サネの決勝弾でリーグ年間最多ゴール記録樹立! バイエルンが奥川フル出場のビーレフェルトに競り勝つ!《ブンデスリーガ》

2021.11.28 04:45 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ブンデスリーガ第13節、バイエルンvsビーレフェルトが27日にアリアンツ・アレーナで行われ、ホームのバイエルンが1-0で勝利した。なお、ビーレフェルトのMF奥川雅也はフル出場した。

現在、首位のバイエルン(勝ち点28)は前節、キミッヒやジューレらコロナ関連による欠場者が居た中、アウグスブルクに痛恨の敗戦。今季2敗目を喫した。それでも、直近のチャンピオンズリーグ(CL)ではディナモ・キエフ相手に勝利し、バウンスバックに成功。

来週に勝ち点1差の2位ドルトムントとのデア・クラシカーを控える中、今節は奥川が2戦連続ゴール中と一人気を吐く降格圏の17位ビーレフェルト(勝ち点9)と対戦した。ディナモ・キエフ戦からはタンギ・ニアンズに代えてウパメカノを起用した以外、同じスタメンを継続した。

戦前の予想通り、地力で大きく勝るバイエルンが相手陣内でハーフコートゲームを展開していく。開始7分にはボックス内での混戦からミュラーが右足のジャンピングボレー、11分にはサネの左足のミドルシュートでいきなりゴールに迫るが、いずれもGKオルテガの横っ飛びのセーブに遭う。さらに、16分にはミュラーとのパス交換でボックス左に抜け出したアルフォンソ・デイビスがGKと一対一を迎えるが、ここもオルテガにうまくコースを消されて先制点とはならず。

以降も相手を自陣深くに押し込めて多彩な崩しで局面の打開を試みるバイエルンだが、オルテガを中心とするビーレフェルトの集中した守備に苦戦。頼みのレヴァンドフスキもなかなかボールタッチのフィーリングや周囲との呼吸が合わず、決定機に絡むことができない。

一方、キックオフ直後から我慢の戦いが続くビーレフェルトは幾度か良いボール奪取から前がかりな相手の背後を突くカウンターでチャンスを窺ったが、能力の高い相手守備陣とのマッチアップを制することができず。28分には好調の奥川が相手の背後を取ってGKノイアーとの一対一に持ち込む見せ場が訪れたが、シュートを防がれた上に抜け出しのタイミングでオフサイドを取られた。

前半のうちにゴールを奪えなかったバイエルンは早い時間帯にゴールを奪おうと、後半もアグレッシブに入る。

開始直後の46分にはウパメカノからのクサビのパスをミュラー、トリソとワンタッチで繋ぎ、3人目の動きでゴール前に飛び出したサネがダイレクトシュート。だが、ここはGKオルテガにうまくコースを消されてシュートは枠の左に外れた。さらに、58分にはゴレツカを下げてミュージアラを投入し、より攻撃的な布陣にシフト。

一方、後半も守勢が続くビーレフェルトでは奥川がチームの攻撃をけん引。67分にはペナルティアーク付近に持ち込んで強烈なミドルシュートを放つが、これは惜しくも枠の右に外れた。

ゴールが遠いバイエルンだが、後半半ば過ぎにようやくゴールをこじ開ける。71分、後半立ち上がりの決定機と似たような形からミュージアラのクサビをミュラーが丁寧に左へ落とすと、サネが強烈な左足のミドルシュートをゴール左隅に突き刺した。

なお、バイエルンにとってこのゴールは2021年のブンデスリーガでの102ゴール目となり、1977年にケルンが記録したリーグ記録を更新した。

このゴールによってここから一気にバイエルンペースかに思われたが、ビーレフェルトも士気を落とさずに守備面で粘る。畳みかける攻めで追加点を奪いたいホームチームは、77分にコマン、78分に途中出場のニャブリがゴールへ迫るが、GKオルテガのビッグセーブとクロスバーに阻まれた。

それでも、守備の局面では終始安定したパフォーマンスを見せていたバイエルンは、奥川らビーレフェルトの攻撃陣をきっちり封じ込めて1-0の勝利。相手の堅守に苦しみながらもアウグスブルク戦の敗戦を払しょくする勝利を収め、次節のデア・クラシカーを首位で迎えることになった。


関連ニュース
thumb

ジューレが今夏バイエルン退団へ! カーンCEOが交渉決裂を明言

バイエルンは26日、ドイツ代表DFニクラス・ジューレ(26)が今シーズン終了をもって退団することを発表した。ドイツ『キッカー』が報じている。 2017年夏の加入から、今季が契約最終年となっていたジューレ。バイエルンは先日、新たに年俸1000万ユーロ(約12億8000万円)の5年契約を提示したが、この交渉がまとまらず、今夏退団の運びとなったようだ。 CEOを務めるオリバー・カーン氏は「ニクラスとの交渉は長い間続いた。我々は彼にオファーを出したが、それを受け入れなかった。今季限りでクラブを去ることを望んでいる」とコメントしている。 ジューレは2017年夏にホッフェンハイムから加入。ここまで公式戦158試合に出場しており、今季も主力として25試合に出場中だ。 2022.01.26 22:10 Wed
twitterfacebook
thumb

バイエルンがGKシェネラーと2024年まで契約延長、生え抜きの守護神候補

バイエルンは25日、Bチームに所属するドイツ人GKルーカス・シェネラー(20)との契約延長を発表した。 新たな契約期間は、2024年6月までとなる。 シェネラーは、バイエルンの下部組織育ちで、U-16、U-17、U-19と昇格している。 代表歴などはないシェネラーだが、今シーズンは筋肉系のケガに苦しんでいる状況。レギオナルリーガ・バイエルン(ドイツ4部)で4試合に出場していた。 シェネラーは「信頼してくれたバイエルンに感謝したい。僕はここですべてのユースチームを通過してきた。僕の心のクラブでの将来を楽しみにしている」とコメントしている。 2022.01.26 13:22 Wed
twitterfacebook
thumb

ジューレ、バイエルンからの延長オファーを拒否か

バイエルンとドイツ代表DFニクラス・ジューレ(26)の交渉が決裂したようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 現行契約が今夏までとなっているジューレには、先日にバイエルンが延長オファーを提示したと、ドイツメディアから伝えられた。 2017年夏の加入以降、バイエルンの最終ラインを支え続け、4度のブンデスリーガ優勝やチャンピオンズリーグ制覇に貢献してきた同選手にクラブが提示した新契約は年俸1000万ユーロ(約12億8000万円)というものだった。 しかし、ジューレはこれを拒否した模様。さらに契約を延長する意思がないことも伝えたようだ。 これで今夏のフリー移籍が濃厚となったジューレ。ドイツ代表DFには、チェルシーやバルセロナ、ニューカッスルなど様々な方面から関心を向けられているようだ。 2022.01.25 14:39 Tue
twitterfacebook
thumb

リーグ戦連勝で首位快走のバイエルン、ナーゲルスマン監督も自信 「我々は勝利に値する」

バイエルンのユリアン・ナーゲルスマン監督がチームのプレーに自信を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 バイエルンは23日に行われたブンデスリーガ第20節でヘルタ・ベルリンと対戦した。試合開始からゲームを支配すると、25分にMFコランタン・トリソのゴールで先制に成功。その後もボールを握り続け、FWトーマス・ミュラーの得点でリードを広げたチームは後半にもFWレロイ・サネ、FWセルジュ・ニャブリに得点が生まれるなど相手を圧倒し、4-1で勝利した。 この結果、リーグ連勝となったバイエルンは、2位ドルトムントとの勝ち点差「6」をキープしている。試合後のインタビューに応じたナーゲルスマン監督は、チームが勝利に値するパフォーマンスを示したと喜んだ。 「チームの見せたパフォーマンスにはとても満足している。我々の選手たちには、カウンタープレスにおいて非常に鋭さが見られたと思う」 「我々はポゼッションから多くのチャンスを得ることができた。後半は、ヘルタも少し良くなっていたと思う。それでも、全体的に見れば我々は勝利に値するだろう。チームにとって、非常に良い試合になったよ」 2022.01.24 13:30 Mon
twitterfacebook
thumb

主力復帰バイエルン、ヘルタに4発快勝で首位堅守《ブンデスリーガ》

バイエルンは23日、ブンデスリーガ第20節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、4-1で快勝した。 ブンデス通算300ゴールを記録した、レヴァンドフスキのハットトリックの活躍で前節ケルンを退けた首位バイエルン(勝ち点46)は、2位ドルトムントとの6ポイント差を維持。そのバイエルンはコロナから主力が続々と復帰した中、[3-6-1]で臨み、右サイドにニャブリ、左サイドにコマンを据えた。 13位ヘルタ・ベルリン(勝ち点22)に対し、バイエルンは開始2分に先制しかける。右サイドからのミュラーのアーリークロスをトリソがボレーで合わせた。しかし、VARの末わずかにオフサイドでノーゴールの判定に。 その後も圧倒したバイエルンは25分に押し切る。コマンの左サイドからの鋭いクロスをトリソがヘッドで合わせた。ハーフタイムにかけても一方的な展開としたバイエルンは45分に追加点。右サイドからのキミッヒのFKをミュラーが左足裏でうまく合わせた。 バイエルンが2点をリードして迎えた後半も攻勢をかけていた中、52分にピンチ。しかし、左クロスに合わせたダリダのシュートは枠を外れて助かった。 引き続き攻め立てるバイエルンは75分に3点目。バックパスを受けたGKシュウォローの横パスをボックス内のサネが狙い、そのまま無人のゴールに蹴り込んだ。 勝負を決めたバイエルンは4分後に4点目を奪う。キミッヒのパスを受けたニャブリがボックス右へ侵入し、GKとの一対一を決めきった。 その後、81分にエケレカンプにゴールを許したバイエルンだったが、4-1で快勝。ドルトムントとの6ポイント差を維持している。 2022.01.24 03:31 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly