レヴァンドフスキが圧巻のリーグ6戦連発! バルセロナがマジョルカに競り勝って6連勝《ラ・リーガ》

2022.10.02 05:56 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第7節、マジョルカvsバルセロナが1日にエスタディ・デ・ソン・モイシュで行われ、アウェイのバルセロナが0-1で勝利した。

王者レアル・マドリーを2ポイント差で追う2位のバルセロナは、10位のマジョルカとのアウェイゲームで6連勝を目指した。週明けからインテルとの重要なチャンピオンズリーグ(CL)連戦を控えるチャビのチームは、このインターナショナルマッチウィークで“FIFAウイルス”に罹患。アラウホ、クンデ、フレンキー・デ・ヨング、デパイが代表活動中に負傷離脱を余儀なくされた。

そういった緊急事態の中、このアウェイゲームでは本職不在の右サイドバックにバルデを配し、ピケとジョルディ・アルバの重鎮2人を起用するなど、幾つかのポジションでターンオーバーを行った。
守備時に[5-4-1]の堅固なブロックを敷くホームチームに対して、ボールを握って攻め手を窺うバルセロナ。立ち上がりはデンベレ、アンス・ファティとウイングに入る2選手の打開力を生かした攻めで攻略を図るが、うまく数的優位で守られて決定機まであと二歩といった場面が続く。

立ち上がりの攻防を経てマジョルカの堅守攻略には時間が必要という空気が漂い始めるが、絶好調のエースストライカーが圧倒的な個の力を発揮した。20分、相手陣内左サイドでジョルディ・アルバからパスを受けたファティが背後を狙うレヴァンドフスキへ絶妙なスルーパスを供給。そのままボックス左まで持ち込んだポーランド代表FWは深い切り返しでDFバルイェントをかわすと、ほぼシュートコースを消された状況でゴール右下隅へ強烈な右足のシュートを突き刺し、リーグ戦6試合連続ゴールを達成した。

アウェイチームの先制点によってここから試合に動きが出てくるかに思われたが、アギーレのチームが戦い方に変化を加えることなく、引き続きボールを握って押し込むバルセロナとロングカウンターを狙うマジョルカという構図が続く。

バルセロナが先制点以降はなかなか決定機を作れぬ中、35分にはマジョルカにビッグチャンス。右サイド深くで仕掛けたアントニオ・サンチェスの高速クロスを、ゴール前に飛び込んできたハウメ・コスタがスライディングシュートの形で合わすが、これは惜しくもGKテア・シュテーゲンの正面を突く。

前半終盤にかけては球際での攻防が過熱してイエローカードが飛び交う激しい展開となったが、バルセロナの1点リードのままハーフタイムを迎えた。

後半はマジョルカがより攻撃的に試合へ入ったが、今季ここまでわずか1失点のバルセロナの集中した守備を前に流れの中ではほとんど決定機を作れず。また、頼みの綱であるセットプレーもなかなか合わない。

一方、ゲームをコントロールするものの、決定機はおろかフィニッシュの数が増えないバルセロナ。61分にはケシエが得意のミドルシュートを狙うが、これはわずかに枠の左へ外れる。

その後、チャビ監督は67分にファティ、ケシエを下げてハフィーニャ、ペドリと主力2選手をピッチに送り込み、勝利を決定づける2点目を奪いに行く。さらに、80分にはアルバとデンベレに代えてセルジ・ロベルト、フェラン・トーレスを同時投入した。

ただ、一連の交代によって盤石の試合運びとはいかず、相手に勝ち点の可能性を残したまま試合終盤を迎えると、最後はバタつく展開に。カウンターや球際での勝負に敗れてホームチームの攻勢に晒されると、ボックス付近でムリキ、イ・ガンインに決定機を許す。だが、相手のシュート精度にも助けられて何とか逃げ切りに成功した。

そして、代表戦明けの難しいアウェイゲームをきっちり制したバルセロナは、リーグ6連勝を飾ると共に週明けのインテル戦に大きな弾みを付けている。

関連ニュース
thumb

ケシエがインテルに売り込みか、1月にレンタルの可能性

バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の代理人がインテルに売り込みをかけているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ケシエは今夏、ミランからバルセロナにフリーで加入。4年契約を結んだが、負傷や適応に苦しみバルセロナではラ・リーガ2試合、チャンピオンズリーグでは3試合のスタメン出場にとどまっている。 出場機会を得られない中、ケシエの代理人はインテルに売り込みをかけているようで、1月にも話し合いが持たれるとのことだ。 ただ、インテル側の財政的にレンタルであること、650万ユーロの一部年俸をバルセロナに支払ってもらうことが条件となるようだ。果たしてケシエは半年でミラノに戻ってくることになるのだろうか。 2022.12.02 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、カタールW杯参戦中の左SBアレハンドロ・バルデとの契約更新が進む! 新たに5年契約へ

バルセロナとスペイン代表DFアレハンドロ・バルデ(19)の契約更新が迫っているようだ。 バルセロナのカンテラで育ち、昨シーズンにプロデビューを果たしたバルデ。同シーズンは公式戦7試合の出場にとどまったが、今季は本格的にトップチームに身を置き、中断前まで16試合に出場、3アシストを記録していた。 そんな活躍から、今回のワールドカップでは負傷したホセ・ルイス・ガヤに代わって追加招集を受けることに。これがA代表として初招集だったが、本大会ではここまで2試合で途中出場している。 クラブではチャビ・エルナンデス監督が絶大な信頼を置いていることもあり、2024年夏までとなっている契約の更新を進めている模様。移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、新契約は新たに5年間と、10億ユーロの契約解除金が設定されるようだ。 一方で、バルデと同じ左サイドバックで長らく活躍してきたジョルディ・アルバに関しては、クラブが2024年夏まで残す契約の解除を検討していると言われている。 2022.11.30 13:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「2月ぐらいにはっきりさせたい」 ブスケッツが去就に発言

スペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツ(34)が今季限りでのバルセロナ退団説に言及した。 バルセロナの育成育ちで、2008-09シーズンにジョゼップ・グアルディオラ監督の下でトップチームデビューして以降、中盤の要として地位を築くブスケッツ。34歳となった今季も優秀な若手が台頭するなかでいぶし銀の存在感を放つ。 今やバルセロナの主将としても頼れる存在だが、今季が契約最終年。その契約もあと半年を切ろうとしており、去就が騒がしくなるなか、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミ行きが有力な線として浮上している。 ただ、何も決め事はないようだ。カタール・ワールドカップ(W杯)に参戦するなか、『El Larguero』で来季のプレー先を問われ、「いや、まだだ。夏もそうだし、サラゴサでのスイス戦の会見でも言ったけど、まだ決めていない」と話した。 「色々と言われているのは把握しているけど、僕はいつだって同じような話をしてきた。サインしていない。様子を見ながら、2月ぐらいにはっきりさせて結論を出したい」 また、今回のカタール大会が自身の代表キャリアにおける最後のW杯になる可能性については「まだ決めていないけど、どちらかというと、イエスに近い」と返して、こう続けている。 「もういい齢だけど、監督の信頼があって、良い感覚もある。とはいえ、最後に近づいているとは思う。でも、このW杯を楽しみたいし、今すぐ、あるいは大会後に決めるつもりはない」 2022.11.30 11:50 Wed
twitterfacebook
thumb

古巣ミランの宿敵... インテルがフランク・ケシエに関心か

インテルが、バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)に関心を寄せているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 今夏のバルセロナ移籍前はミランに5シーズン在籍したケシエ。昨季はミランの11年ぶりとなるセリエA優勝に貢献し、最終節のサッスオーロ戦ではインテルとのスクデット争いの行方を決定づけるゴールも決めていた。 しかし、バルセロナではなかなかチャビ・エルナンデス監督の信頼を得られず。中断期間までにラ・リーガ7試合の出場にとどまり、うちスタメン起用は2試合と、早くも退団を考え始めているのではと報じられていた。 そんななか、古巣ミランの宿敵であるインテルが獲得に名乗り。ケシエ自身は少なくとも今季終了までは定位置確保に努めるつもりだが、望みが薄いと判断すれば来夏の退団を考慮するといい、バルセロナもレンタル放出を検討しているという。 『カルチョメルカート』は、インテルはケシエがアタランタからミランへ移籍した2017年夏以降、途切れることなく獲得の可能性をうかがっていたとし、現在は財政難ゆえに選手の年俸負担が獲得への課題と結論づけている。 2022.11.29 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

F・デ・ヨングが今夏の移籍話をシャットアウト 「僕はW杯中」

バルセロナのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)が自身に長らくつきまとうマンチェスター・ユナイテッド行きの話を拒んだ。イギリス『メトロ』が報じた。 バルセロナの苦しい財政事情の煽りを受けて、クラブの売却対象に上がったF・デ・ヨング。アヤックス時代の恩師であり、今季からユナイテッドを率いるエリク・テン・ハグ監督の根強い誘いが取り沙汰されるなどしたが、最終的に本人の望み通り、バルセロナ残留で決した。 そうして迎えた今季のバルセロナでチャビ・エルナンデス監督の下で重用され、改めて存在感を示すが、メディアの前にひとたび姿を現せば、オランダ代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)の戦いに臨む今を含め、今夏去就の振り返りを求める質問がいまだ続いている。 決勝トーナメント進出、さらに首位通過がかかったカタール代表とのグループA最終戦を29日に控えるなかでもそうした質問が飛んだようだが、F・デ・ヨングは「僕はW杯のトーナメントを戦っているんだ。クラブフットボールの話をするつもりはない」と口を閉ざしたという。 なお、つい先日も母国メディアで今夏の移籍騒動を振り返っており、チャビ・エルナンデス監督に非がなく、あくまで上層部が企てたことだと述べ、クラブでの充実ぶりを強調している。 2022.11.29 17:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly