【セリエA第27節プレビュー】日曜にイタリア&ローマ・ダービー開催

2023.03.18 07:30 Sat
Getty Images
前節は連勝が止まった首位ナポリが不調のアタランタを押し切って勝利を取り戻し、格下スペツィアに不覚を取ったインテルとの勝ち点差を再び18に広げた。迎える代表ウィーク前の第27節、インテルvsユベントスのイタリア・ダービー、ラツィオvsローマのローマ・ダービーが日曜に開催される。

まずは2位インテル(勝ち点50)と7位ユベントス(勝ち点38)によるイタリア・ダービーから。インテルは前述のようにスペツィアに不覚を取って敗戦。FWラウタロのPK失敗が響いてしまった。しかし火曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)では総力戦となった中、難敵ポルトを撃破。ゴールレスに持ち込んで1stレグのアドバンテージを生かした。12季ぶりのベスト8進出を果たして勢いに乗った中、不安定な戦いが続くセリエAでも結果を残せるか。
一方のユベントスは前節、MFラビオがドッピエッタの活躍を見せてサンプドリアに勝利。そして木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)では10人となったフライブルク相手に公式戦7試合ぶりとなるFWヴラホビッチのPK弾などで勝利。ベスト8進出を決めた。負傷明けのFWディ・マリアを温存できた中、万全の状態でダービーに挑む。

続いて3位ラツィオ(勝ち点49)と5位ローマ(勝ち点47)によるローマ・ダービー。好調ボローニャにゴールレスドローに終わった前節のラツィオ。引き続きエースFWインモービレを欠くが、得点を奪いきれるか。

一方、DFクンブラの愚行退場もあってサッスオーロに打ち負けたローマ。ELではレアル・ソシエダの猛攻を凌いでゴールレスとし、1stレグのアドバンテージを生かしてベスト8進出といた。こちらはベストメンバーで臨める中、CL権を懸けたシックスポインターのダービーを制すことはできるか。
首位ナポリ(勝ち点58)は8位トリノ(勝ち点37)と対戦。前節はFWクワラツヘリア弾などでアタランタを退けたナポリ。スクデットをほぼ手中にしている中、水曜に行われたCLではフランクフルト相手に3-0と快勝。貫禄の連勝でクラブ史上初のベスト8進出とした。飛ぶ鳥を落とす勢いのナポリだが、代表ウィーク前の一戦を気持ちよく勝利で終えられるか。

4位ミラン(勝ち点48)は10位ウディネーゼ(勝ち点35)と対戦。CL明けのミランは前節、格下サレルニターナに低調ドロー。激しいCL権争いが展開されているだけに2戦続けての躓きは許されない。

◆セリエA第27節
▽3/17(金)
サッスオーロ 1-0 スペツィア
アタランタ 2-1 エンポリ

▽3/18(土)
《23:00》
モンツァvsクレモネーゼ
《26:00》
サレルニターナvsボローニャ
《28:45》
ウディネーゼvsミラン

▽3/19(日)
《20:30》
サンプドリアvsヴェローナ
《23:00》
トリノvsナポリ
フィオレンティーナvsレッチェ
《26:00》
ラツィオvsローマ
《28:45》
インテルvsユベントス

セリエAの関連記事

アタランタ、輝き取り戻したデ・ケテラエルを完全移籍で獲得!

アタランタは15日、ミランからレンタルしていたベルギー代表MFチャールズ・デ・ケテラエル(23)の買い取りオプションを行使したことを発表した。 昨シーズン、クラブ・ブルージュからミランへ加わるもその巨大なポテンシャルを発揮できず、わずか1年でアタランタに買い取りオプション付きのレンタルで加入したデ・ケテラエル。 それでも、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督の下で復活を遂げると、2023-24シーズンは公式戦50試合に出場し14ゴール11アシストを記録。クラブ史上初となるヨーロッパ・リーグ(EL)制覇やコッパ・イタリア準優勝にも貢献した。 『フットボール・イタリア』によれば、アタランタはデ・ケテラエルの移籍金として2200万ユーロ(約37億4000万円)をミランに支払うとのことだ。 2024.06.16 00:30 Sun

ルカクに救世主、手を差し伸べるのは恩師? ナポリを率いるコンテ監督が獲得を希望も72億円は払う気なし

2年連続でチェルシーからレンタル移籍に出されているベルギー代表FWロメル・ルカク(31)だが、恩師がやはり関心を示しているようだ。 2023-24シーズンはチェルシーからローマへとレンタル移籍。セリエAでは32試合でチームトップタイの13ゴールを記録した。 しかし、ローマは買い取ることはせずにチェルシーへと復帰。しかし、チェルシーもルカクは不要としており、売却したい意向が強い。 そんな中、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ナポリが獲得に関心を寄せているとのこと。インテル時代にルカクを重宝したアントニオ・コンテ監督が獲得を望んでいるという。 2シーズンを共に戦ったコンテ監督とルカクだが、離れても連絡を取り合っているとのこと。今夏はナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンの移籍も取り沙汰されており、新たなストライカーを確保しなければいけない状況だ。 コンテ監督の下でルカクは、公式戦95試合で64ゴールと驚異的な活躍を見せている。ただ、移籍金が高すぎるため、ナポリは交渉をしているという。 チェルシーとルカクの間には4300万ユーロ(約72億1000万円)の契約解除金が設定されているとのことだが、ナポリはこの金額を払う気はない。一方で、レンタル移籍であればもちろん獲得に動くが、チェルシー側は売却を求めている。 ルカク自身、チェルシーに戻る気はさらさらなく、よく知るコンテ監督の下でのプレーは願ってもないことだろう。両者が金額で折り合いがつけば良いところだが、動向が注目される。 2024.06.14 23:10 Fri

鎌田大地やルイス・アルベルトが去るラツィオ、若返り図る中マルディーニ息子に関心か

日本代表MF鎌田大地の退団やイゴール・トゥドール監督の退任など、今夏は大きな変更が起こるラツィオ陣営。若返りの方針の中、レジェンドの息子に関心を寄せているという。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ラツィオが関心を寄せているのはミランのMFダニエル・マルディーニ(22)。元イタリア代表DFでミラン一筋でプレーしたパオロ・マルディーニ氏の息子だ。 2023-24シーズンはモンツァへとレンタル移籍。セリエAで18試合に出場し4ゴールを記録。ミランへと復帰することになったが、そのミランは売却する可能性もあるとされている。 2025年夏に契約が切れるマルディーニ。ただ、ミランではポジションを確保は難しい状況。残り1年となり、ミランが売却するチャンスは今しかない。 800万ユーロ(約13億4000万円)程度と設定されている移籍金に対し、ラツィオは興味を示しているとのこと。ただ、ライバルもおり、フィオレンティーナやトリノも関心を持っているという。 ラツィオは鎌田の退団が確定的。さらに、元スペイン代表MFルイス・アルベルト(31)もカタールのアル・ドゥハイルへの移籍が決まり、中盤が手薄になる状況だ。 2024.06.14 22:30 Fri

相思相愛を再確認…ユベントスのチアゴ・モッタ新監督、加入望むディ・ロレンツォと意見交換

ユベントスのチアゴ・モッタ新監督が、ナポリのイタリア代表DFジョバンニ・ディ・ロレンツォ(30)と直接連絡を取ったようだ。 今夏のナポリ退団意向を明確にしているディ・ロレンツォ。アウレリオ・デ・ラウレンティス会長とアントニオ・コンテ新監督がそれをブロックしているのも明白だが、本人にナポリを愛する心は残っていないとみるのが妥当だ。 移籍先として上がるのはユベントス。旧知のクリスティアーノ・ジュントリSDが口頭合意を得るまで時間はかからず、選手の心はすでにユベントスにあり、といったところである。 そんななか、イタリア『Sportitalia』によると、13日夜にユベントス側からチアゴ・モッタ新監督が、ユーロ2024でドイツに滞在中のディ・ロレンツォへ電話し、意見交換の場を持ったとのこと。双方ともに相思相愛を再確認できた形だという。 一方、ナポリは今なおデ・ラウレンティス会長とコンテ新監督が代理人も交えて必死に残留を説得中。ただ、この代理人が繰り返し「私の役目は選手の意志を実現させること。選手の利益を守ること」と発言しているように、まったく効果が出ていないとされる。 今後の展開やいかに。 2024.06.14 18:35 Fri

ウディネーゼがカンナバーロ監督の後任決定…今年4月までレギア・ワルシャワ率いたランジャイック氏に

ウディネーゼは14日、コスタ・ランジャイック氏(53)の監督就任を発表した。 ランジャイック氏は母国ドイツで指導者キャリアを歩み出し、デュイスブルクやカイザースラウテルン、1860ミュンヘンなどで監督を歴任。2017年11月からはポーランドに渡り、ポゴン・シュチェチンの指揮を挟み、2022年夏からレギア・ワルシャワを率いた。 レギア・ワルシャワでは1年目にポーランドカップを制し、2023年のポーランド・スーパーカップも優勝。今季もレギア・ワルシャワでスタートしたが、今年4月に解任され、フリーだった。 ウディネーゼでは今年4月からファビオ・カンナバーロ監督(50)が指揮。セリエAで降格危機に瀕するチームを見事に残留の15位フィニッシュに導いたが、自身のインスタグラムで退任を表明していた。 2024.06.14 16:35 Fri
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly