バイエルンがGS全勝締めでバルセロナの決勝T進出を阻む! 快勝ベンフィカが逆転で2位通過《CL》

2021.12.09 07:04 Thu
Getty Images
チャンピオンズリーグ(CL)のグループE最終節、バイエルンvsバルセロナが8日にフースバル・アレーナ・ミュンヘンで行われ、ホームのバイエルンが3-0で快勝した。
PR
グループステージ5連勝ですでに首位通過を決めているバイエルン(勝ち点15)は、直近のドルトムントとのデア・クラシカーにも勝利し、ブンデスリーガ首位キープにも成功している。アヤックス、リバプールに続く全勝突破を図るナーゲルスマン率いるチームは、ドルトムント戦から先発2人を変更。リュカとゴレツカに代えてジューレとミュージアラを起用。キミッヒやニャブリといった一部主力が引き続き不在も、消化試合とは思えないほぼベストのメンバーを揃えた。
一方、バルセロナ(勝ち点7)は前節、3位ベンフィカ(勝ち点5)との直接対決を0-0のドローで終え、辛くも2位の座を維持。だが、最終節で勝利を逃した場合、当該成績で上回るベンフィカに抜かれる可能性が出てきた。勝利必須の状況で迎えた運命の一戦に向けては、チャビ新体制で初黒星を喫した直近のベティス戦から先発3人を変更。ニコ・ゴンサレスとコウチーニョ、アブデに代えてピケとフレンキー・デ・ヨング、デンベレを起用し、3トップに右からデスト、デパイ、デンベレを配した[4-3-3]を採用した。

ドイツ国内での新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客開催となった注目の名門対決は、雪がちらつく中での幕開けに。自力突破に勝利が必要なバルセロナがアグレッシブに試合に入ったことで、拮抗した展開が続く。

ホームのバイエルンはアウェイチームのアグレッシブなプレーを要所でいなしながら、アルフォンソ・デイビスやコマンが鋭い縦への仕掛けで攻撃にスイッチを入れる余裕を持った試合運びを見せる。
一方、相手の連動した守備に苦戦するバルセロナは思うようにボールを繋ぐことができないが、デンベレが個的優位をもたらす左ウイングを起点に攻め手を窺う。その流れでデパイやデストに良い形でボールが入るも、最後の質を欠き決定機まであと一歩という場面が目立つ。

バイエルンペースもバルセロナの守備の粘りもあり、均衡が保たれたまま前半半ばに突入。28分には左サイドで相手の背後を取ったミュラーがそのままボックス付近まで運び、ファーへ走り込むレヴァンドフスキへラストパスが出る。だが、ここはパスがマイナスに入り過ぎて合わせ切れない。

何とか失点を免れたバルセロナだが、直後には右ハムストリングを痛めたジョルディ・アルバがプレー続行不可能となり、ミンゲサのスクランブル投入を余儀なくされる。すると、このアクシデントで守備のバランスが崩れたか、痛恨のビハインドを背負うことに。

34分、左のハーフスペースでボールを受けたサネから背後を狙うレヴァンドフスキにスルーパスが通る。ボックス左に持ち込んだレヴァンドフスキはそのままフィニッシュまで持ち込めずも、冷静にボールをキープ。味方の攻め上がりを促した中、浮き球のボールを上げると、DF2枚の死角から飛び出したミュラーが頭で合わせたボールがゴールに向かう。やや勢いを欠いたこのシュートをDFアラウホがゴールライン上でかき出したが、ゴールラインテクノロジーによってゴールインが確認された。

この失点によって気落ちするバルセロナの動揺を見逃さないバイエルンは、前半終了までに追加点まで奪う。43分、ペナルティアーク付近でコマンから短い横パスを受けたフリーのサネが左足を一閃。強烈なブレ球のシュートが枠を捉えると、GKテア・シュテーゲンの手を弾いてゴールネットに突き刺さった。

ハーフタイム終了時点でベンフィカの2点リードによって2000-01シーズン以来、20年ぶりのグループステージ敗退が現実味を帯びてきたバルセロナ。堅守バイエルンを相手にここから3点が必要となった中、チャビ監督はデストを下げてニコ・ゴンサレスをハーフタイム明けに投入し、ガビを右ウイングに上げる。だが、この交代も流れを変える一手とはならず、前半同様にバイエルンに押し込まれる。

その後、時間の経過と共にバイエルンのペースダウンによって相手陣内でのプレータイムを増やしていくが、前半同様に最後の精度を欠く。すると、62分にはバイエルンが試合を決める3点目を奪う。

自陣右サイドからのロングフィードに反応したアルフォンソ・デイビスが快足を飛ばしてボックス内に侵入してゴールライン際に運んで丁寧に折り返す。これをゴール前のミュージアラが冷静にワンタッチで流し込んだ。

これで勝利を確信したナーゲルスマン監督はようやく手綱を緩めて次々に主力をベンチへ下げて、若手にプレー機会を与えていく。対するバルセロナも敗北を受け入れたか、デンベレ、フレンキー・デ・ヨング、ガビとキーマンを終盤にベンチへ下げた。

そして、後半終盤は一矢報いろうとするバルセロナの反撃を危なげなく凌ぎ切ったバイエルンが、3-0のまま試合をクローズ。消化試合でも力を緩めることなく完勝を収めたドイツ王者がグループステージ全勝を達成。一方、前回対戦に続き0-3の完敗を喫したバルセロナは17年連続の決勝トーナメント進出を逃し、クラブ史上初のヨーロッパリーグ(前身UEFAカップは出場)に挑むことになった。

また、同日行われたベンフィカvsディナモ・キエフは、ホームのベンフィカが2-0で勝利した。

勝利且つバルセロナの取りこぼしによって逆転突破を決められるベンフィカは、すでに最下位が確定しているディナモ・キエフ(勝ち点1)とのホームゲームに臨んだ。

開始早々にゴール前のツィハンコフに絶好機を献上したベンフィカだが、相手の信じがたいシュートミスに救われて事なきを得る。

すると、16分にはボックス左に抜け出したジョアン・マリオからのプルバックをニアに入り込んだヤレムチュクがワンタッチで合わせ、先制に成功する。さらに、22分には相手のクリアミスに反応したジウベルトがボックス内へ抜け出すと、冷静に右足のシュートを決め切った。

この連続ゴールで完全に試合の主導権を掴んだホームチームは2点リードで試合を折り返す。バルセロナのビハインドの状況を受け、後半はゲームコントロール優先の試合運びを見せたベンフィカはこのままリードを維持したままタイムアップを迎えた。この結果、最終節で逆転のベンフィカが決勝トーナメント進出を決めた。

PR
関連ニュース

バイエルンがジョン・ストーンズを調査か シティで序列が安定しない29歳

バイエルンがマンチェスター・シティのイングランド代表DFジョン・ストーンズ(29)を調査か。 28日で30歳を迎えるストーンズ。シティでプレミアリーグ優勝6回、FAカップ優勝2回、チャンピオンズリーグ(CL)優勝1回を誇り、A代表通算71キャップ、2度のワールドカップ(W杯)を戦ったセンターバックだ。 ジョゼップ・グアルディオラ監督の下では、最終ラインならどこでもこなし、ボランチも苦にしない適応力、そしてボールを扱う技術が光る。これらを踏まえて重要な存在なのは間違いないが、いかんせん序列は高くない。 契約は2026年6月まで。イギリス『フットボール・インサイダー』によると、バイエルンがかねてよりストーンズをリストアップし、バーンリーから元シティのヴァンサン・コンパニ監督招聘が近づいたことで、移籍の実現性が高まった形だという。 バイエルンには同胞のハリー・ケイン、エリック・ダイアーが所属…4月以降、リーグ戦での先発出場がわずか1試合、起用も2試合にとどまったストーンズだが、果たして。 今後も続くであろうイングランド代表としてのキャリアを考慮し、シティでの立場を懸念しているというストーンズだ。 2024.05.23 19:05 Thu

バイエルン新監督はコンパニ氏か…口頭合意でクラブ間交渉に

バーンリーのヴァンサン・コンパニ監督(38)に急浮上したバイエルン行きの話だが、実現に近づきつつあるようだ。 来季に向け、トーマス・トゥヘル監督の後任を探るものの、候補者に振られ続けるバイエルン。そうしているうちに今夏が刻々と迫るなか、新たに浮上するのが2022年夏からバーンリーを率いるコンパニ氏だ。 つい最近に初期交渉が報じられ、行く末で注目されるなか、ドイツ『スカイ』の続報によると、ますます具体化し、バイエルンとコンパニ氏の間で口頭合意。コンパニ氏はバイエルンでの挑戦に意欲的だという。 そのなか、バイエルンはまだ合意に至っていないものの、バーンリーとの交渉も開始。バイエルンが招へいとなれば、コンパニ氏の契約が2028年夏まで残るとあって、補償金が支払われる見込みだ。 また、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏もバイエルンのコンパニ氏招へいが近づいているとし、クラブ間で補償金を巡って連絡を取り合っていると主張している。 昨季のバーンリーをチャンピオンシップ優勝に導き、今季のプレミアリーグにチャレンジしたものの、1年での降格に終わったコンパニ氏。現役時代にハンブルガーSVでプレーしたため、ブンデスリーガでの経験を持つ指揮官ではあるが、いかに。 2024.05.23 11:40 Thu

チェルシーを電撃退団したポチェッティーノ監督、ユナイテッドがテン・ハグの後任として招へいに動き出す可能性

チェルシーの指揮官を電撃的に退任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督(52)だが、すでに2つのクラブから狙われているという。 今シーズンからチェルシーで指揮を執っていたポチェッティーノ監督。イングランド代表MFコール・パーマーの目覚ましい活躍などがあった一方で、チームとしては不安定さを露呈。プレミアリーグを6位でフィニッシュし、なんとか来シーズンのカンファレンス・リーグ(ECL)の出場権は獲得したが、満足いくシーズンではなかった。 すると21日、チェルシーとの双方合意の下で退任が決定。1年でチームを去ることになったが、今シーズン限りで多くの監督が退任することもあり、すでに後任候補に狙われているという。 イギリス『イブニング・スタンダード』によると、ポチェッティーノ監督を狙っているのは、マンチェスター・ユナイテッドとバイエルンだという。 バイエルンはトーマス・トゥヘル監督の退任が決定しており、後任監督探しが難航中。一方のユナイテッドは、エリク・テン・ハグ監督の去就が不透明だが、新オーナーによる改革があるとみられ、FAカップ決勝の結果次第では解任される可能性もあるとされている。 ポチェッティーノ監督がチェルシーを去る理由は、自身の権限。チームの編成に対しての影響力を求めたポチェッティーノ監督だったが、オーナーとの意見が合わずにチームを去ることを決断した。 シーズン終盤にはチェルシーを回復させ、プレミアリーグのラスト15試合では9勝5分け1敗。5連勝でシーズンを終えただけに、その手腕に目をつけるのは当然と言えるだろう。 ユナイテッドの新オーナーとなるINEOSはポチェッティーノ監督の手腕を崇拝しており、シーズン終了後にすぐ交代に踏み切られる可能性も。果たしてどのような結果になるか、また1人市場に浮いた監督が出たことは、多くのクラブに影響を与えそうだ。 2024.05.22 12:15 Wed

バイエルン退任のトゥヘル監督にチェルシー復帰の可能性?すでにクラブと話し合いか

バイエルンを退任したトーマス・トゥヘル監督(50)は、チェルシーに復帰する可能性があるようだ。 トゥヘル監督は2021年1月にチェルシーの指揮官となると、チャンピオンズリーグ(CL)優勝に導くなど優れた手腕を発揮。しかし、チェルシーのオーナーがロマン・アブラモビッチ氏からトッド・ベーリー氏に変わり体制が一新されると、新経営陣との関係性悪化もあり2022年9月に解任された。 その後、トゥヘル監督は2023年3月にバイエルンの指揮官に就任すると、ブンデスリーガ最終節でドルトムントをかわしてマイスターシャーレを獲得。しかし、今シーズンは快進撃のレバークーゼンに大差をつけられ、クラブは今シーズン限りでトゥヘル監督が退任すると発表した。 その後、一度はバイエルン続投に向けた交渉が開かれるも、結局は退任の運びとなったトゥヘル監督。ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、指揮官はチェルシーにカムバックを果たす可能性があるとのことだ。 チェルシーは昨夏に就任したマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、21日に退任を発表。再び指揮官探しを始めており、スポルティングCPのルベン・アモリム監督(39)、イプスウィッチ・タウンのキーラン・マッケンナ監督(38)、バーンリーのヴァンサン・コンパニ監督(38)らが候補と報じられていた。 しかし、『スカイ・スポーツ』の報道ではトゥヘル監督もここ数日でクラブとカジュアルな話し合いの場を設けており、現在はクラブの決断待ちとのこと。指揮官自身はまだチェルシーでやり残したことがあると考えており、復帰にも乗り気の姿勢と報じられている。 2024.05.22 12:00 Wed

フランス代表選出のコマンが左ヒザを負傷? 状態次第でユーロ出場危機か

バイエルンのフランス代表FWキングスレー・コマンは、ユーロ2024出場に暗雲が立ち込めているようだ。 今シーズン、バイエルンで公式戦27試合出場5ゴール3アシストの成績を残したコマン。しかし、中盤以降は度重なるケガに苦しめられており、4月に右足の内転筋を負傷すると、そのまま試合に出場することなくシーズンを終えた。 それでも、フランス代表のディディエ・デシャン監督は6月から開催するユーロのメンバーにコマンを選出。状態には不安が残るも、大会開幕までには復帰できると見込んでの選出だった。 しかし、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、コマンは20日のリハビリトレーニング中、左ヒザを負傷した模様。まだ状態については明確な診断が下っていないものの、ケガの度合いによってはユーロ出場が厳しくなる可能性がある。 今シーズンは無冠に終わったバイエルンで厳しい時期を過ごしただけに、心機一転ユーロでの活躍が期待されていたが、果たして。 2024.05.21 16:20 Tue
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly