71名が犠牲となったシャペコエンセの飛行機事故をレプリカで再現、多くの批判を受け撤去した町長が謝罪「傷つけるつもりはなかった」

2023.11.28 19:15 Tue
Getty Images
シャペコエンセの選手たちが乗っていた飛行機事故から7年が経過した今、いらぬトラブルが起こっているようだ。ブラジル『グローボ』が伝えている。シャペコエンセは、2016年11月28日にコパ・スダメリカーナ2016決勝を戦うためアトレティコ・ナシオナルとのアウェイゲームに向けてラミア航空2933便に乗ってコロンビアのメデジンに向かう際、チームの選手、監督、クラブ首脳の大半を含む搭乗者71名が犠牲になるサッカー界史上最悪とも言われる飛行機墜落事故に巻き込まれた。
それから7年が経過した今、メデジン近郊にあるラ・ウニオンでのクリスマス向けの装飾が問題になっている。墜落事故にあった飛行機をレプリカで再現し、装飾の1つとして飾ったのだ。

当然、この装飾には批判が殺到。エドガー・オソリオ町長は撤去を命じたという。

町長は声明を発表し、次のように謝罪した。
「7年前に私たちのコミュニティを襲った悲劇にちなんだ飛行機のレプリカを設置したところ、ソーシャルメディア上でさまざまな反応があったため、メインパークから撤去することにした」

「クリスマスの装飾は、決して人々の感情を傷つけるつもりはなかったが、不快な思いをさせてしまったことを理解しており、私たちは謝罪し、撤去を進めるつもりだ」

また、地元ラジオのインタビューでも次のように説明している。

「ブラジルの兄弟のことを考えての決断だ。火曜日には事故の追悼式があり、彼らの多くがここに来るだろう。宗教的なイベントもあるし、組織的な活動もある」

「もしこの地球上の誰かが気分を害したなら、市長としてお詫びする。シャペコエンセの飛行機のレプリカモデルなしで、クリスマスの装飾は点灯する」


1 2
関連ニュース

岡山退団のFWチアゴ・アウベスが母国のシャペコエンセに完全移籍、清水、鳥栖、G大阪でもプレー「このクラブはこれからもずっと私の心の中に残り続けるでしょう」

ファジアーノ岡山は28日、FWチアゴ・アウベス(30)がブラジルのシャペコエンセに完全移籍することを発表した。 チアゴ・アウベスは、ブラジル国内クラブの他、アジアでも韓国の浦項スティーラース、城南FC、全北現代モータースでプレー。サウジアラビアのアル・ヒラルでもプレーし、Jリーグでは清水エスパルス、サガン鳥栖、ガンバ大阪でもプレーしていた。 今シーズンは岡山でプレーし、明治安田生命J2リーグで27試合6得点、天皇杯で1試合に出場していた。 Jリーグ通算では、J1で51試合9得点、J2で61試合22得点、リーグカップで4試合1得点、天皇杯で7試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で6試合1得点を記録した。 チアゴ・アウベスはクラブを通じてコメントしている。 「ファジアーノ岡山で最高の2年間を皆さんとともに過ごせたことを嬉しく思います。私も家族も岡山での生活に幸せを感じることができました。私の家族を助けてくれた全ての方に御礼を伝えたいです」 「そして、結果に関わらず常に我々をサポートし鼓舞してくれたサポーターの皆さまにも感謝しています。このクラブはこれからもずっと私の心の中に残り続けるでしょう。ファジアーノ岡山の今後の栄光を願っています」 2023.12.28 14:10 Thu

岡山が助っ人補強! 名古屋&札幌でプレーしたガブエル・シャビエルが加入「勝利の多いシーズンになるよう」

ファジアーノ岡山は14日、名古屋グランパスや北海道コンサドーレ札幌でプレーしたMFガブリエル・シャビエル(30)の加入を発表した。 ガブリエル・シャビエルは、ポルトゲーザやクルゼイロ、ヴィトーリアなど母国ブラジルでプレー。2017年7月に名古屋へと完全移籍で加入した。 当時J2に所属していた名古屋で16試合7得点を記録しチームのJ1昇格に貢献。その後4シーズンをプレーし、J1で106試合13得点を記録するなど、名古屋の攻撃を牽引。2021年にはYBCルヴァンカップ優勝も経験した。 2022年は札幌へと完全移籍すると、J1で26試合3得点、ルヴァンカップで6試合2得点、天皇杯で2試合に出場。1年で退団し、今季はシャペコエンセでプレーしていた。 ガブリエル・シャビエルはクラブを通じてコメントしている。 「2024シーズンからファジアーノ岡山に加入することになりました。勝利の多いシーズンになるよう、チームへ貢献できるように全力を尽くします」 2023.12.14 12:10 Thu

札幌退団のMFガブリエウ・シャビエルが母国のシャペコエンセに加入決定、今シーズン末までの契約

シャペコエンセは13日、昨シーズン限りで北海道コンサドーレ札幌を退団していたMFガブリエウ・シャビエル(29)の加入を発表した。契約期間は2023年11月30日までとなる。 ガブリエウ・シャビエルは、ポルトゥゲーザやクルゼイロ、スポルチ・レシフェ、ヴィトーリアとブラジル国内でプレー。2017年夏にクルゼイロから名古屋グランパスへと期限付き移籍で加入した。 当時J2を戦っていた名古屋では16試合で7得点を記録して昇格に貢献。2018年からは背番号を10に変えて4シーズンプレー。J1通算106試合で103得点を記録した。 2022年には札幌へ完全移籍すると、J1で26試合3得点、YBCルヴァンカップで6試合2得点、天皇杯で2試合に出場。1年でチームを退団していた。 日本でのプレーの噂もあった中、新天地は母国のブラジルに決定した。 <span class="paragraph-title">【写真】シャペコエンセのユニフォーム姿のガブリエウ・シャビエル</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">FECHADO COM A CHAPE!<br><br>O meio-campista Gabriel Xavier, de 29 anos, é o novo reforço do Verdão para os compromissos da sequência da temporada. O atleta firmou vínculo definitivo com o clube alviverde até 30 de novembro de 2023. <br><br>Bem-vindo à família Chape, Gabriel! <a href="https://t.co/6GHOXsgBWS">pic.twitter.com/6GHOXsgBWS</a></p>&mdash; Chapecoense (@ChapecoenseReal) <a href="https://twitter.com/ChapecoenseReal/status/1646625422153592837?ref_src=twsrc%5Etfw">April 13, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.04.14 23:07 Fri

FC東京がブラジル人FWペロッチの期限付き移籍加入合意を発表「大きな夢でした」

FC東京は4日、シャペコエンセからブラジル人FWペロッチ(25)が期限付き移籍で加入することで合意したことを発表した。 今後メディカルチェックを受けて正式契約を結ぶことに。期限付き移籍期間は2023年2月1日から2024年1月1日までとなる。 ペロッチことペドロ・エンリケ・ペロッチは、シャペコエンセの下部組織育ちで、2017年1月にファーストチームに昇格。2018年7月からはポルトガルのナシオナルに期限付き移籍していた。 センターフォワードの他、トップ下や左ウイングでもプレーが可能で、シャペコエンセでは公式戦105試合で25ゴール1アシスト、ナシオナルでは13試合で1ゴールを記録。カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)では29試合3ゴール、セリエBでは47試合10ゴールを記録していた。 ペロッチはクラブを通じてコメントしている。 「シャペコエンセから来ましたペロッチです。今回このような機会を与えていただき、とても感謝しています」 「日本でプレーすることは私にとって大きな夢でした。FC東京のような偉大なクラブでこのチャンスをいただき、神に感謝します!」 「チームためにハードワークをし、試合に勝つことができると確信しています。ファン・サポーターのみなさんの熱い応援をよろしくお願いします。オブリガード」」 <span class="paragraph-title">【動画】FC東京に加入するペロッチのゴール集</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="lhmBdulJ5YM";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.04 09:18 Wed

鹿島がシャペコエンセのスコアラーを獲得か…ブラジルメディア報道

22日付のブラジル大手メディア『Globo Esporte』によると、鹿島アントラーズが今シーズンのシャペコエンセで活躍したゴールゲッターを手中に収めた模様だ。 鹿島入りが浮上したのは、2019年1月にケレタロ(メキシコ)からシャペコエンセにレンタル加入したブラジル人FWエベラウド(28)。今シーズンのチームはブラジル全国選手権19位に終わり、来シーズンの降格が決まったが、エベラウドは33試合に出場して、得点ランキング4位タイの13ゴールを記録した。 トータルでも52試合19得点の活躍を披露した身長181cmのストライカーに対しては、フルミネンセも関心を寄せたが、本人がブラジルと比べると短い日程面のほか、子育て面を含めて生活しやすいアジア諸国の環境が理由となり、来シーズンからの新天地として鹿島を選択したという。 ブラジルの伝説であるジーコ氏がテクニカル・ディレクター(TD)を務める鹿島は今シーズン、明治安田生命J1リーグで全体4位の総得点「54」を記録。ブラジル人MFセルジーニョが12得点を挙げ、新加入のFW伊藤翔も7ゴールを記録したが、センターフォワードの人材に物足りなさを残している状況だった。 2019.12.23 16:15 Mon
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly