【2021-22セリエAベストイレブン】インテルから5選手、ミランから4選手を選出

2022.06.06 18:01 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2021-22シーズンのセリエAが5月22日に終了しました。本稿では今季のセリエAベストイレブンを超ワールドサッカー編集部が独自に選定してみました。

GKマイク・メニャン(26歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:32(先発回数:32)/失点数:21/出場時間:2880分
10月中旬から約1カ月戦列を離れる時期があったものの、ミランの新正GKとして見事なパフォーマンスを披露した。ドンナルンマの代役として加入し、プレッシャーのかかる状況だったが、見事にはねのけて見せた。身体能力の高さを生かしたゴールキーピングに加えて安定感もあり、ドンナルンマが移籍した穴を感じさせなかった。

DFデンゼル・ダンフリース(26歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:33(先発回数:21)/得点数:5/出場時間:2025分
ハキミの代役として加入。正直、前任者の穴を埋めるのは厳しいと予想していたが、良い意味で裏切った。圧倒的なスプリント能力で上下動を繰り返し、多くの好機を生み出した。自身でゴールも奪うことも可能で5得点をマーク。ハキミと遜色ないレベルにあることを証明して見せた。

DFミラン・シュクリニアル(27歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:35(先発回数:35)/得点数:3/出場時間:3150分
加入4季目の今季も3バックの右担当として安定感あるプレーを続けた。ソリッドな守備で自身のエリアを突破されることはほぼ皆無と、インテリスタとしては彼の存在があるだけで一安心だ。

DFフィカヨ・トモリ(24歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:31(先発回数:30)/得点数:0/出場時間:2791分
昨季チェルシーからレンタルで加入し、完全移籍に切り替わった今季、その期待通りの働きを見せた。相棒のDFケアーが負傷でほぼ不在だった中、トモリが新ディフェンスリーダーとして重要な働きを担った。身体能力の高さを生かした守備範囲の広さ、堅実なディフェンスと、GKメニャンと共にミランを後方から支えた。

DFテオ・エルナンデス(24歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:32(先発回数:30)/得点数:5/出場時間:2713分
今季も持ち前の攻撃力は健在だった。シーズン後半、攻撃陣に疲れが見えて不調だった中、彼の後方からのロングドリブルが大きなアクセントとなった。ミランを優勝に導き、世界屈指の左サイドバックに成長したことを証明した。

MFニコロ・バレッラ(25歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:36(先発回数:36)/得点数:3/出場時間:2933分
ユーロでイタリア代表の優勝に貢献したバレッラ。年々飛躍を遂げているインサイドMFは、今季も攻守両面で奮闘した。ビッグマッチでも輝くことが多く、勝負強さを持ち合わせている印象。ブロゾビッチ、チャルハノールとのトライアングルはインテルのストロングポイントだ。

MFマルセロ・ブロゾビッチ(29歳/インテル)
Getty Images

出場試合数:35(先発回数:35)/得点数:2/出場時間:2949分
29歳と円熟のクロアチア代表MFがピッチ上のリーダーとして君臨した。的確なパスワークで味方を生かし、安定感あるゲーム運びの一助となった。逆に彼の不在時に如何ともし難かった点がブロゾビッチの存在の大きなを物語った。世界屈指のレジスタとして今後もインテルを牽引することだろう。

MFサンドロ・トナーリ(22歳/ミラン)
Getty Images

出場試合数:36(先発回数:31)/得点数:5/出場時間:2606分
ファビアン・ルイスと迷ったが、シーズンを追うごとに存在感を増していったトナーリを選出。シーズン前半は絶対的なレギュラーではなかったものの、後半はMFケシエと中盤を形成し、攻守に躍動した。トナーリの活躍なくしてミランの優勝はなかった。

FWチーロ・インモービレ(32歳/ラツィオ)
Getty Images

出場試合数:31(先発回数:31)/得点数:27/出場時間:2716分
イタリア代表では厳しいバッシングを浴びたものの、ラツィオでは本来のパフォーマンスを披露。コンスタントにゴールを挙げ、27ゴールをマークして自身4度目の得点王に輝いた。サッリ監督の攻撃スタイルにフィットしているようだ。

FWドゥシャン・ヴラホビッチ(22歳/フィオレンティーナ/ユベントス)
Getty Images

出場試合数:36(先発回数:33)/得点数:24/出場時間:2940分
FWムバッペやFWハーランドらと共に次世代のサッカー界を牽引するストライカーの一人に踊り出た。昨季21ゴールを挙げてブレイクしたセルビア代表FWは、試合毎に粗さが削り落とされ、洗練された点取り屋へと変貌。ユベントスに移籍した後半戦もゴールを積み上げ、ビッグクラブでも物怖じしないことを示した。ディバラが旅立ち、新エースとなる来季は更なる飛躍が期待される。

MFイバン・ペリシッチ(33歳/インテル)
Getty Images

出場試合数: 35(先発回数:35)/得点数:8/出場時間:2839分
33歳とベテランの域に達しているペリシッチだが、動きを見れば衰えを一切感じないどころか成長している感さえあった。両足を使えるため、サイドからの仕掛けはわかっていても止められないレベル。クロス精度、シュート精度ともに申し分なく、ダンフリースと共にインテルのサイド攻撃を活性化させた。

関連ニュース
thumb

ロドリゴ・パラシオが40歳で現役引退…伊4部でバスケット選手に転身

元アルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオ(40)が現役引退を発表した。 直近までセリエBのブレシアでプレーしていたパラシオは26日に現役引退を発表した。さらに、今後はイタリアのバスケットボールリーグの4部に所属するポリスポルティーヴァ・ガレニャーノで、バスケットボール選手としてプレーすることを電撃発表した。 母国アルゼンチンのウラカン、CAバンフィエルド、ボカ・ジュニアーズで活躍したパラシオは、2009年にジェノアへ加入し、イタリアでのキャリアをスタート。 これまでジェノア、インテル、ボローニャの3クラブでセリエA通算357試合に出場し、93ゴールを記録。2021年5月に行われたセリエA第34節のフィオレンティーナ戦では、39歳86日でのハットトリックを達成し、ヨーロッパ5大リーグにおける最年長ハットトリック記録も樹立していた。その後、昨夏にブレシアへ新天地を求め、自身初のセリエBでは33試合6ゴール4アシストの数字を残していた。 2005年にデビューを飾ったアルゼンチン代表では通算27試合に出場し、3ゴールを記録。2度の出場を果たしたワールドカップでは、2014年のブラジル大会で5試合に出場し、準優勝に貢献していた。 2022.09.28 00:40 Wed
twitterfacebook
thumb

屈筋を痛めたブロゾビッチ、最長で1カ月離脱へ

クロアチアサッカー連盟(HNS)は26日、インテルのクロアチア代表MFマルセロ・ブロゾビッチが屈筋を痛めたと発表した。 ブロゾビッチは25日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグA最終節のオーストリア代表戦にスタメン出場。しかし、18分に負傷交代していた。 クロアチア代表を率いるズラトコ・ダリッチ監督はブロゾビッチの離脱期間が最長で1カ月になると言及していた。 インテルの絶対的主軸であるブロゾビッチ。インテルは代表ウィーク明け、大黒柱を欠いてセリエAのローマ戦(出場停止)やチャンピオンズリーグのバルセロナとの連戦に挑むことになった。 2022.09.27 00:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントス黄金時代を支えたアレックス・サンドロ、今季終了後に契約満了で退団か

ブラジル代表DFアレックス・サンドロ(31)が今季終了後にユベントスを離れるようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 アレックス・サンドロは今季終了後にユベントスとの契約が満了を迎える。しかし、現在600万ユーロ(約8億3000万円)の年俸を受け取っている同選手とユベントスは契約更新する意思がないとのことだ。 『コリエレ・デッロ・スポルト』によればユベントスは年俸ダウンの新契約を提示する姿勢もないようだ。 ユベントス不動の左サイドバックとして5度のセリエA優勝に貢献した功労者のアレックス・サンドロだが、別れの時が近づいているようだ。 2022.09.26 22:45 Mon
twitterfacebook
thumb

再び恩師モウリーニョのもとへ、マティッチがローマ加入の理由明かす「新しい挑戦が必要だった」

元セルビア代表MFネマニャ・マティッチが、ローマ加入の理由を明かした。『フットボール・イタリア』が伝えている。 チェルシーでジョゼ・モウリーニョ監督の下、プレミアリーグ屈指の守備的MFに成長を遂げたマティッチ。2017年からはそのモウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドへと移籍し、主力として5年間プレーした。そして、今夏にはフリートランスファーでローマへと加入。今度はイタリアの地で恩師と3度目のタッグを組むことになった。 イギリス『タイムズ』のインタビューを受けたマティッチは、ローマ加入の理由は出場機会を得ることとしつつも、恩師であるモウリーニョ監督の存在も大きかったと本音を語った。 「正直なところ、僕はお金のためにサッカーを始めたわけではなく、ピッチに立ち続けるため、新しいチャレンジが必要だった。もっとプレーしたかったし、ジョゼから連絡があったときには自分の決断が正しかったと確信したよ」 「セリエAではもっと楽な仕事だと思っていたけど、まだまだたくさん走らないといけないね。ほぼ全試合に出てるけど、上手くやれていると自信を感じているよ。街も美しく、子供たちはすっかり馴染んだ。もう完璧だね」 「彼が史上最高の監督の一人であることは誰もが認めるところだ。個人的な付き合いは良好だけど、なぜかと聞かれてもわからない。僕は彼に特別なことを要求したことはないし、彼は常に勝利を望んでいる。良い結果を得られないと一緒に仕事をするのはとても難しいからね」 2022.09.26 16:44 Mon
twitterfacebook
thumb

いまだ得点は生まれずも…ミラン新加入デ・ケテラエルに焦りなし「悲観はしていない」

ミランで会心のデビューを果たしたベルギー代表MFチャールズ・デ・ケテラエルに初得点への焦りはないようだ。イタリア『スカイ』が伝えている。 母国のクラブ・ブルージュのアカデミーで育った攻撃的MFのデ・ケテラエル。公式戦49試合で18ゴール10アシストという見事なスタッツを残した昨季の活躍からビッグクラブ注目の存在となり、今夏に3200万ユーロ+300万ユーロという条件でミランへと加入した。 そしてセリエA開幕節のウディネーゼ戦でデビューを果たし、ここまでチャンピオンズリーグを含む全9試合に出場。早くも攻撃陣の中心となり、第3節のボローニャ戦ではアシストも記録した。 一方でいまだ得点には恵まれていないが、ベルギー『HetLaatsteNieuws』のインタビューに応じた同選手は全く気にしていない様子。ゴールへの意欲を示しながらも、決して悲観はしていないようだ。 「もっとゴールを決められるようにと思って努力しているし、試合に出るたびにゴールやアシストの可能性はある。でもあまり重要視したくはない。自然にそうなるのであれば、それはそれでいい」 「フットボーラーなら誰でも得点を決めて自分の重要性を感じたいと思うものだ。その思いは僕の頭の中にもあるよ。でも、ミランでまだ得点を決めていないからと言って悲観はしていない。早く決めれたらいいなとただ思うだけだよ」 「僕はより良いプレーヤーになるために努力している。ポジティブな瞬間とネガティブな瞬間が交互にやってくるだろうけど、より前者のタイミングが長くあってくれれば幸運だね」 2022.09.26 15:35 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly