レーティング:ミラン 0-0 ユベントス《セリエA》

2022.01.24 06:42 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第23節、ミランvsユベントスが23日に行われ、0-0で引き分けた。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

▽ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
16 メニャン 5.5
枠内シュートが飛んでこなかった

DF
2 カラブリア 6.0
質の高い攻撃参加を見せ、守備も問題なし

(→フロレンツィ -)

20 カルル 6.0
広範囲をしっかりカバー。安定していた

13 ロマニョーリ 6.0
ディフェンスを統率。モラタを封殺

19 テオ・エルナンデス 6.0
守備に重点も、攻撃参加時の迫力は流石

MF
30 メシアス 5.5
攻撃の起点にはなっていたが、後半序盤に交代

(→ベナセル 5.5)
ボランチでプレー。そつなくこなした

8 トナーリ 6.0
球際でしっかりと戦えていた

10 ブラヒム・ディアス 5.0
不調が続く。効果的なプレーが少なかった

(→サーレマーケルス 5.0)
メシアスに比べるとアクセントを付けきれず

33 クルニッチ 5.5
守備意識の高さはあるものの、攻撃面で物足りない

17 レオン 6.0
シュートへの積極性が相手に脅威を与えていた

(→レビッチ -)

FW
11 イブラヒモビッチ -
アキレス腱を負傷し、前半半ばに交代

(→ジルー 5.0)
急遽の出場もルガーニとキエッリーニに潰された

監督
ピオリ 5.5
イブラヒモビッチの負傷が響き、攻撃が停滞

▽ユベントス採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
1 シュチェスニー 6.0
的確なゴールキーピングを見せた

DF
2 デ・シリオ 5.5
守備重視のプレー。レオンに何とか対応

24 ルガーニ 6.0
胃腸炎のデ・リフトに代わって先発。好調を持続している様子

3 キエッリーニ 6.0
立ち上がりはキックが不安定だったが、対人守備は流石

12 アレックス・サンドロ 5.5
無理に攻め上がらずメシアスとサーレマーケルスに対応

MF
11 クアドラード 6.0
右サイドからのドリブルでの仕掛けが攻撃の起点となっていた

(→ベルナルデスキ5.0)
左サイドでプレーも存在感を示せず

27 ロカテッリ 5.5
ゲームを組み立てていたが、後半序盤に交代

(→アルトゥール 5.5)
丁寧なパスワークでポゼッションを高めた

30 ベンタンクール 6.0
幅広く動いて攻守に絡んだ

(→ラビオ -)

14 マッケニー 5.5
得意のゴール前への飛び出しは封じられた

FW
9 モラタ 5.0
後半頭に惜しいヘディングシュートを放ったのみ

(→ケアン 5.0)
何もできず

10 ディバラ 5.5
公式戦3戦連発中だったが、ボールに絡む機会が少なかった

(→クルゼフスキ -)

監督
アッレグリ 6.0
守備面の安定は増しているが、やはり攻撃面はまだまだか

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ルガーニ(ユベントス)
膠着した試合だったため選出が難しいが、引き分けでも悪くない結果だったと言えるユベントスからルガーニを選出。バックアッパーとしてここ数試合は十分な働きを見せている。

ミラン 0-0 ユベントス


関連ニュース
thumb

トリノのクロアチア代表FWを巡ってウェストハムやミランが争奪戦? 所属元のヴォルフスブルクは売却を進める方針

トリノに所属するクロアチア代表の快足アタッカーを巡り、ウェストハムやミランなどが獲得に名乗りをあげているようだ。ヨーロッパの複数のメディアが報じている。 両クラブがターゲットとしているのは、ヴォルフスブルクからトリノへとレンタル移籍しているクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ(23)。今季のセリエAで32試合7得点2アシストをマークするブレカロは、主に左のウィングを主戦場とする右利きの快足アタッカーだ。 ブレカロは2016年7月、18歳の時にディナモ・ザグレブからヴォルフスブルクへ加入。シュツットガルトへのレンタル移籍を経て徐々に頭角を現すと、昨季はブンデスリーガで29試合に出場し7得点をマーク。今季はブンデスリーガの開幕後にトリノへのレンタル移籍が決まった。 イギリス『Hammers News』によると、ウェストハムはチーム内にジャマイカ代表FWマイケル・アントニオ(32)以外の頼れるセンターフォワードがいない現状を鑑み、今夏ブレカロをチームのスカッドに加えることを考慮していると報じている。 さらに、ブレカロの本職はセンターフォワードではないながらも、ウェストハムを率いるデイビッド・モイーズ監督がかつてサイドアタッカーだったアントニオを中央へとコンバートしたように、同様の手段を用いて最前線の選手層に厚みを持たせようとしていると分析している。 一方で、スクデット獲得間近のミランもブレカロ獲得を目指しているようだ。イタリア『トゥットスポルト』は、ブレカロが、母国クロアチアの偉大な先輩であるズボニミール・ボバン氏がかつて在籍したミランでプレーすることを望んでいると報じ、すでにミランが来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を確保していることも、ブレカロ争奪戦において有利に働くと指摘した。 なお、所属元であるヴォルフスブルクは、現行契約が2023年6月までとなっていることを踏まえ、今夏の売却を進める方針だという。ヨーロッパの様々なメディアが報じるブレカロの移籍金については、1000~1100万ユーロ(約13~15億円)が妥当とみるべきか。 他にも、サウサンプトンもブレカロ獲得を目指していると報じられており、知名度こそさほど高くないものの、多くのクラブにとって、ブレカロが有益なオプションとなり得ることを示している。 2022.05.18 19:31 Wed
twitterfacebook
thumb

「力強すぎ」アドレナリン出まくりのイブラが手のひらで窓ガラス粉砕…「ほんまにヒビ入ってる」

ミランのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、少々やり過ぎてしまったようだ。 11年ぶりのスクデットまであと一歩に迫っているミラン。15日に行われたセリエA第37節ではアタランタと対戦し、2-0で勝利した。 最終節で勝ち点「1」を積めば、2位インテルの試合結果にかかわらずスクデット獲得というところまできたミランだが、それに呼応するように選手やサポーターの気持ちも高ぶっている。 アタランタ戦の直前、本拠地サン・シーロへと向かうチームバスをサポーターたちは熱烈に歓迎。バスを囲み大きな声で選手たちを後押しした。 すると、バスに乗っていたイブラヒモビッチも反応。運転席の方まで出てくると、右の手のひらで窓ガラスを叩いてサポーターたちの声援に応えた。 しかし、気持ちが入り過ぎてしまったのか、窓ガラスはイブラヒモビッチのパワーに耐えられず亀裂が。手のひらで窓ガラスを割るという怪力ぶりを見せたイブラヒモビッチにはファンも驚き。「力強すぎ」、「ほんまにヒビ入ってるやん」、「やってる」、「ガッツリ壊してる」といった反応が寄せられている。 なお、イブラヒモビッチはアタランタ戦で出番はなかった。 ミランは悲願のスクデットをかけ、最終節で11位サッスオーロとアウェイで対戦する。 <span class="paragraph-title">【動画】イブラヒモビッチが手のひらで窓ガラスを粉砕してしまう</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/Deportes?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Deportes</a> ¡Fuerza sueca! <br><br>En la llegada del bus del Milan a San Siro, Zlatan Ibrahimovic rompió el parabrisas en medio de los cánticos de su afición. <a href="https://twitter.com/hashtag/NuestroDiario?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NuestroDiario</a><br> RRSS <a href="https://t.co/rzMJ3f4igL">pic.twitter.com/rzMJ3f4igL</a></p>&mdash; Nuestro Diario (@NuestroDiario) <a href="https://twitter.com/NuestroDiario/status/1526023644278730752?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.17 21:31 Tue
twitterfacebook
thumb

選手層拡大に余念がないミラン、テオのバックアップに若手屈指の実力者獲得を目指す

2010-11シーズン以来11年ぶりのスクデット獲得まであと一歩に迫るミラン。来シーズンへ向けた選手層の拡大にも余念がないようだ。イタリア『SempreMilan』が報じている。 ミランはすでに、リバプールからベルギー代表FWディヴォク・オリジ(27)やリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の獲得が濃厚とされるなど、来シーズンへ向けたスカッドの構築が進行しつつあり、2選手を既存の戦力と照らし合わせてみても、センターフォワード、センターバックと、それぞれのポジションに厚みを持たせる的確な補強であることが伺える。 そんな中、現在のミランにおいて最も替えが効かない選手の1人が、フランス代表DFテオ・エルナンデス(24)だ。 ミランで不動の左サイドバックを務め、今シーズンのリーグ戦で30試合5ゴール6アシストをマークするテオ・エルナンデスだが、『SempreMilan』によると、ミランは彼の競争相手となれる人材を確保したい考えのようだ。 現状では、セネガル代表DFフォデ・バロ=トゥーレ(25)がテオ・エルナンデスのバックアッパーとして控えているものの、ミランの首脳陣はバロ=トゥーレのプレーぶりに納得しておらず、同ポジションでプレーが可能なセリエAでプレーする若手選手たちに興味を抱いているようだ。 『SempreMilan』は、ミランがリストアップする選手として、ジェノアでプレーするU-21イタリア代表DFアンドレア・カンビアソ(22)や、ボローニャのスコットランド代表DFアーロン・ヒッキー(19)、エンポリのU-21イタリア代表DFファビアーノ・パリージ(21)を挙げている。 中でも、カンビアソについては、所属するジェノアが来シーズンのセリエB降格がすでに決定していることや、現行の契約が2023年6月までとなっていることから今夏の売却が既定路線とされており、ミラン以外にもインテル、ユベントス、ナポリ、アタランタなど上位陣のほぼ全てのクラブが関心を寄せているとのことだ。 カンビアソ獲得のポールポジションに立つのはインテルとも言われているが、果たして、セリエA若手屈指の実力を有するカンビアソを、もしくは、ヒッキーやパリージを、ミランは手中に収めることができるのだろうか。 2022.05.17 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

11年ぶりのスクデットまであと一歩のミラン、ピオリ監督は自信「我々は前回の試合で大きな自信を得た」

とうとう名門の完全復活か。11年ぶりのスクデットまで、ついにあと一歩となったミランのステファノ・ピオリ監督がアタランタ戦を振り返った。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 15日にセリエA・第37節が行われ、首位ミランはホームでアタランタと対戦した。前半を0-0で折り返したが、56分にFWラファエル・レオンが先制点を挙げると、75分にはDFテオ・エルナンデスが自陣から約80mを単独で相手ゴール前まで持ち運び、自らネットを揺らす衝撃弾が炸裂。2-0で勝利し、サン・シーロは歓喜の渦に包まれた。 勝ち点差「2」でミランを追走する2位のインテルも勝利したために今節での優勝決定とはならなかったが、リーグ戦の当該成績でインテルを上回っているため、最終節で勝ち点「1」を積めば、インテルの試合結果にかかわらずスクデット獲得となる。 試合後、ピオリ監督はジョークを交えつつ、スクデットを心待ちにするファンへ感謝の意を示した。 「今日はシーズン最後のホームゲームだった。今季も多くのファンがサン・シーロへ来て、我々を常に後押ししてくれた。彼らには本当に感謝している」 「今日もスタジアムに到着した時、我々を出迎えてくれたファンはおそらく1000万人はいただろう(笑) 彼らの存在が我々の心を奮い立たせてくれるんだ」 また、試合内容について問われると、手放しで選手たちを称賛した。 「今日もミランの選手たちは、強力な相手のアタッキングに対してディフェンス面で一切譲歩しなかった。ミランの選手たちは常に正しいプレー選択で優位に立ち、冷静さも失わなかった」 「前回の試合で我々は、多様なアイデア、強い意志をもってプレーすることが勝利へつながるということを学んだ。ヴェローナ戦で我々は大きな自信を得た」 スクデット獲得へ向け前進したことは間違いないが、一方でピオリ監督はチームに緩みを生まないための取り組みも明かした。 「選手たちにコービー・ブライアントのインタビュー映像を見せた。まだ我々の仕事は終わっていないということを伝えるためにだ。1週間集中を続け、決意を持って最後の試合に臨む」 ミランファンとしても知られたNBAのスーパースターの名言を用いて、慢心することがないよう、選手たちにクギを刺した形だ。 第23節から今節に至るまで15戦無敗で駆け抜け、11年ぶりとなるスクデット獲得がとうとう現実味を帯びて来たミラン。最終節では、悲願のスクデット獲得をかけ、11位サッスオーロとアウェイで対戦する。 2022.05.16 15:33 Mon
twitterfacebook
thumb

「ベイルかよ」ミランDFテオ・エルナンデスの“80m独走ドリブル弾”に反響 「ジョージ・ウェアを思い出した」

ミランのフランス代表DFテオ・エルナンデスがサイドバックとは思えぬ攻撃力を発揮している。 2019年夏にレアル・マドリーから2100万ユーロ(約28億円)の移籍金で加入したテオ・エルナンデス。1年目から期待以上の活躍を披露すると、ここまで公式戦121試合に出場し20ゴール23アシストを記録。今シーズンも公式戦40試合で5ゴール10アシストを記録した。 15日に行われたセリエA第37節のアタランタ戦でも左サイドバックで先発すると、直接FKなどで見せ場を作った後、1-0とリードで迎えた75分に個人技で追加点を奪う。 自陣ボックス付近で相手の攻撃を止めたミラン。テオ・エルナンデスがボールを拾うと、そこからドリブルを開始する。推進力溢れる運びだしでグングンと加速していくと、瞬く間に相手陣内に侵入。左右の振りで上手く相手のプレッシャーをかわすと、最後はボックス内まで入って左足シュートを決めきった。 およそ80mの距離を1人で運びきってゴールを奪ったセンセーショナルな一撃には「(ガレス・)ベイルかよ」、「ジョージ・ウェアを思い出した」、「プスカシュ賞に選ばれたソン・フンミンのよう」と歴代のスーパーゴールと重ねる声が多く上がった。 テオ・エルナンデスの活躍もあり2-0で勝利を飾ったミラン。インテルとの勝ち点差2をキープしており、最終節のサッスオーロ戦を引き分け以上で終えれば11年ぶりスクデットが決まる状況となっている。 <span class="paragraph-title">【動画】テオ・エルナンデスの“80m独走ドリブル弾”</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="IJOe1S6t_zk";var video_start = 75;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 12:10 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly