ホイルンド移籍後初弾もユナイテッド、バイエルンが逃げ切り勝利で白星スタート【CL】

2023.09.21 06:00 Thu
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)グループA開幕節、バイエルンvsマンチェスター・ユナイテッドが20日に行われ、4-3でバイエルンが勝利した。
PR
昨季ベスト8でマンチェスター・シティに敗れたバイエルンは、ブンデスリーガで3勝1分けと好スタートを切った中、最前線にケイン、2列目に右からサネ、ムシアラ、ニャブリと並べる[4-2-3-1]で臨んだ。
一方、1シーズンのブランクを経てCLに戻ってきたユナイテッドは、プレミアリーグで2勝3敗スタートとやや躓いた中、ホイルンドを最前線に、2列目に右からペリストリ、ブルーノ・フェルナンデス、ラッシュフォードと並べるこちらも[4-2-3-1]で臨んだ。

開始4分、ユナイテッドはエリクセンが決定的なシュートを放った中、序盤の主導権争いを経てバイエルンが徐々にポゼッションを上げていった。

すると28分、ケインとのパス交換からボックス手前右のサネがシュート。GKオナナは守備範囲だったが、弾ききれずゴールに吸い込まれた。
さらに32分、ムシアラがボックス左深くまで切り込んだ流れらか最後はニャブリが決めてバイエルンが一気にリードを広げる。

2点を追う展開で迎えた後半、ユナイテッドが開始4分に1点を返す。ラッシュフォードのパスを受けたボックス内のホイルンドがシュートをねじ込んだ。

ホイルンドに移籍後初ゴールが生まれて追い上げムードかと思われたが、51分にバイエルンがPKを獲得。VARの末、エリクセンにボックス内でハンドがあったと判定された。このPKをケインが決め、再びリードを2点に広げた。

試合をコントロールするバイエルンはケイン、サネがGKオナナを強襲するシュートを放って牽制。

終盤、マルシャルとガルナチョを投入したユナイテッドが反撃を見せると、88分にカゼミロが1点差に詰め寄るゴールを奪った。

結局、追加タイムにテル、カゼミロがこの試合2点目を決めて両チームが1点ずつ加えた中、4-3でバイエルンが逃げ切り勝利。グループ最大のライバルであるユナイテッドを退け、白星スタートとしている。

PR
関連ニュース

公式戦3連敗のバイエルンがトゥヘル監督と今季限りで別れ… CEOが経緯説明「新しい監督のもと、スポーツ面で新たな方向性を探る」

バイエルンは21日、2025年6月30日まで交わしていたトーマス・トゥヘル監督(50)との契約を2024年6月30日で終えることが決まったと発表した。 トゥヘル監督は2023年3月、ユリアン・ナーゲルスマン前監督の解任を受け、後任として就任。昨シーズンは無冠の危機に陥りながら、ブンデスリーガ最終節で逆転優勝を果たし、クラブを土壇場でリーグ11連覇へと導いていた。 イングランド代表FWハリー・ケインらを迎え入れた今シーズンは、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージこそ難なく突破するも、DFBポカールは2回戦で3.リーガ(ドイツ3部)に所属するザールブリュッケンに敗北。また、ブンデスリーガ首位攻防戦となった今月10日の第21節レバークーゼン戦、14日のCLラウンド16・1stレグのラツィオ戦、18日の第22節ボーフム戦と公式戦3連敗を喫し、立場が危ぶまれていた。 クラブはトゥヘル監督への信頼を示し続けていたが、スポーツ・ディレクター(SD)のクリストフ・フロイント氏が元ドイツ代表指揮官のハンジ・フリック氏(58)や元レアル・マドリー指揮官のジネディーヌ・ジダン氏(51)、元マンチェスター・ユナイテッド指揮官のオーレー・グンナー・スールシャール氏(52)らを後任候補に挙げたという報道も出ている。 クラブの最高経営責任者(CEO)を務めるヤン・クリスチャン・ドレーゼン氏は、トゥヘル監督との契約期間を短縮するに至った経緯を説明している。 「オープンで良好な会話の中、我々は両者の合意に基づき、今夏を目処に協力関係を終えるという決定に至った。我々の目標は、2024-25シーズンに向けて新しい監督のもと、スポーツ面で新たな方向性を探ることだ。それまではクラブに関わる1人1人が、チャンピオンズリーグとブンデスリーガで可能な限り最大限の成果を得るため、結果を出すことが明確に求められる」 「また、私はこの点においてもチームの責任を明確に問う。特にチャンピオンズリーグではラツィオ・ローマとの1stレグを0-1で落とした後、満員のアリアンツ・アレーナでファンの応援を背に受けながら戦う2ndレグにおいて、準々決勝進出を決められると確信している」 また、今シーズン終了後の退任が決まったトゥヘル監督は、任期を終えるまで全力を尽くすとコメントした。 「今シーズン終了後に協力関係を終了することで合意した。それまではもちろん、私と私のコーチングチームで最大限の成功を得るためにできる限りのことをしていくつもりだ」 なお、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、バイエルンはリバプールと共に、レバークーゼンのシャビ・アロンソ監督(41)の招へいを望んでいるとのこと。正式な契約解除条項は存在しないものの、シャビ・アロンソ監督が新たな挑戦を望めば退団が認められる見込みだという。 2024.02.21 21:46 Wed

ソン・フンミンとケインが今夏再会へ! 韓国でスパーズvsバイエルン開催予定

トッテナムとバイエルンが、今夏アジアツアーで対戦することになるようだ。イギリス『フットボール・ロンドン』が報じている。 トッテナムとバイエルンの間では昨夏の移籍市場でイングランド代表FWハリー・ケインが完全移籍。また、今冬の移籍市場ではイングランド代表DFエリック・ダイアーがレンタル移籍で加入している。 そういった関係のある両者は、今夏のアジアツアーにおいて韓国の地で再会する可能性があるようだ。 バイエルンは今夏『ク―パンプレー・シリーズ』のトーナメントに参加するため韓国に遠征予定だ。一方、トッテナムもアジアツアーを実施予定で7月28日に行われるKリーグオールスターゲームでチームKリーグと親善試合を行うことになっている。 その後、トッテナムとバイエルンは8月2日に韓国の地で相対することになる模様だ。 今シーズン終了後にはユーロ2024とコパ・アメリカ2024が開催予定で、各選手のプレシーズンツアーの参加に関してコンディションを確認する必要はある。 だが、ケインと韓国代表FWソン・フンミンのプレミアリーグ最高のデュオの初対峙、DFキム・ミンジェとソン・フンミンの韓国代表対決と注目度の高い一戦となりそうだ。 2024.02.21 06:00 Wed

1990年W杯優勝メンバーでドイツのレジェンド、名左SBブレーメ氏が63歳で死去

元ドイツ代表DFアンドレアス・ブレーメ氏が20日、心停止により63歳で死去した。 両足から繰り出される高精度クロスを武器とした名左サイドバックとして知られるブレーメ氏は現役時代、カイザースラウテルンやバイエルン、インテルで活躍。各クラブでそれぞれリーグ優勝を1度ずつ果たした。ブンデスリーガでは通算301試合50ゴールを記録した。 そしてドイツ代表としては86試合に出場。1990年イタリア・ワールドカップでは決勝のアルゼンチン代表戦で決勝点となるPKを決め、ドイツを優勝に導いていた。 1998年に現役を引退して以降は古巣カイザースラウテルンの監督を2000-2001シーズンに務めていた。 2024.02.20 22:30 Tue

まさかの公式戦3連敗…バイエルンはトゥヘル監督の後任に意外な人物を検討か

急激に立場が危うくなり始めたバイエルンのトーマス・トゥヘル監督(50)だが、後任候補には意外な名前も浮上しているようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 マインツやドルトムント、パリ・サンジェルマン(PSG)、チェルシーと指揮してきたトゥヘル監督は、2023年3月に監督就任。今シーズンは開幕から指揮を執り、優勝争いを繰り広げている。 12連覇を目指す中、2月に入り急ブレーキ。ブンデスリーガのレバークーゼン戦、CLのラツィオ戦と連敗すると、18日には日本代表FW浅野拓磨にもゴールを許し3-2でボーフムに敗れ、公式戦3連敗という屈辱を味わっている。 一気に結果が出なくなったバイエルン。クラブはトゥヘル監督への信頼を示す一方で、後任監督についても検討を始めたという。 『スカイ・スポーツ』によれば、スポーツ・ディレクター(SD)のクリストフ・フロイント氏が後任の候補を挙げており、元ドイツ代表監督のハンジ・フリック氏、レアル・マドリーを指揮していたジネディーヌ・ジダン氏らがいる中、意外な名前が浮上した。 それはマンチェスター・ユナイテッドを指揮していたオーレー・グンナー・スールシャール氏(50)とのこと。2021年11月に解任され、2023年1月から欧州サッカー連盟(UEFA)のアナリストになっている。 具体的な話には発展していないものの、残りシーズンの暫定的な措置としてスールシャール氏の招へいもあるというバイエルン。苦境のトゥヘル監督はこの危機を脱することができるだろうか。 2024.02.20 10:35 Tue

ボーフム戦で負傷交代のマズラウィ、左ハムストリングの筋断裂で戦線離脱…手薄な右SBに追い打ち

バイエルンは19日、モロッコ代表MFヌサイル・マズラウィが負傷したことを発表した。 マズラウィは18日に行われたブンデスリーガ第22節のボーフム戦に右サイドバックで先発出場。しかし、左太モモを負傷し33分にDFダヨ・ウパメカノとの交代を余儀なくされた。 バイエルンはマズラウィが左ハムストリングの筋肉を断裂したと発表。なお、離脱期間は明かされていない。 バイエルンではDFサシャ・ブイ、DFブナ・サール、MFコンラート・ライマーと右サイドバックにケガ人が続出。ボーフム戦で途中出場したウパメカノはCLラツィオ戦に続き2戦連続の退場処分を受けており、トゥヘル監督にとっては頭の痛いマズラウィの離脱となった。 2024.02.20 07:30 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly