大きな転換期を迎えたユーベ、ラムジーら余剰人員を整理へ

2022.05.24 18:49 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエAで2シーズン連続の4位という結果に終わったユベントス。今夏は多くの選手たちがトリノの街を去ることになるかもしれない。イタリア『カルチョ・メルカート』が報じている。

かつてはセリエA9連覇を達成し、国内に敵なしという黄金期を作ったユベントス。しかし、2020-21シーズンに失速すると、今季も2年連続で4位に終わり、一時代の終焉を感じさせる。

現時点で、主将としてチームを牽引したイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)、クラブの象徴的存在だったアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)の退団が決定しているユベントス。これだけでも大きなトピックと言えるが、2選手以外にもクラブを離れる可能性がある選手がいるようだ。

『カルチョ・メルカート』によると、ブラジル代表のDFアレックス・サンドロ(31)とMFアルトゥール(25)、下部組織出身のイタリア代表FWモイゼ・ケアン(22)、そして、レンジャーズへレンタル移籍中のウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(31)の4選手が余剰人員であるとされている。

これまでにアルトゥールとケアンに関しては、アーセナルのブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイス(24)の獲得にあたって交渉の一部に含まれていると報じられている。レンタル先のレンジャーズでも十分な出場機会に恵まれず、ヨーロッパリーグ(EL)決勝ではPK戦で唯一の失敗をしてしまったラムジーと共に、来シーズンの構想には入っていないと見られている。

また、2015年8月からユーベに在籍する古参組のアレックス・サンドロは長年にわたって主力として活躍し、今シーズンも28試合に出場し2アシストを記録。ブラジル代表としても36キャップを誇る左サイドバックだが、適切なオファーが届けば放出を容認する見込みとのことだ。

ユベントスは、来シーズンのスクデット奪還へ向け、大胆な血の入れ替えが不可欠と判断したのだろうか。かろうじてチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保するにとどまった今シーズンを終え、今夏の移籍市場では積極的な動きを見せることが予想される。

関連ニュース
thumb

ユーベがジェノアのU-21イタリア代表DFカンビアソ獲得へ本腰か

ユベントスがジェノアのU-21イタリア代表DFアンドレア・カンビアソ(22)獲得へ本腰を入れているようだ。 カンビアソはジェノアの下部組織で育った両利きのサイドバック。今シーズンは本職である左のサイドバックやウイングバックのみならず、右サイドやセントラルハーフでもプレーし、セリエA26試合1得点4アシストを記録。ファーストチームでのデビューシーズンにも関わらず、優れたパフォーマンスを見せていた。 クラブは残念ながらセリエB降格となり、カンビアソ自身は2023年6月まで現行契約を残しているものの、今夏のステップアップが濃厚とみられており、これまでにイタリア国内から多くの関心が寄せられてきた。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、現時点でカンビアソの獲得を模索しているのはインテル、ユベントス、アタランタ、ボローニャとのこと。以前にはインテルが争奪戦のポールポジションに立っていると報じられたが、ユベントスも負けじと対抗してきたようだ。 ジェノアはカンビアソ獲得を望むクラブに対して移籍金1000万ユーロ(約14億2000万円)を要求しており、これに対して財政難にあえぐユベントスは若手選手の譲渡を含めることで支出の削減を図りたい考え。 今シーズンをセリエBのヴィチェンツァで過ごしたU-21イタリア代表MFフィリッポ・ラノッキア(21)か、レンタル先のサレルニターナでセリエA20試合に出場したU-21ルーマニア代表DFラドゥ・ドラグシン(20)が交渉に含まれるとみられ、獲得に成功した場合はブラジル代表DFアレックス・サンドロ(31)に代わる同ポジションの新たな主力選手として据えたい思惑のようだ。 2022.06.26 18:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ミレンコビッチを巡ってイタリア・ダービー勃発か

フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(24)を巡ってインテルとユベントスが争奪戦を繰り広げる可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 来季でフィオレンティーナとの契約が切れるミレンコビッチに関してはこれまでプレミアリーグ方面のクラブから関心を示されていると報じられていたが、『カルチョメルカート』によればイタリアで新天地を探す可能性が高まっているという。 そんな中でもパリ・サンジェルマンへの移籍が噂されるDFミラン・シュクリニアルのインテルと、チェルシーへの移籍が噂されるDFマタイス・デ・リフトのユベントスが、それぞれ穴埋めとしてミレンコビッチの獲得に動くのではないかと主張している。 両チーム共に状況次第となるが、ミレンコビッチを巡るイタリア・ダービーを制すのはどちらになるか。 2022.06.26 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

イタリア時代を振り返るイグアイン、物議醸したユーベ移籍は「迷いなかった」

インテル・マイアミの元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインが、イタリア時代に下した決断を回顧した。イタリア『スカイ』が伝えている。 リーベルプレートから19歳でレアル・マドリーへと加わり、その後もヨーロッパの名だたるビッグクラブで活躍を続けたイグアイン。インテル・マイアミには2020年の夏から在籍しており、先日には現役引退の報道が出たものの、本人が後に否定し、35歳を迎える来季からもアメリカでプレーを続ける見込みだ。 世界最高峰のストライカーとして長年にわたって第一線で活躍を続けていたイグアインだが、最も輝きを放っていたのはナポリ時代だろう。マドリーから2013年夏に加入し初年度から主力として活躍すると、2015-16シーズンにはセリエAで36ゴールを決め、得点王に輝くとともに、最多得点記録を66年ぶりに塗り替えた。 しかし、大活躍に終わったシーズン後の2016年夏には、優勝を争ったライバルクラブのユベントスへと移籍。この“裏切り”によって、ナポリファンからは大きな反感を買うこととなったが、トリノの地でも抜群の得点感覚を披露し、3度のスクデット獲得に貢献した。 アルゼンチン『TyC Sport』のインタビューに応えたイグアインは、ユベントスへと移籍した当時の決断が間違っていなかったとコメント。加入後の活躍こそがその証明だと話した。 「僕はすべてを分かっていただけに、その決断はとても難しいものだったよ。でも、迷いは一切なかった。もっと多くの愛や幸せを求めていたから、行かない理由はなかった」 「36ゴールを挙げていたし、とても強いチームで素晴らしいサッカーをしていた。だけど、スクデットを獲得することはできなかった。そこに違和感を覚えたよ」 「9400万ユーロ(当時のレートで約111億円)もの移籍金が発生したのは、光栄なことだった。そして、1年目からチャンピオンズリーグ(CL)の決勝に出場するチャンスを得たんだ」 「人生において、悪いことをしたらすべて返ってくる。僕はナポリファンから侮辱され、多くの憎しみを向けられたけど、その後のナポリとの8試合で6ゴールを決めたんだ」 2022.06.25 21:53 Sat
twitterfacebook
thumb

母国で監督デビューのテベス、恩師コンテもエール「ベストを尽くして」

ロサリオ・セントラルで指導者としてのデビュー戦を迎えたカルロス・テベス氏に向けて、恩師がビデオレターを送っている。イギリス『90min』が伝えた。 テベス氏は母国の名門ボカ・ジュニアーズで頭角を現し、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、ユベントスといったヨーロッパの名だたるビッグクラブで活躍。昨夏以降は無所属の状態が続いていた中で、今月4日に現役引退を発表した。 引退後は指導者としてのキャリアを歩むことを望んでいたテベス氏だが、その夢は早くも実現。21日にアルゼンチンのロサリオ・セントラルの新指揮官に就任することが発表され、24日のヒムナシア・ラ・プラタ戦から指揮を執ることとなった。 就任直後のインタビューでは、指揮官としてのロールモデルにユベントス時代に指導を受けたアントニオ・コンテ監督の名を挙げていたテベス氏。新たな一歩を踏み出す直前に、その恩師から届いた応援のメッセージがクラブ公式ツイッターで伝えられた。 「こんにちはカルロス。君が元気であることを願っている。君は監督として新しいキャリアを始めるが、可能な限りベストを尽くしてほしいと私は考えている」 「君は素晴らしいサッカー選手だった。私は君と一緒にいる間、君を指導することに喜びと名誉を感じていた」 「君はピッチの上でその決意や、強さ、クオリティ、リーダーシップ、そして競争力を示していた」 なお、このビデオレター公開の数時間後に行われたヒムナシア戦でチームは0-1と惜敗。ただ、同氏の指導者としての道は始まったばかりであり、監督としても輝かしいキャリアを築いていくのか注目される。 2022.06.25 17:12 Sat
twitterfacebook
thumb

チェルシー、デ・リフト獲得へヴェルナーorプリシッチを提供か

チェルシーがユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)の獲得に向け、選手を絡めたオペレーションで移籍金の値下げを図りたい意向のようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じている。 2024年夏までの契約となっているデ・リフトの契約解除金は1億2000万ユーロ(約170億円)に設定されている中、チェルシーはドイツ代表FWティモ・ヴェルナーかアメリカ代表FWクリスチャン・プリシッチを差し出すことで移籍金の値下げを図りたいようだ。 しかし、ユベントスは現金を求めており、1億ユーロ以上のオファーがない限りデ・リフトの放出は認めない方針とのことだ。 今夏、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンがクラブを離れた中、喉から手が出るほど欲しいセンターバックの人材だが、デ・リフト獲得を実現できるだろうか。 2022.06.25 01:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly