FIFAがレンタル移籍に関する新ルール導入を発表! 一部ビッグクラブは改革求められる…

2022.01.20 23:16 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
国際サッカー連盟(FIFA)は20日、移籍市場におけるレンタル移籍に関する新たなレギュレーションの導入を発表した。

FIFAは2019年にチェルシーやユベントス、マンチェスター・シティなど一部ビッグクラブで横行する大量のレンタル移籍の制限などを目的とした改革案を明らかにした。

同連盟は一部のビッグクラブが大量の選手を獲得して自チームでプレーさせることなく、国外のクラブを中心にレンタル移籍し、最終的に価値を高めて完全移籍で売却益を得る、“人身売買”とも揶揄されるレンタル移籍の手法に関しても、是正を行うことを検討してきた。

そして、今回正式に導入が決定した新たなレギュレーションは2022年7月から段階的に導入され、2024年に全面的な移行を図ることになる。

2022-23シーズンは、クラブが一度にレンタル移籍させられる選手の上限は8人となり、翌シーズンは7人、2024-25シーズンの正式導入ではその数が6人に限定される。

ただ、自クラブで育成された選手、21歳以下の選手に関してはその制限は適用されず、各国のサッカー協会にはこの新レギュレーションを正式導入するまで3年間の猶予期間が与えられる。

さらに、新しいレギュレーションにおいては短期レンタルの形が禁止され、レンタル期間に関する最低期間はハーフシーズン、最長で1年間に。また、1シーズンにおいては1度レンタル移籍している選手が異なるクラブに再レンタルすることも禁止となる。

その他では国外にサテライトクラブを持つ一部クラブをけん制する目的か、2つのクラブ間でのレンタルの最大人数は3人に制限される。

この改革によってチェルシーやユベントス、マンチェスター・シティなど一部ビッグクラブは、移籍市場における戦略の見直しが求められるようになるかもしれない。


関連ニュース
thumb

今夏の国際移籍金総額は7125億円! 支払い1位は2位に3倍以上差のイングランド、FIFAが発表

国際サッカー連盟(FIFA)は9日、今夏の移籍市場で動いた金額を報告した。 今回発表されたのは、2022年6月1日〜9月1日までの移籍金。国境を跨ぐ国際移籍のみの金額となり、国内での移籍金は含まれないこととなる。 男子の移籍件数は、過去最高の9717件となり、2021年夏に比べて16.2%増加。また、移籍金総額は50億ドル(約7125億円)となり、38億5000万ドル(約5486億円)だった昨夏よりも29.7%増加した。なお直近5年間では3番目の多さで、2019年夏は58億ドル(約8265億円)だった。 なお、女子のプロ選手の移籍件数は684件で、こちらも過去最高を更新。2021年より14.4%増えている。 国別で見れば、最も多くの移籍金を支払ったのはイングランドで約18億ドル(約2565億円)。2位はイタリアの約5億5000万ドル(約783億円)、スペインの約4億8000万ドル(約684億円)、フランスの約4億7000万ドル(約670億円)、ドイツの約4億6000万ドル(約655億円)と続いている。 圧倒的に移籍金を支払っているイングランドだが、国内移籍でもチェルシーがレスター・シティから獲得したDFヴェスレイ・フォファナ、マンチェスター・シティから獲得したFWラヒーム・スターリング、ブライトン&ホーヴ・アルビオンから獲得したDFマルク・ククレジャなど今夏の移籍金上位にはいる選手はい含まれていないため、実質の金額はさらに増すものと見られる。 また、特筆すべきはポルトガル。2年連続で移籍金の収入が大幅に減少していたが、2021年夏に比べて3倍以上の収入となっている。 一方で、最も移籍金を受け取ったのは1位がフランスで6億1700万ドル(約880億円)、2位はドイツで5億6000万ドル(約798億円)となっている。 2022.09.10 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

8月のFIFAランク、日本は前回と同じ24位でアジア全体も2位のまま

国際サッカー連盟(FIFA)は25日、最新のFIFAランキングを発表した。 今年6月以来の更新となる今回だが、全体1位の座はブラジル代表で変わらず、21位のペルー代表まで変動なし。日本代表も前回の24位から変動がなかった。 また、アジア勢ではイラン代表が前回から1ランクアップの22位に。そのイランがアジア全体でも最上位をキープして、日本も引き続き2位に位置づけられた。 なお、日本がカタール・ワールドカップのグループステージで同居する国々の順位もスペイン代表が6位、ドイツ代表が11位、コスタリカ代表が34位のままとなった。 ◆全体上位 ()内=前回順位、★=W杯出場国 1.ブラジル(1)★ 2.ベルギー(2)★ 3.アルゼンチン(3)★ 4.フランス(4)★ 5.イングランド(5)★ 6.スペイン(6)★ 7.イタリア(7) 8.オランダ(8)★ 9.ポルトガル(9)★ 10.デンマーク(10)★ 11.ドイツ(11)★ 12.メキシコ(12)★ 13.ウルグアイ(13)★ 14.アメリカ(14)★ 15.クロアチア(15)★ 16.スイス(16)★ 17.コロンビア(17) 18.セネガル(18)★ 19.ウェールズ(19) 20.スウェーデン(20) ◆アジア上位 22.イラン(23↑) 24.日本(24) 28.韓国(28) 39.オーストラリア(39) 48.カタール(49↑) 53.サウジアラビア(53) 69.UAE(69) 70.イラク(70) 75.オマーン(75) 77.ウズベキスタン(77) 2022.08.26 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

2011年の汚職事件巡る裁判でブラッターとプラティニに無罪判決

国際サッカー連盟(FIFA)の元会長であるゼップ・ブラッター氏(86)、元副会長であるミシェル・プラティニ氏(67)が、かつての汚職事件を巡る裁判で無罪となった。イギリス『BBC』が伝えている。 両氏は2011年にブラッター氏からプラティニ氏に対して、200万スイスフラン(約2億7700万円)の授受を不正に行ったとしてスイス当局から起訴された。 スイス検察は今月8日から22日の間に行われた裁判において、詐欺、横領、不誠実な経営管理、及び文書の偽造の疑いがある両氏に対して、執行猶予付きの懲役1年8カ月を求刑していた。 しかし、両氏は容疑を完全否定しており、8日の判決の行方に大きな注目が集まっていた。 今回の判決に関しては、プラティニ氏がFIFAの顧問を務めたことに対する遅延損害金であるとの主張が認められたことで、最終的に無罪という判決が下ったという。 ブラッター氏の証言によると、1998年に自身が初めてFIFA会長に就任した際、プラティニ氏に顧問就任を依頼したという。 同氏はその際、年俸100万スイスフラン(約1億3890万円)を希望したが、ブラッター氏はFIFAにその報酬を支払う余裕はないと説明。最終的には、年俸30万スイスフラン(約4160万円)の条件で合意し、未払い分は後日支払われることになっていた。 その際、両者は最初の契約時の報酬が総額ではないと確認した上で、その後の支払いに関して紳士協定を結んでいたという。 その後、2002年に辞職したプラティニ氏は、FIFAの財政状況を考慮して2010年まで前述の報酬の支払いを求めずにいたが、自身と同じ状況にあったFIFAのその他の幹部職員が支払いを受けたことを知り、改めて請求書を送付。その後、ブラッター氏の承認を経た10日後に不正授受が疑われた前述の金額を受け取ることになっていた。 そして、8日に出廷したブラッター氏は、「私は人生において無罪ではないが、この件に関しては無罪だ」と、コメントしている。 2015年9月に発覚した汚職スキャンダルの“FIFAゲート”の当事者として、ブラッター氏は2015年12月にFIFAの倫理委員会から8年間の追放処分を受けていた。また、この処分には2010年南アフリカ大会と2014年ブラジル大会と2つのワールドカップ(W杯)における多額のボーナス支払いも問題視されていた。 一方のプラティニ氏は、金銭の受け取りの他、1998年から2002年の間にブラッター氏の不正行為を幇助したとされていた。 2022.07.08 18:27 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFA、カタールW杯の登録選手を最大26名に拡大することを正式発表!

国際サッカー連盟(FIFA)は23日、カタール・ワールドカップ(W杯)の登録メンバーに関して最大26人に枠を拡大することを正式に発表した。 従来のW杯では通常23名の選手登録が許可されているが、今大会では26名まで登録が可能に。さらに予備登録メンバーも従来の35人から55人まで拡大されることとなった。 FIFAは「新型コロナウイルスの影響に加え、今大会が異例の時期に開催されることを踏まえ、チームにより大きな柔軟性を提供する必要がある」と登録枠の増加を説明している。 なお、試合では控え選手15人と、最低1人のドクターを含むチームスタッフ11人の計26人までがベンチ入り可能となっている。 2022.06.24 02:20 Fri
twitterfacebook
thumb

FIFA、ロシア・ウクライナ問題に関する特例の臨時雇用規則を1年延長

国際サッカー連盟(FIFA)は21日、ロシア・ウクライナ問題で、特例として採用した臨時雇用規則の期間延長を決定した。 これにより、ウクライナサッカー連盟(UAF)、ロシアサッカー連合(FUR)に加盟するクラブに所属する外国籍選手・監督(スタッフ)は、2023年6月30日まで、雇用契約を中断する権利が与えられることになる。 FIFAは今年2月末にロシアによるウクライナへの軍事侵攻が開始されたことを受け、両国のリーグに所属する外国籍選手・監督の安全面や生活の支援を目的に、今年3月に前述の臨時雇用規則を特例として採用。 当初の期限は2022年6月30日までとなっていたが、現段階でもロシア・ウクライナ問題に解決の目途が立っていないことを受け、理事会事務局は1年間の期間延長を決定した。 さらに、未成年者の保護に関連して、武力紛争のために両親とともにウクライナから他国に逃れた未成年者に関しては、通常では認められていない18歳未満の選手の国際移籍の規則から除外される。 また、FIFAは今後のウクライナ情勢を注意深く監視し、新たな進展に応じて規制の枠組みを適応するという。 2022.06.21 21:01 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly