大きな転換期を迎えたユーベ、ラムジーら余剰人員を整理へ

2022.05.24 18:49 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAで2シーズン連続の4位という結果に終わったユベントス。今夏は多くの選手たちがトリノの街を去ることになるかもしれない。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。

かつてはセリエA9連覇を達成し、国内に敵なしという黄金期を作ったユベントス。しかし、2020-21シーズンに失速すると、今季も2年連続で4位に終わり、一時代の終焉を感じさせる。

現時点で、主将としてチームを牽引したイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)、クラブの象徴的存在だったアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)の退団が決定しているユベントス。これだけでも大きなトピックと言えるが、2選手以外にもクラブを離れる可能性がある選手がいるようだ。

『カルチョ・メルカート』によると、ブラジル代表のDFアレックス・サンドロ(31)とMFアルトゥール(25)、下部組織出身のイタリア代表FWモイゼ・ケアン(22)、そして、レンジャーズへレンタル移籍中のウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(31)の4選手が余剰人員であるとされている。

これまでにアルトゥールとケアンに関しては、アーセナルのブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイス(24)の獲得にあたって交渉の一部に含まれていると報じられている。レンタル先のレンジャーズでも十分な出場機会に恵まれず、ヨーロッパリーグ(EL)決勝ではPK戦で唯一の失敗をしてしまったラムジーと共に、来シーズンの構想には入っていないと見られている。

また、2015年8月からユーベに在籍する古参組のアレックス・サンドロは長年にわたって主力として活躍し、今シーズンも28試合に出場し2アシストを記録。ブラジル代表としても36キャップを誇る左サイドバックだが、適切なオファーが届けば放出を容認する見込みとのことだ。

ユベントスは、来シーズンのスクデット奪還へ向け、大胆な血の入れ替えが不可欠と判断したのだろうか。かろうじてチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保するにとどまった今シーズンを終え、今夏の移籍市場では積極的な動きを見せることが予想される。

関連ニュース
thumb

チェルシー、デ・リフト獲得は困難か…選手側が交渉をストップ

去就が注目されるユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトだが、チェルシーとの交渉をストップさせたようだ。 チェルシーとバイエルンが熾烈なデッドヒートを繰り広げるデ・リフト争奪戦。当初は出足の早かったチェルシーが獲得に近づいていたが、現状では猛烈な追い上げを見せたバイエルンがポールポジションに立っている。 すでに個人間合意が報じられており、クラブ間の交渉を詰めるのみとなっているが、バイエルンが提示したフランス代表DFバンジャマン・パヴァールの譲渡を含めたオファーは門前払いされた模様。現金で9000万ユーロから1億ユーロの支払いを求めるユベントスは、最低でも8000万ユーロのオファーでなければ交渉の席に着かない姿勢とのことだった。 ここでチェルシーにも再びチャンスが訪れるかに思われたが、ドイツ人ジャーナリストのクリスチャン・フォーク氏によると、ミラノでハサン・サリハミジッチ氏とフェデリコ・チェルビーニ氏の両クラブのディレクターによる会合が行われ、バイエルン行きを望んでいるオランダ代表DFの意向を汲み、また、同クラブが移籍金を上げることを見越してチェルシーとの交渉を一旦中止するという決断を下したようだ。 なお、同氏によれば、バイエルンは今後7000万から7500万ユーロにボーナスを加えた新オファーを提示する見込みとのこと。ユベントス側と多少の溝はあるものの、移籍が成立する可能性はあるという。 2022.07.07 20:55 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルン、デ・リフト獲得にパヴァール譲渡を提案も撃沈…最低110億円は必要か

ユベントスが、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト獲得に向けたオファーを拒否したようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 今夏の移籍市場の注目株として連日メディアに取り上げられているデ・リフト。一時はチェルシー行きが近いと言われていたが、現状では追い上げを見せたバイエルンが個人間合意に達したという様相だ。 しかし、難関はやはりユベントス本体だ。『スカイ』によれば、6000万ユーロ以上の支払いを嫌うバイエルンは、フランス代表DFバンジャマン・パヴァールの譲渡を含めたオファーを提示したが、門前払いされた模様。 ユベントスは現金で9000万ユーロから1億ユーロの支払いを求めており、最低でも8000万ユーロのオファーでなければ交渉の席に着かない姿勢とのこと。そのため、札束バトルではチェルシーに分があるとの見方もあるが、果たして。 2022.07.06 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

スポルティング、ユーベからウルグアイ人GKイスラエルを獲得

スポルティングCPは5日、ユベントスからウルグアイ人GKフランコ・イスラエル(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となり、契約解除金は4500万ユーロ(約62億4000万円)に設定されている。 2018年、母国屈指の名門ナシオナルの下部組織からユベントスのプリマヴェーラに加入したイスラエル。トップチームデビューは果たせなかったものの、セリエCに所属するユベントスU-23では正GKを務め、2021-22シーズンは32試合に出場していた。 また、ウルグアイ代表の世代別チームの常連は2019年に行われたFIFA U-20ワールドカップでは守護神を務めていた。 2022.07.06 14:04 Wed
twitterfacebook
thumb

フリーのベルナルデスキがトロントFCと交渉…インシーニェ&クリシートに続くか

フリーのイタリア代表MFフェデリコ・ベルナルデスキ(28)にアメリカ行きの可能性が浮上している。 2017年7月にフィオレンティーナからユベントスに移ったベルナルデスキ。ユーティリティ性も生かして公式戦183試合の出場で12得点24アシストを記録したが、契約最終年の昨季をもって退団が決まった。 年齢的にもまだまだ脂の乗り切った時期で、実力も十分なアタッカーとあって、セリエAの他クラブからの関心が噂されるが、メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントFCが動きを本格化させているという。 移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、トロントFCはベルナルデスキと交渉中。まだ完全合意に達していないが、メインターゲットと目している模様だ。 トロントFCは今夏、セリエAからの実力者補強を連発。昨季までナポリでプレーしたFWロレンツォ・インシーニェのほか、ジェノアを退団したDFドメニコ・クリシートも加入が決定している。 2022.07.06 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバどディ・マリア、今週中にユベントス移籍決定か

マンチェスター・ユナイテッドを退団したフランス代表MFポール・ポグバ(29)とパリ・サンジェルマンを退団したアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリア(34)が、9日までにユベントスへの加入が決まるようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 共にフリーでの加入となり、9日までにはトリノ入りするとのことだ。 2012年から2016年にかけてユベントスに在籍していたポグバは4度のセリエA優勝に貢献。ユナイテッドでは期待に応えきれなかった中、才能を開花させたユベントスで復活を期す。 一方のディ・マリアはバルセロナから関心があった中、ユベントス入りを決断した模様。セリエA初挑戦となる。 ユベントスは22日よりラスベガスでプレシーズンを開始する。 2022.07.05 23:30 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly