イングランド女子リーグ、WSLとWCがFAから独立へ!CEOにはナイキの元取締役ニッキー・ドゥセ氏

2023.11.29 22:50 Wed
Getty Images
イングランドサッカー協会(FA)は28日、イングランド女子1部のFA女子スーパーリーグ(FAWSL)と2部のFA女子チャンピオンシップ(FAWC)が、FAから独立した新たな体制に移行することを発表した。

イングランド女子のトップディビジョンとして2011年に幕を開けたWSLは、春秋制から秋春制への移行、2部制の導入などを経て今日に至る。
現在はFAの管轄となっているが、2024-25シーズンからはWSLとWCに属する計24クラブを株主とした新組織に管理権が引き継がれ、独立した運営体制となる。

『デイリー・メール』によれば、この新たな協定によって、WSLのクラブは各部門の総収入の75%を獲得することになるほか、放送と商業に関する議決権も所有することになると伝えている。

新組織はまだ正式には設立していないが、NewCoという仮称が充てられ、最高責任者(CEO)にはナイキの元取締役であるニッキー・ドゥセ氏が就任することが発表された。
ドゥセ氏スポーツおよび金融の分野に20年以上携わり、経営管理、商業、マーケティング、製品管理にわたる広範な知識を持ち、最高レベルのチームを戦略的に主導し育成してきた実績がある。

WSL、WCの会長を務めるドーン・エイリー氏はFAを通じ、「NewCoの提案に関し、24クラブ満場一致の支持を得られたこと、そしてニッキーを任命できたことを嬉しく思います」と、新機構設立の決定やドゥセ氏の就任に祝辞を送っている。

「彼女は、女子サッカーの力がポジティブな変化とより公平な社会を生み出すという先見の明と、強い熱意とを持ち合わせている人物ですし、女子サッカーには経済的な可能性を実現する大きな機会があることを認識しています。世界が注目するリーグへの、彼女の独創的な貢献を楽しみにしています」

2022年の母国女子ユーロの大成功のみならず、FAWSLも注目を集めるイングランドの女子サッカー。さらなる発展が期待できそうだ。

FA女子スーパーリーグの関連記事

マンチェスター・シティ・ウィメンに加入したなでしこジャパンのDF清水梨紗(28)が、新天地での意気込みを語った。 12日、シティはウェストハムを退団していた清水の加入を発表。契約期間は2027年6月30日までの3年間、背番号は「2」に決定した。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織時代からの親友である、なでしこジャパンMF長谷川唯と再びチームメイトになる清水。クラブでのファーストインタビューで意気込みを語った。 「本当にこのチームの仲間に入れて凄く嬉しいですし、早くみんなとプレーがしたいと思っています」 シティとはウェストハム時代に対戦している中、印象については「見ていて楽しいサッカーをしているなと思っていましたし、やっぱりチャンピオンズリーグに出て自分も活躍したいなと思いました」とコメント。より高いレベルでのプレーができると期待しているようだ。 実際にクラブに来ての印象は「ビックリしましたし、改めてここに私も入れるんだと実感して、今はとても楽しみです」とコメント。「施設の大きさに一番ビックリして、全てが揃っているなと思いました」と、規模の大きさにまずは驚いたという。 恵まれた環境で、トップレベルでのサッカーができることについては「全てをここでできるということは、自分のコンディションにとっても良いことだと思いますし、何もかもがここに揃っていることはプラスでしかないです」と地震への影響をコメント。「新しい刺激というのを受けられると思いますし、その選手たちに負けないように頑張っていきたいと思います」と、新たなチームメイトとのプレーにも言及した。 シティが戦うFA女子スーパーリーグ(FAWSL)では、チェルシー・ウィメンが5連覇中。2016年に優勝しているシティだが、その後は8シーズンで2位が6回、3位が1回という状況だ。 「このシティがトップのレベルだと思っているので、その中で自分がどう活躍していくかというのを日々努力しながら頑張りたいと思います」と語る清水。親友でもある長谷川についても言及し、同じようにチームの力になっていきたいと意気込んだ。 「凄く長い期間一緒にやってきた選手なので、一緒にプレーすることは楽しみですし、自分もシティの力になれるように頑張っていきたいと思います」 長谷川からはは「良いチームだと聞いています」と語った清水。「今の自分の実力も試せますし、このチームで優勝だったり、たくさん色々な試合で勝っていきたいと思います」と、改めてシティで成し遂げたいことを言及。ウェストハムでは右サイドバックだけでなく、左サイドバックや昨シーズン終盤はボランチでプレーしていたが、「ほとんど右サイドバックでプレーしていますが、左サイドバックでもプレーできることは求められていると思います。そういったところで自分の良さを出せればと思います」と、チームに求められていることを出していきたいとした。 プレースタイルtについては「シティは凄くボールを保持するチームですし、そういうプレースタイルが好きなので、合っていると思います」と、シティの戦い方が自分にも合っていると語る清水。「試合に出続けたい」と目標を語る中で、タイトル獲得を口にした。 「イングランドのトップレベルのリーグで優勝カップを挙げることは凄くハードですし、それに対して自分が貢献してシティが優勝というのに少しでも力になれればと思います」 日本人選手2人目の加入となり、年齢と契約内容を考えても即戦力としての活躍が期待されていることは間違いない。 応援してくれるファンに向けては「チームに貢献できるように頑張るので、これから応援よろしくお願いします」とコメント。どんなプレーを見せてくれるのか注目が集まる。 <span class="paragraph-title”>【動画】まるでモデル! 清水梨紗のシティ加入ムービーが話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="ja" dir="ltr"> <a href="https://t.co/JCXZX8GtnM">pic.twitter.com/JCXZX8GtnM</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCityJP) <a href="https://twitter.com/ManCityJP/status/1811717709207601330?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.13 12:55 Sat
なでしこジャパンDF清水梨紗(28)がマンチェスター・シティ・ウィメンへ加入した。背番号は「2」に決定。契約期間は2027年6月30日までの3年となる。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織時代からの親友である、なでしこジャパンMF長谷川唯とのクラブチームでの再共闘が決定した多才な右サイドバックは、クラブ公式サイトを通じて新天地での意気込みを語った。 「まず第一に、これは挑戦になりますが、覚悟はできています。シティはボールを多く保持するフットボールスタイルでプレーしていて、私はそれが気に入っています。私は技術的に優れ、ボールを保持しているときは落ち着いてプレーできるので、シティのスタイルでうまくプレーできると思います」 「早くスタートして、新しいチームメイトと一緒にトロフィーを掲げるのが待ちきれません」 一方、チームを率いるガレス・テイラー監督は「リサはチームに知性と技術的な質をもたらす。彼女はWSLで豊富な経験を持つ定評のある国際選手であり、我々は彼女をクラブに迎えることができて嬉しく思っている」と、経験豊富な右サイドバックの加入を喜んでいる。 日テレ・東京ヴェルディベレーザの下部組織から長谷川と共にトップチームに昇格した清水は、なでしこリーグ、WEリーグで長らく主力として活躍。2022年夏にはウェストハム・ウィメンに完全移籍し、海外初挑戦を果たした。 その新天地では本職のサイドバックだけでなくボランチで新境地を開き、2シーズン連続で主力として活躍。ただ、昨シーズン終了までとなっていたクラブからの延長オファーを断り、ハマーズでは1カ月被っていたものの、共演は果たせなかった長谷川と再共演となるシティ行きを決断した。 共にパリ・オリンピックを戦うなでしこジャパンに招集中の2人は、パリでの成功を収めたのち、クラブではチェルシーに僅差で屈したFA女子スーパーカップ(FAWSL)のタイトルを目指すことになる。 <span class="paragraph-title">【動画】シティの清水梨紗が初お披露目!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr">A new addition in defence! <br><br>Welcome to City, Risa! <a href="https://t.co/nrLtT4njC9">pic.twitter.com/nrLtT4njC9</a></p>&mdash; Manchester City (@ManCity) <a href="https://twitter.com/ManCity/status/1811717139025317958?ref_src=twsrc%5Etfw">July 12, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.07.12 21:27 Fri
なでしこジャパンのFW清家貴子も加入したブライトン&ホーヴ・アルビオン・ウィメンは10日、新監督にダリオ・ビドシッチ氏(37)を招へいしたことを発表した。2027年6月までの3年契約を結んだ。 ビドシッチ氏は、現役時代はブリスベン・ロアーやニュルンベルク、デュイスブルク、アルミニア・ビーレフェルト、アデレード・ユナイテッド、シオン、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ、遼寧宏運、城南FC、ウェリントン・フェニックス、メルボルン・シティ、ATKなど、7カ国の数多くのクラブを渡り歩いた。 また、オーストラリア代表としても2009年7月の日本代表戦でデビュー。2010年、2014年と2度のワールドカップメンバーに選ばれるも出番はなし。それでも23試合で2ゴールを記録していた。 2022年6月に現役を引退すると、古巣であるメルボルン・シティのユースチームのコーチに就任。2023-24シーズンはAリーグ・ウィメンのメルボルン・シティの監督を務め、レギュラーシーズンで首位に輝くなど手腕を発揮した。 ビドシッチ監督はクラブを通じてコメントしている。 「感情が渦巻いている。ここに来られて興奮している」 「私にとって、この役を引き受ける大きな要因は、チャレンジだった。世界最高のリーグで世界最高のクラブと対戦することも大きな魅力だったと思う。ブライトンで成功したい」 「私はソファに座って、来シーズンのチーム編成を一緒に計画していた。すると、ブライトンが私と話し合いたいと言っているというメッセージが届いた」 「最初は手続きが速かったように感じたが、ビザ申請のせいで、時々かなり長くかかったように感じた。ブライトンについては素晴らしいことがたくさん聞けたし、素晴らしい場所だとも聞いた。始めるのが楽しみだ」 2024.07.11 20:05 Thu
マンチェスター・シティ・ウィメンは5日、アーセナルを退団したオランダ女子代表FWフィフィアネ・ミーデマ(27)の加入を発表した。契約期間は3年間とのことだ。 ミーデマは2017年にバイエルンから完全移籍でアーセナルに加入。バイエルンでも同僚だった元なでしこジャパンFW岩渕真奈とアーセナルでもチームメイトとなり、仲の良さも見せていた。 ミーデマはアーセナルで公式戦172試合で125ゴール50アシストという脅威的な数字を残し、2018-19シーズンにはFA女子スーパーリーグ(FAWSL)で優勝。カップ戦では3度の優勝を果たした。 FAWSLでは通算80ゴールを記録し、リーグ史上最多記録時保持者。ゴールデンブーツも2度受賞するなど、アーセナルのエースとしてプレーを続けてきた。 しかし、2022年12月にヒザの前十字じん帯を断裂し10カ月離脱。2023年10月に復帰したが、2024年3月に再びヒザの手術を受け、2023-24シーズンはわずか13試合の出場に終わり、7年間過ごしたチームを退団していた。 シティにはなでしこジャパンのMF長谷川唯が所属。長谷川のパスからミーデマのゴールも見られるかもしれない。 2024.07.05 22:30 Fri
なでしこジャパンFW清家貴子(27)が、イングランドのウィメンズ・スーパーリーグ(WSL)に挑戦することになった。 ブライトンは4日、三菱重工浦和レッズレディースから清家を完全移籍で獲得したことを発表した。契約に関する詳細は明かされていない。 浦和レッズレディースのジュニアユース、ユースを経て、トップチームで中心選手を担っていた清家。2014年3月にトップチーム登録されると、翌シーズンから正式昇格し、なでしこリーグ1部新人賞に輝いた。 WEリーグ創設後も浦和でキャリアを継続し、2023-24シーズンはJリーグ記録の9試合連続ゴールを上回る10戦連発をマーク。22試合で20ゴールを挙げて堂々の得点王、最優秀選手賞をダブル受賞し、WEリーグ連覇に大きく貢献した。 また、AFC女子チャンピオンズリーグ2024のプレ大会となる『AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament』でも優勝の原動力に。代表でも地位を築くなか、海外挑戦を決断していた。 ブライトンの女子チームでマネージングディレクターを務めるゾーイ・ジョンソン氏は、「セイケをクラブに迎えることができて嬉しく思う。彼女は日本の最高レベルで豊富な経験を積んでおり、その経験が日本のオリンピック代表チームにふさわしい地位を与えている」、「セイケと一緒に仕事ができるのを楽しみにしている。そして、WSLで彼女のキャリアが発展していくのを見守っていきたいと思う」と、WEリーグ得点王への大きな期待を語っている。 なお、パリ・オリンピックのメンバーに選出されている清家は、同大会後にシーガルズへ合流することになる。 ブライトンの男子チームで三笘薫が中心選手を担うなか、女子チームではWSL初挑戦となる清家に浦和時代のような中心選手としての活躍を期待したいところだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ブライトンの清家貴子がお披露目</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="hu" dir="ltr">Kiko Seike is a Seagull! <a href="https://t.co/6qKTOGv0Lo">pic.twitter.com/6qKTOGv0Lo</a></p>&mdash; Brighton &amp; Hove Albion Women (@BHAFCWomen) <a href="https://twitter.com/BHAFCWomen/status/1808772741795041535?ref_src=twsrc%5Etfw">July 4, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2024.07.04 19:22 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly