ミランが格下スペツィアに衝撃の逆転負け…メシアス幻弾の直後に土壇場被弾…《セリエA》

2022.01.18 04:54 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セリエA第22節、ミランvsスペツィアが17日にサン・シーロで行われ、アウェイのスペツィアが1-2で逆転勝利した。

リーグ3連勝で首位のインテルを1ポイント差で追う2位のミランは、降格圏手前の16位に位置するスペツィアを相手に4連勝を狙った。ピオリ監督は延長戦の末に3-1で勝利した4日前のコッパ・イタリアのジェノア戦から先発6人を変更。負傷のトモリやサスペンションのトナーリらに加え、ジルーやレビッチがベンチスタートとなり、フロレンツィ、バカヨコ、レオン、イブラヒモビッチが起用された。

開始2分にレオンが得意のボックス左45度からファーポストを狙った右足のコントロールシュートでゴールに迫るなど、地力で勝るホームチームが押し込む入りを見せる。

以降はスペツィアにやや押し返されるが、立ち上がり同様にレオンの左サイドでの仕掛け、イブラヒモビッチのボールキープを起点に良い形でフィニッシュまで持ち込んでいく。だが、16分に深い切り返しでDFを振り切ったレオンのゴール左からのシュート、27分のイブラヒモビッチの強烈なミドルシュートは、いずれもGKプロベデルのビッグセーブに阻まれる。

その後のサーレマーケルスの決定的なシュートもビッグセーブで阻まれ、相手守護神を完全にのせてしまったかに思われたミランだったが、思わぬ相手のミスからビッグチャンスが舞い込む。

プロベデルへのスローインに対して、レオンがプレッシャーをかけてコントロールミスを誘うと、浮き球のルーズボールを競った際にレオンがプロベデルに足を蹴られる。オンフィールドレビューの結果、ミランにPKが与えられる。だが、キッカーのテオ・エルナンデスがこのPKを枠の右に外してしまい、絶好の先制機を逸した。

しかし、直後の相手ゴールキックを自陣深くで撥ね返してクルニッチがセカンドボールを回収すると、相手ハイラインの背後を狙うレオンに向けてロングフィードを蹴り込む。相手DFのクリアミスによって完璧な形でレオンに繋がると、レオンは飛び出したGKの頭上を抜くループシュートを流し込んだ。

テオのPK失敗をわずか数十秒でリカバリーするレオンの先制点によって前半アディショナルタイムにリードを奪ったミラン。後半は余裕を持った入りとなった中、立ち上がりからイブラヒモビッチ、サーレマーケルスと立て続けに決定機を作るが、後半もGKプロベデルが立ちはだかる。

後半序盤の内に追加点を奪えなかったミランはここから思わぬ苦戦を強いられる。58分にマナイに代えて投入されたケビン・アグデロにいきなり決定機を作られると、64分には左サイド深くで仕掛けたヴェルデからのグラウンダーのクロスをゴール前に走り込んできたアグデロにワンタッチで流し込まれ、同点ゴールを許してしまう。

1-1のイーブンに戻されたミランは、120分の激闘を演じたコッパの疲れからかここから攻撃が停滞。逆にアグデロを中心に勢いづくスペツィアの攻勢に晒されてあわや2失点目というピンチも招く。

この難しい状況を受け、ピオリ監督はフロレンツィとブラヒム・ディアスを下げてカラブリア、ジルー。試合終盤の84分にはレオンを下げてレビッチをピッチに送り出し、選手交代で攻撃の活性化を図った。

試合終盤にかけてはホームサポーターの声援を追い風にミランが圧倒的に押し込む展開に持ち込む。だが、ジルーやイブラヒモビッチをターゲットとしたパワープレーはことごとく相手守備に撥ね返される。

92分にはボックス内でこぼれ球に反応したメシアスが左足のシュートでゴールネットを揺らし、劇的勝ち越しゴール奪取かに思われたが、この直前に主審はシュート体勢に入っていたレビッチにアフターチャージを見舞ったDFニコラオウのファウルに笛を吹いており、ゴールは認められず。

この不運な判定で勝ち点2を失う可能性が高まったミランだったが、更なる悲劇に見舞われる。96分、自陣でクリアをもたついたDFカルルがアグデロに潰されてコバレンコに左サイドを突破されてクロスを入れられると、ファーにフリーで走り込んだギャシにシュートを流し込まれて痛恨の逆転ゴール献上となった。

この直後に試合はタイムアップを迎え、格下スペツィア相手にホームでまさかの逆転負けを喫したミランは暫定首位浮上のチャンスを逃し、次節からのユベントス、インテルとの重要な連戦に臨むことになった。

関連ニュース
thumb

セリエA王者ミラン、ボトマンに続きレナト・サンチェスも逸か

ミランがリールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)の獲得に失敗したようだ。フランス『ル・パリジャン』やイタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など現地メディアが複数伝えている。 現地メディアによればレナト・サンチェスはパリ・サンジェルマンへの加入を決めたようだ。 ミランは今夏、リールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の争奪戦でニューカッスルに敗れていた。ただ、今回は移籍金ではPSGの1000万ユーロ(約14億3000万円)を上回る1800万ユーロ(約25億8000万円)+出来高を提示していた中、選手本人の意思によって獲得が実現しなかったようだ。 PSGでは新シーズン、リールでレナト・サンチェスを指導したクリストフ・ガルティエ監督が就任予定。その影響があったと現地メディアは伝えている。 2022.06.29 07:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ヒザ手術で7~8カ月離脱のイブラヒモビッチ、ミランと最低賃金で半年契約か

スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(40)がミランと半年契約を結ぶようだ。イタリア『ラ・レプブリカ』が報じている。 5月に左ヒザの手術を受けて全治7~8カ月となっているイブラヒモビッチ。10月には41歳となるが、現役続行を希望しており、最低賃金の10万ユーロ(約1400万円)を受け入れ、復帰が見込まれるシーズン後半からシーズン終了にかけての半年契約を締結する模様だ。 加齢による影響か負傷が増えているイブラヒモビッチだが、出場した際には依然として存在感を発揮しており、ミランとしても貴重な戦力を低コストで留めることに成功したと言えそうだ。 2022.06.29 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

オリジがミランのネディカルチェック受診のためイタリアに到着

ベルギー代表FWディボック・オリジ(27)が28日、ミランのメディカルチェックを受けるためイタリアに到着したようだ。イギリス『BBC』が報じている。 2015年夏にリールからリバプール入りし、公式戦171試合で41得点18アシストを記録したオリジ。2018-19シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)で準決勝と決勝で貴重なゴールを決めたが、終始バックアッパーという立ち位置から抜け出せず、2021-22シーズン限りで契約満了となった。 一方、セリエA王者となったミランは左ヒザの手術で全治7~8カ月を要するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの状況もあって、よりストライカーの補強が求められる状況となっていた。 2022.06.28 23:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランがボローニャDFテアテに関心も…今夏の補強が思い通りに進まないセリエA王者

ミランがボローニャのベルギー代表DFアルトゥール・テアテ(22)に関心を寄せているようだ。 テアテは2021-22シーズンからボローニャでプレーする左利きのセンターバック。186cmの体躯に強靭なフィジカルを有しており、時折、最終ラインから大胆不敵なドリブルで攻撃参加に加わるなど、セリエA1年目ながら優れたメンタリティを発揮し、にわかに注目を浴びる存在となっていた。 イタリア『TuttoMercatoWeb』によると、ミランがテアテに興味を抱く背景としては、センターバック補強のトップターゲットだったリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)の確保に失敗したことが挙げられるようだ。現時点でボトマンはニューカッスル行きが確実視されており、ミランはとうとう争奪戦から撤退を決めたとみられている。 ただ、テアテに関してもボローニャ側に手放すつもりがないとされる。オーステンデからレンタル中の同選手は、7月1日付けで完全移籍に切り替わる予定となっており、シニシャ・ミハイロビッチ監督ら首脳陣は、新シーズン以降のプロジェクトの中心選手として22歳のベルギー代表DFを据える思惑のようだ。 また、『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、選手本人も今秋に開催されるカタール・ワールドカップ(W杯)のメンバー選出が現実的となってきたことから、出場機会が減少する公算の高いステップアップによって、カタール行きを逃したくないと考えているようだ。 11年ぶりのスクデット獲得に沸くミラン。しかし、今夏の補強は思い通りに進んでいない。ボトマンと同じくリール所属のポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)も相思相愛の関係と目されながら、パリ・サンジェルマン(PSG)とユベントスが介入。こちらも代役の選定を急いでいるとみられている。 2022.06.28 21:49 Tue
twitterfacebook
thumb

ボトマン争奪戦に敗れたミラン…代替案としてPSGのセネガル代表DFに関心か

ミランがパリ・サンジェルマン(PSG)のセネガル代表DFアブドゥ・ディアロ(26)獲得に関心を示しているようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 今シーズン11年ぶりのスクデットを獲得したミランは、王座維持とチャンピオンズリーグ(CL)での躍進を目指し、戦力強化を図る。主将のDFアレッシオ・ロマニョーリが契約満了で退団が見込まれているセンターバックは補強ポイントの一つだ。 当初、ミランはリールのオランダ代表DFスヴェン・ボトマン(22)に狙いを定め、選手本人もミラノ行きを希望していたが、移籍金を巡ってクラブ間の交渉が難航。その隙に約3000万ポンド(約50億円)の移籍金を提示したニューカッスルがクラブ間合意に漕ぎつけ、争奪戦に敗れることとなった。 将来有望な若手センターバックを逃したミランだが、すでに代替案としてディアロの獲得に目を向けているようだ。2019年夏にドルトムントからPSGに加入したディアロだが、DFマルキーニョスやDFプレスネル・キンペンベを序列で上回ることはできず出場機会が減少。今季も公式戦16試合の出場にとどまっており、PSGは今夏の売却を望んでいる。 ミランは今年1月にもディアロ獲得を検討するなど同選手を高く評価しているが、現在PSGで受け取っている給料は非常に高額なため、獲得実現のためには選手が減俸を了承する必要があるという。 また、ミランはディアロのほか、レバークーゼンのエクアドル代表DFピエロ・インカピエ(20)、トリノのブラジル人DFグレイソン・ブレーメル(25)にも関心を示しており、センターバック確保に向けて積極的な姿勢を見せている。 2022.06.28 17:07 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly