ユナイテッドの来季アウェイユニはシンプルに回帰?7年ぶりの白色が復活か

2022.05.20 06:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドの2022-23シーズンのアウェイユニフォームに関して情報が出回っているようだ。『Footy Headlines』が伝えている。

来シーズンからエリク・テン・ハグ監督の就任が決まっているユナイテッド。今シーズンは早々に脱落してしまったプレミアリーグの優勝争いへ食い込むことが期待されるが、戦闘服となるアウェイユニフォームは白が復活するようだ。

今シーズンはシャツ全体に施された幾何学的な青いグラフィックが特徴だが、来シーズンはシンプルなデザインに。白が基調になり、肩には赤色でサプライヤーを務める「アディダス」のスリーストライプが入る。

最大の特徴は、襟元と袖口だ。ブラックの袖と襟には、白と赤のひし形が交互にデザインされている。

ショーツに関しては黒が基調となり、ソックスは白が基調になるようだ。

アウェイユニフォームで白が復活となれば、サプライヤーが「ナイキ」からアディダスに変更された最初の年である2015-16シーズン以来となる。

1 2

関連ニュース
thumb

ユナイテッドがニャブリに関心! アントニー獲得難航でプランBに

マンチェスター・ユナイテッドがバイエルンのドイツ代表FWセルジュ・ニャブリ(26)への関心を強めているようだ。ドイツ『スカイ』が報じている。 エリク・テン・ハグ新監督の下、捲土重来のシーズンに臨むユナイテッド。しかし、チェルシーを除くライバルクラブが積極的に補強を進めている中、ここまで1人の新戦力も獲得できていない。 ここ最近では指揮官の古巣であるアヤックスのブラジル代表FWアントニー(22)獲得に力を注いできたが、7000万~8000万ユーロ(約100億~114億8000万円)と言われる高額な移籍金を要求する相手方の徹底抗戦に遭い、完全に交渉が停滞している。 これを受け、ユナイテッドはより安価な金額で獲得可能なプランBとしてニャブリへの関心を強めているようだ。 2018-19シーズン以降、バイエルンの主力に定着し、ここまで4度のブンデスリーガ制覇、チャンピオンズリーグ、FIFAクラブ・ワールドカップなど多くのタイトル獲得に貢献してきたニャブリ。 バイエルンとの現行契約が2023年までとなっている中、両者はこれまで幾度となく延長交渉を行ってきたが、フランス代表FWキングスレー・コマンや、ドイツ代表FWレロイ・サネと同等のサラリーアップを求める選手サイドの要求をクラブが拒否しており、今夏、あるいは来夏のフリートランスファーでの退団が既定路線となっている。 古巣アーセナルやチェルシー、レアル・マドリーなども関心を示す26歳に関しては、4000万ポンド(約66億3000万円)程度のプライスタグが付けられているようだ。 ユナイテッドはあくまでアントニーをトップターゲットに定めているが、このまま交渉が難航する場合はより安価で、即戦力となり得るニャブリ獲得に動く可能性もありそうだ。 2022.06.29 21:50 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがマクトミネイへの関心を一蹴、引き続き重要な選手と認識か

今夏の移籍市場で中盤を補強ポイントとするマンチェスター・ユナイテッドだが、下部組織出身の25歳MFについては引き続き重要な戦力とみなしているようだ。 ユナイテッドはバルセロナから獲得が噂されるオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(25)についての報道が連日絶えない。現時点ではクラブ間合意間近という見方もあるが、首脳陣らはデ・ヨングの加入にかかわらず、スコットランド代表MFスコット・マクトミネイ(25)に関しては極めて重要な選手であると認識しているようだ。 5歳で名門ユナイテッドの一員となり、2017年以降はファーストチームでプレーするマクトミネイ。今シーズンは下部組織出身選手の中で最もプレータイムが多く、公式戦37試合で2得点1アシストを記録した。 イギリス『ミラー』によると、マクトミネイは、フランス代表MFポール・ポグバ(29)など中盤の複数の選手がクラブを去った中でオールド・トラッフォードに残った数少ない1人であり、エリク・テン・ハグ新監督も25歳の闘士をチーム再建におけるキーパーソンとしてとらえている模様。デ・ヨングら新戦力の加入がマクトミネイのプレータイムに影響を及ぼすことはないとみられている。 また、『タイムズ』の報道では、シーズン終了後の早い段階で、潤沢な資金を有するニューカッスルを筆頭に複数のプレミアリーグクラブがマクトミネイの照会を試みたが、全て門前払いされたとのこと。デ・ヨングのような華麗なプレーヤーではないものの、ジョゼ・モウリーニョ元監督に始まり、オーレ・グンナー・スールシャールにラルフ・ラングニック、これまで師事した指揮官から信頼を勝ちとってきた中盤のファイターの地位は安泰のようだ。 2022.06.29 21:38 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがリヨン獲得迫る蘭代表SBマラシアを強襲! フェイエノールトと合意

マンチェスター・ユナイテッドがフェイエノールトからオランダ代表DFタイレル・マラシア(22)の獲得に迫っているようだ。 ここまで退団者のニュースが相次ぎ、補強ゼロのユナイテッド。フランス代表MFポール・ポグバらが抜けた中盤の新戦力として、バルセロナからオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングを獲得しようとする動きが連日にわたって取り沙汰されているが、水面下で左サイドバックの強化に乗り出している模様だ。 そこで名が浮上したのがフェイエノールトの育成育ちで、2017年にプロデビューのマラシアだ。順調に成長曲線を描く左サイドバックで、2021-22シーズンはさらに出番を増やして公式戦50試合でプレー。身長169cmと小柄だが、生まれ持った身体能力の高さを武器に守備だけでなく、攻撃スキルも優れる。 去就を巡ってはリヨンとの基本移籍金1300万ユーロ(約18億6000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億8000万円)でクラブ間合意が取り沙汰されたが、イギリス『The Athletic』によると、ユナイテッドが割って入り、それを上回るオファーで形勢逆転したという。 ユナイテッドは基本移籍金1500万ユーロ(約21億4000万円)にボーナス200万ユーロをプラスしたオファーを出したようで、フェイエノールトと合意。選手との合意はまだだが、フェイエノールトのテクニカルディレクターを務めるフランク・アーネセン氏もユナイテッドとのクラブ間合意を認めたようだ。 「マンチェスター・ユナイテッドと合意した。我々はタイレル(の決断)を待っているところだ。マラシアがイエスと言えば、マンチェスター・ユナイテッド移籍に迫る」 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ユナイテッドが獲得に近づくF・デ・ヨングとマラシアは代理人が同じとのこと。ここまで補強が進まずにいるユナイテッドだが、エリク・テン・ハグ新監督の同胞2選手を一気に獲得する可能性が出ている。 2022.06.29 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがジダン・イクバルと契約延長、イラク代表MFで今季CLでデビュー

マンチェスター・ユナイテッドは28日、イラク代表MFジダン・イクバル(19)との契約延長を発表した。 契約期間は2025年6月までの3年間とされており、1年間の延長オプションがついている。 パキスタン人の父とイラク人の母の間に生まれたイクバルは、9歳でユナイテッドの下部組織に入団。ユナイテッドプレーした唯一の南アジア人とされている。 順調に昇格を果たしているイクバルは、U-23チームに所属。そんな中、2021-22シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節のヤング・ボーイズ戦でファーストチームデビューを果たしていた。 すでにイラク代表としても2試合に出場。カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選でプレーした。 2022.06.28 21:58 Tue
twitterfacebook
thumb

バルサがソレール移籍でバレンシアと合意か、F・デ・ヨング売却次第加入へ

バルセロナが、スペイン代表MFカルロス・ソレール(25)の移籍についてバレンシアと合意に達したようだ。スペイン『アス』が報じている。 バレンシアの下部組織出身のソレール。2016年12月にトップチームで初出場の機会を得ると、年明けから早くもレギュラーを椅子を奪い、ここまで公式戦223試合35ゴール31アシストの数字を残している。リーグ戦32試合に出場した今季は、シーズン後半から定期的にキャプテンマークを巻くようになり、個人成績も11ゴール5アシストと、2年連続で二桁得点に達した。 今夏はアトレティコ・マドリーやナポリの関心も囁かれた中、『アス』によれば、バルセロナが2000万ユーロ(約28億7000万円)の移籍金でバレンシアと合意に漕ぎ着けた模様。ただし、実際に加入するかどうかは、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの去就次第になるようだ。 ソレールと同い年の同選手は、同胞のエリク・テン・ハグ監督が就任したマンチェスター・ユナイテッド行きが取り沙汰されている。最新の情報では、ユナイテッドが6500万ユーロ(約92億8000万円)のオファーを提示したものの、バルセロナはおよそ8500万ユーロ(約121億4000万)を要求。ただ、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると「合意に近づいている」とのことだ。 2022.06.28 15:41 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly