バルセロナがフレンキー先制弾に途中出場レヴィの1G1Aで快勝! スタンドの急病人治療のため約40分の中断も…《ラ・リーガ》

2022.09.11 04:22 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第5節、カディスvsバルセロナが10日にエスタディオ・ヌエボ・ミランディージャで行われ、アウェイのバルセロナが0-4で勝利した。

バルセロナは前節、セビージャに3-0のスコア以上の実力差を見せつけて3連勝。さらに、チャンピオンズリーグ(CL)ではビクトリア・プルゼニを相手にケシエの加入後初ゴール、レヴァンドフスキが圧巻のハットトリックを達成し、5-1のマニータの快勝となった。

週明けに近年大敗続きのバイエルンとのビッグマッチを控える中、チャビ監督はカディスとのアウェイゲームに向けて、GKテア・シュテーゲン、デ・ヨングを除く先発9人を変更。ピケが今季初出場、ベジェリンが新天地デビューを飾ったほか、前線はハフィーニャ、デパイ、フェラン・トーレスが並んだ。
控え中心のメンバー構成で臨んだバルセロナは、立ち上がりこそ相手の勢いに晒されるが、以降はボールを握って押し込むいつも通りの展開に持ち込む。

10分にはカウンターからガビのラストパスを受けたハフィーニャがボックス内で左足を振るが、このシュートは惜しくも右ポストを叩く。さらに、このこぼれ球に反応したフェラン・トーレスのシュートはGKの好守に遭う。

早い時間帯の先制点を逃したバルセロナは、引き続きボールを握って相手守備に揺さぶりをかける。だが、デンベレ、レヴァンドフスキの不在に加え、急造トリデンテの連携面がいまひとつで、集中した相手の守備を崩し切れない。

その後、セットプレーの流れからアラウホの折り返しに反応したデパイ、前半アディショナルタイムにはボックス左で仕掛けたフェラン・トーレスが得意の角度で右足を振るが、いずれのシュートも枠を捉え切れなかった。

ゴールレスで試合を折り返したバルセロナは後半も同じ11人でスタート。前半同様に早い時間帯にゴールをこじ開けられない中、ベンチサイドではレヴァンドフスキ、デンベレ、ペドリと切り札3選手が交代の準備を進める。

すると、そのベンチの動きに触発されたか、直後に待望の先制点が生まれる。55分、相手陣内右サイドのタッチライン際でボールを受けたハフィーニャがボックス右のスペースを狙うガビへ斜めのスルーパスを通す。ガビがゴールライン際で入れた高速クロスをGKが弾くと。ボックス中央にタイミング良く走り込んだデ・ヨングが右足のシュートを蹴り込んだ。

切り札投入前にリードを手にしたものの、チャビ監督はガビ、デパイ、フェラン・トーレスを下げて前述の3選手を予定通りピッチへ送り込む。そして、この交代がすぐさま追加点に繋がった。

65分、ベジェリンとのパス交換でボックス右に抜け出したハフィーニャがグラウンダーの高速クロスを入れると、ゴール前に飛び込んだデ・ヨングがゴール前での混戦を作る。最後は中央にこぼれたボールにいち早く反応したレヴァンドフスキがDFよりも先にゴールネットへ蹴り込んだ。

レヴァンドフスキの公式戦5試合連発となる一撃で勝利を大きく引き寄せたバルセロナは、ここからゲームコントロール優先の戦い方にシフト。リスクを冒して前に出る相手をいなしながら、カウンターを起点にハフィーニャやデンベレがフィニッシュに絡む。78分にはバルデを下げて新戦力のマルコス・アロンソをデビューさせた。

その後、試合はスタンドの観客に急病人が出たことで一時中断を余儀なくされる。その中でカディス守護神レデスマがベンチサイドでAEDを受け取り、全速力でゴール裏に戻ってスタンドに投げ入れる緊迫した事態に。これを受け、両チームの選手たちは一度ロッカールームに下がって状況を見守ることに。

公式なアナウンスはないものの、急病人は一命を取りとめて無事病院へ搬送された模様で、両チームはピッチ上での短いウォームアップを行った後、約1時間の中断を経て81分の時点から試合を再開した。

難しい精神状態でのプレーとなったが、バルセロナは86分にロングカウンターから中央を持ち上がったレヴァンドフスキがボックス内で粘って左を並走するアンス・ファティにプレゼントパス。これを背番号10が難なく流し込み、3点目を奪取。さらに、92分にはデンベレが見事な個人技でトドメの4点目を奪って勝負あり。

積極的なターンオーバーを行った中、きっちり格下相手に勝ち切ったバルセロナは、週明けのバイエルンとの大一番に大きな弾みを付けている。

関連ニュース
thumb

バルサ再始動… W杯敗退組はオフも、負傷アラウホは帰還

中断期間明けに向け、バルセロナが再始動するようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。 中断期間前のラ・リーガを首位で折り返したバルセロナ。チャンピオンズリーグ(CL)では2季連続のグループステージ敗退という大失態を晒してしまったが、後半戦は4季ぶりのリーグタイトル奪還に期待がかかる。 カタール・ワールドカップ(W杯)の親善大使を務めるチャビ・エルナンデス監督も現地から帰国し、5日からトレーニングを再開する流れに。グループステージで敗退したばかりのGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、DFアンドレアス・クリステンセンはしばしのオフを挟み、12日から合流するという。 一方、ウルグアイ代表としてW杯に臨むも、ケガで試合に出られなかったDFロナルド・アラウホはすでにバルセロナへと帰還済みで、本拠地で回復に専念。チャビ監督は、手元にいる選手らでフィジカルトレーニングを中心としたメニューをこなしていく方針とのことだ。 中断期間が明けたバルセロナの最初の公式戦は今月31日。ラ・リーガ第14節でエスパニョールとのダービーマッチに臨む。 2022.12.04 17:50 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシがキャリア通算1000試合出場! 驚異的なスタッツを記録

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがオーストラリア代表戦でシニアレベルでのキャリア通算1000試合出場を達成した。 メッシはバルセロナ在籍時代の2004年9月16日のエスパニョール戦でトップチームデビュー。以降はバルセロナで778試合、PSGで53試合に出場。また、2005年8月17日のハンガリー代表戦でデビューを飾ったアルゼンチンのA代表では先日のポーランド代表戦までで168試合に出場していた。 そして、3日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)ラウンド16のオーストラリア戦で節目の1000試合出場を達成した。 そのメモリアルゲームでは相手の堅守に苦戦を強いられていたチームを救う見事な先制点を記録。また、先発フル出場を果たしてチームの攻撃を牽引し、2-1の勝利に導きベスト8進出を決めた。 なお、この間に789ゴール、388アシストという驚異的なスタッツを記録。さらに、通算41個のトロフィーを手にしている。 2022.12.04 06:12 Sun
twitterfacebook
thumb

マドリーとフランス代表で躍動するチュアメニ、かつてセスクがバルサに推薦「ブスケッツの後継者に最適だった」

フランス代表としてカタール・ワールドカップでも活躍中のオーレリアン・チュアメニだが、セスク・ファブレガスはいち早くその才能に気づいていたようだ。 セスクとチュアメニはモナコでおよそ2年半共闘した間柄。チュアメニはそのモナコで徐々に頭角を現すと、2021年9月にフランス代表デビューを果たし、今回のカタールW杯でもメンバー入り。本戦ではグループステージ3試合で先発出場している。 セスクが初めてチュアメニを知ったのは、チュアメニがまだボルドーに在籍していた頃のこと。リーグ・アンのボルドー戦で感銘を受けたと、セスクは『フットメルカート』の取材で語った。 「彼が他の選手とは違うことをすぐに見抜いたよ。初めて彼を見たのは、モナコで行われたボルドーとのリーグ戦のことだった」 「僕はベンチからのスタートだったんだけど、彼のパフォーマンスに驚かされてね。思わずスタッフに『ボルドーのあのMFは誰なんだ?』と尋ねたのを覚えている」 すると2020年1月、モナコはそのチュアメニを1800万ユーロで獲得し、2人はチームメイトに。当時のことをセスクは「彼はウチに来て、少し適応する時間も必要だったけど、その後はどんどん成長して僕が思っていた通りの素晴らしい選手になったよ」と語る。 そして、セスクはさらに、チュアメニを古巣のバルセロナに推薦したという。 「バルサでオーレルのことを話したのは本当だ。彼らはセルヒオ・ブスケッツの後継者を探す準備にとりかかっていて、僕にとっては完ぺきな選手だった」 「だけど、バルサが資金不足だった時期で、4000万ユーロ以上は提示できなかったと思う」 ただ、セスクの期待とは裏腹に、チュアメニは今夏レアル・マドリーへ移籍。多くのビッグクラブが獲得に動いた中で、最大1億ユーロの値がついた。 バルセロナの最大のライバルへ移籍したチュアメニだが、ここまではレギュラーとして公式戦18試合に出場中。セスクは「オーレリアンに限界はない」と、ライバルで活躍する22歳へエールを送っている。 2022.12.03 18:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ケシエがインテルに売り込みか、1月にレンタルの可能性

バルセロナのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の代理人がインテルに売り込みをかけているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 ケシエは今夏、ミランからバルセロナにフリーで加入。4年契約を結んだが、負傷や適応に苦しみバルセロナではラ・リーガ2試合、チャンピオンズリーグでは3試合のスタメン出場にとどまっている。 出場機会を得られない中、ケシエの代理人はインテルに売り込みをかけているようで、1月にも話し合いが持たれるとのことだ。 ただ、インテル側の財政的にレンタルであること、650万ユーロの一部年俸をバルセロナに支払ってもらうことが条件となるようだ。果たしてケシエは半年でミラノに戻ってくることになるのだろうか。 2022.12.02 22:40 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、カタールW杯参戦中の左SBアレハンドロ・バルデとの契約更新が進む! 新たに5年契約へ

バルセロナとスペイン代表DFアレハンドロ・バルデ(19)の契約更新が迫っているようだ。 バルセロナのカンテラで育ち、昨シーズンにプロデビューを果たしたバルデ。同シーズンは公式戦7試合の出場にとどまったが、今季は本格的にトップチームに身を置き、中断前まで16試合に出場、3アシストを記録していた。 そんな活躍から、今回のワールドカップでは負傷したホセ・ルイス・ガヤに代わって追加招集を受けることに。これがA代表として初招集だったが、本大会ではここまで2試合で途中出場している。 クラブではチャビ・エルナンデス監督が絶大な信頼を置いていることもあり、2024年夏までとなっている契約の更新を進めている模様。移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、新契約は新たに5年間と、10億ユーロの契約解除金が設定されるようだ。 一方で、バルデと同じ左サイドバックで長らく活躍してきたジョルディ・アルバに関しては、クラブが2024年夏まで残す契約の解除を検討していると言われている。 2022.11.30 13:45 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly