選手が激突しポストが変形、試合は一時中断し修復にはトラクターも駆り出される

2022.01.20 22:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポストが曲がるほどの衝撃だったようだ。

18日に行われたEFLリーグ2(イングランド4部)ポート・ヴェイルvsサルフォード・シティ。30分を回ったところでポート・ヴェイルのコナー・ホールがセットプレーの守備時にゴールをポストに激しく衝突。これにより、フレームが曲がり、修復のために試合は一時中断されることとなった。

スタッフは懸命に元に戻そうと試みるもうまくいかず、最終的にはトラクターの力を借りることに。ポストにロープを結び付けてトラクターで引っ張ることで、なんとかポストを元通りに戻すことに成功。およそ10分間の中断を経て試合は再開された。なお、接触したコナー・ホールもピッチを後にしている。

なお日本では2010年11月14日、J1の清水エスパルスvs湘南ベルマーレで、前半にゴールが破損。修復のために10分を超えるアディショナルタイムが設けられるという事象が発生し、前半58分に得点が生まれるという珍しいケースにつながっている。



1 2

関連ニュース
thumb

「茶髪の選手って見慣れん」イケメンと話題になった林大地が鳥栖の練習に参加! さらに珍しいゲストも登場!? 「勝利を運んでくれるでしょう」

サガン鳥栖は16日にツイッターを更新。練習生とともに、意外なものがトレーニング場を訪れたことを報告した。 今シーズンの鳥栖は、開幕から13試合を終えて4勝7分け2敗の勝ち点19で5位につけている。 川井健太監督を迎えた今シーズンは、前線からのハイプレスを武器に、ゴールへと迫るアグレッシブなスタイルを見せており、結果を残している状況だ。 その鳥栖のトレーニングには思わぬ人物が。一足先にシーズンを終えて帰国しているシント=トロイデンの日本代表FW林大地だった。 鳥栖からベルギーへ旅立った林は、散髪した姿がイケメンだと話題となっていたが、その短髪は維持されたままトレーニングに参加。「サガン鳥栖在籍時を思い出させる変わらない笑顔を見せながら、真剣にトレーニングに励んでいます」と報告している。 これにはファンも「一目みたい」、「練習見に行きたい」、「お帰りなさい」などとコメント。また、「鳥栖に茶髪の選手って見慣れん」と黒髪しか認められていないチームにおいては珍しい存在となったようだ。 また、林も「自分の事を心良く受け入れてくれたサガン鳥栖には感謝しかありません。サガン鳥栖に関わる関係者の方々、監督、スタッフ、選手のみなさんありがとうございます!」とツイートしており、古巣でコンディションを整えられていることに感謝した。 そんな中、鳥栖は林以外の訪問者も報告。「"幸運を運ぶ鳥"と言われるハクセキレイ。選手が近くでストレッチしていても離れることなく練習場を歩いていました」と、珍しい鳥が訪れたことを報告し、「明後日のルヴァンカップの勝利を運んでくれるでしょう」と、18日に予定されているYBCルヴァンカップの北海道コンサドーレ札幌戦での勝利を願った。 <span class="paragraph-title">【写真】鳥栖の練習にイケメン林大地が参加!さらに珍しいゲストも</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9E%97%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#林大地</a> 選手(シント=トロイデンVV)がシーズンのオフ期間を利用して、トップチームのトレーニングに参加<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%83%B3%E9%B3%A5%E6%A0%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サガン鳥栖</a> 在籍時を思い出させる変わらない笑顔を見せながら、真剣にトレーニングに励んでいます<a href="https://twitter.com/DaichiHayashi16?ref_src=twsrc%5Etfw">@DaichiHayashi16</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%87%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#シントトロイデン</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/STVV?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#STVV</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/sagantosu?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#sagantosu</a> <a href="https://t.co/efH5gAQslo">pic.twitter.com/efH5gAQslo</a></p>&mdash; サガン鳥栖公式 (@saganofficial17) <a href="https://twitter.com/saganofficial17/status/1526110309601054720?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9E%97%E5%A4%A7%E5%9C%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#林大地</a> 選手と共に練習場に現れたのは…<br><br>&quot;幸運を運ぶ鳥&quot;と言われる <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%8F%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%AC%E3%82%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ハクセキレイ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%9C%AD%E5%B9%8C%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#札幌ドーム</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B5%E3%82%AC%E3%83%B3%E9%B3%A5%E6%A0%96?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#サガン鳥栖</a> <a href="https://t.co/9yheSZnxYm">https://t.co/9yheSZnxYm</a> <a href="https://t.co/5hwIXtKhzT">pic.twitter.com/5hwIXtKhzT</a></p>&mdash; サガン鳥栖公式 (@saganofficial17) <a href="https://twitter.com/saganofficial17/status/1526110502933319680?ref_src=twsrc%5Etfw">May 16, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.17 12:40 Tue
twitterfacebook
thumb

シュミット・ダニエルが俳優・伊藤健太郎と2ショット!古巣仙台の試合で始球式

シント=トロイデンの日本代表GKシュミット・ダニエルが自身のツイッターを更新。俳優の伊藤健太郎との2ショットを添えた。 シント=トロイデンでのシーズンを終えたシュミット・ダニエルは、11日から古巣であるベガルタ仙台の練習に参加。古巣の選手たちと汗を流している。 15日に行われた明治安田生命J2リーグ第16節のツエーゲン金沢戦も、スタンドから観戦していたことを明かしていたが、この試合は、「映画『冬薔薇(ふゆそうび)』by木下グループ マッチデー」として開催。同映画で主演を務める伊藤がゲストとして登場し、始球式を務めていた。 試合前には、仙台のクラブマスコットであるベガッ太との絡みでスタジアムを沸かせていた伊藤だが、2人は一緒に記念撮影も行ったようで、伊藤はインスタグラムで、シュミット・ダニエルはツイッターでその様子を投稿した。 2人は私服姿で並びカメラに収まっており、それぞれのファンから「いい写真」、「素敵な2ショット」、「爽やか」、「かっこいいです」といったコメントが寄せられている。 なお、試合はホームの仙台が4-1で大勝。2人の応援に結果で応えている。 <span class="paragraph-title">【写真】179cmと大柄の伊藤健太郎さんが197cmのシュミット・ダニエルと並んだ2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cdm4xxhvTEa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cdm4xxhvTEa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cdm4xxhvTEa/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">伊藤健太郎(@kentaro_official_)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.17 12:35 Tue
twitterfacebook
thumb

「未知への一歩を踏み出した」17歳FWが同性愛者であることを告白、イギリスでカミングアウトした最初の男子プロ選手に

チャンピオンシップ(イングランド2部)のブラックプールのU-18チームに所属するFWジェイク・ダニエルズ(17)が、同性愛者であることを告白した。クラブ公式サイトが伝えた。 17歳のダニエルズは、将来が有望視される若手ストライカー。今シーズンは7日に行われたチャンピオンシップ第46節のピーターボロ戦で終盤に出場。チャンピオンシップデビューを果たすとともに、ファーストチームデビューを果たしていた。 FAユースカップでもプレーし、3試合で2ゴールを記録しているダニエルズ。16日、クラブを通じてメッセージを発表。自身が同性愛者であることを明かした。 「今シーズンはピッチで私にとって素晴らしいシーズンだった。ファーストチームでデビューを果たし、ユースチームで30ゴールを記録し、最初のプロ契約にサインした。チームメイトと成功を分かち合い、FAユースカップでは素晴らしい走りを見せ、ランカシャーFAプロユースのカップを持ち上げた」 「しかし、ピッチから離れて、私は本当の自分と自分が誰であるかを隠してきた。私は、自分が同性愛者であることを理解していたが、今では自分自身を示す準備ができていると感じている」 「この国において、自分のセクシャリティを明かした最初のサッカー選手の1人として、未知への一歩を踏み出した。でも、ジョシュ・カヴァロ、マット・モートン、そしてトム・デイリーなど他のスポーツの選手たちから、変化を促す勇気と決意を持つようにとインスパイアされてきた」 「ここに到達するにあたり、家族やクラブ、代理人、協力者たちから、最高のサポートとアドバイスを受けることができた。これらの人は全て、私の利益と福祉を最優先することに、非常に積極的に取り組んできた」 「私はまた、ここブラックプールのユースチームのチームメイトにも打ち明けた。彼らもそのニュースを受け入れ、門戸を開いて伝えるという私の決断を支持してくれた」 「私は一生ウソをつくのが嫌いで、馴染むために変わらなければいけないと感じていた。こうすることで、自分自身がロールモデルになりたい」 「同じ空間に、セクシャリティを明らかにすることに抵抗を感じる人がいる。私はただ、自分が誰であるか、またはどうあるべきかを変える必要はないことを彼らにも伝えたい」 「あなたがあなたであり、幸せであることは、最も重要なことだ」 イギリスでは、同性愛者出ることを告白し、キャリアを続ける初の男子プロサッカー選手となったダニエルズ。小学生の頃から自身のセクシャリティには気づいていたが、ひた隠して生活してきたという。 この告白に元イングランド代表FWで現在は解説者として活躍するギャリー・リネカー氏は、イギリス『BBC』で、「彼は大いに受け入れられるだろう」とコメント。「彼自身のロッカールームだけでなく、対戦相手の選手たち、全体としてもそのことについて考えることはないだろう。彼が良いサッカー選手なのかどうかということだけ。それが重要だ」とし、セクシャリティは問題にならないとの見解を示した。 また、この告白はトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインやイギリスのボリス・ジョンソン首相なども称賛。しっかりと受け入れられたようだ。 2022.05.17 12:05 Tue
twitterfacebook
thumb

「やり過ぎ感あるけど笑」遠藤航に子供たちが贈った“センスあり過ぎな落書き”が早くもグッズ化!

子供たちのセンス溢れる“落書き”が公式にグッズ化された。 日本代表MF遠藤航とDF伊藤洋輝が所属するシュツットガルトは14日、ブンデスリーガ最終節でケルンと対戦。前節終了時点で2部との入れ替え戦出場圏内の16位だったシュツットガルトにとって負けられない一戦を迎えた。 試合は1-1で迎えた後半アディショナルタイム、左CKを伊藤がヘディングでフリックし、ファーサイドで遠藤がダイビングヘッド。劇的な決勝弾で勝利を収めたシュツットガルトは、ヘルタ・ベルリンが敗れたことで15位に浮上し、降格を免れた。 主将としてチームを牽引し、残留を掴むゴールを奪った遠藤だが、試合から一夜明けて自身のツイッターを更新。「昨日家に帰ったら近所の子供達が僕の家の前に書いてくれてました(^^)」と、道路にチョークで描かれたものの写真を投稿していた。 そこには「LEGENDO」という文字。クラブを奇跡の残留に導いた遠藤に対し、レジェンド「Legend」と、遠藤「Endo」をかけて、「LEG」を赤字、「ENDO」を白字で書くサプライズが贈られていた。 センス溢れる“落書き”は現地や日本のファンの間でも大きな話題となったが、シュツットガルトは早速動き、クラブの公式ストアで購入が可能に。ユニフォームに「LEGENDO」とマーキングできるようになっている。なお、背番号は遠藤が着用する「3」だ。 これには遠藤本人も「やり過ぎ感あるけど、買えます笑」と驚いている。 <span class="paragraph-title">【写真】グッズ化のきっかけとなった子供たちのセンス溢れる“落書き”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">Guten Morgen <a href="https://t.co/Hx8abxLZBr">pic.twitter.com/Hx8abxLZBr</a></p>&mdash; 遠藤 航 (Wataru Endo) (@wataru0209) <a href="https://twitter.com/wataru0209/status/1525730459392651265?ref_src=twsrc%5Etfw">May 15, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.17 12:02 Tue
twitterfacebook
thumb

「タキもメダルを受け取るべきだ」リバプールファンが嘆いた“ルール”にクロップ監督も不満「メダルの数が制限されるなんて信じられない」

リバプールのユルゲン・クロップ監督がFA(イングランドサッカー協会)に要望を出した。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。 リバプールは14日、FAカップ決勝でチェルシーと対戦。PK戦の末に2005-06シーズン以来8度目のFAカップ優勝を達成した。 決勝を含む6試合で31人もの選手を起用したクロップ監督。日本代表FW南野拓実も4試合に出場し3ゴールと序盤の戦いで活躍を見せたが、決勝ではメンバー外になっていた。 結果的に、南野を含むメンバー外の選手は優勝の証となるメダルを受け取ることができず。試合後には「タキ(南野)もメダルを受け取るべきだ」といった意見もあがっていた。 クロップ監督もこの件について言及。EFLカップに続いての2冠を達成したのはチーム全体の功績であるとし、FAに全員分のメダルを送るようお願いしている。 「我々は2つの大会で優勝したが、その理由はただ1つ。この選手たちがいるからだ。それが理由だ。彼らは皆協調し、トレーニングで傑出していた」 「彼らがベンチに入っているときと入っていないとき、出場しているときとしていないとき。ありとあらゆる瞬間だ。このチームが作り上げた雰囲気は格別で、だからこそこの2つの大会に勝つことができたんだ」 「決勝までいつも同じ11人でプレーすることはできない。そんなことはありえない。全員がそれぞれの役割を担っている」 「今はFAにもっとメダルをとお願いしたい。メダルの数が制限されるなんて信じられない。なぜそんなことをするんだろうか」 「選手全員にメダルをあげたいとは思うが、そうするとコーチにメダルを渡せない。正直大変だ」 「FA様、もう少しメダルを送ってください。チームは大きくなっても人数は変わらないのでそうしてほしい」 FAのルールでは、優勝チームには40個のメダルが贈呈されることになっているが、コーチやスタッフの数も考慮すると足りなくなってしまうようだ。 果たして、クロップ監督の願いは届くだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】南野の首元にメダルは…(5枚目)</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdkzU3BI66l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdkzU3BI66l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdkzU3BI66l/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Liverpool Football Club(@liverpoolfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.17 11:51 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly