「クラシコでプレーすることをいつも夢見ていた」バルサ中盤の要デ・ヨング、大一番へ想い語る

2023.03.18 21:50 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングが、レアル・マドリーとの対戦に向けた強い意気込みを語った。

アヤックスから2019年夏に加入したデ・ヨング。昨夏の移籍市場ではマンチェスター・ユナイテッドへの移籍も取り沙汰されたが、結局残。今季も中盤の要として公式戦33試合に出場しており、ラ・リーガで首位を走るチームの原動力となっている。

バルセロナが19日に行われる第26節で対戦するのは2位のマドリー。9ポイント差で迎える天王山の“エル・クラシコ“は優勝争いにおける最重要の一戦となる。
大一番を前に、デ・ヨングはスペイン『CCMA』のインタビューに応対。“エル・クラシコ“とその先のリーグタイトル獲得に向けた強い気持ちを語った。

「とても説明しにくい感覚だけど、僕はバルサの選手としてクラシコでプレーすることをいつも夢見ていた子供だったんだ。だから今はとても嬉しいし、試合が本当に楽しみだ」

「バルサは僕の夢のクラブであり、もっと長い間ここに居続けたいと願っている。今季リーガでは良いシーズンを送っているし、ヨーロッパではそれほどうまくいかなかったけど、全体的には良い方向に進んでいると思っているよ」

「レアル・マドリーに対して良いリードを保っているけど、まだ先は長い。僕はここに来て4年目なのに、まだリーグで優勝したことがないんだ。過去のメンバーと同じように、優勝を経験したい。強い願いだよ」

関連ニュース
thumb

「美しい物語は、キレイに終わらなければ」バルサがメッシ復帰を画策、幹部が明言「戻ってくることを望んでいる」

バルセロナが、パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(35)の復帰に向けて動いていることが明らかとなった。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えた。 ニューウェルズ・オールドボーイズからバルセロナのカンテラに加入したメッシ。類稀なる才能は幼少期から飛び抜けていた一方で、身体的な問題もあり大勢はされないという見方もあった。 しかし、バルセロナのカンテラで飛躍すると、2005年7月にファーストチームに昇格。そのまま一気にスターダムを駆け上がり、世界最高峰の選手の1人として今なおトップを走り続けている。 そのメッシだが、2021年8月に突如愛するバルセロナとの別れが。クラブの慢性的な財政難がネックとなり、選手との契約ができない状態に。一度契約が満了したメッシとの再契約が決まったが、ラ・リーガの問題に抵触し、まさかの退団。涙の会見は大きな話題となり、その後PSGへと完全移籍した。 PSGでの1年目は苦しんだメッシだったが、2年目の今シーズンは公式戦32試合で18ゴール17アシストを記録。また、結果を残せなかったアルゼンチン代表でも悲願のワールドカップ優勝と、順風満帆のシーズンを過ごしている。 メッシとPSGの契約は今季終了後に満了を迎えるが、クラブは残留に向けて契約延長の交渉中。ただ、バルセロナが復帰を画策しているとされていた。 そんな中、スポーツ部門の副社長を務めるラファエル・ユステ氏が会見。メッシの獲得に動いていることを明言した。 「我々はメッシと連絡を取り合っており、彼が戻ってくることを望んでいる」 「レオと彼の家族は、我々が彼らに抱いている愛情を知っている。私は交渉に参加したが、残念ながら当時は実現しなかった。その棘がまだ残っている」 「もちろん、彼が戻ってくるのをみたい。多くのファンが私の言葉を共有してくれると確信している。キャリアの美しい物語は、キレイに終わらなければいけないと信じている」 「最も自然なことだろう。人を好きになると、連絡が取れなくなるが、愛し続けたいと思うようになる。そして、レオもバルサとバルセロナの街に恋をしているはずだ。運営だと思う。レオをバルセロナに戻せるのかを見てみよう」 「(ハビエル・)テバス(ラ・リーガ会長)と協力し、実現可能な計画、キャッシュフロー計画、収益計画を提示できるのは、あと2カ月だ。レオがPSGの選手であること、レオが復帰に同意することなど、全ての条件が整えばの話ではあるが」 「会話については既に知っているはずだ。会長はレオの父・ホルヘと共に良い関係がある。攻撃の計画はない。運命であれば、帰るべきところに帰るはずだ。見ていてほしい」 「ただ、PSGに誤解されたくはない。だから、今はレオのことを話すのは難しい」 2023.04.01 07:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【ラ・リーガ第27節プレビュー】残留争う2チームが新指揮官初陣! 代表戦明け初戦でアトレティコvsベティス

インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節は、今季プリメーラの行方を左右するエル・クラシコでバルセロナが会心の勝利を収めて早くも覇権争いに決着が付く格好となった。 中断明け最初の一節となる第27節では、中断期間に指揮官交代に踏み切った最下位のエルチェ(勝ち点13)と、14位のセビージャ(勝ち点28)の2チームの戦いに注目したい。 今季ここまでわずかに2勝で残留圏内の17位エスパニョール(勝ち点27)とのポイント差は「14」と降格不可避の窮地に立つエルチェ。フランシスコ、アルミロンをすでに解任したチームは今回の中断期間にマチン監督を解任。そして、新指揮官はサンパオリ、ビエルサの薫陶を受けた42歳のアルゼンチン人指揮官ベカセッセに。チリ代表、アルゼンチン代表の副官を歴任も、欧州初采配となる青年指揮官は、その初陣で首位を快走するバルセロナ(勝ち点68)といきなり対峙する。 そのエルチェのホームに乗り込むバルセロナは、ホーム開催のクラシコを2-1の逆転勝利で飾り、2位以下との勝ち点差を12ポイントに広げて4年ぶりの覇権奪還をほぼ決定的なモノとした。そのため、現在は週明けに控えるコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのレアル・マドリー戦によりプライオリティを置く形だ。MFペドリとFWデンベレの回復が遅れ、“FIFAウイルス”罹患で主力数人に離脱者が出ており、敵地での最下位チームとの対戦はモチベーションの部分を含めて難しいものになるはずだ。 一方、ロペテギ監督に続きサンパオリ監督を解任したセビージャは、数年前までのエイバルの躍進を支えたメンディリバル監督を新指揮官に招へい。ベスト8まで進出しているヨーロッパリーグ(EL)での成功と共に、最低限のノルマであるプリメーラ残留を目指す。その初陣は勝ち点28で並ぶカディスとのシックスポインターとなる。準備期間が少ない上、前任者と大きくスタイルが変わる中、残留争いを知り抜く新指揮官の手腕に注目だ。 新指揮官の初陣というトピックを除けば、3位のアトレティコ・マドリー(勝ち点51)と、5位のベティス(勝ち点45)が対峙する上位対決が今節の最注目カードだ。 一時シメオネ解任の可能性が取り沙汰されたが、直近10試合無敗と完全復調のコルチョネロス。前節はバレンシアに3-0の大勝を飾って3連勝を達成している。現在、5位チームとのポイント差は「6」となっており、今回の直接対決をモノにできれば最低限のノルマであるトップ4フィニッシュが大きく近づく。直近数試合で絶好調のFWグリーズマンと好連携を見せるFWデパイは代表戦での負傷によって欠場が濃厚となっており、代役を担うFWモラタやFWアンヘル・コレアらの奮起に期待したい。 対するベティスはアトレティコには及ばずも、リーグ戦6戦無敗と好調を維持。レアル・マドリー、ビジャレアル相手に連続ドローとなったが、前節はマジョルカに1-0で競り勝っている。ただ、エースのFWフェキルが今季絶望のチームでは、司令塔を担うMFカナーレスがマテウ・ラオス主審への暴言によって4試合の出場停止が決定し、今回の重要な直接対決に向けた懸念材料だ。主砲ボルハ・イグレシアス、アジョセ・ペレスらストライカー陣が屈強な守備陣に対してどこまで効果的にプレーできるかが敵地での勝利のカギを握る。 前節クラシコの敗戦によって連覇の夢がほぼ潰えたレアル・マドリーは、前述のように重要なコパ・クラシコ第2ラウンドを控える中で16位のバジャドリー(勝ち点28)を相手にバウンスバックの白星奪取を目指す。現時点でのプライオリティは逆転でのファイナル進出を狙うコパとなるが、主力のコンディションをうまく整えながら勝ち切りたいところだ。 MF久保建英を擁する4位のレアル・ソシエダ(勝ち点48)は、トップ4を争う6位のビジャレアル(勝ち点41)とのシックスポインターに臨む。前節は久保の貴重な先制点によってエルチェ相手に公式戦7試合ぶりの白星を手にしたラ・レアル。EL敗退に伴いリーグ戦一本に集中できる中、各ポジションの選手層も充実しており、ここから安定した勝ち点3を積み重ねていきたいところだ。 久保に関しては日本代表合流の際、新型コロナウイルスの陰性確認が取れなかった影響で、直近のコロンビア戦の途中出場にとどまっており、その後の長距離移動含め古巣対戦に向けて状態が不安視される。途中出場が濃厚だが、直近3勝1分けと好調を維持するライバル撃破に貢献したいところだ。 《ラ・リーガ第27節》 ▽3/31(金) 《28:00》 マジョルカ vs オサスナ ▽4/1(土) 《21:00》 ジローナ vs エスパニョール 《23:15》 アスレティック・ビルバオ vs ヘタフェ 《25:30》 カディス vs セビージャ 《28:00》 エルチェ vs バルセロナ ▽4/2(日) 《21:00》 セルタ vs アルメリア 《23:15》 レアル・マドリー vs バジャドリー 《25:30》 ビジャレアル vs レアル・ソシエダ 《28:00》 アトレティコ・マドリー vs ベティス ▽4/3(月) 《28:00》 バレンシア vs ラージョ 2023.03.31 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

登録変更のガビは背番号もチャビ監督の「6」剥奪で「30」に出戻り…契約内容も2024年夏までに変更

バルセロナのスペイン代表MFガビだが、やはり背番号が変更になったようだ。 2015年7月にレアル・ベティスからバルセロナのカンテラへと加入したガビ。若くしてその才能が花開くと、2021年8月にファーストチームデビュー。当初はさほど重宝されていなかったが、スペイン代表を率いたルイス・エンリケ監督がその才能を高く評価。クラブでのプレー時間以上にスペイン代表で早く主軸となると、バルセロナでもポジションを掴んでいった。 今やチームに欠かせない存在となったガビだが、クラブが一向に改善しない財政問題の影響を受けることになった。 今年1月、バルセロナはファーストチーム登録をラ・リーガに拒否されるも、バルセロナの裁判所が予防措置として一時的に登録を認めるように指示。その結果、チャビ・エルナンデス監督が背負っていた背番号「6」を引き継ぎ、ファーストチームに登録された。 しかし、書類の不備などがあり、この登録が白紙に。Bチームの選手としての登録に切り替わると、Bチーム登録の選手が付けられない「6」も剥奪されることとなった。 ラ・リーガの公式サイト上では、「6」だったガビの背番号は「30」に戻っている。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、2026年夏までの契約更新を行ったガビだが、登録が変更となるために2024年6月に戻るとのこと。5000万ユーロ(約72億5000万円)の契約解除条項が含まれることとなる。 ただ、ガビ自身はバルセロナへの残留を希望。さらに、クラブはサラリーキャップを守るためにコストカットに自信を持っているという。 <span class="paragraph-title">【写真】バルセロナはガビの笑顔を投稿</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">that smile <a href="https://t.co/iiw3zbpPHs">pic.twitter.com/iiw3zbpPHs</a></p>&mdash; FC Barcelona (@FCBarcelona) <a href="https://twitter.com/FCBarcelona/status/1641545398220394497?ref_src=twsrc%5Etfw">March 30, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.03.31 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

体脂肪率の低さが一目でわかる!レヴァンドフスキの『岩のような体』に英紙も驚嘆「バルセロナのスターが狂気の体を披露する」

バルセロナのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの肉体美がファンを驚かせている。 今季、バイエルンでの輝かしいキャリアに区切りをつけ、バルセロナに活躍の場を移したレヴァンドフスキ。初挑戦のスペインでもラ・リーガの得点ランキングトップを走るなど、さすがの活躍ぶりが光る。 ベテランと言われる34歳という年齢になっても一線級のストライカーとして君臨するレヴァンドフスキだが、その裏にはたゆまぬ努力があるようだ。 レヴァンドフスキは30日に自身のインスタグラムを更新。上半身裸でウェイトトレーニングする自身の姿をアップした。 その体は明らかに体脂肪率が低いのが分かるほど絞れており、筋肉の凹凸がハッキリと見える。下半身だけでなく上半身の腕や肩、胸筋も発達しており、腹筋も割れて見える。 イギリス『サン』もレヴァンドフスキのその姿を「『ロボコップ』ロベルト・レヴァンドフスキ、『岩のような体』を持つ『マシン』の烙印を押される!バルセロナのスターが狂気の体格を披露する」と派手に伝えている。 なお、『サン』によると、レヴァンドフスキはトレーニングだけでなく食生活にもこだわっており、「デザートを最初に食べる」ほか、「乳糖と小麦粉は避ける」、「パンケーキ、ブラウニー、野菜のスパゲティ、お粥や雑穀米。魚も好んで食べる」といった決まりがあるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】レヴァンドフスキの『岩のような体』</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CqaA1V3omq_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CqaA1V3omq_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CqaA1V3omq_/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Robert Lewandowski(@_rl9)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.03.31 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサと事前合意報道のギュンドアン、代理人のおじが否定「プレーする場所は、まだオープン」

マンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン(32)に関して、代理人が去就について言及した。イギリス『ガーディアン』が伝えた。 2016年7月にドルトムントからシティへと完全移籍で加入したギュンドアン。チームの主軸としてここまでプレーし、公式戦通算290試合で53ゴール37アシストを記録している。 今シーズンはキャプテンとしてプレミアリーグで24試合3ゴール3アシストを記録。公式戦でも37試合で4ゴール4アシストを記録しているギュンドアンだが、今シーズン終了後に契約が満了を迎える。 そのギュンドアンはバルセロナへの移籍が噂され、事前合意をしているという報道も。一方で、シティと契約を延長する可能性もあり、シティでプレーを続けるという見方もある。 そんな中、ギュンドアンの代理人である“おじ”のイルハン・ギュンドアン氏がコメント。どのクラブとも合意していないと語った。 「どのクラブともまだ合意していないことは明らかだ。ここ数週間のイルカイの焦点は、マンチェスター・シティと子供の誕生だけだった」 「今、彼はシーズン最後の重要な局面を迎えており、それだけに完全に集中している。来シーズン、イルカイがプレーする場所は、まだオープンだ」 32歳となったが、メンタル的にもフィジカル的にも衰えを感じさせないギュンドアン。3月のユーロ2024予選は辞退したが、本大会に向けたドイツ代表でのプレーも続ける意向を示している。果たして、シティに残るのか、それとも違うクラブでプレーするのか。シーズン終了後に決断することになりそうだ。 2023.03.30 23:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly