昨季41ゴールの新記録樹立したレヴァンドフスキが「ローレウス・アカデミー偉業達成賞」を受賞、ユーロ制覇のイタリア代表も「年間最優秀チーム賞」を受賞

2022.04.25 13:37 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界40か国以上でスポーツを通じた社会貢献活動に取り組んでいるローレウス(本部:ロンドン、設立:2000年)は、2022年4月24日(現地時間)に「ローレウス世界スポーツ賞2022」の全13部門の受賞者を発表した。

サッカー界からは、イタリア代表とバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが受賞している。

日本からは、最優秀アクションスポーツ選手部門として東京オリンピックのスケートボード競技で金メダルを獲得した堀米雄斗、西矢椛がノミネート。また、最優秀障害者選手部門には東京パラリンピックにも車椅子テニスとして出場した国枝慎吾らがノミネートされていたが、受賞はならなかった。

イタリア代表は、「年間最優秀チーム賞」を受賞。2021年に行われたユーロ2020での優勝が受賞の大きな理由となった。

ローレウスは、「ロベルト・マンチーニ監督の下、ジョルジョ・キエッリーニがキャプテンを務めるイタリア代表は、イングランドとPK戦の末、チーム史上2度目となる欧州選手権優勝を果たした。欧州選手権を制覇するまで34試合連続の無敗記録、ボヌッチ、ドンナルンマ、スピナッツォーラ、ジョルジーニョ、キエーザの5選手が、大会ベストイレブンに選出された」と説明。イタリア代表は、ドイツ・ワールドカップを制した2006年に続き2度目の受賞となる。

また、レヴァンドフスキは「ローレウス・アカデミー偉業達成賞」を受賞した。

ローレウスは「バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)でプレーするレヴァンドフスキは、2021年5月、2020/21シーズン最終節の試合時間残り僅か数分というところで、ゴールを決め、ブンデスリーガ41得点目を記録した」とし、「1971/72シーズンにゲルト・ミュラーが打ち立てた1シーズン40得点というリーグ記録を更新した功績が評価をされました」と、受賞理由を説明した。

レヴァンドフスキは、今回の受賞にコメントしている。

「この賞をいただき、ローレウス・アカデミーの皆様に感謝いたします。世界中のスポーツ界の素晴らしい人々、アスリート、レジェンドたちに認められ、評価していただけたことは、非常に大きな意味があります」

「アスリートとして、一人の人間として、本当に特別な意義を感じます。プロスポーツはただ楽しいだけではなく、大きな情熱と喜びをもたらしてくれるものです」

「そして、成功には責任が伴います。ネルソン・マンデラ氏は『スポーツには世界を変える力がある』と言いました。特に、ウクライナで罪のない人々が命を落としている今、このメッセージを思い出し、声をあげましょう。平和なくして、スポーツは存在しません」

1 2

関連ニュース
thumb

バイエルン、レヴァンドフスキ売却に最低でも85億円求む

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の去就はまだまだ落ち着かなさそうだ。 2014年夏からプレーするバイエルンで輝かしいキャリアを送るものの、今夏の退団希望を明らかにしたレヴァンドフスキ。頑なに2023年夏までの現行契約を主張するバイエルンとの綱引きが続くなか、バルセロナの動きが取り沙汰されている。 バルセロナはつい先日に3度目のオファーを打診して、移籍金額を4000万ユーロ(約56億8000万円)に増額。だが、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、バイエルン側は最低でも6000万ユーロ(約85億2000万円)を求めているという。 バイエルンでは先日、セネガル代表FWサディオ・マネの加入が決定。これでレヴァンドフスキの移籍も先進するかに思われたが、ウリ・ヘーネス名誉会長は「チーム内競争を激化させるためにサディオを獲得した」と関連を否定している。 バルセロナとも相思相愛ともされ、バイエルンの頑なな姿勢に嫌気が差して、プレシーズン不参加の強硬手段に出るとの報道もなされ始めるレヴァンドフスキだが、3者とも円満な形での決着が望まれるが、果たして。 2022.06.27 11:40 Mon
twitterfacebook
thumb

バイエルン新加入マネの背番号は「17」に決定

バイエルンは26日、セネガル代表FWサディオ・マネの背番号が「17」に決定したことを発表した。 22日に最大総額4100万ユーロ(約58億7400万円)でリバプールから加入したマネ。リバプール時代は加入当初から攻撃陣を牽引すると、在籍6年間で公式戦通算269試合で120ゴール48アシストを記録。2018-19シーズンから背番号「10」を着用しチームの中心選手として活躍した。 新シーズンに向けてポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが退団を希望していることもあり、新たな得点源の補強が急務となっていた。 背番号の決まったマネは公式サイトで以下のようにコメントしている。 「バイエルンでは、ジャージーのフリーナンバーの中から17番を選んだ。チームとこの番号で多くの成功を祝うことを目指している。今は、新しいチームメイトと一緒にシーズンに向けての準備をすぐに始められることを本当に楽しみだよ」 なお、同背番号は2度の3冠達成に貢献した元ドイツ代表DFジェローム・ボアテング(現・リヨン)やかつて主将を務めた元オランダ代表MFマルク・ファン・ボメル氏(現・アントワープ監督)、1990年代に活躍したDFクリスティアン・ツィーゲ氏などが着用していた。 2022.06.27 06:30 Mon
twitterfacebook
thumb

バルサ、レヴァンドフスキ獲得へ3度目のオファーへ! 最大67億円に

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキの獲得を狙うバルセロナが、バイエルンに3度目のオファーを出すようだ。 今夏に退団を希望しているレヴァンドフスキを巡って、獲得に固執するバルセロナと、安価では手放したくないバイエルンとで長らく攻防が続いている。 ここまでバルセロナは2度のオファーを試みるも、2度目の3500万ユーロ+ボーナス500万ユーロのオファーでもバイエルンを納得させることはできなかった。 そんな中でスペイン人ジャーナリストのジェラール・ロメロ氏によると、諦めないバルセロナは3度目のオファーを準備。4000万ユーロ(約57億円)+ボーナス700万ユーロ(約10億円)という、財政難のクラブとしては思い切った移籍金となるようだ。 だが、このオファーが正式なものとなれば、5000万ユーロの移籍金を要求するバイエルンも検討せざるを得ないものに。バルセロナは、7月に行われるアメリカツアーまでに移籍を完了させたい意向だという。 2022.06.26 16:03 Sun
twitterfacebook
thumb

バイエルン名誉会長がレヴァンドフスキに固執するバルサに疑問「ドイツなら破産しているレベル」

ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)の獲得を諦めないバルセロナに対して、バイエルンの名誉会長であるウリ・ヘーネス氏がけん制の言葉を発した。スペイン『マルカ』が伝えている。 バイエルンとの契約が残り1年となっているレヴァンドフスキは、クラブからの契約延長の要請を拒否。在籍8年間でブンデスリーガ8連覇とチャンピオンズリーグ優勝に貢献したクラブでのプレー継続は考えていないとして、今夏の退団を希望している。 また、自身の移籍希望に反し、断固として移籍を許可しないことから、公にクラブを批判。それでもクラブ側は、最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏をはじめとする幹部が一貫して認めない姿勢を貫いている。 ただ、バイエルン幹部らが首を縦に振らないのは、同選手に関心を示すバルセロナのオファーが十分ではないからだ。伝えられるところでは、3500万ユーロに5種類のボーナスが付随したオファーを断ったと見られている。 そういった中、2019年11月にバイエルンの会長を辞したヘーネス氏も、バルセロナの姿勢に疑問を呈している。財政難で高額なファーを出している場合じゃないと感じているようだ。 「バルサは半年前に13億ユーロの負債を抱えていたにも関わらずレヴァンドフスキにオファーを出した。彼らは芸術家に違いない。ドイツでは破産宣言をしてもおかしくない状況だが、我々に億万長者ばりのオファーを出している」 バイエルンでは先日、リバプールからセネガル代表FWサディオ・マネを獲得。これでレヴァンドフスキ移籍が進むかに思われたが、ヘーネス氏はその推測を否定している。 「我々の立場は明らかだ。ロベルトは2023年の夏まで契約を結んでいる。チーム内の競争を激化させるためにサディオを獲得したのだ」 「彼の加入により、全選手のカードがシャッフルされる。サディオを獲得しても、攻撃的な選手お放出することは考えていない」 なお、スペイン『アス』の見立てでは、現在のレヴァンドフスキは頑なだったバイエルン退団の姿勢を軟化させている模様。ただ、移籍願望は変わっておらず、決着するまで目が離せない状況となっている。 2022.06.25 15:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキが態度を変える? バルサ行き希望もバイエルンとの喧嘩別れは避ける様相

バルセロナへの移籍が取り沙汰されるバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)だが、態度を改めることにしたようだ。 バイエルンとの契約が残り1年となっているレヴァンドフスキ。クラブからの契約延長の要請に対し、バイエルンでのプレー継続は考えられないとして、今夏の退団を希望していた。 また、自身の移籍希望に反し、クラブが断固として首を縦に振らないことから、公にクラブを批判。それでもクラブ側は今夏放出する気はないことを主張し続けている。 最高経営責任者(CEO)のオリバー・カーン氏をはじめ、クラブ幹部は一貫して認めない姿勢を貫いている。 現在はスペインのマジョルカでオフを過ごしているレヴァンドフスキ。バルセロナへの移籍願望が変わることはないが、バイエルンに対する態度を正そうとしているようだ。 スペイン『アス』によると、これまではバイエルンと対立してきたレヴァンドフスキだが、代理人と共に方針転換を決断。クラブと話し合い、しっかりと合意した状況で移籍する方向にしようと考えているとのことだ。 バイエルンは7月12日から新シーズンに向けたトレーニングが始まるが、レヴァンドフスキはそこに参加する予定としているとのこと。移籍市場が閉まるまでは時間があり、時間をかけてバイエルンから脱出しようとするようだ。 とはいえ、バイエルン側も1年が経てばフリーで退団されてしまう状況。確実に現金化できる中で、それでも契約を全うさせるのかの判断が求められる。 すでにリバプールからセネガル代表FWサディオ・マネ(30)を獲得しているバイエルン。その金額は3200万ユーロ(約45億6400万円)と見られている。 一方で、バルセロナはレヴァンドフスキ獲得に3000万〜3500万ユーロ(約42億8000万〜50億円)を検討しているとされ、レヴァンドフスキを手放してマネの獲得資金を埋めることは、バイエルンにとっては悪くない考えと言える。 当面、この話は動きがないと予想され、まずはレヴァンドフスキの休暇が終わりクラブとどのような話し合いが行われるかによるだろう。時間がかかる移籍話になりそうだ。 2022.06.25 11:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly