今がチャンスだ今年のJ3リーグをきちんとおさらいしておくぞ?! の巻/倉井史也のJリーグ

2022.12.03 16:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
こんだけ世間がワールドカップに注目してるから、こっちもそのネタで行くぞ!! と思ってたんですけど、もしここでJ3やんなかったら怒られない? てか怒るでしょ? つーか、怒るなよ。いや、怒らないですみません、っってことになるので、今週はちゃんとJ3でもボクシング式チャンピオン決定データやりますよ。

まずは2021年のJ3の順位表はこうでした。

1位:熊本
2位:岩手
3位:宮崎
4位:富山
5位:福島
6位:岐阜
7位:鹿児島
8位:YS横浜
9位:長野
10位:藤枝
11位:今治
12位:鳥取
13位:八戸
14位:沼津
15位:讃岐
で、ここから熊本と岩手が昇格して、J2から
19位:相模原
20位:愛媛
21位:北九州
22位:松本

が落ちてきたわけです。

これに新加入のいわきを加えた今年のJ3、チャンピオンになるのはどこか!!ということで、まずは年間順位の最高位はJ2から落ちてきた相模原ということからスタートすると、

相模原1-0沼津
相模原0-1いわき(タイトル移動)
いわき2-1愛媛
いわき1-1富山
いわき4-0長野
いわき0-1今治(タイトル移動)
今治0-0宮崎
今治1-0讃岐
今治0-1鹿児島(タイトル移動)
鹿児島4-0讃岐
鹿児島1-0沼津
鹿児島1-2岐阜(タイトル移動)
岐阜1-0福島
岐阜2-1宮崎
岐阜0-5今治(タイトル移動)
今治1-1長野
今治1-0沼津
今治1-1福島
今治5-2YS横浜
今治1-0岐阜
今治2-1讃岐
今治4-3鹿児島
今治2-3北九州(タイトル移動)
北九州0-1いわき
いわき0-1今治(タイトル移動)
今治3-2宮崎
今治3-0鳥取
今治2-0相模原
今治1-2YS横浜(タイトル移動)
YS横浜1-2長野(タイトル移動)
長野1-2松本(タイトル移動)
松本3-4富山(タイトル移動)
富山2-1北九州
富山2-4鹿児島(タイトル移動)

ということで、今治の圧倒的な防衛数にも拘わらず、最後の最後で逆転したのは鹿児島!! おめでとう、鹿児島!!

ちゅうことで、最後にJ3の今年の順位表をおさらいしておきます。

1位:いわき
2位:藤枝
3位:鹿児島
4位:松本
5位:今治
6位:富山
7位:愛媛
8位:長野
9位:宮崎
10位:八戸
11位:福島
12位:鳥取
13位:北九州
14位:岐阜
15位:沼津
16位:YS横浜
17位:讃岐
18位:相模原

てなことで今年のJリーグ、ボクシングシリーズはこれにてお終い!!

【倉井史也】
試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。


関連ニュース
thumb

ホームゲームの開催に偏りがあるって噂を検証してみると?! の巻/倉井史也のJリーグ

おっと、Jリーグ開幕を前にサポーターからいくつか声が聞こえてきたよ。「うち、●月リーグ戦のホームゲームないかもしれない……」「この月いろいろ大変だ」。え? アウェイ連戦とかスタジアム改築じゃないとないんじゃない? とか思ったので、クラブごとに調べてみたよ!! ACLで日程が動くかもしれないから、そこは注意!! ・札幌 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム1試合 【4月】ホーム2試合 【5月】ホーム4試合 【6月】ホーム1試合 【7月】ホーム1試合 【8月】ホーム1試合 【9月】ホーム3試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム1試合 ・鹿島 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム1試合 【4月】ホーム3試合 【5月】ホーム2試合 【6月】ホーム1試合 【7月】ホーム1試合 【8月】ホーム3試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム1試合 ・浦和 【2月】ホーム0試合 【3月】ホーム2試合 【4月】ホーム1試合 【5月】ホーム3試合 【6月】ホーム3試合 【7月】ホーム1試合 【8月】ホーム2試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム2試合 【12月】ホーム0試合 ・柏 【2月】ホーム2試合 【3月】ホーム2試合 【4月】ホーム2試合 【5月】ホーム2試合 【6月】ホーム2試合 【7月】ホーム1試合 【8月】ホーム2試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム0試合 ・FC東京 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム1試合 【4月】ホーム3試合 【5月】ホーム1試合 【6月】ホーム2試合 【7月】ホーム2試合 【8月】ホーム2試合 【9月】ホーム3試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム0試合 ・川崎 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム2試合 【4月】ホーム2試合 【5月】ホーム2試合 【6月】ホーム1試合 【7月】ホーム1試合 【8月】ホーム3試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム2試合 【12月】ホーム0試合 ・横浜FM 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム2試合 【4月】ホーム2試合 【5月】ホーム2試合 【6月】ホーム1試合 【7月】ホーム2試合 【8月】ホーム2試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム2試合 【12月】ホーム0試合 ・横浜FC 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム2試合 【4月】ホーム3試合 【5月】ホーム2試合 【6月】ホーム2試合 【7月】ホーム1試合 【8月】ホーム3試合 【9月】ホーム1試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム0試合 ・湘南 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム1試合 【4月】ホーム2試合 【5月】ホーム3試合 【6月】ホーム2試合 【7月】ホーム1試合 【8月】ホーム2試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム1試合 ・新潟 【2月】ホーム0試合 【3月】ホーム2試合 【4月】ホーム3試合 【5月】ホーム3試合 【6月】ホーム1試合 【7月】ホーム2試合 【8月】ホーム1試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム1試合 ・名古屋 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム1試合 【4月】ホーム2試合 【5月】ホーム3試合 【6月】ホーム2試合 【7月】ホーム2試合 【8月】ホーム2試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム0試合 【12月】ホーム1試合 ・京都 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム1試合 【4月】ホーム3試合 【5月】ホーム3試合 【6月】ホーム1試合 【7月】ホーム1試合 【8月】ホーム3試合 【9月】ホーム1試合 【10月】ホーム2試合 【11月】ホーム0試合 【12月】ホーム1試合 ・G大阪 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム2試合 【4月】ホーム2試合 【5月】ホーム2試合 【6月】ホーム2試合 【7月】ホーム2試合 【8月】ホーム1試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム1試合 ・C大阪 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム1試合 【4月】ホーム4試合 【5月】ホーム2試合 【6月】ホーム2試合 【7月】ホーム1試合 【8月】ホーム2試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム0試合 ・神戸 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム2試合 【4月】ホーム3試合 【5月】ホーム3試合 【6月】ホーム1試合 【7月】ホーム2試合 【8月】ホーム1試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム0試合 ・広島 【2月】ホーム2試合 【3月】ホーム1試合 【4月】ホーム2試合 【5月】ホーム2試合 【6月】ホーム2試合 【7月】ホーム2試合 【8月】ホーム2試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム0試合 ・福岡 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム2試合 【4月】ホーム2試合 【5月】ホーム3試合 【6月】ホーム2試合 【7月】ホーム1試合 【8月】ホーム2試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム1試合 【11月】ホーム0試合 【12月】ホーム1試合 ・鳥栖 【2月】ホーム1試合 【3月】ホーム2試合 【4月】ホーム2試合 【5月】ホーム3試合 【6月】ホーム1試合 【7月】ホーム2試合 【8月】ホーム2試合 【9月】ホーム2試合 【10月】ホーム0試合 【11月】ホーム1試合 【12月】ホーム1試合 おお、柏とかG大阪、広島ってなんかホームの日数が月ごとにあまりバラツキがなくて美しい気がしません? はたしてこれが成績に結びつくのか。そして10月にホームゲームが1試合もない鳥栖は、9月30日の次が11月11日。この空白期間あればワールドカップはいります。 それにしても、こうしてみるとホームゲームのなんと貴重なコトよ。みなさん、スタジアムに足を運びましょうね!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2023.02.05 12:30 Sun
twitterfacebook
thumb

あれ、もうシーズン開幕が目の前に来たと思うのはワタクシだけ?! の巻/倉井史也のJリーグ

え、ちょっと待って。もう1月終わるじゃん。この前ワールドカップ終わったばっかりだよ。まだ「日本代表すごかった」とか話題が残ってるし「三笘ってさらにすごくなってない?」ってあんまりサッカーの話をしない美容師さんにも話しかけられてるってのに、2月来ちゃうじゃん。で、すぐJリーグ始まるじゃん。 まぁそれはうれしいこと、ちゅうか、あの熱のままJリーグ始まってくれれば、でもって入場制限なしの応援ありってことになれば、否が応でも盛り上がるって。というか、このコラムを読んでくれてる人なら、盛り上げるのに一役買いましょうよ!! ってことで、今回はちょっと真面目なお話しをするでござる。それはJリーグがこのコロナ騒動でどれだけ被害を受けてきたかってこと。J1リーグの観客動員数を見ると、これが一発なんですよ。1シーズンの総観客動員数ってJ1が18チームになって以来、こう推移してるんです。 2005年 5,742,233人(平均18,765人) 2006年 5,597,408人(平均18,292人) 2007年 5,834,081人(平均19,066人) 2008年 5,875,865人(平均19,202人) 2009年 5,809,516人(平均18,985人) 2010年 5,638,894人(平均18,428人) 2011年 4,833,782人(平均15,797人) 2012年 5,375,300人(平均17,566人) 2013年 5,271,047人(平均17,226人) 2014年 5,275,387人(平均17,240人) 2015年 5,447,602人(平均17,803人) 2016年 5,498,222人(平均17,968人) 2017年 5,778,178人(平均18,883人) 2018年 5,833,538人(平均19,064人) 2019年 6,349,681人(平均20,751人) ----------------------------------------- 2020年 1,773,481人(平均 5,796人) 2021年 2,531,007人(平均 6,661人)※20チーム 2022年 4,384,401人(平均14,328人) 2011年、東日本大震災の影響で観客数が大幅に減ったとき、震災前の段階まで戻すには6年かかったんです。はたして今回はどれくらいで昔の雰囲気を取り戻せるか。立て、万国のサッカーファン!! てなことで、シーズン前に弛んだ気持ちとお腹を引き締めたのでした!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2023.01.28 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

え?もしかしてこの日程から優勝チームが分かるんじゃね?! の巻/倉井史也のJリーグ

ついに今季のリーグ戦の日程が発表されましたね!! これで旅行の予定が立てられる!! と詳細を見ていたら気付いたことがあったんです。 昔って、開幕戦がホームゲームだったら、最終戦ってアウェイゲームになってませんでしたっけ? でも今回ちょっと違うみたい。もしかして開幕戦も最終戦もアウェイゲームっていう悲しいチームもあるんじゃないですか? ということで、各チームの開幕戦と最終戦について調べてみました。 で、最初も最後もホームということになったら、開幕ダッシュに成功して最後の最後にホームの後押しで優勝できるってことになりませんかね。その幸運なチームはこちら!! 【札幌】 01節:vs広島(アウェイ) 34節:vs浦和(ホーム) 【鹿島】 01節:vs京都(アウェイ) 34節:vs横浜FC(ホーム) 【浦和】 01節:vsFC東京(アウェイ) 34節:vs札幌(アウェイ) 【柏】 01節:vsG大阪(ホーム) 34節:vs名古屋(アウェイ) 【FC東京】 01節:vs浦和(ホーム) 34節:vs湘南(アウェイ) 【川崎】 01節:vs横浜FM(ホーム) 34節:vs鳥栖(アウェイ) 【横浜FM】 01節:vs川崎(アウェイ) 34節:vs京都(アウェイ) 【横浜FC】 01節:vs名古屋(ホーム) 34節:vs鹿島(アウェイ) 【湘南】 01節:vs鳥栖(アウェイ) 34節:vsFC東京(ホーム) 【新潟】 01節:vsC大阪(アウェイ) 34節:vsC大阪(ホーム) 【名古屋】 01節:vs横浜FC(アウェイ) 34節:vs柏(ホーム) 【京都】 01節:vs鹿島(ホーム) 34節:vs横浜FM(ホーム) 【G大阪】 01節:vs柏(アウェイ) 34節:vs神戸(ホーム) 【C大阪】 01節:vs新潟(ホーム) 34節:vs新潟(アウェイ) 【神戸】 01節:vs福岡(ホーム) 34節:vsG大阪(アウェイ) 【広島】 01節:vs札幌(ホーム) 34節:vs福岡(アウェイ) 【福岡】 01節:vs神戸(アウェイ) 34節:vs広島(ホーム) 【鳥栖】 01節:vs湘南(ホーム) 34節:vs川崎(ホーム) おお!! なんと両方アウェイなのが浦和と横浜FM、両方ホームなのは京都と鳥栖。あー、これは京都か鳥栖が優勝だわ〜!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2023.01.22 19:30 Sun
twitterfacebook
thumb

じゃあここまでのデータをどう当てはめるのよ?! の巻/倉井史也のJリーグ

えっとみなさん、だいたいチーム編成はすみましたか? え? ヨーロッパのウインドウがまだ開いてるからどうなるか分からない? いいですか? だいたいヨーロッパのクラブの移籍って10日ぐらいが勝負って言われてます。つまり話が来て10日経ってまとまらなかったら、もう次の話に流れちゃうってこと。ってことは、そろそろいい話は終わりかけてるんですよ。でもってヨーロッパから来る選手は、シーズンが半分ぐらい過ぎてそこで移籍してくるってことでしょ? よほどの幸運がない限り、いい選手は余ってませんよね。もちろんこれまでJリーグに来た選手の中で例外はいますけどね。 ってことでね、各チームとも編成が終わりかけている今、本当に補強ポイント合ってるんでしょうかってサポーターは考えてると思うんですよ。「うちDFやばくない?」とか「FW足りてなくない?」みたいな。そんな指標を出しておこうと思うんですけど。 まず守備編。 1位:札幌 2位:横浜FC 3位:G大阪 4位:柏 5位:鳥栖 6位:FC東京 7位:鹿島 8位:川崎 9位:神戸 10位:広島 11位:C大阪 12位:湘南 13位:浦和 14位:福岡 15位:京都 16位:名古屋 17位:横浜FM 18位:新潟 はい、1から順に「守備の補強したほうがいいんじゃないの?」的なリストです。ま、簡単な話、失点数と得点数を考えて、失点数の多い方からの順番で、同一失点数ならたくさん点を取れているほうの順位が低くなってます。つまり順位が低い方がいいってことですね。横浜FCと新潟はJ1よりも試合数が多かったため、そのままの得失点を使用できるという前提で計算してます。 でもって次が攻撃編。 1位:福岡 2位:京都 3位:名古屋 4位:湘南 5位:G大阪 6位:神戸 7位:柏 8位:札幌 9位:鳥栖 10位:FC東京 11位:C大阪 12位:鹿島 13位:浦和 14位:広島 15位:川崎 16位:横浜FC 17位:横浜FM 18位:新潟 これも順位が上の方のチームは攻撃強化したほうがいいんじゃないのってリストになってます。だからたとえば福岡を例に取ると、守備面では14位だから【ほぼ現状維持できれば問題ないんじゃない】的で、攻撃は1位だから【点取れる前のほうの人連れてきましょう】ってことになるんですね。 でもってここ2回で整理しておいた福岡の移籍情報を見ると、出て行ったFWは渡大生、フアンマ・デルガド、東家聡樹、加入してきたFWは佐藤凌我と新人の鶴野怜樹。つまり去年のチームから合計5得点を挙げていた選手がいなくなり、東京Vで13得点を挙げていた選手を獲得したわけです。お、これは的確な補強になってる感じって気がしませんか。 てなことを、直近3回の連載を合わせてみると分かるよ!! おお、新年早々年またぎですごい長い企画やってる感じになってきた!! いや、なってきたじゃなくて、自分がやってんですけど。 ところでデータだけ見れば今年新潟優勝?的な。なんか、すっごい注意したほうがよさそうですぞ。 <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2023.01.14 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

こんなところでクラブ事情が分かる感じがしませんか?!の巻/倉井史也のJリーグ

みなさま、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします で、なんと原稿は去年の続きなワケですよ。よく思い出してください。前回は2022年12月27日付けの移籍リストまでだったでしょう?この12月27日って、日本サッカー協会含めていろんなクラブの仕事納めだったぽいんです。 つーことは、12月28日から年初にかけていろいろ決まったのって、そういう休みを置いてでも契約しなきゃいけない、つまり引き留めたかったり、獲得したかったり、あるいは選手かクラブが金額的にあわなくて何度も交渉したりというのが浮き彫りになってくるんですね。 ということで、このリストを見るとそういうのが透けて見えませんか?(1月5日時点のリストです) 【札幌】 IN なし OUT なし 【鹿島】 IN 01/05【MF】須藤直輝(金沢) OUT 12/28【FW】エヴェラウド(バイーア/ブラジル) 【浦和】 IN なし OUT 01/05【FW】キャスパー・ユンカー(名古屋) 01/05【FW】木原励(長野) 01/05【DF】福島竜弥(高知ユナイテッドSC) 【柏】 IN なし OUT 01/04【MF】山田雄士(栃木) 【FC東京】 IN 01/04【FW】ペロッチ(シャペコエンセ/ブラジル) OUT 12/28【MF】三田啓貴(横浜FC) 【川崎】 IN なし OUT 12/30【DF】谷口彰悟(アルラーヤン/カタール) 【横浜FM】 IN なし OUT 12/30【DF】岩田智輝(セルティック/スコットランド) 01/05【MF】天野純(全北現代/韓国) 【横浜FC】 IN 12/28【MF】三田啓貴(FC東京) 12/29【FW】マウリシオ・カプリーニ・ピント(ロンドリーナ/ブラジル) 12/29【MF】ユーリ・リマ・ララ(CRヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル) OUT 12/29【MF】ハイネル(トンベンセ/ブラジル) 12/29【FW】クレーベ(未定) 01/05【MF】齋藤功佑(東京V) 01/05【DF】中塩大貴(群馬) 【湘南】 IN なし OUT 01/04【MF】齊藤未月(神戸) 【新潟】 IN なし OUT なし 【名古屋】 IN 01/05【FW】キャスパー・ユンカー(浦和) OUT 12/29【DF】吉田豊(清水) 【京都】 IN なし OUT 12/28【FW】田中和樹(千葉) 12/30【FW】ピーター・ウタカ(甲府) 【G大阪】 IN 12/28【GK】谷晃生(湘南) 12/28【DF】江川湧清(長崎) 01/05【FW】イッサム・ジェバリ(オーデンセ・ボルドクルブ/デンマーク) 01/05【MF】ダワン(サンタ・リタ/ブラジル) OUT 01/04【MF】齊藤未月(湘南->神戸) 12/29【FW】坂本一彩(岡山) 【C大阪】 IN 12/30【FW】藤尾翔太(徳島) OUT なし 【神戸】 IN 12/29【MF】井出遥也(東京V) 01/04【DF】マテウス・トゥーレル(フラメンゴ/ブラジル) 01/04【MF】齊藤未月(湘南) OUT なし 【広島】 IN なし OUT 12/28【DF】今津佑太(長崎) 【福岡】 IN なし OUT 12/28【DF】輪湖直樹(未定) 12/29【FW】渡大生(徳島) 【鳥栖】 IN 12/28【DF】坂本稀吏也(山形) 12/29【GK】コ・ボンジョ(龍仁大学校/韓国) OUT 12/29【DF】パク・ゴヌ(浦項スティーラース/韓国) いやぁどこも「OUT」の選手のところに苦悩が見えませんか。ここで空いたそのポジションをどうやって埋めるかもクラブ力の見せ所。そしてここからキャンプを経て、ちょっと足りないポジションが明らかになったときこそ、今まだチームが決まっていない選手に最後のチャンスが来るんです。 ということで、悲喜こもごもの新年ですが、今年も張り切って行きましょう!! <div id="cws_ad"><hr>【倉井史也】</br>試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。</div> 2023.01.07 12:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly