーロッパのサッカーがピラミッド全体で長期的に持続可能になる必要があると引き続き信じています。しかし、我々はスーパーリーグがそれを実行する正しい方法ではなかったことを完全に受け入れます」 「試合のより安定した基盤を構築するために、我々はその深い伝統(昇格、降格、ピラミッド)に十分な敬意を払うことができませんでした。申し訳ありません」 「ここは世界最大のサッカークラブであり、ここ数日間、不安を与えてしまったことを心よりお詫び申し上げます」 「それを正すことが重要です」 「マンチェスター・ユナイテッドには豊かな伝統があり、その偉大な伝統と価値観を守る責任があることを認識しています」 「パンデミックは非常に多くのユニークな課題を投げかけました。そして、我々はマンチェスター・ユナイテッドと、マンチェスター市と世界中にいるファンが、この期間に巨大な圧力に反応した方法を誇りに思っています」 「また、あなた方は常にクラブの中心にいるので、ファンであるあなたと、より良いコミュニケーションをとる必要があることも認識しています」 「その背景には、サッカーかの他のステークホルダーとの関係を再構築し、サッカーのピラミッドが直面している長期的な課題の解決に向けて協力していくため、必要なステップを踏んでいけると確信しています」 「今の所、我々の優先事項は、すべてのチームをサポートし続け、シーズンを最高の形で終わることを目指すことです」 「最後になりますが、このクラブを素晴らしいものにしているのはあなた方のサポートであると認識し、感謝いたします」 2021.04.22 13:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ESL反対を表明した監督・選手をネビル氏が称賛「クロップたちは本当に勇気ある発言をしてくれた」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるギャリー・ネビル氏が、ヨーロッパ・スーパーリーグへの参加を画策した古巣を批判すると共に、反対の意思を表明した監督や選手を称えている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ユナイテッドは18日、欧州12のビッグクラブで構成されたヨーロッパ・スーパーリーグへの参加を公式表明。しかし、この一方的な決定はファンからの猛烈な反発を呼び、チームのFWマーカス・ラッシュフォード、MFブルーノ・フェルナンデス、DFルーク・ショー、DFハリー・マグワイアも反対の姿勢を示していた。 各方面からの反発を受け、ユナイテッドは20日にヨーロッパ・スーパーリーグ構想からの撤退を発表。同時に、参加を主導していたとされる副会長兼最高経営責任者(CEO)のエド・ウッドワード氏が、2021年末を持って退任すると発表された。 こうした状況に対して、ネビル氏はユナイテッドのオーナーであるグレイザー・ファミリーを批判。チームから去るべきだと語りつつ、二度と同じようなオーナーが現れないための制度作りが必要だと強調した。 「ジェイミー・キャラガーは、FSG(リバプールのオーナーグループ)はリバプールに居場所がないと話していた。そしてグレイザーも、マンチェスターにはもう居場所がないと思う」 「我々は、この国のオーナーシップのルールを変更して、このようなことが二度と起こらないシステム構築を行う必要がある。政府の介入、独立した規制機関、ファンによるクラブ所有のルール作成など何でもいいが、変化のきっかけにしていかなければならない」 「火曜日に集まったチェルシーのファン、月曜日のリーズやリバプールのファン、ソーシャルメディアの存在が大きかった。そしてこの国の6組のオーナーやヨーロッパの他のオーナーは、状況をひどく見誤っていたと思う。パンデミックの最中にあり、我々が落ち込んでいる間に、彼らは王冠を持って逃げようとしたのだ」 また、ネビル氏はクラブと意見が食い違ったとしても、恐れずヨーロッパ・スーパーリーグに否定的なコメントを残した監督や選手たちを称賛。ひとまずは喧騒が収まることを喜んでいる。 「昨晩のジェームズ・ミルナーはよくやった。ユルゲン・クロップも本当に勇気ある発言をしてくれたと思う。ショー、ラッシュフォード、マグワイアも見事な振る舞いだった。パトリック・バンフォードやあの(スーパーリーグ反対を表明する)シャツを着たリーズの選手たちもよくやったよ。全国のファンの皆、本当にお疲れ様。こんなことは、もうたくさんだ」 2021.04.21 14:25 Wed
twitterfacebook

順位表

得点ランキング