マルタ代表のマンジャ監督にセクハラ容疑…選手2名が告発

2022.09.29 16:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マルタ代表を率いるデビス・マンジャ監督が、ポリシー違反の疑いで一時的に職務停止となっているようだ。『タイムズ・オブ・マルタ』が報じている。

報道によれば、マルタサッカー協会(MFA)は、27日に行われた親善試合のイスラエル代表戦前に、マンジャ監督に対するポリシー違反の疑いのある報告を受け、代表監督としての職務を一時的に停止する旨の声明を発表した。

MFAは詳細までは明らかにしなかったが、『タイムズ・オブ・マルタ』によると、代表選手2人からセクハラ被害の報告があった模様。その後、MFAはマンジャ監督と連絡を取ろうとするも、ここまで音信不通が続いているようだ。
イタリア人指揮官の同監督は、2004年から母国の下位リーグのクラブを渡り歩き、2011年に就任したパレルモでは、当時のセリエA史上最年少監督として話題となった。2012年から2013年にかけてはU-21イタリア代表を率いてユーロで決勝まで導いたが、スペインに2-4で敗れ、辞職。

その後はスペツィアやバーリ、アスコリといったイタリアのクラブの他、ルーマニアのウニヴェルシタテア・クライオヴァの監督を歴任し、マルタ代表には2019年12月に就任。リーグDに振り分けされているUEFAネーションズリーグでは、リーグC昇格に2度迫るなど、まずまずの手腕を発揮している。

なお、マンジャ監督はウニヴェルシタテア・クライオヴァを率いていた際にも選手と不適切な関係を持ったとする容疑をかけられた過去があるが、マルタ代表監督就任の際にMFAは不適切行為の証拠は得られなかったとコメントしていた。

今回の件については、独立懲戒委員会が設置され、問題の調査を進めていくとのこと。マンジャ監督にも自己弁護の機会を与える予定のようだ。

関連ニュース
thumb

不協和音のフランス代表… 主将ロリス、直接言及せずも結束呼びかけ「グループ力が試される」

フランス代表キャプテンのGKウーゴ・ロリスが、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のポーランド代表戦へ向けて意気込みを語った。 大会連覇を目指すフランス代表はグループDを首位通過し、4日に行われる決勝トーナメント1回戦でポーランド代表との対戦に。そんな最中、ディディエ・デシャン監督とDFバンジャマン・パヴァールの間に軋轢が生じていると伝えられ始め、同国ファンを中心に小さくない不安が広がっている。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、チームを束ねるロリスは前日会見でこの件には触れず。その上で、チームが一丸となって戦わなくてはならないと述べている。 「戦いは新たなステージへと移った。勝てば次があるし、負ければ家に帰ることとなる。ここ(W杯)に残るためには、各々が可能な限りベストを尽くす必要がある。(ポーランド戦は)グループとしての力量が試される」 「繰り返すが、ミスは帰宅に直結する。このようなステージでリラックスできる瞬間はなく、肉体的にも精神的にも最高レベルでなくてはならない。それも90分間ずっとね」 直接の言及こそなかったものの、チームに結束を呼びかけた格好のロリス。自身も出場した2010年の南アフリカW杯ではチーム内の不和が決定的な要因となってグループステージ敗退を経験しているだけに、気が気でない部分があるのだろう。 2022.12.03 21:42 Sat
twitterfacebook
thumb

「非常に厳しい戦いに」イングランド代表、ヘンダーソンがセネガルを最大限に警戒

イングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のセネガル代表戦へ向けて意気込みを語った。イギリス『Evening Standard』が伝えている。 イングランド代表はグループBを首位通過し、4日に行われる決勝トーナメント1回戦ではグループAを2位で通過したセネガル代表との対戦に。下馬評ではイングランド有利との見方が強いが、チーム最年長の1人でもあるヘンダーソンは最大限の警戒でこの一戦に臨むと口にした。 「その先(準々決勝以降)のことは考えるべきじゃない。全てはセネガルについてだよ。うまくいけば来週も試合について話せるが、それまではセネガルを倒すことに100%の意識を傾けている」 「セネガルはアフリカ王者であり、とても優れたチーム。非常に厳しい戦いを強いられるだろう。サディオ・マネ? 確かに彼らは重要な選手を失っているが、彼なしでここまで進んだため、自信を持っているはずだ」 「彼らは勝利に慣れている。僕たちが先に進むためにはピッチ上で全力を尽くす以外に道はない。ボールを保持していない時の強度はひとつのテーマかもしれないね。これを維持できれば、勝つチャンスも十分なはずだ」 2022.12.03 18:03 Sat
twitterfacebook
thumb

イングランド代表、ストーンズが56年ぶりW杯優勝に自信「実現可能」

イングランド代表DFジョン・ストーンズが、カタール・ワールドカップ(W杯)の優勝を目指すと改めて宣言した。 グループBを首位通過したイングランド代表は、4日に行われる決勝トーナメント1回戦でセネガル代表との対戦に。ここまでの全3試合に出場したストーンズは一発勝負の戦いを目前にし、前日会見で大会制覇を誓っている。 「誇りに思えるような素晴らしい旅にしたいと願っている。今大会で多くの番狂わせを目の当たりにした。だから、(セネガルに)勝って当然だなんて微塵も思っていない」 「僕たちはW杯で優勝するためにいる、と繰り返し言ってきたよね。僕は今でもそれが実現可能だと信じているよ。これまでの歩みを振り返り、どこまで進みたいかを今一度、考える必要があるね」 「前回の(ロシア)W杯、EUROと、2度のトーナメントでトロフィーまで接近したが、どちらも最後は敗れた。二度とあの感覚を体験したくないんだ。W杯の4位は素晴らしい成果ではあったが、今回はさらに上に行くべきだ」 ストーンズが言及した昨年のEUROは決勝戦でイタリア代表にPK戦の末に敗北。今大会では決勝トーナメントを見据え、「ペナルティキックの練習とそのディテールについて少なくない時間を費やしてきた」とも明かしている。 2022.12.03 17:01 Sat
twitterfacebook
thumb

ベスト8懸けポルトガル戦へ! スイス代表指揮官が意気込み「戦術が機能すれば…」

スイス代表のムラト・ヤキン監督が、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のポルトガル代表戦へ向けて意気込みを語った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 スイス代表は2日にグループG最終節でセルビア代表と対戦。先制しながらも一時は逆転される厳しい戦いを強いられたが、同点として迎えた後半開始早々のMFレモ・フロイラーのゴールが決勝点となり、3-2での逆転勝利に。2位で決勝トーナメント進出を掴み取った。 6日に行われる決勝トーナメント1回戦では欧州屈指のタレント軍団、ポルトガル代表と激突する。ヤキン監督はセルビア代表戦後のインタビューで試合を振り返りつつ、ベスト8を懸けた大一番へ向けても意気込みを語った。 「序盤は順調な戦いを見せたが、困難な時間帯も経験した。スイスの選手たちが良いリアクションをしたことで、素晴らしい結果を手繰り寄せたね。(試合中は)多くの感情が湧いてきたが、今とてもハッピーなのは試合に勝てたからだ」 「セルビアの強力な攻撃陣には十分な警戒が必要だった。だが、我々は素早い切り替えとサイドのスペース活用を徹底し、3つものゴールを生んだ」 「ポルトガル戦? 我々自身が試合にコミットし、戦術が機能すれば、どんな結果だって手にできる。今日はとても感動的な夜になった」 2022.12.03 14:46 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラジル代表、重鎮D・アウベスが危機感強める「この先のステージでは…」

ブラジル代表DFダニエウ・アウベスが、カタール・ワールドカップ(W杯)グループG最終節のカメルーン代表戦を振り返った。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 ブラジル代表は2日にカメルーン代表と対戦。すでに決勝トーナメント進出が決定済みとあってか、スタメンを9選手入れ替えるなど、フレッシュな選手らでグループステージ3連勝を狙ったが、最後までネットを揺らせなかった一方、後半アディショナルタイムの失点に沈み、0-1での敗戦となった。 グループ首位の座こそ維持するも、シュート21本を浴びせるなど、90分間を通して優位に試合を進めたなかでの敗戦に。自身もフル出場した39歳のD・アウベスは試合後のインタビューでチームへの警鐘と捉え、グループステージだったことが不幸中の幸いと口にした。 「これは僕たち自身への警鐘。弱いライバルなどいないという明確な警告、メッセージだ。この先のステージではミスを犯すのが許されない」 「これを教訓にし、より機能するチームにならなくてはならない。だから、このタイミングで敗北を喫したのは良かったとも言えるかもしれない。大会は少しずつ、少しずつ、激しさを増して行く。とにかく、これを教訓として受け止めるよ」 ブラジル代表は4日に行われる決勝トーナメント1回戦で、グループHを2位で通過した韓国代表と対戦する。 2022.12.03 13:50 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly