「マジだった!」「正気かよ」コリンチャンスの衝撃“日本語ユニ”が正式発表!「想像の斜め上過ぎた」

2022.10.07 11:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
話題を呼んだコリンチャンスの3rdユニフォームが7日、正式に発表された。2012年のクラブ・ワールドカップ(CWC)で、チェルシーを下して2度目の戴冠を手にしたコリンチャンス。今年は優勝10周年を迎える。

その3rdユニフォームについては9月にデザインがリーク。CWCの開催国となった日本を強く意識しているようで、クリーム色がベースとなったシャツには全身に日本語で記された「これがコリンチャンスです。」の文字がプリントされている。さら、襟の内側には日本国旗も施されている。
この斬新なユニフォームには、ファンからも「マジだった!」、「想像の斜め上過ぎた」、「正気かよ」、「気に入ったぞ!」と賛否両論。日本のファンからも「耳なし芳一じゃん」、「日本人が英語のTシャツ着る感じ?」、「ちょっと欲しい」と反響が寄せられている。

このユニフォームは、10月8日に行われるカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA第31節のアトレチコ・パラナエンセ戦にて選手たちが着用し、お披露目となる。

1 2

関連ニュース
thumb

世界も仰天のコリンチャンスの“日本語”ユニフォームが試合で着用、選手名はまさかの“カタカナ”でさらに驚き

大胆すぎるデザインが世界中で大きな話題となっていたコリンチャンスの日本語ユニフォームだが、本当に試合で着用されていた。 7日、コリンチャンスは今シーズンの3rdユニフォームを発表。このデザインがリークされた段階で大きな話題となっていたが、正式に発表。2012年に日本で行われたFIFAクラブ・ワールドカップ(FCWC)でチェルシーを下して2度目の戴冠を手にしてから、10周年を迎えたことを記念し、日本語がプリントされたものとなっていた。 「これがコリンチャンスです。」という文字が大量に並ぶ異質とも言えるデザインのユニフォームだったが、8日に行われたカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAのアトレチコ・パラナエンセ戦でお披露目となった。 遠目にみれば、点線のストライプにも見えなくはないデザインだが、やはり近くで見ると異質感が。さらに、選手の名前はカタカナで表記されるというこだわりを見せていた。 流石に背番号は漢数字ではなかったが、日本への想いが詰まったユニフォーム。試合も2-1でコリンチャンスが勝利を収めている。 <span class="paragraph-title">【写真】名前は“カタカナ”表記、ピッチに立つとより異質さが目立つコリンチャンスの日本語ユニ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/corinthians20221010_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/corinthians20221010_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/corinthians20221010_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/corinthians20221010_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2022.10.10 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

全身に日本語!「これがコリンチャンスです。」リークされたコリンチャンスの3rdユニフォームは奇抜かつ強圧「もっといいものあったでしょ……」

22日、コリンチャンスの3rdユニフォームがリークされ、斬新なデザインに賛否の声が寄せられている。 2012年のクラブ・ワールドカップ(CWC)で、チェルシーを下して2度目の戴冠を手にしたコリンチャンス。優勝10周年を記念して作成されるユニフォームは、開催国となった日本を強く意識しているようだ。 基調となるのはクリーム色。目を惹くのは全身に日本語で記された「これがコリンチャンスです。」の文字だ。 文字によるストライプ柄ともとれるが、フォントも相まってインパクトは絶大。ブラジル版『TNT Sports』のインスタグラムが「買うか?買わないか?」と、この一枚を紹介した。 閲覧者からは「なら買うわ」、「かっこよかった」と一定の評価を下すものもいるが、多くは「これはたわごとか?」、「くそ酷いシャツ笑」、「おぉ!!神よ!」、「もっといいものあったでしょ……」、「エジプトから来たのかい?」など、否定的に捉えている。中には「武道会で悟空が着ていたシャツ」と勘違いのような冗談のようなコメントも見受けられた。 現地時間10月12日と19日に、フラメンゴとのコパ・ド・ブラジル決勝戦を控えるコリンチャンス。ブラジル『グローボ』によれば、先立って10月8日のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA第31節、アトレチコ・パラナエンセ戦にて新ユニフォームはリリースされるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】相手も困惑?日本語がびっしり記載されたコリンチャンスの3rdユニ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci1GB6FI8Wx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci1GB6FI8Wx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci1GB6FI8Wx/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">TNT Sports Brasil(@tntsportsbr)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.23 18:20 Fri
twitterfacebook
thumb

ウィリアンがロンドン帰還! フルアムと1年契約にサイン

フルアムは1日、コリンチャンスを退団した元ブラジル代表MFウィリアン(34)の加入を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 1年ぶりにロンドン帰還を果たした元ブラジル代表MFは、クラブ公式サイトを通じて意気込みを語っている。 「ここに来ることができて嬉しいし、プレミアリーグに戻ってこれたことも嬉しいね」 「フルアムは特別なクラブであり、改善を望み、より大きなもののために戦いたいと思っているクラブだ。その助けとなるため、僕はここに来たと思っている。ここでのスタートが待ち切れないよ」 これまでチェルシー、アーセナルとロンドン屈指の名門でプレーしたウィリアンは、昨年8月にアーセナルから完全移籍で母国のコリンチャンスに移籍。2021シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で9試合に出場し2アシストを記録。今シーズンはセリエAで14試合2アシスト、コパ・リベルタドーレスで8試合に出場していた。 14年ぶりに古巣に復帰したものの、度重なるケガの影響で期待されたほどのパフォーマンスを見せられなかったベテランMFに対しては、過激な一部サポーターから、SNS場を中心に家族への誹謗中傷が過激化。母国の治安に不安を感じた家族の申し出もあり、ウィリアンは先月にクラブとの契約を早期解消していた。 34歳という年齢やコンディション面に不安を残すが、ブラジル代表通算70キャップを誇る攻撃的MFは、フルアムの攻撃に創造性やクオリティをもたらすはずだ。 2022.09.02 01:27 Fri
twitterfacebook
thumb

ウィリアンが30日にフルアムのメディカルチェック、再びプレミアの舞台へ

元ブラジル代表MFウィリアン(34)がフルアム移籍を果たすようだ。 かつてチェルシーやアーセナルでプレーしたウィリアン。プレミアリーグで実に8シーズンを過ごした後、2021年夏から古巣コリンチャンスに凱旋を果たした。 ところが、今月中旬に自身のインスタグラムで自身とその家族に対する脅迫被害を理由に2023年末まで契約を残すコリンチャンスからの退団を明らかにした。 後日にコリンチャンス側からも退団が公式化され、今季からプレミア返り咲きのフルアムが移籍先候補に浮上。本人のプレミア復帰願望も取り沙汰されている。 それからすでにフルアムでの練習も報じられるなか、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ記者によると、30日にメディカルチェックを受けるという。 フルアムは今夏にGKベルント・レノらの獲得で増強したが、プレミア通算259試合の出場数を誇るウィリアンの加入でさらに期待が膨らむ陣容となりそうだ。 2022.08.30 16:15 Tue
twitterfacebook
thumb

殺害脅迫を受けたウィリアンがコリンチャンス退団決定…プレミア復帰が加速か

元ブラジル代表MFウィリアン(34)が、12日にコリンチャンスを退団した。クラブが公式発表した。 2021年8月にアーセナルから完全移籍でコリンチャンスに加入したウィリアン。2021シーズンはカンピオナート・ブラジレイロ・セリエA(ブラジル1部)で9試合に出場し2アシストを記録。今シーズンはセリエAで14試合2アシスト、コパ・リベルタドーレスで8試合に出場していた。 14年ぶりに古巣に復帰したウィリアンだったが、2023年末まで残る契約に関して即時解除をクラブに求めていたとのこと。コリンチャンスはこの要求を受け入れ、早期に契約解除となった。 ヨーロッパでのキャリアを終えて、母国で家族と共に過ごすものと見られていたが、どうやら退団を求めた背景には身の危険を感じたことがあったからだという。 ブラジル『グローボ』のインタビューに応じたウィリアンは、復帰後に結果を残せなかった理由として「ケガの影響も大きかった」とコメント。「ここに来たときに筋肉を負傷していた。そして、今年は腰を負傷し、外傷も負った。でも、それはこれまでのキャリアにはなかったものだ。足首や肩にも負傷を抱え、今も腕を動かすと痛みを感じるんだ」と嘆いていた。 また、家族を含めて殺害脅迫を受けたことも明かし、退団を希望する決め手になったとした。 「コリンチャンスが負けて、僕がうまくプレーできなかったときは、家族はいつだってソーシャルメディアで脅迫や侮辱を受けた。僕の妻、子供たち、そして最近は、父、妹も攻撃し始めた」 ウィリアンはおよそ1カ月前からこの悩みをクラブに報告。晴れて、退団が認められることとなった。 なお、ウィリアンにはプレミアリーグに昇格したフルアムへの移籍が取り沙汰されており、チェルシー、アーセナルで過ごしたロンドンに戻る可能性があるようだ。 2022.08.13 18:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly