大型補強で注目の新生バルサ、昨季苦戦ラージョに勝ち切れず…ホームでドロースタート《ラ・リーガ》

2022.08.14 06:12 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのラ・リーガ開幕節、バルセロナvsラージョ・バジェカーノが13日にカンプ・ノウで行われ、0-0のドローに終わった。

盤石のレアル・マドリーから覇権奪還を目指す昨季2位のバルセロナは、昨季のカンプ・ノウでの対戦で屈辱の敗戦を喫したラージョを相手に白星発進を目指した。

今夏、新スポンサー契約や今後のテレビ放映権の一部売却で7億ユーロ以上の資金調達を図り、レヴァンドフスキ、ハフィーニャ、クンデら数選手を獲得する大型補強を敢行したチャビ率いるチームは、プレシーズンでその新戦力が早速フィットし、好調を維持。また、ラ・リーガのサラリーキャップの問題で新戦力を含め主力数名を登録できずにいたが、辛くも開幕戦前日にクンデを除く選手の登録を完了させた。

そして、注目の開幕スタメンは守護神テア・シュテーゲンやアラウホ、ジョルディ・アルバ、ブスケッツ、ペドリら昨季の主力と共に、クリステンセン、ハフィーニャ、レヴァンドフスキの新戦力3選手がデビューを飾った。

近年稀に見る積極補強により、大きな期待感が漂うカンプ・ノウでスタートした今季の開幕戦。

UNAMプーマスを6-0で粉砕した直近のジョアン・ガンペール杯のような相手を圧倒する立ち上がりが期待されたが、昨季対戦での良いイメージを持つラージョの勇猛果敢な戦いもあり拮抗した状況が続く。

それでも、10分を過ぎた辺りから相手を押し込むことに成功すると、右サイドのハフィーニャが積極的に足を振っていく。ただ、ペドリとレヴァンドフスキの新ホットラインを含め中央での細かい崩しは封じられて、外回りの攻撃が続く。

決定機まであと一歩という場面が目立つ中、飲水タイムにはチャビ監督が細かな修正を施す。デンベレとハフィーニャのサイドを入れ替えるなど、異なるアプローチで相手の堅守攻略を図る中、ボックス内のデンベレのシュートやペドリのミドルシュートでチャンスを窺うが、先制点が遠い。

逆に、前半終了間際には相手が狙っている背後への速い攻めからピンチを迎える。トレホの浮き球パスに抜け出したアルバロ・ガルシアにボックス左に抜け出されてDFアラウホのスライディングもかわされるが、ここはうまく間合いを詰めたGKテア・シュテーゲンのビッグセーブにより事なきを得た。

やや不満を残す形で前半を終えたバルセロナだが、後半もメンバー交代や立ち位置の変更はなくスタート。勢いを持って入ったものの、前半同様にアタッキングサードでの手詰まりが目立つ。

後半序盤の先制点奪取を逃したホームチームは60分過ぎに3枚替えを敢行。クリステンセン、ハフィーニャ、ガビを下げてセルジ・ロベルト、フレンキー・デ・ヨング、アンス・ファティを投入。この交代でアラウホがセンターバックにポジションを移した。

65分には投入直後のファティがデンベレからの横パスをボックス中央でダイレクトシュート。いきなりゴールへ迫ったが、ここは相手GKの好守に阻まれる。さらに、直後にもブスケッツのミドルシュートが枠を捉えたが、これもディミトリエフスキのファインセーブに遭う。

ラージョに疲労が出始めたこともあり、徐々に相手を崩しかける場面が増えてきた中、チャビ監督は73分にペドリを下げてケシエ、82分にはアルバを下げてオーバメヤンを投入。[3-3-3-1]の攻撃的な布陣で勝ち点3奪取へのこだわりを見せる。

しかし、レヴァンドフスキやオーバメヤンがボックス内でのビッグチャンスをモノにできず、0-0のスコアのまま試合は8分が加えられた後半アディショナルタイムに突入する。

そのアディショナルタイムでは見せ場はおろか、ブスケッツが2枚目のカードで退場となったほか、オフサイドで取り消しとなったもののサルビにゴールネットを揺らされて、あわや土壇場失点での敗戦というピンチも招いた。

そして、試合はこのままタイムアップを迎え、大型補強で注目を集める新生バルセロナの初陣は消化不良のゴールレスドローに終わった。

関連ニュース
thumb

FIFAウイルスで負傷者続出のバルセロナ、居残り組のベジェリンもふくらはぎ負傷

バルセロナは27日、スペイン代表DFエクトル・ベジェリンの負傷を報告した。 公式ツイッターによる情報によれば、ベジェリンは同日のトレーニング中に左足のヒラメ筋に違和感を覚えた模様。早めに切り上げ、翌日に精密検査を受ける予定とのことだ。 バルセロナでは今回のインターナショナルブレイクの間に、ジュール・クンデ、ロナルド・アラウホ、メンフィス・デパイ、フレンキー・デ・ヨングと負傷者が続出。10月にはレアル・マドリー戦を含め9試合の過密日程が控えているだけに、軽傷を祈るばかりだ。 2022.09.27 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、デパイとF・デ・ヨングの負傷詳細を発表

バルセロナは26日、オランダ代表2選手の負傷詳細を発表した。 FWメンフィス・デパイは左大腿二頭筋の損傷、MFフレンキー・デ・ヨングは左大腿半腱様筋を伸ばしたことによる負傷とのことだ。 両選手共に22日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA・グループ4第5節のポーランド戦で負傷していた。 スペイン『アス』によればデパイは約1カ月の離脱、F・デ・ヨングは約2週間の離脱になるだろうと報じている。 バルセロナでは今回の代表ウィークでDFロナルド・アラウホが右大腿部の内転筋腱の剥離で約2カ月半の離脱となった他、DFジュール・クンデが左大腿二頭筋の裂傷で約1カ月の離脱と、FIFAウイルスに苦しめられている。 2022.09.27 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アラウホが手術を決断、2カ月半の離脱でカタールW杯欠場へ

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホが手術を決断したようだ。スペイン『アス』が報じている。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代に。バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表していた。 保存療法での復帰の選択肢もあったが、再発のリスクが高いため手術を受けての完全復帰を目指すことにしたようだ。 『アス』によれば復帰までには2カ月半かかるため、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わないことになった。 2022.09.27 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

代表戦で負傷のバルサDFアラウホ、FIFAが毎日285万円支払いへ

ウルグアイ代表の活動で重傷を負ったバルセロナのDFロナルド・アラウホだが、これにより国際サッカー連盟(FIFA)が補償金を支払うことになるようだ。スペン『アス』が伝えた。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代となっていた。 バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表。全治は明かしていないが、『ムンド・デポルティボ』によれば手術を行った場合、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わない可能性が高いとされている。 ただ、代表戦で負傷したこともあり、欠場が28日以上続く場合は、FIFAが1日あたり2万458万ユーロ(約285万円)を支払うことが保証されている。 この金額は選手の固定給を考慮して算出されており、1年間もらい続ければ750万ユーロ(約10億4400万円)に達することに。年間では約8000万ユーロ(約111億3700万円)が割り当てられているという。 2022.09.26 22:12 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサが来夏の獲得目指すベルナルド・シウバ、シティの要求額は約139億円?

マンチェスター・シティは、ポルトガル代表MFベルナルド・シウバ(28)の獲得を目指すバルセロナに対し、巨額の移籍金を要求する構えのようだ。 ベルナルド・シウバは今夏、バルセロナ行きが度々話題に。バルセロナ側はラ・リーガのサラリーキャップ問題もあり正式オファーを提示できなかったとされるが、選手にとってバルセロナは幼少期からの憧れのクラブであり、来夏こそ移籍が実現するのではと報じられている。 だが、バルセロナにとっては高いハードルがある模様。スペイン『ムンド・デポルディポ』によると、契約を2025年6月まで残すシティは8000万ユーロ(約111億円)以下で手放すつもりはなく、移籍金を1億ユーロ(約139億円)にまで設定しているという。 そのため、経営難のバルセロナがベルナルド・シウバを獲得するには、やはり選手の売却や「大幅な」人件費削減が不可欠とのこと。すでにスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツや同代表DFジョルディ・アルバらの退団が囁かれているが、多額の移籍金収益も得る必要がありそうだ。 2022.09.26 20:07 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly