鈴木陽 SUZUKI Haruhi

ポジション FW
国籍 日本
生年月日 1999年09月03日(24歳)
利き足
身長 168cm
体重 60kg
ニュース
ニュース一覧

東京NBが連覇の浦和を追い込むも清家貴子が劇的同点弾! 13連勝でストップも1敗を守り連覇に花を添える【WEリーグ】

25日、2023-24WEリーグの最終節が行われた。 すでに三菱重工浦和レッズレディースの連覇が決まっているWEリーグ。2位はINAC神戸レオネッサと日テレ・東京ヴェルディベレーザが争う形となっている。 勝ち点差「1」の争いとなった中、3位の東京NBは連覇を果たした浦和と対戦した。 試合は9分、東京NBは最終ラインからビルドアップしようとしたところ、高橋はなから鈴木陽がボールを奪い切り、そのまま無人のゴールへ蹴り込み東京NBが先制。さらに23分には右CKから村松智子がダイビングヘッド。これが決まり、東京NBがリードを広げる。 それでも浦和は40分、島田芽依の縦パスに対して清家貴子が抜け出してGKとの一対一を決めて4試合連続ゴール。浦和が1点を返すが、43分には右サイドからの鈴木のクロスを浦和がクリアできないと、菅野奏音が抜け出し、GK池田咲紀子もかわしてゴール。東京NBが2点リードで前半を折り返す。 13連勝中の浦和は最後を綺麗に終えたいところ。すると69分に右CKからニアで高橋がフリック。これをボックス内で収めた長船加奈がWEリーグ初ゴールで1点差に詰め寄る。 浦和は前日に現役引退を発表したGK鈴木佐和子を86分に投入。ラストマッチでピッチに立たせた中、このままでは負けてしまう浦和にドラマが。アディショナルタイム1分、ボックス内へのロングボールが蹴り込まれると、石川璃音が競り勝ち、伊藤美紀がつなぐと、最後は清家が蹴り込み同点に。海外への移籍を果たす清家が今季のゴールを20にのばし、3-3の引き分けに終わった。 3位の東京NBが引き分けたことで2位が確定したI神戸は6位の大宮アルディージャVENTUSとアウェイで対戦。大宮Vは今季限りで引退するDF鮫島彩や退団が決まっているGK望月ありさ、DF有吉佐織、MF上辻佑実も先発出場する。 立ち上がりに大宮Vが攻め込んで行ったが、先制したのはI神戸。34分に敵陣で横パスを奪った愛川陽菜がロングシュートを決め切り、I神戸が先制する。 I神戸は40分、土光真代からのロングボールに反応した田中美南が裏に抜け出し、そのまま冷静に決め切り、I神戸がリードを広げる。 大宮は引退を発表したMF田嶋みのりや退団が決まっている坂井優紀も途中からピッチに送り出したがゴールは奪えず。0-2でI神戸が勝利を収めた。 下位2チームの対戦となった11位のAC長野パルセイロ・レディースvs12位のノジマステラ神奈川相模原は2-3でN相模原が勝利。AC長野は2点ビハインドも、終盤に粘り。86分に1点を返すと、アディショナルタイム2分には、今季限りで退団となる途中出場のMF大久保舞がゴールを奪い、同点に追いつく劇的な展開に。 勝ち点1の置き土産かと思われたがアディショナルタイム6分に更なるドラマが。ボックス手前でN相模原がFKを獲得すると、サインプレーから最後は根府桃子のシュートをGK伊藤有里彩がキャッチできず、N相模原が劇的な勝利を収めた。 その他、4位のアルビレックス新潟レディースはアウェイでマイナビ仙台レディースに1-3で勝利。5位のサンフレッチェ広島レジーナはホームでセレッソ大阪ヤンマーレディースに1-0で勝利。8位ジェフユナイテッド千葉レディースは7位ちふれASエルフェン埼玉に1-0で勝利し、最後に6位に順位を上げた。 ◆2023-24WEリーグ最終節 ▽5/25(土) マイナビ仙台レディース 1-3 アルビレックス新潟レディース 三菱重工浦和レッズレディース 3-3 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 大宮アルディージャVENTUS 0-2 INAC神戸レオネッサ ジェフユナイテッド千葉レディース 1-0 ちふれASエルフェン埼玉 AC長野パルセイロ・レディース 2-3 ノジマステラ神奈川相模原 サンフレッチェ広島レジーナ 1-0 セレッソ大阪ヤンマーレディース ◆順位表(第21節 終了時) 1位:三菱重工浦和レッズレディース(勝ち点57/+38/22試合) 2位:INAC神戸レオネッサ(勝ち点49/+27/22試合) 3位:日テレ・東京ヴェルディベレーザ(勝ち点46/+29/22試合) 4位:アルビレックス新潟レディース(勝ち点41/+8/22試合) 5位:サンフレッチェ広島レジーナ(勝ち点31/+1/22試合) 6位:ジェフユナイテッド千葉レディース(勝ち点25/-5/22試合) 7位:大宮アルディージャVENTUS(勝ち点25/-15/22試合) 8位:ちふれASエルフェン埼玉(勝ち点23/-9/22試合) 9位:セレッソ大阪ヤンマーレディース(勝ち点21/-12/22試合) 10位:マイナビ仙台レディース(勝ち点21/-18/22試合) 11位:AC長野パルセイロ・レディース(勝ち点18/-19/22試合) 12位:ノジマステラ神奈川相模原(勝ち点13/-25/22試合) 2024.05.25 18:40 Sat

首位浦和が11連勝&5連続クリーンシートで連覇に前進! 2位INAC神戸もしっかり勝利で追走【WEリーグ】

2023-24WEリーグ第18節が2日、3日に行われた。 首位の三菱重工浦和レッズレディースを追いかける2位のINAC神戸レオネッサはホームに5位のちふれASエルフェン埼玉を迎えた。 1試合消化が少ないながらも首位を追いかけるI神戸は負けられない戦いに。試合はI神戸が支配して進んでいく。右サイドを中心に仕掛けると13分、守屋都弥のパスを相手をいなして受けた田中美南がロングシュート。今季7ゴール目が決まりI神戸が先制する。 EL埼玉は耐えながらも攻勢に出るがゴールは奪えず。こう着状態のまま後半に入ると66分には山本摩也の左CKからのクロスを北川ひかるがヘッドで合わせて追加点。78分には守屋がカットインから左足でクロス。これをボックス内で髙瀬愛実がヘディングで合わせて3点目。3-0で勝利を収めた。 前節は大宮アルディージャVENTUに7ゴールを奪った4位の日テレ・東京ヴェルディベレーザは、ホームに3連勝中の3位アルビレックス新潟レディースを迎えた。 上位対決となったこの一戦。序盤から東京NBが押し込んでいくが、新潟Lの堅い守備の前にゴールを奪えず。それでも前半アディショナルタイムに藤野あおばがドリブルを仕掛けると鈴木陽がつないで、最後は坂部幸菜が決めて東京NBがリードして後半を迎える。 後半はリードしている東京NBが押し込みチャンスを作っていくが、フィニッシュの精度を欠いてしまい追加点が奪えず。新潟Lは70分にパスに抜け出した杉田亜未がGKと一対一となるが野田にながセーブする。それでも80分、FKを獲得した新潟Lは上尾野辺めぐみのクロスをニアで山谷瑠香がフリック。これに三浦紗津紀が飛び込んでネットを揺らした。 終盤に追いついが新潟L。しかし88分、東京NBはPKを獲得すると藤野が中央にシュート。GK平尾知佳は触るもネットを揺らし、東京NBが勝利し勝ち点3を積み上げた。 現在10連勝、首位を走り連覇に向かっていく三菱重工浦和レッズレディースは、9位のセレッソ大阪ヤンマーレディースと対戦。ホームゲームとなった戦いは、浦和が強さを見せた。 立ち上がり8分にはC大阪がカウンター。田中智子がDFをかわしてGKとの一対一となるが、シュートはクロスバーに嫌われる。 ピンチを凌いだ浦和は34分にビッグチャンス。裏に抜け出した清家貴子が持ち込んでボックス内からシュートもGK山下莉奈がセーブする。しかし、これで得たCKから塩越柚歩のクロスを島田芽依がヘッド。伊藤美紀が触れないものの、そのままゴールに入り、浦和が先制する。 1点リードで迎えた後半は、なかなかこう着状態となる中72分、C大阪はカウンター。矢形海優が持ち出しラストパス。高和芹夏がボックス内で良い形でボールを受けたが、シュートがもたつきネットを揺らせない。 すると85分、浦和はボックス内を遠藤優が仕掛けるとハンドでPKを獲得。これを清家がゴール右にしっかりと沈めて追加点。今季16ゴール目を決め、2-0で浦和が勝利。また一歩連覇に前進した。 その他、7位サンフレッチェ広島レジーナは10位AC長野パルセイロ・レディース相手に2-0で勝利を収めて6位に浮上した。 ◆2023-24WEリーグ第18節 ▽5/2(木) INAC神戸レオネッサ 3-0 ちふれASエルフェン埼玉 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2-1 アルビレックス新潟レディース ジェフユナイテッド千葉レディース 1-1 ノジマステラ神奈川相模原 ▽5/3(金・祝) 大宮アルディージャVENTUS 0-0 マイナビ仙台レディース 三菱重工浦和レッズレディース 2-0 セレッソ大阪ヤンマーレディース サンフレッチェ広島レジーナ 2-0 AC長野パルセイロ・レディース ◆順位表(第18節終了時) 1位:三菱重工浦和レッズレディース(勝ち点50/+35/19試合) 2位:INAC神戸レオネッサ(勝ち点43/+26/18試合) 3位:アルビレックス新潟レディース(勝ち点38/+10/19試合) 4位:日テレ・東京ヴェルディベレーザ(勝ち点36/+24/18試合) 5位:ちふれASエルフェン埼玉(勝ち点23/-5/18試合) 6位:サンフレッチェ広島レジーナ(勝ち点22/-1/18試合) 7位:大宮アルディージャVENTUS(勝ち点22/-13/18試合) 8位:ジェフユナイテッド千葉レディース(勝ち点18/-6/18試合) 9位:マイナビ仙台レディース(勝ち点16/-17/18試合) 10位:セレッソ大阪ヤンマーレディース(勝ち点15/-12/18試合) 11位:AC長野パルセイロ・レディース(勝ち点15/-15/18試合) 12位:ノジマステラ神奈川相模原(勝ち点6/-26/18試合) 2024.05.03 22:55 Fri

C大阪、WEリーグ歴代2位の入場者数6651人を記録!今季のカップ戦決勝超え

21日、2023-24WEリーグ第16節、セレッソ大阪ヤンマーレディースvs日テレ・東京ヴェルディベレーザがヨドコウ桜スタジアムで行われ、雨天にも関わらず、WEリーグ歴代2位となる6651人の来場者数を記録した。 今季からWEリーグに参入したC大阪は、今節を除いたホームゲーム全11試合(カップ戦含む)の平均入場者数が2195人と、これまでも高い集客力を誇っている。 なお、過去最多は2021-22 Yogibo WEリーグ第21節、国立競技場での開催となったINAC神戸レオネッサvs三菱重工浦和レッズレディースの12330人。純粋なホームスタジアムでの開催試合としては、過去最多となった。 試合はC大阪がボールを握られる中でも粘りの守備を見せ、37分には相手のビルドアップミスから百濃実結香に決定機が到来し、会場を沸かす。 75分には鈴木陽に先制点を奪われたが、4分後の速攻から荻久保優里のクロスに脇阪麗奈が頭で合わせて同点に。ホームの声援を受け、勝ち点「1」をもぎ取った。 ◆WEリーグ歴代最多入場者数5傑 1位:12330人(2021-22第21節 INAC神戸レオネッサvs三菱重工浦和レッズレディース@国立競技場) 2位:6651人(2023-24第16節 セレッソ大阪ヤンマーレディースvs日テレ・東京ヴェルディベレーザ@ヨドコウ桜スタジアム) 3位:5306人(2023-24第2節 マイナビ仙台レディースvsINAC神戸レオネッサ@ユアテックスタジアム仙台) 4位:4905人(2022-23第21節 三菱重工浦和レッズレディースvs大宮アルディージャVENTUS@浦和駒場スタジアム) 5位:4619人(2023-24第8節 サンフレッチェ広島レジーナvsアルビレックス新潟レディース@エディオンピースウイング広島) 参考:6261人(2023-24 WEリーグカップ決勝 サンフレッチェ広島レジーナvsアルビレックス新潟レディース@等々力陸上競技場) <span class="paragraph-title">【動画】ホームの大観衆の前でC大阪・脇阪麗奈が意地の同点弾!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="2MmRtblXj_Y";var video_start = 104;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.21 21:45 Sun

清家貴子が10試合連続得点の浦和、リーグ記録タイの9連勝で首位堅持!C大阪vs東京NBにはWE歴代2位の6651人が来場【WEリーグ】

21日、2023-24WEリーグ第16節の6試合が各地で行われた。 前節から中2日で行われる3連戦の最終戦。首位の三菱重工浦和レッズレディースは9位マイナビ仙台レディースとアウェイで対戦し、3-0で勝利を収めた。 15分に栗島朱里のWE初ゴールで試合を動かすと、50分には伊藤美紀が7試合ぶりのゴールを決めてリードを広げる。 74分には清家貴子が記録更新となる10試合連続ゴールを挙げ、首位堅持の9連勝。昨季浦和自身が残したWEリーグ記録に並んだ。 直近2試合を1分け1敗で浦和との勝ち点差が「7」にまで開いた2位INAC神戸レオネッサは、未勝利続く最下位ノジマステラ神奈川相模原の敵地に乗り込み、3試合ぶりの白星を手にした。 大賀理紗子負傷の隙を突いて37分に守屋都弥が試合を動かすと、折り返しての67分には2列目から飛び出した成宮唯が追加点を奪い、73分には髙瀬愛実がPKを沈めて3-0で勝利を収めた。 一方、N相模原はワーストタイとなる今季2度目の5連敗。昨季から24試合勝利なしと苦境が続いている。 逆転優勝に望みをつなげたい3位アルビレックス新潟レディースは、道上彩花のPKを皮切りに、石田千尋と園田瑞貴には今季初ゴールが誕生。WE参入後はクラブ最多タイとなる4得点を挙げ、11位AC長野パルセイロ・レディースに4-1と快勝。3点差を付けての勝利も、クラブにとっての最大点差となった。 敗れたAC長野はクラブワースト更新の8試合未勝利と、N相模原同様、こちらも苦しいシーズンを送っている。 ヨドコウ桜スタジアムで行われた10位セレッソ大阪ヤンマーレディースvs4位日テレ・東京ヴェルディベレーザには、WE歴代2位の6651人が来場。押し込み続けた東京NBが鈴木陽のゴールで75分に均衡を破ったが、C大阪もその4分後にキャプテン脇阪麗奈が意地のヘディング弾を挙げ、1-1の引き分けに終わった。 堅守速攻にポジショナルプレーを加え、進化を続ける7位ちふれASエルフェン埼玉は、新加入選手の早期フィットで調子を上げる6位サンフレッチェ広島レジーナとホームで対戦。 EL埼玉が吉田莉胡のPKで29分に試合を動かせば、S広島Rも55分に小川愛のリーグ戦初ゴールで同点に追い付く。 決勝点は76分、左ウイングバックで先発し、後半からは3ボランチの一角へ入った金平莉紗のスルーパスに吉田が抜け出し、一対一を制した。 また、5位大宮アルディージャVENTUSvsジェフユナイテッド市原・千葉レディースの一戦はゴールレスドローに終わっている。 ◆2023-24WEリーグ第16節 セレッソ大阪ヤンマーレディース 1-1 日テレ・東京ヴェルディベレーザ マイナビ仙台レディース 0-3 三菱重工浦和レッズレディース アルビレックス新潟レディース 4-1 AC長野パルセイロ・レディース ちふれASエルフェン埼玉 2-1 サンフレッチェ広島レジーナ ノジマステラ神奈川相模原 0-3 INAC神戸レオネッサ 大宮アルディージャVENTUS 0-0 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース <span class="paragraph-title">【動画】清家貴子の10試合連続得点含む3ゴールで浦和が快勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="8puvhlvZqa0";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.21 17:25 Sun

途中出場選手の躍動で東京NBが未勝利続くN相模原に逆転勝ち!松田紫野が同点ゴール演出、山本柚月がダメ押し弾【WEリーグ】

18日、2023-24 WEリーグ第15節の日テレ・東京ヴェルディベレーザvsノジマステラ神奈川相模原が味の素フィールド西が丘で行われ、ホームの東京NBが3-1で勝利を収めた。 前節は2位のINAC神戸レオネッサと好ゲームを展開するも、ドローで上位追走へは足踏みとなった4位の東京NB。一方のN相模原も3試合連続無得点の3連敗で、未だ今季勝利なしと、苦しい戦いが続いている。 3連戦の中日へは両チームともに前節からスタメンをいじり、東京NBは6人、N相模原は4人を入れ替えた。 両者はウインターブレイク明け直後に対戦し、東京NBが2-0で勝利。リーグ戦では対N相模原戦5戦5勝、いずれも複数得点と好相性を誇る。 序盤は東京NBのボール保持が続き、3分には[3-4-1-2]のトップ下に入った藤野あおばが、切れ込んでの右足を見せる。[4-4-1-1]のN相模原も前2人、笹井一愛と南野亜里沙が、東京NBのボランチに睨みを効かせ、徐々にパスを引っ掛け始めるが、東京NBも切り替えが早く、奪ったボールをつなげない。 そのプレスにも慣れ始めた東京NBのポゼッションが再び増加するも、アタッキングサードでのアイデアを欠いてこう着状態が続くと、ワンチャンスを生かしたN相模原が37分に試合を動かす。 機を見て攻撃参加した大賀理紗子が持ち運び、浜田芽来、榊原琴乃を経由して再び右に開いた大賀へ。クロスに浜田が頭で触り、シュートにはならなかったが、クリアされたボールをゴール正面から南野が蹴り込み、ネットを揺らした。 追い掛ける展開となった東京NBはハーフタイムに3枚替えを決行。池上聖七、柏村菜那、土方麻椰に代わり、松田紫野、松永未夢、山本柚月がピッチに立つ。 48分には神谷千菜のボレーがGKを強襲し、53分には相手CKをしのいでカウンターから藤野のクロスに山本が飛び込む。鈴木陽も投入し、さらにクロス攻勢の圧力を高めると74分、松田のクロスが相手のオウンゴールを誘発し、ついに試合を振り出しに戻す。 さらにその6分後、松永がドリブルでのボックス侵入を図ると、これは阻まれるも、こぼれ球を拾った藤野がボックス手前で相手をかわし、右足を一閃。左隅へと逆転ゴールを突き刺した。 勢いの止まらないホームチームは84分、右サイド深い位置でボールを受けた山本がカットインからの技あり左足フィニッシュを流し込み、一気呵成にリードを広げてそのままタイムアップ。交代選手が役割を果たし、逆転勝ちで優勝へ望みをつなげた。 一方、急転の劣勢となったN相模原は育成組織ドゥーエ出身の木竜有姫がWEリーグデビューを果たしたものの、流れを変えることはできず。失意の逆転負けでまたもトンネルを抜け出せなかった。 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3-1 ノジマステラ神奈川相模原 【東京NB】 オウンゴール(74分) 藤野あおば(80分) 山本柚月(84分) 【N相模原】 南野亜里沙(37分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】途中出場選手が絡み東京NBがN相模原に逆転勝ち!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="z-82AU8q9-I";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.18 20:05 Thu

アメリカ遠征帰りの浦和・清家貴子が8試合連続ゴールで首位堅持! I神戸vs東京NBの強豪対決はゴールレスドロー、3位・新潟Lは5位・大宮Vに敗れる【WEリーグ】

14日、2023-24WEリーグの第14節が各地で行われた。 首位に立つ三菱重工浦和レッズレディース(勝ち点35)は、ホームで最下位のノジマステラ神奈川相模原(勝ち点2)と対戦した。 なでしこジャパンとしてアメリカ遠征に参加していた浦和のMF清家貴子は先発出場。リーグ8試合連続ゴールを目指してプレーした。 試合は27分、FKからパスを繋ぐと、清家からのダイレクトパスをボックス手前で受けた塩越柚歩は、ターンしながらボックス内左でループシュート。サイドネットを揺らし、浦和が先制する。 見事なテクニックを見せた塩越のゴールで先制した浦和。N相模原は圧力をかけていくが、浦和は危なげなく試合を進めていく。 浦和の1点リードで迎えた後半だが、60分に清家がやってのけた。キレのあるプレーを見せ続けていた中、右CKから塩越がクロス。これをボックス内で清家がヘッド。これが決まり、WEリーグ8試合連続ゴールを達成し、新記録をさらに更新した。 結局そのまま浦和が2-0で勝利。首位をキープした。 2位のINAC神戸レオネッサ(勝ち点33)は4位の日テレ・東京ヴェルディベレーザ(勝ち点25)とホームで対戦した。 I神戸はなでしこジャパンの活動に参加したGK山下杏也加、DF守屋都弥、MF北川ひかる、FW田中美南が先発出場。東京NBのFW藤野あおばはベンチスタートとなった。 首位の浦和と優勝争いをしている中で、強豪との対戦を迎えたI神戸と、上位に行くには勝利が必要な東京NBの対戦。開始1分で成宮唯がミドルシュート。クロスバーを叩くなどした中、その後の序盤は東京NBが主導権を握っていく。それでもI神戸が徐々に盛り返し、前半は主導権を握っていき、田中、成宮らがゴールに迫るが得点を奪えない。 ゴールレスで迎えた後半は、藤野が出場。すると一転して東京NBが主導権を握っていく展開に。北村菜々美、鈴木陽、土方麻椰とシュートを放っていくが枠をとらえられない。 さらに78分にビッグチャンス。ロングボールが流れると、ボックス内で受けた鈴木がGKとの一対一でシュート。しかし、山下が立ちはだかりゴールを奪わせない。 東京NBが押し込む中I神戸は86分にチャンス。北川が左サイドで相手2人の間を突破しクロス。クリアが小さくなったところを成宮がそのまま蹴り込むが、DFに当たって枠を外れる。 アディショナルタイム3分にはI神戸がFKのチャンスを得ると、北川がボール前へクロス。これを最後は田中が押し込もうとするがオフサイドの判定に。0-0のゴールレスドローとなり、両者にとって手痛い勝ち点1となった。 また、3位のアルビレックス新潟レディース(勝ち点29)は5位の大宮アルディージャVENTUS(勝ち点17)を迎えての試合。上位を追いかけていきたい中で勝利が必要だったが、0-0で迎えた55分に有吉佐織が決めて大宮Vが先制。そのまま0-1で大宮Vが勝利した。 ◆2023-24WEリーグ第14節 ジェフユナイテッド市原・千葉レディース 2-0 AC長野パルセイロ・レディース アルビレックス新潟レディース 0-1 大宮アルディージャVENTUS マイナビ仙台レディース 1-2 サンフレッチェ広島レジーナ 三菱重工浦和レッズレディース 2-0 ノジマステラ神奈川相模原 セレッソ大阪ヤンマーレディース 0-1 ちふれASエルフェン埼玉 INAC神戸レオネッサ 0-0 日テレ・東京ヴェルディベレーザ <span class="paragraph-title">【動画】清家貴子が前人未到の8試合連続ゴールを継続!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="-7Mlmk1b7J0";var video_start = 114;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.04.14 18:15 Sun

東京NBがマイ仙台に3発快勝で今季初の3連勝!先発返り咲きの鈴木陽が2試合連続弾【WEリーグ】

2023-24 WEリーグ第13節、日テレ・東京ヴェルディベレーザvsマイナビ仙台レディースが30日に味の素フィールド西が丘で行われ、ホームの東京NBが3-0で勝利を収めた。 今季初の3連勝を狙う4位東京NB(勝ち点22)と、こちらも今季初の連勝を目指す6位マイ仙台(勝ち点14)。 東京NBは序盤、前節途中出場で決勝点を挙げ、2試合ぶりに先発復帰の鈴木陽が、山本の斜めのスルーパスに飛び込むが、わずかに届かず。36分にも右サイドを攻略して藤野あおばがクロスを送ると、ニアで神谷千菜が惹きつけ、ファーの鈴木がダイビングヘッドで合わせるが、枠を捉えられない。 ボールを握る東京NBは42分に試合を動かす。センターサークル右でパスを受けた木下桃香が長い距離をドリブルで運び、ボックス右まで侵入すると、右外を追い越した坂部幸菜を囮にして、自らシュート。果敢な一振りは相手に当たってコースが変わり、ゴール右隅へ吸い込まれた。 折り返しての60分には、この日再三好機が訪れていた32番についにゴールが生まれる。 東京NBは、相手GKのフィードをセンターサークル内で跳ね返し、木下がシンプルに縦へ付けると、ワンタッチで前を向いた鈴木が1つ持ち出してバイタルエリアから右足を一閃。シュートは左ポストを叩いてゴールに吸い込まれた。 リードを広げたホームチームは、68分にも波状攻撃から加点する。鈴木がボックス内で粘り、途中出場の岩﨑心南が引き取って左足の一撃。今季初得点をマークする。 3試合連続で途中出場選手がゴールを記録した東京NBは、84分にも岩﨑のループシュートがクロスバー、追加タイム3分には岩清水梓、土方麻椰のシュートが枠を叩くなど、攻撃の手を緩めず。守ってもマイ仙台のシュートを後半はゼロに抑え、快勝で今季初の3連勝を飾っている。 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 3-0 マイナビ仙台レディース 【東京NB】 木下桃香(42分) 鈴木陽(60分) 岩﨑心南(68分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】東京NBが3得点を奪いマイ仙台に快勝!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XWEz6j9HEAw";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.30 17:05 Sat

鈴木陽の加入後初ゴールで東京NBがS広島Rに劇的勝利!前節に続き途中出場選手が結果残す【WEリーグ】

24日、2023-24 WEリーグ第12節の日テレ・東京ヴェルディベレーザvsサンフレッチェ広島レジーナが味の素フィールド西が丘で行われ、ホームの東京NBが2-1で勝利を収めた。 互いに前節は勝利を収め、連勝を期して臨んだ4位・東京NB(勝ち点19)と8位・S広島R(勝ち点12)。藤野あおばと中嶋淑乃、なでしこジャパンのアタッカーを擁する両チームの一戦は、序盤から東京NBがボールを握って押し込み続け、8分には縦パス2本で試合を動かす。 坂部幸菜がインターセプトから持ち上がり、下りてきた藤野へ預けると、続く縦パスを受けた北村菜々美がペナルティアーク右からコースを突いた右隅への一撃を沈め、東京NBがリードを奪った。 なおも攻勢続く東京NBは15分、右からのクロスに宮川麻都が飛び込むが、渾身のヘディングシュートはGK木稲瑠那にセーブされる。以降も怒涛の攻撃を見せた東京NBだったが、追加点を奪えずにいると、63分にはインターセプト後に中嶋の残り足に引っ掛かった宮川が、転倒時に左肩を負傷。プレー続行不可能となり、岩﨑心南との交代を余儀なくされ、不穏な空気が漂うと、76分に試合は振り出しに戻る。 S広島Rは右ポケットへ抜け出した上野真実がGK野田になに倒されてPKを獲得すると、これを短い助走から上野自らGKの逆を突いて沈めた。 追い付かれた東京NBは79分、神谷千菜に代えて鈴木陽を投入。この策が的中する。 88分、藤野が右へ散らして岩﨑がクロスを送ると、U20 AFC女子アジアカップ帰りの土方麻椰が胸トラップからのボレーシュート。GKがこぼしたボールに鈴木が頭から飛び込み、値千金の勝ち越しゴールをマークした。 今冬にオルカ鴨川から加入した昨季のなでしこリーグの最優秀選手、板橋区出身・鈴木のゴールで再びリードを奪った東京NB。2試合連続で途中出場選手が結果を残し、2連勝を飾っている。 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 2-1 サンフレッチェ広島レジーナ 【東京NB】 北村菜々美(8分) 鈴木陽(88分) 【S広島R】 上野真実(76分)[PK] <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】鈴木陽のWE初ゴールで東京NBがS広島Rに劇的勝利!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="bq-Q9IBbN5E";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.24 16:35 Sun

攻勢続いた東京NB、途中出場・神谷千菜のヘディング弾で大宮Vを下し3試合ぶり白星!【WEリーグ】

20日、2023-24 WEリーグ第11節の大宮アルディージャVENTUS vs 日テレ・東京ヴェルディベレーザがNACKスタジアム大宮で行われ、アウェイの東京NBが1-0で勝利を収めた。 前節の勝利で5位まで浮上した大宮V(勝ち点14)と、2試合未勝利で4位に足踏みの東京NB(勝ち点16)。 大宮Vは勝てば順位をひっくり返せる一戦だったが、戦前の予想通り、ボール保持の時間が続くのは東京NB。新たな[3-5-2]をマイナーチェンジした[3-4-2-1]を採用した今節は、サイドにおける攻守の役割も明確となった。 前半も半ばを過ぎるとハーフコートゲームの様相を呈し、23分には細かいパスワークから、その1分後には宮川麻都のクロスから、2試合ぶりの先発となった鈴木陽に好機が訪れる。 大宮Vはコンパクトな守備ブロックで粘り強く対応し、時には前線2枚も下がるなど割り切ることで、カウンターの数は限られたが、無失点で前半を切り抜けた。 折り返しての後半も東京NBが主導権を握り、51分には木下桃香が左ポスト直撃のミドルシュート。欠けていた選択肢を提示する。 さらに選手交代も駆使して攻勢を強める東京NBは78分、ついに均衡を破る。右サイドでボールを持った藤野あおばが対峙相手をずらしてシンプルにクロスを送ると、途中出場の神谷千菜が乗松瑠華と競り合ながら体を倒しながらのヘディングシュート。難しい体勢ながらもきれいに合わせ、ネットを揺らした。 先制を許した大宮Vも87分、仲田歩夢のFKに途中出場の平井杏幸が頭で合わせるが、わずかに右へ逸れる。 東京NBは追加点こそ奪えなかったものの、クリーンシートでタイムアップを迎え、3試合ぶりの白星を手にして前半戦を折り返すこととなった。一方の大宮Vはトップ4入りの機会を逃し、4勝2分け5敗での折り返しとなった。 大宮アルディージャVENTUS 0-1 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 【東京NB】 神谷千菜(78分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】神谷千菜の技ありヘディング弾で東京NBが大宮Vを下す!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="I55bhx_jAG4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.20 15:10 Wed

連戦初戦はC大阪が先制も東京NBが山本柚月のゴールで追い付きドロー、勝ち点1を分け合う【WEリーグ】

16日、2023-24 WEリーグ第10節の日テレ・東京ヴェルディベレーザvsセレッソ大阪ヤンマーレディースが味の素フィールド西が丘で行われ、1-1の引き分けに終わった。 4位・東京NB(勝ち点15)は前節、アルビレックス新潟レディースとの上位対決を0-1で落とし、10位・C大阪(勝ち点10)も三菱重工浦和レッズレディースに0-4で敗れた。 互いにリバウンドメンタリティが試されるなかで、東京NBは岩清水梓が今季リーグ戦初先発を飾り、なでしこジャパンのGK田中桃子も7試合ぶりにスタメン復帰。C大阪も田中智子が3試合ぶりにスタメンに名を連ねた。 序盤から果敢なプレッシングを披露したのはC大阪。前節の悪いイメージを払拭する立ち上がりで、6分には左クロスから、15分には相手のパスミスを誘発して百濃実結香が連続してのシュートを放つ。対する東京NBもその3分後、木下桃香とのワンツーから右ポケットをとった宮川麻都、荻久保優里にブロックされたこぼれ球を山本柚月と、両チームが色を出してゴール前でのシーンを作り出す。 試合が動いたのは21分、C大阪は田中智子が先発起用に応える。脇阪麗奈のスルーパスに中央から斜めのランニングで反応し、ボックス右へ侵入すると、GKとの一対一を制し、右隅へと流し込んだ。 今季のリーグ戦で初めて前半に失点を喫した東京NBだが、徐々に相手陣内でのプレーを増やし、23分には古巣対戦となる北村菜々美の鋭いクロスに神谷千菜と山本が飛び込むも、わずかに合わず。対するC大阪も36分、田中智子が右の高い位置で粘ってボールを残し、脇阪がつないで矢形海優に好機が到来するも、右足のシュートはかかってしまい、左へ外れた。 追い掛ける東京NBは後半、岩清水に代わって投入された池上聖七がスリーセンターの左に入り、ポゼッション時に意識的に高い位置を取ることで左から攻撃を活性化。後半開始直後の神谷のフィニッシュはGK山下の好セーブに阻まれ、51分の北村のシュートも荻窪にカバーされたが、61分にその池上の突破から同点弾を挙げる。 対角のフィードを敵陣左サイドで収めた池上は縦に仕掛け、中西ふうを振り切って低い弾道で折り返すと、山本が滑り込みながら合わせてネットを揺らした。 試合を振り出しに戻した東京NBはなおも攻勢が続き、74分には藤野あおばの右足ミドルがクロスバーを叩く。さらには板橋区出身、途中出場の鈴木陽にも波状攻撃から81分、池上のクロスから83分と決定機が訪れたが、シュートは枠を捉えらない。 追い付いて以降は圧倒した東京NBだったが、桜色の壁の前にあと一歩が遠く、C大阪も後半のアディショナルタイムに和田麻希がビッグチャンスを迎えたが、ヘディングは枠の左に外れ、同点のまま試合終了。両者勝ち点「1」を分け合っている。 日テレ・東京ヴェルディベレーザ 1-1 セレッソ大阪ヤンマーレディース 【東京NB】 山本柚月(61分) 【C大阪】 田中智子(21分) <span class="paragraph-title">【ハイライト動画】C大阪が先制も後半攻勢の東京NBが追い付いてドロー</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IAjC3lKmbc4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.03.16 15:02 Sat
もっと見る>