サラー圧巻2発などファインゴール4発のリバプールがエバートンを敵地で粉砕!《プレミアリーグ》

2021.12.02 07:38 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プレミアリーグ第14節、エバートンとリバプールによるマージーサイド・ダービーが1日にグディソン・パークで行われ、アウェイのリバプールが1-4で快勝した。なお、リバプールのFW南野拓実は88分から途中出場した。アーセナル、ポルト、サウサンプトンと直近の3試合では複数得点、クリーンシートと安定した戦いぶりが光る3位のリバプール(勝ち点28)。4連勝を目指した今節は元指揮官が率いるローカルライバルとの今季初のダービーに臨んだ。サウサンプトン戦からはコナテに代えてマティプを復帰させた以外、同じメンバーを採用した。

一方、ベニテス新監督の下、シーズン最序盤は好スタートを切ったエバートン(勝ち点15)だが、以降は多くの離脱者の影響もあり、直近5敗2分けの7戦未勝利で14位に低迷。宿敵相手に浮上のキッカケを目指した今回のホームゲームでは、主砲キャルバート=ルーウィンやアンドレ・ゴメスらを欠いたものの、ディーニュやリシャルリソン、アラン、ドゥクレらがスタメンを飾った。

試合は立ち上がりからダービーらしいハイインテンシティの攻防が繰り広げられる。だが、地力で勝るリバプールがエバートンを押し込んで立て続けにフィニッシュまで持ち込んでいく。8分にはボックス左でキープしたマネから折り返しを受けたサラーが左足のシュートを枠の左隅へ飛ばすが、これはGKピックフォードの好守に遭う。

しかし、勢いづいて攻め立てるアウェイチームは直後の9分、ハーフウェイライン付近でのボール奪取からカウンターを発動。中央でのパス交換から左サイドへボールを展開し、マネを外側から追い越したロバートソンがボックス左から丁寧にマイナスの折り返しを入れると、ペナルティアーク付近に走り込んできたヘンダーソンが利き足とは逆の左足で見事なダイレクトシュートをゴール左下隅の完璧なコースへ突き刺した。

頼れるスキッパーの鮮烈な一撃で先制に成功したリバプールは、早い時間帯の同点を目指してリスクを冒して前に出るエバートンの攻撃を冷静に受け止めていく。そこから幾度か鋭いカウンターを繰り出すと、今度はエースが魅せる。

19分、中盤でジョタが競ったルーズボールを回収したチアゴから前向きな状態でパスを受けたヘンダーソンが右サイドで背後を狙うサラーへ絶妙なミドルスルーパスを通す。そのままスムーズに加速してボックス右に持ち込んだサラーは飛び出したGKのポジションを冷静に見極め、左足の柔らかなシュートをゴール左上隅へ決めた。

この2ゴールで早くも一部ホームサポーターがスタンドを後にし始めると、試合の流れは完全にアウェイチームへと傾く。

ボックス付近までボールを運ぶものの、攻め切れないエバートンに対して、リバプールは効果的な攻めで3点目に迫る。26分にはマネが鋭いミドルシュートでGKピックフォードを脅かす。

前半の内に1点を返したいエバートンはファウルを辞さないハードなプレーで徐々に球際の勝負で盛り返し始めると、一瞬の隙を突いてゴールをこじ開ける。38分、ハーフウェイライン付近でのセカンドボールの競り合いから右サイドのコールマンからの縦パスをハーフスペースで受けたリシャルリソンがフリーでボックス付近に走り込むグレイへ斜めのパスを通す。そして、グレイは果敢な飛び出しでシュートコースを消しに来たGKアリソンの股間を抜くシュートを流し込み、チームとしてリーグ4戦ぶりとなるゴールを挙げた。

すると、このゴールでグディソン・パークの雰囲気が変わり始めると、前半終盤にかけてはホームチームの時間帯が続く。前半アディショナルタイムには左サイドで背後を取ったディーニュのクロスからファーでフリーのドゥクレにシュートチャンスが訪れるが、ここは相手のシュートブロックに阻まれた。

前半序盤のリバプールのワンサイドゲームから一転、徐々にダービーらしい拮抗した展開となった一戦はアウェイチームの1点リードで後半に突入。立ち上がりは前半同様にアウェイチームが優勢に試合を運んでいく。一方、エバートンはロンドンが筋肉系のトラブルでプレー続行不可能となり、ゴードンをスクランブル投入することになった。

後半は決定機まであと一歩という状況が続いたリバプールだったが、再びエースが圧巻のプレーで試合を動かした。64分、エバートンの右CKをボックス内で撥ね返した流れからグレイが最後尾のコールマンに出した厳しいバックパスに対してサラーが猛スプリントで詰める。すると、コールマンがクリアし損なったボールを回収したサラーがそのまま相手陣内を独走。最後はボックス内でGKとの一対一を冷静に制した。

この3点目で勝利を大きく手繰り寄せたリバプールは、気落ちしたエバートンを相手にここからきっちりゲームをコントロール。そして、79分には右サイドから左サイドへのスムーズな展開からロバートソンが斜めのグラウンダーパスをボックス内のジョタの足元に差し込む。このパスはややマイナスに入り過ぎたものの、左足の足裏をうまく使って強引に反転したジョタがニア上へ強烈な左足のシュートを叩き込んだ。

これで勝利を決定づけたアウェイチームはミルナーに続き、オックスレイド=チェンバレン、南野をピッチに送り込んでこのまま試合をクローズ。リーグ戦3試合連続の4ゴールでグディソン・パークを攻略したリバプールが4-1の圧勝で今季最初のマージーサイド・ダービーを制した。

一方、4戦ぶりのゴールこそ奪ったものの、ホームで屈辱の大敗を喫したエバートンは、これで8戦未勝利となりベニテス監督の去就問題がいよいよ騒がしくなってきている。

関連ニュース
thumb

アストン・ビラ、リバプールのジョー・ゴメス獲得に興味か

アストン・ビラが、リバプールのイングランド代表DFジョー・ゴメス(24)に興味を持っているようだ。イギリス『フットボール・インサイダー』が伝えている。 今冬の移籍市場での大型補強が目立つアストン・ビラ。バルセロナで戦力外となっていたMFフィリペ・コウチーニョをレンタルで迎え、エバートンで指揮官との衝突で干されていたDFリュカ・ディーニュを完全移籍で獲得した。 コウチーニョが加入の際にスティーブン・ジェラード監督の存在が大きかったと公言するなど、ピッチ外にも影響力を及ぼしている新鋭監督だが、次なる補強候補として、古巣で出場機会に悩む24歳に注目しているようだ。 2015年夏の加入からプレミアリーグやチャンピオンズリーグ優勝に貢献してきたジョー・ゴメスだが、度重なるケガの影響で安定したパフォーマンスを披露できていない。膝の骨折で12試合の出場に終わった昨季に続き、今季はDFイブラヒマ・コナテの加入もあり、センターバックとしては4番手という立ち位置に。 リバプールも同選手の売却はやぶさかではないようで、アストン・ビラのオファー次第で移籍が実現する可能性はありそうだ。 2022.01.25 19:24 Tue
twitterfacebook
thumb

好セーブ連発のアリソンを主将ヘンダーソンが絶賛「勝ち点3をもたらしてくれた」

リバプールでキャプテンを務めるイングランド代表MFジョーダン・ヘンダーソンが、チームメイトのブラジル代表GKアリソン・ベッカーを称えた。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは23日に行われたプレミアリーグ第23節のクリスタル・パレス戦、2点を先取するもそこから守備が崩れ、幾度となく決定機を作られた。しかし、守護神アリソンの並外れたセービング能力と反射神経によって1失点のみに留めると、最終的にはMFファビーニョがPKを確実に決めて3-1で勝利している。 クリスタル・パレス戦を振り返ったヘンダーソンは、チームを救う働きを見せたアリソンを絶賛。勝利を手にしたのは、守護神の働きがあったからだと感謝した。 「彼はとても傑出したパフォーマンスだったね。ただ、正直に言うなら彼はいつもああいった感じのプレーをしている」 「皆もそれについては少しばかりであっても認めるんじゃないかな。とはいえ、後半に何度かあった重要な場面で彼が僕らを救ってくれた。おかげで、試合を優位に進めることができたと思う。彼の素晴らしいパフォーマンスが、最終的に勝ち点3をもたらしてくれたよ」 また、ヘンダーソンは苦戦しながらもクリスタル・パレスに勝利したことに、満足していると強調。現在プレミアリーグ首位のマンチェスター・シティを追う上で、重要な白星になったと語った。 「全体的には、勝利にとても満足している。前半の35分間はゲームをコントロールして、素晴らしいプレー、素晴らしいサッカー、そして2つの良いゴールがあった。前半最後の10分間で少しペダルから足を離し、ハーフタイムに入るときはがっかりしていた。後半はタフだったね。特に、相手のゴールで観客が盛り上がると難しい状況になった。でも、皆本当によく耐えて、終了間際にはPKを獲得して勝利を確実にできた」 「まだ先は長いから、このまま進みたいと思っている。シティは大きくリードしており、ファンタスティックなチームだ。僕たちは自分のことに集中して、何ができるかを考えたい。このまま勝ち続け、シーズン終了後に自分たちがどの位置にいるのかを見てみたいね」 2022.01.25 10:54 Tue
twitterfacebook
thumb

リバプールでアシスト量産のアレクサンダー=アーノルド、辛口解説者のロイ・キーンも絶賛 「実にファンタスティックだ」

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏がリバプールのイングランド代表DFトレント・アレクサンダー=アーノルドを絶賛した。イギリス『ミラー』が伝えている。 アレクサンダー=アーノルドは今シーズンもリバプールの絶対的な右サイドバックとして、ここまで公式戦25試合に出場して2ゴール15アシストを記録。プレミアリーグでは現在10アシストを記録しており、リーグのアシストランキングトップに立っている。 日頃から辛口なコメントで知られるキーン氏も、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演した際、サイドバックでありながら多くのチャンスを作り続けるアレクサンダー=アーノルドを絶賛。サイドバックの見方を変えた選手だと、称賛を惜しまなかった。 「彼は本当に素晴らしい。何という選手だと思っているよ。実にファンタスティックだ。スタッツは本当に素晴らしいものであり、並外れた選手だね。彼が作るチャンスやアシストは、本当に信じられないものだ」 「彼は良いアスリートであり、しっかりとした若者であり、優秀な選手だと思う。我々は攻撃的な選手のプレーに興奮してきたが、彼のようなサイドバックに興奮するのは、ここ数年でゲームがどのように変化したかの証明でもあるね。現在のゲームにおいて、サイドバックはとても重要だ」 「彼のアシストやポジションは、勇敢で多くの勇気を持っている証だろう。なんて素晴らしい選手なんだと思っているよ」 2022.01.24 17:58 Mon
twitterfacebook
thumb

「愛してる」勝利にご満悦のクロップ監督、自らバスを降り笑顔でファンにビールを振る舞う「銅像を立てよう」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、勝利にご満悦のようだ。 リバプールは23日、プレミアリーグ第23節でクリスタル・パレスと対戦した。 アウェイゲームに臨んだリバプールだったが、8分にヴィルヒル・ファン・ダイクのゴールで先制すると、32分にはアレックス・オックスレイド=チェンバレンのゴールで追加点を奪う。 後半に入り1点を返されるが、試合終盤にpkを獲得すると、ファビーニョがしっかりと決めて1-3で勝利を収めた。 モハメド・サラー、サディオ・マネの攻撃の核となる2人が不在の中での勝利。「今日は我々にとって大きな勝ち点3だ」と試合後に喜んでいたクロップ監督だが、その気持ちはファンにも向けられた。 試合後、チームバスに乗り込んだクロップ監督だが、瓶ビールを手にバスを降りてくる。 すると、待っていたファンにビールをプレゼント。勝利を共に祝おうということだろうか、笑顔で立ち去っていった。 この動画がSNSで投稿されると「クロップ、愛している」、「レジェンドだ」、「素晴らしい監督だ」と、ファンを労る行動に称賛の声が集まり、中には「銅像を立てよう」という声まで上がっている。 首位のマンチェスター・シティを追いかける上では勝ち点を落とせないリバプール。苦しみながらも勝利した試合はさぞ嬉しかったのだろう。 <span class="paragraph-title">【動画】勝利に喜んだクロップ監督、満面の笑みでファンにビール振る舞う</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Klopp handing out beers to Liverpool fans after their game today.<br><br>You can take the man out of Germany... <br><br>(via <a href="https://twitter.com/DeanCoombes?ref_src=twsrc%5Etfw">@DeanCoombes</a>)<a href="https://t.co/KyR4eJcGiR">pic.twitter.com/KyR4eJcGiR</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1485315386581073923?ref_src=twsrc%5Etfw">January 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.24 12:40 Mon
twitterfacebook
thumb

主力欠きながら連勝のリバプール、クロップ監督も安堵 「ジキルとハイドのようなサッカーだった」

リバプールのユルゲン・クロップ監督が、プレミアリーグの連勝を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは23日に行われたプレミアリーグ第23節でクリスタル・パレスと対戦した。開始早々にDFヴィルヒル・ファン・ダイクがCKを豪快にヘディングで叩き込み、先制すると、32分にはMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンのゴールで2点を先取。そこから相手の反撃を受け、後手に回ると1点を返されたが、86分に得たPKをMFファビーニョが冷静に決め、3-1で勝利した。 この結果、プレミアリーグ連勝を飾ったリバプールは、1試合未消化の状態で首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を「9」としている。試合後のインタビューに応じたクロップ監督は、相手に押されながらも白星をつかんだことに安堵。アフリカ・ネーションズカップの開催によって、FWモハメド・サラー、FWサディオ・マネ、MFナビ・ケイタを欠きながら結果を残したチームを称えた。 「今日は正直言って、ジキルとハイドのようなサッカーだった。最初の35分間は信じられないほど良かったと思う。しかし、アーセナルとのアウェイゲームは本当に激しく、そこから飛行機で一旦帰ってここへ来た」 「最終ラインは良くなかったね。前半に与えたチャンスはパスミスが多く、自分たちで演出してしまっていた。後半もコンパクトさに欠け、1ライン目のプレスは高すぎた。なぜかオフサイドをとれず、距離感も合わず、後ろからロングボールを入れられてしまった。35分間は素晴らしかったが、残りはその逆だったと思う」 「大きな安堵感がある。私は見返していないが、VARがPKと判断し、審判もPKと判断したなら見返す必要はないだろう。クリスタル・パレスがノーペナルティだと思うのは理解できるがね。今日は我々にとって大きな勝ち点3だ。本当に大きいよ」 「サディオやモー(サラー)が持つスピードがない以上、プレーの仕方を変えなければならず、一種の新しいサッカーを作り出す必要があった。そして、選手たちは本当に良くやってくれたよ。オックス(オックスレイド=チェンバレン)はまたもやゴールを決める大活躍だ。ジオゴ(・ジョタ)は、多くの場面で止められなかった。ボビー(ロベルト・フィルミノ)の仕事ぶりは他の選手に引けを取っていない」 「あらゆることを試しても、常に優位に立てるとは限らない。それでも結果が必要なのがサッカーだ。クリスタル・パレスは正直言って、パトリック(・ヴィエラ監督)がここでやっていることはすごいね。本当に才能のあるチームだ。我々は相手のためにドアを開けてしまったが、彼らはそこを走り抜ける準備を十二分に整えていた。本当に危険だったが、だからこそ今はより良い気分だ」 2022.01.24 11:11 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly