韓国で超危険プレー! フライングニーが相手の首元にモロに入り退場処分

2022.03.16 21:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©Dugout
韓国で起きたとんでもないラフプレーが大きな話題となっている。問題のプレーが起きたのは15日に行われたKリーグ2(韓国2部)の大田ハナシチズンvs安山グリナースFCの一戦だ。

日本人MF石田雅俊が所属していることでも知られている大田と安山の試合。0-0で迎えた中、73分に事件は起きる。

すでに安山が1人少ない状態だった中、高く上がったボールをハーフウェイライン付近で競り合うことに。安山のキム・ボソプが落下点で待ち構えていると、大田のキム・ソンホがボールを見ながらジャンプ。すると、キム・ボソプの首元にジャンプしたキム・ソンホのヒザが入り、両者がもつれて倒れ込んでしまった。

明らかに危険な行為だったが、主審はイエローカードを提示。しかし、VARのチェックが入り、オン・フィールド・レビューが行われることとなった。

どう見てもジャンプしたヒザが首に直撃しており、もしかしたら選手生命すら危ぶまれかねないプレーに主審はイエローカードを取り消し。レッドカードを提示し、キム・ソンホは退場。不服そうな顔を浮かべながらピッチを後にした。

なお、互いに退場者を出した試合は、0-0のゴールレスドローに終わっている。

1 2

関連ニュース
thumb

齋藤学が韓国初ゴール! 得意のドリブルでPK獲得、豪快に蹴り込むもチームは敗戦

MF齋藤学が韓国で初ゴールを記録した。 18日、Kリーグ1第33節で水原三星ブルーウィングスvs全北現代モータースの一戦が行われた。 12チーム中11位の水原三星と2位につける全北現代の一戦。齋藤はベンチスタートとなった。 試合は水原三星が早々に先制。そのままリードを保つが、39分にエルヴィス・サリッチが退場し、数的不利となる。 それでも粘っていたが、後半に入り立て続けに2失点。さらにダヴィ・ブルトハイスも83分に退場。すると86分にも失点し2点差となる。 70分から出場していた齋藤は諦めず、すると91分に左サイドでパスを受けると特異のドリブル突破。そのままボックス内に入ったが、ク・ジャリョンのスタイディングで倒されPKを獲得する。 すると齋藤はこのPKのキッカーを務めることに。ゴール左に強烈なシュートを決めて1点を返す。 結局このゴール後はゴールを奪えず、水原三星は敗戦となった。 <span class="paragraph-title">【動画】齋藤学が得意のドリブルでPK奪取&移籍後初ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVdm5Wd3J6UiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.09.19 12:23 Mon
twitterfacebook
thumb

「日本に戻ることになりました」札幌の元正守護神、韓国代表GKク・ソンユンが兵役終えて復帰も大邱FCと契約解除

大邱FCは8日、かつて北海道コンサドーレ札幌でもプレーした韓国代表GKク・ソンユン(28)との契約解除を発表した。 クラブの発表によれば、個人事情により双方合意の下での契約解除となる。 大邱FCは「ク・ソンユンに感謝の気持ちを伝え、将来に幸せと幸運が共にすることを願っています」とメッセージを送っている。 また、ク・ソンユンはクラブを通じてメッセージ動画を投稿。日本に戻るとコメントしている。 「こんにちは、ク・ソンユンです。僕が除隊をした後、個人的な理由で大邱FCと双方合意の上で契約を解消し、日本に戻ることになりました」 「大邱FCのファンの方はみんな待ってくれていたと思いますが、チームに復帰できずに申し訳なく思います」 「チームが難しい状況をさらに難しくしてしまい、僕も心苦しいですが、大邱FCはこのような状況を克服する力があると思います」 「ファンの皆さんは、たくさんスタジアムに足を運んでもらって、大きな声援を送ってもらえればと思います」 「大邱FCで過ごした日々は忘れることはできません。最後まで忘れることなく、遠くから大邱FCを最後まで応援しています。ありがとうございました」 ク・ソンユンは2012年7月にセレッソ大阪に加入。2015年1月に札幌へと完全移籍した。 C大阪時代は大先輩のGKキム・ジンヒョンの前に出番を得られなかったが、札幌では正守護神となると、公式戦175試合に出場。J1で101試合、J2で66試合プレーした。 その後、兵役の関係で2020年6月に大邱FCへと完全移籍。2021年5月からは軍隊のチームである金泉尚武へとレンタル移籍。その期間が終了し、7日に大邱へと復帰したが、そのまま退団となった。 メッセージ動画では、所々言葉に詰まりながらも大邱FCへと感謝の気持ちを述べたク・ソンユン。日本に戻るというのはどういうことなのか。古巣の札幌に加入することはあるのか、注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】ク・ソンユンが大邱FCにお別れのメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yFUPLKUW8vs";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.08 21:10 Thu
twitterfacebook
thumb

札幌がストライカー補強! 韓国代表FWキム・ゴンヒを水原三星ブルーウィングスから完全移籍で獲得

北海道コンサドーレ札幌は5日、水原三星ブルーウィングスの韓国代表FW金健熙(キム・ゴンヒ/27)を完全移籍で獲得したことを発表した。 キム・ゴンヒは水原三星の下部組織出身。2018年5月から2020年1月までは金泉尚武FC(旧:尚州尚武FC)で過ごし、兵役も終えた状態だ。 これまで水原三星では公式戦106試合に出場し17ゴール7アシストを記録。Kリーグ1では85試合で15ゴール7アシストを記録している。 今シーズンのKリーグ1でも12試合に出場し2ゴール。名古屋グランパスから加入した齋藤学ともチームメイトとしてプレーした。 また、世代別の韓国代表を経験し、2022年1月に韓国代表デビュー。EAFF E-1サッカー選手権のメンバーには入っていなかったが、今後も代表入りが期待される選手だ。 「こんにちは。韓国の水原三星ブルーウィングスから加入しましたキムゴンヒです。最高の監督、素晴らしい選手やフロント、そしていつも熱い応援をしてくれるサポーターと共に、北海道にある素晴らしいスタジアムの札幌ドームで勝利するために来ました。熱い応援の方、よろしくお願いします」 <span class="paragraph-title">【動画】身体の強さを生かした突破、ドリブルの持ち出しからキム・ミヌのゴールをアシスト</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJS3NWYThsTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.08.05 10:16 Fri
twitterfacebook
thumb

神戸が韓国でプレーした元日本代表MF小林祐希の獲得を発表!2人目の“こばやしゆうき”に

ヴィッセル神戸は27日、Kリーグ1の江原FCに所属する元日本代表MF小林祐希(30)を完全移籍で獲得することを発表した。背番号は「49」。 小林は下部組織から過ごした東京ヴェルディでプロ入り後、ジュビロ磐田を経て、2016年8月のヘーレンフェーン移籍を機に海外挑戦。以後、ベルギーのワースラント=ベベレンやカタールのアル・ホールを渡り歩き、2021年7月にKリーグ2のソウル・イーランドに加わった。 Kリーグ2(韓国2部)で8試合1アシストに終わり退団。2022年2月に江原FCへと加入していた。 江原FCでは今シーズンのKリーグ1で12試合に出場し1アシストを記録。今回6年ぶりにJリーグに復帰することとなる。 世代別の日本代表を経験している小林は、A代表でも8試合に出場し1得点を記録していた。 小林はクラブを通じてコメントしている。 「皆さんこんにちは。この度、ヴィッセル神戸に加入することになりました。2016年に初めて海外挑戦をしてから、色んな国でサッカーをしてきました。ここ何年かは全くと言っていいほど結果を出せずにいて、苦しい時期が続きました」 「そんな時に、日本で再出発をするチャンスを与えてくれたヴィッセル神戸に感謝します。チームのために自分が出来ることは全て捧げて闘います。応援、よろしくお願いします」 なお、神戸には下部組織出身のDF小林友希(22)も所属しており、2人の“こばやしゆうき”が揃った。 2022.07.27 12:17 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪で輝き切れずの韓国代表MFチュ・セジョンが母国帰還 「また笑顔でお会い出来ることを」

ガンバ大阪は14日、韓国代表MFチュ・セジョン(31)がKリーグ2(韓国2部)の大田ハナシチズンに期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2023年12月31日までとなる。 チュ・セジョンは昨年にFCソウルから完全移籍加入。これが初の海外挑戦となり、初年度の明治安田生命J1リーグで22試合に出場とまずまずの出番を手にした。 だが、今季は中盤の潤滑油としての期待と裏腹、出番が減少。J1リーグではここまで5試合の出場しかなく、4月の第6節を最後にベンチ外が続いている状況だった。 そうした状況もあって韓国代表からも遠ざかり、出場すればワールドカップ2大会連続となる今年11月のカタール大会も危うくなるなか、母国復帰を決断した形だ。 1年半にわたる日本でのプレーにひと区切りのチュ・セジョンはG大阪を通じて、サポーターに感謝と別れの言葉を送った。 「皆様、今まで本当にありがとうございました。容易くない初の海外生活ではありましたが、良い選手達、サポーターの方々のおかげで毎日頑張ることが出来ました。皆様のご期待通りの良い姿を見せることが出来ずとても悔しく思いますし、今後ガンバという素晴らしいチームで活躍出来ないことを考えると余計悔しい気持ちでいっぱいです」 「その分、新しいチームで活躍できるよう努力します。皆様、体にお気をつけて、また笑顔でお会い出来ることを願っています」 <span class="paragraph-title">【写真】「王の帰還」大田ハナシチズンのユニフォームを着たチュ・セジョン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cf-n4YWPfLd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cf-n4YWPfLd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cf-n4YWPfLd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">대전하나시티즌 (DAEJEON HANACITIZEN)(@daejeon_hana)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.07.14 13:08 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly