「ヤバすぎる」「天才かよ」空中での超絶アシストに海外衝撃「アシストの賞があるなら彼がもらうべき」

2023.12.06 19:30 Wed
ラトビア代表でもプレーするアルヴィス・ヤンゼムス
Getty Images
ラトビア代表でもプレーするアルヴィス・ヤンゼムス
ポーランドで生まれた空中での妙技が反響を呼んでいる。そのプレーが生まれたのは、11月末に行われたエクストラクラサ(ポーランド1部)第16節のポゴニ・シュチェチンvsスタル・ミエレツの一戦だ。
開始6分、スタル・ミエレツは左サイドからアーリークロスをあげると、ボックス内に走り込んだMFアルヴィス・ヤンゼムスがジャンプしながら、絶妙な落とし。完全にフリーになったFWイリヤ・シュクリンがゴールへと流し込んだ。

ポゴニ・シュチェチンのDFやGKは、ヤンゼムスが空中でパスを選択するとは思わずつられる形に。相手の意表を突く絶妙なアシストだった。

よく見ると、ヤンゼムスは空中で一度右足でトラップした後、左足に当てたボールを今度は右足のヒールで後ろのシュクリンに落としている。その一連のプレーを流れるように行っており、狙い通りのプレーだったようだ。
空中でもボールを自在に操るプレーは大きな話題となっていた中で、6日には『433』も改めてそのプレーの映像を公開。ファンからは「ヤバすぎる」、「天才かよ」、「ベストアシスト賞があるなら彼がもらうべき」、「魔法だ」と驚きの声が集まっている。

なお、試合はその後ホームのポゴニ・シュチェチンが一度逆転したものの、シュクリンが後半に2ゴール。ヤンゼムス擁するスタル・ミエレツが2-3で勝利している。


1 2
関連ニュース

隣で聞いていた南野拓実も思わず笑顔!大活躍の南野をチームメイトがロッカールームで大絶賛

モナコの日本代表MF南野拓実の活躍ぶりをチームメイトも称賛している。 25日、モナコはリーグ・アン第23節でRCランスとアウェイで対戦した。 [4-4-2]の右MFで先発出場した南野は、30分にウィサム・ベン・イェデルのシュートのこぼれ球を押し込みゴール。このゴールは後に相手GKのオウンゴールに訂正されたものの、その後もPKを獲得するなど躍動する。 そして、2-2で迎えた後半アディショナルタイムには、ボックス右から中央に切り込み左足一を閃。鋭いシュートをゴール左隅に突き刺し、チームを勝利に導くゴールを決めた。 モナコは公式SNSで試合直後の様子を公開。南野は「とっても嬉しい。とっても幸せ。あんなゴールを決めることはなかなかないから、自分でも驚いている。ゴールできて嬉しい」と興奮冷めやらぬ様子だった。 興奮していたのはチームメイトも同様。ドレッシングルームでは、ロシア代表MFアレクサンドル・ゴロビンが「MFの選手でいったい誰が2得点も決められる?」と“ほぼ”2ゴールだった南野を称賛。隣で聞いていた南野もどこか嬉しそうな表情を見せていた。 その様子には、ファンも「ゴロヴィンの反応がうれしい」、「南野くんいい笑顔」、「ゴロに認められてる感じも最高」、「ゴロちょっと前2ゴールしてたやん」と反応している。 “ほぼ”2ゴールに加えてPK奪取。ゴロビンが称賛するのも納得の活躍ぶりだった。 <span class="paragraph-title">【動画】ゴロビンの絶賛に南野もこの表情!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr">試合後、得点を決めた <a href="https://twitter.com/hashtag/%E5%8D%97%E9%87%8E%E6%8B%93%E5%AE%9F?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#南野拓実</a> へインタビュー<br>ゴロヴィンもびっくり<br><br> <a href="https://twitter.com/takumina0116?ref_src=twsrc%5Etfw">@takumina0116</a> <br><br> - <a href="https://twitter.com/hashtag/RCLASM?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RCLASM</a> <a href="https://t.co/a3eqGKmnAK">pic.twitter.com/a3eqGKmnAK</a></p>&mdash; AS モナコ (@as_monaco_jp) <a href="https://twitter.com/as_monaco_jp/status/1761773363062579469?ref_src=twsrc%5Etfw">February 25, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.26 19:25 Mon

そこまでする!?ナイキと契約するNBAのドンチッチが工夫を凝らしてアディダス製のレアルのユニフォームを着用!過去にマドリーのバスケチームに所属

NBAのダラス・マーベリックスでプレーするバスケットボール選手のルカ・ドンチッチが、スポンサーへの配慮をしながらレアル・マドリーのユニフォームを着用している。 NBA6年目を迎えた今季もMVP級の活躍を続けているドンチッチ。NBAを代表するスター選手だ。 そのドンチッチは、NBAに挑戦する19歳までレアル・マドリーのバスケットボールチームでプレー。幼少期にはサッカーチームのファンでもあったことで知られている。 そんなドンチッチの“古巣”愛は変わっていないようで、23日に行われたフェニックス・サンズ戦のスタジアム入りの際には、マドリーのサッカーチームの2023‐24シーズン3rdユニフォームを着用していた。 だが、ドンチッチが着ていたユニフォームにはちょっとした異変があった。 右胸にあるはずのユニフォームサプライヤーであるアディダスのロゴの上に黒のテープが貼られており、見えなくなっていたのだ。 実は、ドンチッチはアディダスのライバル企業であるナイキと契約中。そのため、基本的にはアディダス製品は着用できないが、何とか古巣のユニフォームを着用しようと考えたのがこの方法だったようだ。 そこまでしてマドリーのユニフォームを着たドンチッチの古巣愛は相当強そうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】そこまでする!?ドンチッチがアディダスのロゴを隠したレアル・マドリーのユニフォームで登場</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">“Get the back!” <a href="https://twitter.com/luka7doncic?ref_src=twsrc%5Etfw">@luka7doncic</a> rockin’ his own <a href="https://twitter.com/realmadrid?ref_src=twsrc%5Etfw">@realmadrid</a> kit <a href="https://t.co/DeyeOXYGrK">pic.twitter.com/DeyeOXYGrK</a></p>&mdash; Dallas Mavericks (@dallasmavs) <a href="https://twitter.com/dallasmavs/status/1760798141337452933?ref_src=twsrc%5Etfw">February 22, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.02.26 18:50 Mon

WEリーグ初代女王、INAC神戸のオーナーが電撃交代! 2023年には皇后杯で7度目の優勝果たした名門

INAC神戸レオネッサは26日、クラブの株式譲渡を発表した。 INAC神戸は、アイナックフットボールクラブ株式会社がクラブを保有していたが、全株式3,717株(100%)を大栄環境株式会社(本部:兵庫県神戸市、代表取締役社長:金子文雄)がアスコグループ株式会社(本社:兵庫県神戸市 代表取締役:文弘宣)より譲渡され、連結子会社とする株式譲渡契約が締結されたことを発表した。 なお、オーナー変更についてはWEリーグの承認も既に受けているとのこと。3月1日(金)に株式譲渡が実行される。 今回の株式取得の理由について、大栄環境株式会社が発表している。 「当社グループは、主に廃棄物の収集運搬から中間処理・再資源化及び最終処分事業を行い、社会インフラを提供する企業として、「未来は信頼から生まれる」という創業の原点を忘れることなく、地域に根差した事業を展開しております」 「「INAC神戸レオネッサ」は、兵庫県及び地元神戸市におけるスポーツコミュニティーの担い手を育成し、さらに国際的な活動を展開していく総合スポーツクラブとして、2001年に創設されました。「人はスポーツを通じて成長しよろこび、そして感動し、潤いある人生を創造することができる」という理念のもと、地域密着を基本に、U-18・U-15の選手育成及び小中学校等でのサッカー教室開催など地域と一体となった取り組みを積極的に展開しております」 「当社は「INAC神戸レオネッサ」の取り組みに賛同し、同チームを運営していくことで、地域の皆さまとの関係を深めることにより、青少年の健全育成、スポーツ文化の振興や地域経済の発展に寄与する社会的な役割を担っていくことが、当社グループのブランド価値と知名度の向上につながるものと考えております」 INAC神戸は、女子サッカークラブの名門として知られ、2001年にINACレオネッサとして創設。2009年にクラブ名をINAC神戸レオネッサに改称した。 WEリーグが創設される前からプロ契約を選手と結ぶなどしていた革新的なクラブで、なでしこリーグ時代には3度の優勝を経験。また、WEリーグでは初年度に女王に輝くなど実績を誇る。さらに、皇后杯では7度の優勝を誇り、2023年大会でも優勝。株式譲渡前の最後のタイトルを獲得していた。 現在はなでしこジャパンのGK山下杏也加、DF守屋都弥、DF三宅史織、MF北川ひかる、FW田中美南を擁し、過去には澤穂希さんや岩渕真奈さん、川澄奈穂美(アルビレックス新潟レディース)なども所属していた。 2024.02.26 18:47 Mon

フランス2部でホンジュラス代表FWが昏倒…開始40秒で相手選手と頭部激突、クラブが声明「人工的な昏睡状態に陥っている」

リーグ・ドゥ(フランス2部)で痛ましい事故が起こっていた。 24日、リーグ・ドゥ第26節のボルドーvsギャンガンが行われ、1-0でボルドーが勝利していた。 事故は開始40秒に発生。右サイドからクレマン・ミシュランが仕掛けてクロスを入れると、ボックス内に飛び込んだアルベルト・エリスが合わせに行くもゴールとはならなかった。 しかし、このプレーでエリスが昏睡状態に。ドナティアン・ゴミスと頭部同士が接触してしまい8分程度試合が中断していた。 昏睡状態のまま病院に運ばれ、手術も受けたとのこと。ボルドーは25日に声明を発表した。 「アルベルト・エリスは、リーグ・ドゥ第26節のギャンガン戦のスタート時に頭部に重傷を負いました」 「メディカルチームの手当を受けたエリスは、すぐにボルドーのCHUペレグラン病院へ搬送され、夜間に手術を受けました」 「アルベルト・エリスは、頭部を負傷し、人工的な昏睡状態に陥っています」 「今後数日間、病院で彼の状態を見守ることになります。現段階では、アルベルトの生命的、機能的な予後についてはコメントはできません。そのため、クラブは数日間は新たな決定的な情報をお伝えできないと予想しており、アルベルtの健康状態についてこれ以上のコメントは控えさせていただきます」 「アルベルトとその家族、そしてアルベルトに近しい人々への配慮から、何も重要なことがないこの時期に医療情報を公開する際には、自制するよう強く求めます。この困難な時期にクラブの従業員をサポートするための心理部門がすぐに設置される予定です」 また、ボルドーのジェラール・ロペス会長も今回の件にコメントしている。 「アルベルトと彼の愛する人たち、特にフランス中のクラブでサポートを示してくれた全ての人たちに心から感謝します。皆さんの言葉は我々の心を温かくし、アルベルトの闘いにおける大きな力となります」 「クラブと全ての従業員は、この大変な試練にあるアルベルトの家族と友人を全面的にサポートする」 エリスは2022年7月にボアヴィスタから完全移籍で加入。今シーズンはリーグ・ドゥで18試合に出場氏5ゴールを記録していた。また、ホンジュラス代表としても64試合で13ゴールを記録している。 <span class="paragraph-title">【動画】試合中に相手と激突し昏睡状態のエリス</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="FjpWwiBnxfY";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.26 15:45 Mon

「これぞモナ王」チームを救った劇的弾に南野拓実をクラブも称賛、玉座に座らせる「愛してる」「本当に凄い」

日本代表MF南野拓実はクラブからも称賛を受けている。 25日、リーグ・アン第23節でモナコはアウェイでRCランスと対戦。南野が出色のパフォーマンスを見せた。 この試合も先発出場した南野。0-1で迎えた30分には、ウィサム・ベン・イェデルのシュートのこぼれ球を南野が蹴り込みゴール。当初は南野のゴールとされていたが、オウンゴールに訂正された。 得点とはならなかったが、2-2で迎えた後半アディショナルタイムには、カットインから強烈な左足シュートをねじ込み今度こそゴール。チームの2-3の勝利に貢献した。 一部では「モナ王」との愛称でも親しまれている南野だが、クラブも公式に「王」として扱うことに。インスタグラムには国王や皇帝などが座る「玉座」のようなものに座る南野のイラストを投稿し「また彼だ。最後にゴールを決めた」と、綴った。 ファンは「これぞモナ王」、「キングだ」、「愛してる」、「私のヒーロー」、「TaKING」、「本当に凄い」、「私のアイドルだ」、「愛してる」、「スーパーゴールだった」とコメントが集まっている。 <span class="paragraph-title">【写真】土壇場でチームを勝利に導いた南野拓実が玉座に</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/C3xd5QBrWFh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/C3xd5QBrWFh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/C3xd5QBrWFh/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@asmonaco)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実が左足の一撃、劇的ゴールで勝利に導く!</span> <span data-other-div="movie2"></span> <script>var video_id ="DMoKYc_3jA4";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2024.02.26 13:50 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly