ブラジルで信じがたい蛮行、敗れたチームの選手が相手のユニを引き裂きレッドカード

2021.10.28 20:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーの王国で、試合終了後にとんでもない蛮行が見受けられた。

ブラジル、コパ・パウリスタの準々決勝2ndレグ、ECキンゼ・デ・ノヴェンブロvsADサンカエターノの一戦が現地時間の26日に行われた。2戦合計2-2で180分を終えると、延長戦でも決着がつかずPK戦に突入。4-3でサンカエターノが勝利を収めた。

試合後、歓喜に沸くサンカエターノの選手たち。敗れたキンゼ・デ・ノヴェンブロのロドリゴ・サムはよほど気に食わなかったのだろうか。相手チームのユニフォームを奪い取ると、なんとサポーターの前で踏みつけるようにしてシャツを引き裂いた。

トラブルを察知して間近にいた主審は即座に対応。信じがたい蛮行を行ったサムに対し、レッドカードを提示した。

サッカーの王国で試合終了後に起きた信じがたい行為。勝利の余韻も薄れるような、後味の悪さを残すことになった。



1 2

関連ニュース
thumb

会心の打球を放ったのは!? イングランドのレジェンドたちのクリケット勝負が再脚光! 空振りや顔面にボールがヒットも…

イングランドフットボール界のレジェンドたちの腕前はいかがなものだっただろうか。 『BT Sport』の公式インスタグラムがとある動画を公開。これが大きな話題を呼んでいる。 その動画は、『BT Sport』のスタジオで解説を務める元イングランド代表のレジェンドたちがクリケットに興じるというものだった。 参加していたのは、ギャリー・リネカー、フランク・ランパード、リオ・ファーディナンド、ポール・スコールズ、スティーブン・ジェラードの5名。いずれもイングランドサッカー界を代表するレジェンドたち。4年前の映像だが、最近、再び投稿された。 彼らは『BT Sport』のサッカー中継で解説などを務めているが、そのスタジオでサッカーと同様にイングランドでも人気のスポーツであるクリケットに挑戦しているのだ。 クリケットとはなかなか日本では馴染みがないが、世界ではサッカーに次いで2番目に競技人口が多いスポーツと言われており、イギリスやオーストラリアの他、インド、パキスタン、スリランカといった南アジア諸国で大人気のスポーツだ。 プロのトッププレーヤーともなれば30億円とも言われる年俸をもらうほど。4年に1度ワールドカップも開催され、テレビ視聴者数もサッカーに次いで多いと言われている競技だ。 大まかなルールは野球と似ており、ボウラー(投手)がボールを投げ、バッツマン(打者)がそれを打ち、フィールダーと呼ばれる守備の選手が打球を取るというもの。その他、クリケットならではのルールは存在する。 そのクリケットに興じた5人だが、ファーディナンド以外の4人が投手と打者を体験。元アスリートだけに、遊び半分でやりながらも徐々に真剣さが増していく。 それぞれがしっかりとボールを打つことができているが、ランパードはワンバウンドさせて投げるボールに思いっきり空振り。キャッチャーの位置にいたファーディナンドも驚いてしまうほど。一方で、ジェラードは完璧な打球を打つなど、サッカー以外の競技でも運動神経の良さを見せた。 5人それぞれが楽しそうにクリケットを楽しむ姿は微笑ましいもの。特にリネカー以外の4名はイングランド代表の同僚であり、プレミアリーグで鎬を削った仲だけに、久々に集まった同級生同士の遊びのようにすら見えてくる。レジェンドたちの楽しみながらも真剣に勝負する姿は一見の価値ありだ。 <span class="paragraph-title">【動画】イングランドのレジェンドたちがクリケットで真剣勝負! 一番上手いのは!?</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="XO_-QnzI6sc";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.02 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

「たまにいる」札幌・チャナティップが雪の中でも半袖短パンの中島大嘉とツーショット、見ている方が「寒いって」

北海道コンサドーレ札幌のタイ代表MFチャナティップ・ソンクラシンがチームメイトと練習場の雪を堪能した。 11月19日に平年より遅めの初雪を観測した札幌市。札幌管区気象台の報告によれば、札幌市では2日13時の段階で14cmの積雪が確認されているとのことだ。 もちろんコンサドーレの練習場・宮の沢にも雪が積もることに。そのトレーニング上でテンション高く写真に納まる2人の姿が公開された。 チャナティップは自身のインスタグラムに、今季国見高校から加入したルーキーFW中島大嘉との写真を投稿。中島の頭に雪の塊を載せサムアップを決めるチャナティップは、手袋にネックウォーマー、ニット帽と防寒対策は万全だ。 対して中島は、タンクトップにハーフパンツ、素手という出で立ち。見ているファンも「寒いって(笑)」と、中島の姿に突っ込まざるを得なかった。また、「たまにいる。真冬に半ズボンの少年」、「若いっていいねぇ」、「風邪ひかないように(笑)」などのコメントも寄せられている。 いよいよ4日に最終節を迎える明治安田生命J1リーグ。10位・札幌はアウェイで最下位・横浜FCと対戦する。今季のラストゲームを勝利で締めくくることはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】防寒バッチリのチャナティップと半袖短パンの中島、雪上のツーショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW96P4rhHZY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW96P4rhHZY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW96P4rhHZY/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Chanathip Songkrasin(@jaychanathip)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 22:25 Thu
twitterfacebook
thumb

5つ星ホテルも内包、カタールW杯開幕戦の会場がついにお披露目

カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕戦が行われるアル・ベイト・スタジアムが完成し、こけら落としとなる試合が行われた。 W杯に向けての工事が行われていたアル・ベイト・スタジアム。ついに施工完了となり、11月30日にW杯のリハーサル大会とされているアラブカップ2021のカタール代表vsバーレーン代表の会場として使用された。 ドーハの北約40kmに位置し、収容人数は6万人。カタール国内ではルサイルスタジアム(8万人収容)に次ぐ、2番目の規模となっている。 遊牧民の使うテントをモチーフにした外観で、目玉の1つはスタジアム内に組み込まれている豪華な5つ星ホテルだろう。ピッチを望む展望席の付いたスイートルームが96部屋あり、W杯期間中は"スカイボックス"と銘打たれて使用されるとのこと。もちろん、大会終了後には通常のホテルとして利用される計画だ。 西アジアで初めて開催されるカタールW杯の開幕戦は、2022年の11月21日に行われる予定だ。 <span class="paragraph-title">【写真】カタールW杯開幕戦の会場がついに完成</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> An astounding opening ceremony at Al Bayt stadium as the crowds gather for Qatar&#39;s first <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFArabCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFArabCup</a> match, against Bahrain <a href="https://t.co/UMbtACbZLT">pic.twitter.com/UMbtACbZLT</a></p>&mdash; Road to 2022 (@roadto2022en) <a href="https://twitter.com/roadto2022en/status/1465726356197720067?ref_src=twsrc%5Etfw">November 30, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.02 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

專スタあるある? プレミアでゴール裏女性サポーターの顔面にボールが直撃…鼻血を出してスタンドを後に

プレミアリーグで専用スタジアムならではのアクシデントが発生した。イギリス『サン』が伝えている。 1日、プレミアリーグ第14節ウォルバーハンプトンvsバーンリーがモリニュー・スタジアムで行われた。上位争いを演じているウルブスだったが、前節のノリッジ戦に続き、下位を相手にゴールレスドロー。足踏みが続いている。 この一戦では痛みを伴うアクシデントが発生。27分にノリッジがCKを得ると、ウルブスDFマキシミリアン・キルマンのクリアしたボールがスタンドイン。ゴール裏に陣取っていた女性サポーターの顔にぶつかり、鼻血を出してしまう。隣にいた少年は驚いて泣き出してしまった。 続くCKをしのいだ後にスタンドの様子に気が付いたGKジョゼ・サとFWラウール・ヒメネスが医療スタッフに合図。ゲームは一時中断され、彼女の治療に充てられた。女性はティッシュのようなもので鼻を押さえながら、スタンドを後にすることとなった。 女性が付けていた眼鏡は破損してしまったものの、本人は大事には至らなかったとのこと。ピッチとスタンドとの距離が近い専用スタジアムならではのアクシデントとなった。 <span class="paragraph-title">【写真】周りは心配そうに見守る。ボールが直撃し鼻血が出てしまった女性サポーター</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Wolves fan left with blood pouring down face after having ball smashed into her <a href="https://t.co/YAXOTEEXt3">https://t.co/YAXOTEEXt3</a> <a href="https://t.co/ILtkDCFaru">pic.twitter.com/ILtkDCFaru</a></p>&mdash; The Sun Football (@TheSunFootball) <a href="https://twitter.com/TheSunFootball/status/1466148377071173642?ref_src=twsrc%5Etfw">December 1, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.02 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

『SUZUKI』のロゴも存在感を放つ、トリノ115周年記念ユニはえんじベースのシンプルなデザインに

トリノは1日、クラブ創立115周年を記念した特別ユニフォームのデザインを発表した。 ユニフォームサプライヤー『Joma』によって仕立てられた記念ユニフォームは、チームカラーのえんじ色をベースとしている。光沢が抑えられ各ロゴを白であしらうなど、襟付きでシンプルながらもスタイリッシュなデザインとなった。 左胸にはクラブの象徴である雄牛があしらわれ、その下にクラブの創立日“3 Dicembre 1906”の文字が。フロントの中央ではメインスポンサーである日本の自動車メーカー『SUZUKI』のロゴが存在感を放っている。 襟の内側にはトリノがこれまで獲得した7つのスクデットと5つのコッパ・イタリアを示すパッチが施され、首元の背面にもクラブ名とともに“La Nostra Storia ÉLenggenda(我々の歴史と伝説)”の誇り高いメッセージが刻まれた。ショーツやソックスもえんじに白字で統一されている。 GK用のユニフォームは黒がベースだ。ロゴやエンブレムなどはオレンジから朱色にかかるような色味のデザインとなっている。 なお、着用は2日に行われるセリエA第15節、ホームでのエンポリ戦を予定しているとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】トリノのクラブ創立115周年記念ユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CW76QywI63M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CW76QywI63M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CW76QywI63M/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Torino Football Club(@torinofc1906)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.02 21:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly